書き方次第で評価が変わる?就活の返信メールのマナーとは, 2019.12.19 All Rights Reserved. ノックの仕方は、手で軽く握りこぶしを作り、手の甲をドアに向けて、人差し指、中指、薬指の三本の指の第二関節を使ってドアを叩きます。ドンドンと乱暴に叩いたり、強くノックすると、相手に威圧感を与えます。また、あまりにも早く叩くと、相手が気づかない可能性もありますし、せっかちな印象になります。優しく、1秒に2回程度のスピードで叩くようにするのがマナーですね。 例えば、プロトコールマナーでは、2回のノックは、トイレの在室確認する際のノックの回数とされています。 交響曲第五番は1804年から制作を開始したが、この「運命がドアを叩く音」の部分だけは1798年に着想を得たと言われています。 つまり、大切なことは相手を不快にさせないよう気づかいをすることなのです。ここからは、ビジネスシーンでの入室マナーについて見ていきます。, ここまでは、基本的にドアが閉まっている場合のノックのマナーについてみてきました。ここでは、「ドアが開いている場合」について考えていきます。 職場でドアをノックする際、あなたは何回たたいていますか? 日ごろ、なにげなく行っているノックの回数には、実は意味があるのです。今回は、大人の女性として知らなきゃ恥(?)かもしれないノックの回数とマナーについてご紹介します。 しかし、ビジネスシーンでは、役員室に入室したり、海外の取引先やお客様と接する機会もあります。4回ノックを行う場合でも、軽い2回のノックを2回に分けて行うと、4回のノックでも多いという印象が持たれにくいですね。, 病院で部屋に入室する際のノックの回数にも、マナーがあります。 日本においては、ノックの回数が4回というのは多いと感じてしまうので、どちらにしても「3回」が適当と言えます。, こちらも面接時と同様、ノックは「ゆっくりはっきりと3回」が適当であると言えます。 正しいマナーを覚えておくことは、自信につながります。正しいマナーを身につけて、どんなシーンでも堂々と自信をもってふるまえるように準備しておきましょう。自信をもってふるまうことは、信頼感の獲得につながります。, そもそも、ドアノックの回数にはどのような意味があるのでしょうか。ここからは、世界標準のマナーにおける、「2回」、「3回」、「4回」のドアノックの回数の意味を、それぞれ見ていきます。, ノック2回の意味は「空室確認」です。2回のノックは、世界的にもトイレのドアをノックするときに使われます。ですので、これは面接やビジネスのシーンでは不適切と言えます。, ノック3回の意味は「入室確認」です。親しい友人や知人を訪ねるときに使用されるのが正しいマナーとされています。 ここからは、面接の場合における正しいドアノックの回数を見ていきます。, 「プロトコールマナー」とは、世界共通の国際標準マナーのことです。 したがって、日本だけでなく、海外でもトイレのドアをノックして入っているかどうかを確認する場合には、2回ノックするようにしましょう。反対に、目上の方がいる部屋のドアを2回ノックするのは失礼だと思われることもあるので注意したいですね。, 国際標準マナーである「プロトコールマナー」によれば、就職活動や転職活動、入学試験などでの面接では、相手が目上の人になるので、ノックは4回するのがマナーとなります。 よって、ビジネスシーンにおけるノックの回数は、4回が適当だと言えます。, 面接は、まず「ノックして入室」から始まります。ただでさえ緊張してしまう面接ですので、最初のアクションは自信を持って臨みたいものです。 面接する時に、面接場所のドアが開いている場合は、ノックをせずに入室してもOKです。ただし、部屋に入る前に一度立ち止まり、「失礼いたします」と挨拶をしてから入室するようにしましょう。 第一志望の会社の書類審査を通過し、面接のチャンスを得たあなたは、今その会社の面接室前にいます。シミュレーションはバッチリ!いよいよ自分の番がきました。しかし、いざ入室しようとした時、ノックの正しい回数は何回だろう?急に不安になってしまいました。 3回?4回?2回でも良いんだっけ?数パターンのノックが頭をよぎります。あ~このままだと、その先の面接に集中できません!はたして正しいノックの回数は何回なのでしょうか。面接直前で慌てないように今すぐチェックしておきましょう。, 面接や商談など改まった席におけるノックの回数は、日本の場合「3回」が正式な数とされています。遅すぎず速すぎず、丁寧に「トン、トン、トン」と叩きましょう。相手から「どうぞ、お入りください」など応答があってから、「失礼いたします」と断って入室してください。, 日本のビジネスシーンでは、3回のノックが一般的ですが、世界的にみると少し違いがあるようです。, 「プロトコール・マナー」という世界共通のルールが存在し、ノック回数についてもそこで決まりが設けられています。