そして、【ブランカ】で王から世界の危機を知らされ、隣国【エンドール】で占い師【ミネア】と出会う事で己の勇者としての使命を改めてはっきりと宣告され、世界を救うことを決意する。   その後はプラナに対し、ギィンの戦いぶりを称える言葉を告げていた。 同作は、稲田・三条コンビのカムバック作品でもあり、ps版ドラクエ4発売当時に掲載された作品であったが、ダイ大はfc版ドラクエ4発売当時にスタートした作品でもある。 プレイキャラクターとしては、導かれし者たちの中で唯一、Lv1~Lv11までの間【うんのよさ】の数値が初期値の4のまま微動だにしないという特徴がある。 上限レベルの設定されていない呪文に関しては、プレイヤーの運が悪いといつまでも習得出来ない。, FC版は勇者が登場する第5章になると他の仲間キャラが全員【AI】操作となる。   迫り来る凶悪な敵やトラップの数々。あなたはこの鬼畜ダンジョンを知っていますか?, ゲーム中に登場する防具『エッチなしたぎ』。     本人は自らの出生の秘密を知ることはなくブランカ北にある人里離れた山奥の村で血の繋がらない両親や村人に守られながら育てられていたが、同時にいずれ来る魔族との戦いに備えて、村を守る騎士や魔術師の老人から「勇者」としての訓練を受けている。 「ドラクエ4 女勇者」とググれば、予測変換に「髪型」と出るほど。 同意語に「もじゃもじゃ」ヘア、「ギズモ」ヘアなどがある。 ただしドラン先頭時だけは魔物と認識してしまうため、さすがに無理。, 任天堂が発売するオールスターゲーム大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALに、「勇者」のカラーバリエーションの1つとして男勇者が参戦。 パラメーターの伸びがランダムな本作では特異な設定で、Lv12以降は急激に伸び始め、最終的にはそこそこ高い値に落ち着く。 15年前に魔王として世界を恐怖に陥れたが、勇者アバンに敗北。しかし魔界屈指の実力者である大魔王バーンの力で復活し、魔軍司令となる。アバンを始末し、ダイや彼の仲間たちの前にも立ちはだかった。 シンシア マスタードラゴン ライアン アリーナ クリフト ブライ トルネコ マーニャ ミネア 『ドラゴンクエストⅠ』の続編で、前作の世界から百年経った後の世界を舞台としている。 さて、ふと思ったのですが、ドラクエファンの中では「主人公の年齢は〇歳派」という派閥があるのではないでしょうか。, ちなみに年齢が明確にされていない主人公もいますが、その場合は小説などを参考にし、いわゆる世間で言われている年齢であるとします。, 恐らく一番多い、というかほとんどの人がこれだと思います。ドラクエ3にて、勇者が16歳の誕生日に冒険に出るから、というのが大きな理由でしょう。, それまでドラクエの登場人物たちの年齢は明かされなかったので、明確に主人公の年齢がわかった初めての作品でもあります。, ローレシアの王子です。小説で旅の開始時が16歳とのことなので、恐らく16歳が定説です。もう少し上の年齢という説もあると思います。, ドラクエ5は作中明確に年齢が変わる主人公です。一応青年期のスタートが16歳、のはずです。, ちなみにキーファは18歳です。ドラクエ7も作中で年月が経っている描写があるので、PS版でいうところのDISC2時点では16歳ではない可能性があります。, もっといるイメージでしたが、2作品だけでした。筆者は勇者と言えば16歳派ですが、下記二作品がとても好きなのでたまに17歳派にもなります。, 当然17歳の誕生日の朝も普通に目覚めました。故郷も滅ぼされませんでしたし、啓示も受けませんでした。, ドラクエ3で勇者の旅立ちは16歳!と決まったその後すぐさま17歳設定とはなかなか強気です。主人公とシンシア、デスピサロとロザリーというちょっとビターなお話なので1歳引き上げたのでしょうか。, 6の主人公が17歳というのはしっくりくるのですが、バーバラも17歳というのはちょっと違和感なんですよね。15歳、せいぜい16歳かなと……。, 上記に当てはまらない主人公が割といます。ドラクエの勇者、というか主人公は16歳、もしくは17歳だろ!と筆者は思いがちですが、ちゃんと考えてみるとそれ以外のキャラクターも割といます。, 年齢不詳です。