... 13. new era. {{#isPremium}} Yahoo!プレミアム会員 30 16 35 ニューエラ 9TWENTY キャップ ストラップバック ウォッシュドコットン MLB NEW ERA. 58 {{/isPremium}}, Yahoo! 23 44 20 86 10 『ニューエラ』といえば、ストリートで根強い人気を誇るキャップブランド。しかし、なにやら“大人もかぶれる”新モデルも登場とのウワサ。コーデと合わせて要注目です!, 『ニューエラ』といえば、1954年に誕生した”59FIFTY(フィフティーナインフィフティー)”があまりにも有名。誕生からそのフォルムをほぼ変えることなく、質の高さを保持しているのが人気の理由のひとつです。また、『シュプリーム』をはじめとする名ブランドとのコラボアイテムがリリースされていることも、『ニューエラ』自体の人気を後押しする要因。若者のスケーターカルチャーを発端として、現在ではカジュアルなシーンで愛用されています。合わせて読みたい:多彩なシリーズから厳選。ニューエラの人気キャップ6モデル, 『ニューエラ』のキャップは、若い世代だけではなく、大人世代にも支持される名作のひとつ。その理由は、ブランド力にあるといっても過言ではありません。とはいえ、そのブランド力は丁寧な作りやディテール、デザイン性の高さに裏打ちされたもの。こうした各要素の1つひとつのクオリティが高いため、目の肥えた男性に愛用されるのです。, 『ニューエラ』のキャップをセンス良くコーディネートに取り入れるための方法をご紹介。コツは、“大人らしい”アイテムと組み合わせること。その実例を、さっそく見ていきましょう。, 爽やかなボーダー柄のカットソーで、”大人カジュアル”を構築した着こなし。『ニューエラ』のキャップは、ロゴが主張しない配色をセレクト。スポーティながらも、落ち着いた印象も加味しています。, テーラードジャケットとキャップという、メリハリを利かせた着こなしが見事。主役アイテムであるジャケットで品良く見せつつ、ショートパンツやスポーツサンダルなどのカジュアルなアイテムで、キャップのアクティブ感をサポートしています。, カモ柄のセットアップコーデが大人らしい着こなし。アースカラーの『ニューエラ』のキャップは、カモ柄との相性抜群。色みで統一感をはかったテクニックは、ぜひ参考に。, 『ニューエラ』のキャップをはじめ、ウェアや小物をダークトーンでまとめたシンプルなコーディネート。デニムをロールアップし、裏地を配色のアクセントにしている点がおしゃれです。, ダブル仕様のジャケットやレザースニーカーなど、大人らしさあふれる着こなしに、『ニューエラ』のキャップをプラス。あえてラフな印象のアイテムを取り入れることで、ジャケットスタイルの”堅さ”をいなしたテクニックが◎。, 『ニューエラ』のキャップといえば、”59FIFTY”が定番。人気のモデルではありますが、「ストリート色が強いので、手を出しにくい」という方も多いのではないでしょうか? しかし、『ニューエラ』のキャップは”59FIFTY”だけではありません。大人の男性におすすめしたいのは、上品で今らしい空気感の”9TWENTY”モデル。その特徴を解説します。, ”9TWENTY”は、『ニューエラ』の2013年秋冬のコレクションで発表されたモデルです。歴史的に見れば、『ニューエラ』のキャップのなかでも新顔の部類。芯のないやわらかいフロントパネルが特徴で、程良く“抜け感”を演出できるのがポイントです。, 『ニューエラ』の”9TWENTY”は、浅めのクラウンも特徴のひとつ。深々とかぶるストリート色の強い”59FIFTY”とは異なり、どんなテイストのファッションにも違和感なく馴染みます。, サイズ展開が固定されている”59FIFTY”とは異なり、”9TWENTY”はアジャスター付きで調整が可能です。頭まわりのサイズ感を気にすることなくかぶれるのも、大人の男性にとってはメリットでは?, ”9TWENTY”を中心に『ニューエラ』のキャップのなかでも大人の男性におすすめのモデルをピックアップ。コーデにアクセントを添えるだけでなく、夏の陽射し対策としてもマストバイなキャップは、ぜひ『ニューエラ』でゲットしましょう。, コーデュロイ素材の『ニューエラ』のキャップは、『ビームス』が別注したもの。小ぶりなロゴマークもセンスの良さを引き立てています。, 5パネルのジェットキャップ仕様となった『ニューエラ』のキャップも、やはりおしゃれ。夏のシンプルなTシャツコーデに合わせたいひと品です。, ななめに傾けられたロゴマークがポイントの、『ニューエラ』”9TWENTY”のなかでも定番のモデルです。シンプルだからこそ汎用性が高く、どんなコーデにもマッチします。, オーセンティックな雰囲気は、定番の”NY”ロゴによるもの。