(1979年※ / 2008年※)・帰ってきたドラえもん(1981年) さようならドラえもん(2009年※)全7話収録, 藤子・F・不二雄原作の国民的TVアニメ『ドラえもん』の79~2008年に放映された全2073話からエピソードを厳選した「あばあちゃんのおもいで」編。「おばあちゃんのおもいで(前・後)」「ベロ相うらないで大当たり!」ほか、全3話を収録。, TVアニメ30周年を記念し行われた、視聴者投票による正真正銘の“みんなが選んだ”30エピソード!今作は、「おばあちゃんのおもいで(1979)」「おばあちゃん大好き(1986)」「おばあちゃんの思い出(2006)」ほかを収録。, 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, 映画 おばあちゃんの思い出/21エモン 宇宙いけ! TVアニメ30周年を記念して行われた視聴者投票により選ばれた、正真正銘の“みんなが選んだ”30エピソード!2万通を超える視聴者投票(2008年9月~2009年3月実施)により、過去に製作・放映された全2073話(2008年9月当時)から選ばれた、TVアニメ30周年目の選りすぐりの30エピソード。30エピソードの、過去に製作された全てのバージョンを収録同じエピソードでも、放送開始から現在まですべてのバージョンを収録しており、昔見た懐かしいドラえもんと、今見ているドラえもんを親子で楽しめます。【収録エピソード】 ( )内は製作・放映年 ※印は初DVD化・おばあちゃんのおもいで【前・後】(1979年) おばあちゃん大好き(1986年) おばあちゃんの思い出(2007年※)・ベロ相うらないで大当たり! 8 もしもボックス (小学館DVD). のび太のおばあちゃんが初登場したエピソードで、ファンの間でも『ドラえもん』屈指の感動エピソードとして語り継がれている。, ママが物置を片付けていると、のび太はくまのぬいぐるみを見つける。それは昔おばあちゃんが繕ってくれた人形で、のび太はおばあちゃんがいた頃を懐かしむ。ドラえもんが「おばあちゃんがいたの?」と尋ねると、のび太はアルバムを取り出し、昔の思い出をドラえもんに語る。 のび太が泣きながら「そんな寂しいこと言わないでよ」と言うと、おばあちゃんは「せめて小学生へ行く頃まで生きられれば良いんだけどね」と呟く。それを聞いたのび太は急いでタイムマシンで現代へ戻る。先に現代へ戻っていたドラえもんはのび太から「ランドセル!」と頼まれ、そのままランドセルを渡すと、のび太はすぐに過去へ戻った。 ドラえもんとのび太が押し入れを整理していると、奥からつぎだらけのクマの人形が出てくる。, ドラえもんにおばあちゃんとの思い出話をしているうち、のび太は優しかったおばあちゃんが恋しくなってしまい、, のび太はしどろもどろになりながら、実は自分は未来ののび太だと言うが、ママはのび太を頭のおかしい子扱い(改訂版ではSFの見すぎ)してチビのび太と家に戻る。, 速攻でチビのび太に見つかってママを呼ばれてしまい、慌てて飛び込んだのがおばあちゃんの部屋だった。, のび太はある決心をして、現代から自分のランドセルを持ってきて、おばあちゃんの前で背負う。, ドラえもん屈指の名作だけあって、日テレ版からわさドラまで幅広くアニメ化されている。, 高村章子さんの声で余裕で再生される。旧TV版が懐かしい。母性と優しさの権化。 -- 名無しさん (2013-09-13 16:31:46), おばあちゃん良い人だな…… -- 名無しさん (2013-09-13 16:34:42), ↑↑あのとき見たTV版のタイトルは「おばあちゃん大好き」だった。 -- 名無しさん (2013-09-13 16:59:17), 無自覚におばあちゃんに死期を告げるような行為なのに、優しく受け止めてくれたんだな -- 名無しさん (2013-09-14 14:29:56), ちゃんと事情を話せばしずかちゃんも快諾してくれそうな気がする。 -- 名無しさん (2013-09-25 10:24:42), こんないい女と結婚できたのび太のじいちゃんはマジ果報者 -- 名無しさん (2013-09-25 16:16:46), 「なくしもの取り寄せ機」で出てきたおばあちゃんの「ダルマの起き上がりこぼし」の話で泣いた。 -- 名無しさん (2013-10-01 21:46:45), ↑アレは泣いたな……おばあちゃんの深い愛情を感じる -- 名無しさん (2013-10-01 22:12:47), 涙が止まらない。本当に良い話 -- 名無しさん (2014-02-06 10:35:40), ↑x6むちゃくちゃ肝が据わったおばあちゃんである。あるいは自分の死期をもう悟っていたのか。 -- 名無しさん (2014-02-13 20:24:10), 実は日テレ版でもあったのよ、この回。 -- 名無しさん (2014-02-13 21:25:52), のび太みたいにおばあちゃんに会いに行きたいな・・・ -- 名無しさん (2014-03-01 20:58:48), ↑出来ることなら私だって会いたいよ・・・・でも出来ないんだよ。 -- 名無しさん (2014-03-01 21:32:35), お婆ちゃんが優しい目をしているんだよな(TT) -- 名無しさん (2014-03-29 10:09:54), なんで当時邪険に扱ってしまったんだろ・・・あれからすぐ会えなくなると知ってたらそんなことしなかったのに・・・。これ見るたびそう思ってしまう・・・ -- 名無しさん (2014-03-29 14:28:33), どんだけ後悔してるツンデレおばあちゃん子いるんだよwwwwwww …………………………………(´;ω;`)ウウッ -- 名無しさん (2014-03-29 14:37:20), なんつーか、多分藤子F不二夫先生にもおばあちゃんとの思い出があったんだろうか -- 茶沢山 (2014-04-25 12:45:20), おばあちゃん本当に可愛い。そして優しい。 -- 名無しさん (2014-04-25 12:58:32), この回を見る度泣きそうになる、自分もおばあちゃんっ子だったからなぁ… -- 名無しさん (2014-06-13 21:42:45), タマシイムマシンという道具の話にも出てきたな(13巻) -- 名無しさん (2014-06-13 22:20:15), ドラえもんにたのんで「寿命」を延長してもらう道具を出してもらえば・・・だめか。 -- 名無しさん (2014-06-13 22:22:35), おばあちゃんは、3歳のしずかちゃんとは会った事はあるのかな? あるのなら「しずかちゃんが将来のお嫁さんだよ」と教えるだけで済むような -- 名無しさん (2014-06-13 22:35:37), そのころは確か「のんちゃん」じゃなかった?多分しずかちゃんとはおばあちゃんが亡くなった後に出会ったんじゃないのかな? -- 名無しさん (2014-06-13 22:55:29), ↑3このおばあちゃや味ネものあっても使うと思うかい? -- 名無しさん (2014-06-13 23:44:20), ↑打ち間違い。このおばあちゃや味ネものあっても使うと思うかい?と打とうとしただけです。 -- 名無しさん (2014-06-13 23:45:42), 映画化された「帰ってきたドラえもん」でもドラえもんとの別れを受け入れることができないのび太に「おばあちゃんが亡くなったときも押し入れの中で泣いてたっけ」とパパが言うシーンがあったよね。 -- 名無しさん (2014-06-14 09:22:38), こういった感動路線の回が宣伝などで強調されたせいで、一時期ドラえもんが感動路線ドラマのように思われていた。本来ドラえもんとは掲載誌に明記されていたように「ギャグマンガ」であり、ブラックあり、ドタバタありという懐の広いマンガだというのに…感動話なんて一部に過ぎないのだよ。 -- 名無しさん (2014-07-01 22:22:40), ↑気持ちはわかる。「宮崎作品は清く正しい」みたいな風潮に気持ち悪さを感じていた頃が僕にもありました。だが!いいものはいい! -- 名無しさん (2014-07-05 18:40:53), 電王の短編映画NEW電王編がこれにちょっと似ていたかな?誕生日を祝ってくれるはずだった祖母を無視して遊びに行ったら祖母が亡くなってしまい、その過去を改変すべくイマジンと契約するんだけど…… -- 名無しさん (2014-07-17 11:31:22), 自分も我が儘とか困らせる事一杯言ってたと思う。ごめんねと泣きつくのび太にお婆ちゃんがいいんだよと言ってくれた事で何か安心できたんだ、毎回このシーンで泣いてしまう -- 名無しさん (2014-07-29 03:12:40), ちなみに収録の最中高村さんが小原さんとの会話中「これがさいごののびちゃんのおばあちゃんかもしれないからねぇ」ってぽろっと言っちゃったんだけど、それを聞いた小原さんが感極まってNGを連発すると言う泣けるお話が、ちなみに高村さんは今でも元気にご存命、これの後も何度もおばあちゃん役で出演しましたとさ -- 名無しさん (2014-08-06 22:57:19), 「自分の目の前に時を超えて成長した孫が現れた」これをあっさり信じたおばあちゃん大物。これも孫への愛の賜物か。 -- 名無しさん (2014-09-22 19:22:09), そういえば「夢まくらのおじいさん」に出てきたおじいさんも「嘘でない事は目を見れば分かる」とか言って、のび太の正体を信じてくれたな -- 名無しさん (2014-09-22 20:43:39), おばあちゃんがのび太のくまちゃんを大事に縫っているのが印象に残っている、うちのばあちゃんも敗れたところを縫ってくれたから・・・・・・・・。 -- 名無しさん (2014-09-22 21:40:09), 家が近いから叔母と母の二人はよく面倒見てあげれたし身内でよく集まった。俺は小学校~成人式までの姿は全部見せてあげれたし、唐突に死ぬ半年前には姪っ子のおかげでひ孫にも会えた。それでもこんなに悲しいのに、のび太なんてどれだけ胸が痛かったのやら…そしてそれとは真逆にお婆ちゃんはどれだけ嬉しかったのだろうか。こんなもん、よっぽどな奴じゃない限りは誰だって泣くわ! ママが過去ののび太に連れられ、おばあちゃんに「変な子が来ませんでしたか?」と尋ねるが、おばあちゃんは「いいえ、来ていませんよ?」と言い、のび太を匿ってくれた。