ゆうべはおたのしみする点から考えると、20歳は越えていそうです。ドラクエにしては珍しい年齢設定は初代ならでは。, 16歳派でも出しましたが、彼の場合は本当にコロコロ年齢が変わるので、彼を16歳という枠に当てはめていない人の方が多そうです。, 18歳、というのが定説です。ミーティア姫が旅の途中18歳になっているところからですね。主人公が18歳というのはちょうどいい年齢設定だと個人的に思いますが、ドラクエでは珍しいです。, 年齢不明です。天使なので……。もしかしたら最年長の可能性もありますね。見た目だけで言えば16歳くらいでしょうか。, ドラクエ5などは明確に年月が追加していますが、そうでなくても旅の途中でキャラクターたちが誕生日を迎えている可能性はあるでしょう。, それでもドラクエの勇者(主人公)といえば〇歳だよねぇという会話が成り立つというのは、それだけ彼らの年齢という情報が私たちの中に印象強く残っているからでしょうね。, ドラクエの魅力をお伝えするファンサイトです!Twitterも精力的に活動中!詳しくは上記アイコンをクリック! その反面、ハンサム過ぎてキザなイメージを持たれることも。実際、プレイ展開によってはニヒルな奴の称号を得てしまう。 実際に、ゲーム内でマスタードラゴンが手を下したことを示す情報は出て来ない。後に主人公はドラゴン本人とも顔をあわせるが、特にこの件に触れる事も無かった。   【てんくうのたて】の使用効果で得られる【マホカンタ】状態も、回復呪文が使える勇者と相性が良い。 そんな勇者が、全てが終わった後に、たった一つの生きる希望としてシンシアを取り戻す事になったのは、数少ない「救済」と言える物だろう。 ベホマズンの消費MPが36→20と半分近くにまで下がっているため、使い勝手は更に向上している。   ハドラー親衛騎団は、本作後半に登場する敵組織。魅力的な好敵手として描かれ、物語を大いに盛り上げた。, 『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』とは、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。 両親は【天空人の女】と【人間のきこりの男】であり、天空人と人間の血が交わったことで勇者の資質を生まれ持った。 物語を通してヒロインとして活躍するも、それぞれの立場や考えもあって二人の関係は親しい友人の状態が続いた。しかし実際は異性としてかなり意識していたらしく、それを指摘された際は頬を赤らめていた。, マァムとは、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の登場人物である。勇者アバンの弟子の一人で、主人公のダイからすると姉弟子にあたる。 そのため、唯一常時操作可能である勇者は能力が全体的にかなり高水準。 二人で村を再建し、幸せに暮らしていくことを願って止まない。 主人公・ギィンたちが酒場で出会った一団のリーダーとして、フードを被った姿で登場する。 本人は何も知らされず、豊かではないことと村の外に出られないこと以外は、実の親にも劣らない溢れる愛情を受けて不自由無く幸せに暮らしていたようだ。 『ファミリーコンピュータMagazine』で行われた『第1回美少年キャラコンテスト』('89年16号発表)では発売前ながら第9位にランクイン。発売前作品のキャラがランクインしたのは美少女部門を含めても唯一ということもあり、相当インパクトが強かったようだ。この時も「スライムピアスがなんともセクシー」と言われている。 比較的早期に習得できるイオラは中盤以降の雑魚戦で有効となる場面が多く、終盤では勇者専用呪文であるベホマズンとギガデインの2つが攻防の要となり得る。 ライバルズでは特定カードのサーチはレアな効果であり、そのため軒並み悪さをしてはナーフされてきた歴史を持つ。このカードも例にもれず、環境を席巻した後にナーフされた過去を持つ。 しかし【めいれいさせろ】によって【フバーハ】を確実に仲間に使わせることができるようにもなっているため、フバーハ前提ならば勇者1人の耐性の問題は然程大きくはなく、やはり難易度目当てで性別選びを変える程ではないだろう。, 主に蕾と茎を食すことができる緑黄色野菜の一種。 賢さの値によって一部の呪文の習得が1~2レベル遅れる可能性がある。 