キャップを主役アイテムとして活用するのであれば、存在感十分なモデルがおすすめです。, 小さなヤシの木をモノグラムで刺繍した”9TWENTY”。程良く力の抜けたムードを持つアイテムは、ジャケットなどのきれいめなアイテムと合わせて”ハズし”を狙いましょう。, メジャーリーグの公式キャップとして絶対的な人気を誇る『ニューエラ』ですが、毎年お目見えするコラボモデルも楽しみの1つ。粒揃いの新作から、要注目モデルをご紹介。, 過酷な環境を耐え抜くスペックで、国産時計の可能性を切り開いてきた「セイコーダイバーズ」。2020年の冬に発売されたのは、その起源を匂わせる特別な復刻モデルでした。, 冬コーデにおいて万能な活躍を見せる黒ダウン。理想の1着に出会うには、何を基準に選べばいいのでしょうか? その答えを、多彩なダウンが揃う『タトラス』で見つけました。, 今本当に欲しいのはシーンを問わず使えて、いつまでも飽きない時計。『ハミルトン』の普遍的かつ高感度な1本なら、この先もずっとあなたの良き相棒であり続けてくれます。, 高いスペックを誇る『ナンガ』のダウンジャケット。その看板モデルの性能に磨きをかけた新作が、今冬加わりました。悩めるダウン選びに終止符を打つ一手となるはずです。, 値が張るイメージのあるムーンフェイズ時計を、手頃な価格で実現した話題の『カルレイモン』。その魅力は、腕時計の伝統をリスペクトした情熱的な作り込みにありました。, 厳しい寒さが予想される今冬ですから、アウターは防寒性重視で買い足すのがベター。とはいえトレンドも欲張りたい……、と考えているならばこんなフリースがイチ押しです。, 昨今の着こなしは“シンプル”がキーワードですが、そこに遊び心がないのは少々退屈。ミニマルに装いつつ洒落感を出すなら、『ポール・スミス』の新作時計が効果絶大です!, ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。, はじめて『ニューエラ』のキャップをご購入される方、また長年愛用されている方も今一度、お好みの逸品を見つける手立てとして各モデルと特徴を再確認しておきましょう!, 冬に欠かせないマフラーですが、いつも同じ巻き方になりがちではありませんか? 簡単にできて、おしゃれに見える巻き方をご紹介。動画と画像でわかりやすく解説します。, ジャージを、単なる運動着や部屋着と考えているなら損。旬なスポーツMIXを打ち出すうえで、大いに役立つ存在だからです。大人が街で着られるアイテムをお届けします。, マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい品質と見栄えを両立する、人気のブランドとおすすめのアイテムを一挙にご紹介します。, デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。, スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2020年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。, 誰でも簡単に完成度の高い着こなしを作れるセットアップ。その取り入れ方とカジュアルダウンのテクニックを、ファッショニスタのコーデとともにご紹介します。, オン・オフ問わずコーデに取り入れたいチェスターコートは、大人の男性のワードローブに欠かせないアイテム。その着こなしテクをカラー別にご紹介します。, 保温性の高さはもちろん、軽くてボリュームを抑えた細身のシルエットが特徴のキルティングジャケットは、大人に最適のアウターだ。さっそくその理由を紹介していこう。, スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作、注目作も合わせて紹介します。10ブランド、全30モデルは必見です!, 『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!, 『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。, 90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。, マウンテンパーカーの人気は高止まり。軽くて機能的なので手放せなくなるのは当然です。ただしコーディネートには注意も必要。街着としての今季的な着こなしを提案します。, 日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。, ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。, 美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。.