ダイとは、儀式のために彼の育ったデルムリン島を訪れて以来の友人。その後ダイが魔王軍との戦いに身を投じた動機も「レオナを助けたい」というものだった。 更に専用装備の天空シリーズの【耐性】が修正及び追加されており、【てんくうのよろい】のブレス耐性が無耐性だった【てんくうのたて】へ移ると同時に2/3の割合軽減から30ポイントの固定値軽減に変更され、同じく無耐性だった【てんくうのかぶと】には【眠り】【麻痺】【混乱】の発生率を抑える状態異常耐性が追加されている。   星のドラゴンクエストのCMではラモス瑠偉がコスプレした。あの美形が初老の濃いい(以下略)。       対する女勇者は、髪・瞳共に男勇者と同じ色だが、男勇者が剣を腰に下げ盾を肩に担いでいるのに対し、女勇者は剣を背負い盾を常に構えている。 主要なプレイヤーキャラクターは「導かれし者たち」と言われる8人で、第1章から第4章までは仲間の旅立ちが描かれ、第5章で主人公のもとに導かれし者たちが集って魔王討伐に向かうことになる。, 『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』とは、1987年1月26日に株式会社エニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPG。 孤独の身となった主人公は、勇者の資質を持っているため【山奥の村】にて義理の両親や村の人々によって大切に育てられた。 FC版の公式イラストでは、男勇者は緑の髪に青い瞳を持ち、白と青の質素な衣服で固めた質実剛健な姿。何気にシリーズ初のグローブ(手袋)を嵌めていない主人公で、本作以降の主人公もグローブを嵌めていない。 【とどめの一撃】はミナデイン。, 男勇者に加え、SPカード「フォース」のキャラクターとして女勇者ソフィアが登場。 いっその事、ボス戦では【まじんのよろい】を装備して、最遅行動でベホマズンを使わせるのも1つの手。 ドラクエ3で勇者の旅立ちは16歳!と決まったその後すぐさま17歳設定とはなかなか強気です。主人公とシンシア、デスピサロとロザリーというちょっとビターなお話なので1歳引き上げたのでしょうか。 ドラクエ6 © 2020 ドラクエ10攻略ブログ|初心者向け冒険マップ All rights reserved. 本スレにて、DQタクトなどのオンライン作品の扱いについて検討中です。, パーティメンバー:DQ4 Lv99になるとメンバー中で1番HPが高くなるが、MPは呪文を使えるキャラの中では最下位となる。 世界を救うために長い旅をするドラゴンクエストのキャラクターたち。しかし、中には壮絶な人生を過ごしたキャラクターたちが存在します。今回は歴代主人公の不幸な人生に視点を合わせてみようと思います。世界を救うのはやっぱり楽じゃなかった!, 主人公は人間で木こりを生業としている父親と、天空城ヘ住んでいる天空人の母親の混血児である。しかし、天空人は人間と関わることを禁止されており、母親は天空城の主であるマスタードラゴンの怒りを買ってしまい、夫と子供を追いて天空城へ連れ帰られている。そして父親はその後、雷に打たれて死亡している。この雷は天空城の主であり、この作品の神的存在であるマスタードラゴンの仕業であるという説がある。その理由として天空城の図書館で「禁をおかして 地に下りた彼女をマスタードラゴンは どんなに時がたとうとも お許しにならないだろう。今に マスタードラゴンは もっとも残酷なやり方で 彼女のしあわせをうばうことだろう。」という日記が発見されたことに起因する。さらにマスタードラゴンは地獄の帝王であるエスタークを封印しているが、この作品のラスボスであるデスピサロに太刀打ちすることができず、世界の命運を主人公たちに託す。主人公は両親を奪った(説が正しければ、だが)者のためにデスピサロを倒すという、報われない話になっている。余談だがマスタードラゴンはドラクエ5でも無能っぷりがやばい。ドラクエ5では天空城はすでに水没しており、主のマスタードラゴンはというと人間に憧れ、人間の姿で20年間トロッコに乗り続けるという無能っぷりを見せる。このためファンから「クズ」「無能」という評価を与えられた。, 勇者であった主人公は村で平和に暮らしていたが、デスピサロのその存在を知られてしまい、魔物たちの襲撃を受ける。主人公は村人たちから守られ、ある建物の奥で匿われる。そこに現れた恋人のシンシアはモシャス(人やモンスターに化ける魔法)を使い主人公の姿になり外へ駆け出していく。外から魔物たちの歓喜の声が聞こえ、静まった後、外に出ると村は破壊され、村人や恋人たちは虐殺されていた。魔物に襲われた後の村にはシンシアのものと思われる「はねつきぼうし」を拾うことができる。シリーズ中、ただ一人け復讐を目的としている。物語の最後にはシンシアが復活するが、そのシンシアは主人公が生み出した妄想だという説もある。もし本当に妄想だった場合、間違いなくシリーズ中、最も不幸な主人公である。, ドラクエ4はシリーズでも珍しく、敵である魔王に細かなストーリーが設定されている。そのおかげでリメイク版では敵の魔王が仲間になるという特異な作品である。デスピサロはピサロという魔族の王が特殊な方法を使って進化した姿である。ピサロは魔族の王であり、人間を滅ぼすことを目的としているが、単純に非道な人物ではない。ピサロには恋人がおり、それがエルフ族のロザリーだった。ルビーの涙を流すロザリーは人間に虐待されており、そこを助けたことが二人の出会いだった。しかしロザリーは人間の手によって殺害される。そこからピサロは復讐心で我を失い、その結果デスピサロとして君臨した。実はロザリーを殺した人間はピサロの部下であるエビルプリーストが手を引いていた。しかし、この行動は魔族の王としてのピサロを思っての行動であった。ピサロは恋人を失った頃から復讐に走るかなしき人物であった。リメイク版では隠しボスとなったエビルプリーストを倒しに行くことになる。, 主人公は父・パパスは魔物にさらわれた母親を探すために天空の勇者を探す旅をしていた。その道中、一国の王子であるヘンリーが誘拐される。パパスは一人でヘンリーを助けに向かうが、主人公もその後を追う。しかし結果的にそのことが裏目に出てしまう。主人公とパパスは忍び込んだダンジョンで無事にヘンリーを見つけ出すが、すぐに追っ手に追われてしまう。パパスは追っ手を食い止めるために残り、主人公にヘンリーと共に先に脱出するように指示する。しかし主人公たちはゲマという魔道士に捕まってしまう。後から追いついたパパスはゲマの部下であるジャミとゴンズと戦いを強いられる。一度はジャミとゴンズを退けるが、主人公たちを人質に取られ、抵抗できずにいたぶられてしまう。そして最後にはゲマにより主人公たちの眼の前で焼き殺されてしまうのであった。ゲーム開始から旅を共にしたパパスの死はプレイヤーにも衝撃を与えた。, 主人公はパパスが死んだ後、そのままゲマに捕まり、「光の教団」という邪教の元で奴隷として10年の月日を過ごすことになる。その後、一緒に捕らえられていたヘンリーと一緒に脱出することになるが、まさかゲームの主人公が奴隷として10年を過ごすという展開はプレイヤーを驚かせた。, その後、主人公は妻を娶る。そして双子の子供を授かり、幸福の絶頂を味わう。しかし、それも束の間であり、妻が天空の勇者の子孫であったことが原因で魔物に誘拐されてしまう。主人公はすぐさま助けに向かうが、パパスを殺した魔物パパスを殺した魔物の一人であるジャミと再開し、妻と一緒に石にされてしまう。そしてなんと息子と娘が助けに来るまでの8年という年という月日を石で過ごすことになる。奴隷時代と合わせれば実に18年という年月を棒に振っている。シリーズ中トップの苦労人は間違いなくこの主人公である。これがドラクエ4の主人公と並んで不幸と呼ばれる所以である。, 主人公たちがモンストルの町を訪れ、宿屋に泊まろうとすると、宿屋の主人は明るいうちに次の町まで行くように勧めて来る。主人の提案を断り、モンストルの町で宿泊すると夜中に大きな地響きが聞こえて来る。主人公たちが外に出ろうとすると宿屋の主人から「なんでもありません。」と引き留められてしまう。主人公たちが屋上から外へ出ると、そこには巨大なモンスターが町で暴れていた。主人公たちはモンスターと戦い、追い詰める。すると宿屋の主人がやって来て、モンスターを殺さないように嘆願する。その時モンスターが町に住んでいる戦士・アモスの姿に変わるのを目撃する。主人公たちは宿屋の主人に詳しく話を聞くことになる。, 『ドラゴンクエストI』とは、国民的RPG「ドラゴンクエスト」の記念すべき第一作目である。