日本では丁寧なノックの回数と見なされる3回は、プロトコール・マナーによると「プライベートノック」と呼ばれ、夫婦や友達など親しい関係にある相手の部屋に入室する際の回数なのです。, 世界共通のルールでは、初めて訪れた場所や礼儀を重んじる必要がある場合、ノックの回数は「4回」と決められています。外資系企業への面接や訪問の際は、ノックの回数は4回が無難でしょう。, ちなみに、ベートーベンの交響曲第5番「運命」にある「ジャ、ジャ、ジャ、ジャーン!」のリズムも、“運命が扉を叩く音”という意味を込めたと言われています。, 2回のノックは「トイレノック」と呼ばれ、空室確認で用いられるものです。よって面接の際2回のノックはNG!気を付けましょう。, それでは、ノックの回数の意味を以下にまとめます。● 2回:トイレのドアをノックするとき(空室確認)● 3回:日本でビジネスシーンに用いられる回数(世界基準では親しい間柄でのノック)● 4回:国際標準マナーによる、ビジネスシーンでドアをノックする回数, 就職活動でのノックのマナーは、3回と覚えておくと良いと思います。さらに、4回でも間違いではなく、2回は失礼にあたるということを覚えておいてください。, 最後に、重要なのは面接の内容です。ノックの回数なんて正直面接官はいちいち気にしないかもしれません。ですが、正しい知識・マナーはあなたに自信を与えてくれます。小さなことでつまずくことなく面接に集中できるよう、早めにノックのマナーは身に着けてしまいましょう。, 2020.01.16 4回ノックするときは、連続でなく「コンコン、コンコン」と2回ずつに分けてノックをするのが良いとされます。, 一方、日本における面接シーンでは、3回が適当とされています。ゆっくりはっきりと、「コンコンコン」とノックするのが良いとされます。 緊張した場面でやりがちなのミスは、ノックをしてすぐにドアを開けてしまうことです。ノックの目的を考えて、落ち着いてひとつひとつ行動しましょう。, ノックをしても中から返事がない場合は、こちらのノックが聞こえなかったのかもれしません。その場合は、1回目よりもう少し強めに、再度ノックをします。 ノックの回数は、国際標準マナーである「プロトコールマナー」が基本ルールとなってきています。 ■4回のノックを行う場合 しかし、日本の場合は「ノックは2回するもの」と考えている方も多く、ノックの回数にあまり神経質になる必要はありませんし、ノックの回数を数えるのは「くだらない」という声もあります。中には「4回もノックするなんてせっかちだ」と面接官に言われたという声もあります。 それでも返事がない場合は、「失礼します」とドアの前で声をかけてから、ゆっくりとドアを開けます。, 有名なベートーヴェン、交響曲第五番「運命」。印象的な出だしの「ジャジャジャジャーン」という音は、「運命がドアを叩く音だ」とベートーヴェン本人が説明したと言われています。 1798年と言えば、ベートーヴェンが難聴を自覚し始めたころで、ベートーヴェンはこの40分の一大交響曲を通して、運命に抗う意思を示していたのではないでしょうか。, ここまで、面接やビジネスシーンを中心に、様々な場合におけるノックの回数についてみてきました。日本では、トイレの空室確認では「2回」、それ以外は「3回」と覚えておけばまず問題ありません。 就職活動や転職活動、入試などの面接時や、ビジネスシーンなどでは、部屋に入室する際には、まずは手で扉をコンコンとノックするのがマナーですよね。 病院や美容サロン、ホテルなどでも、個室に入る際には、ノックをしてから入室するのが一般的です。 また、トイレのドアが閉まっていて、中に人がいるのかどうか確かめたい場合にも、ノックをして確認します。 ■ノックの仕方 ノックの仕方は、手で軽く握りこぶしを作り、手の甲をドアに向けて、人差し指、中指、薬指の三本の指の第二関節を使っ … まれにノックもせず唐突に入室する患者の方も見かけますが、どんな場合でも相手に敬意をもって接することが大切であり、マナーの基本です。, ここまで、ノックのマナーを回数を中心に見てきました。そもそもマナーとは、「礼儀作法。社会生活上で気持ち良く生活するための知恵、気遣い。」と定義づけられています。 ドアのノックの回数の意味を知っていますか?2回・3回・4回など、ノックの回数には意味があります。ビジネスマナーとして基本のことから、面接やトイレなど、場面に分けて何回ノックすれば良いのかを紹介します。入室の仕方など、面接時に役立つ情報が満載です。 ■ドアが開いている場合 また、病院の病室に入る場合には、ノックは3回するのがマナーです。ただし、大部屋の場合は、具合の悪い人もいて、寝ている人にとっては迷惑になる可能性もあるので、静かにノックするようにしましょう。, トイレで在室確認をする場合には2回ノックを行いますが、面接会場や試験会場、会議室に入室する際には、3回や4回のノックを行うのが一般的なマナーとされています。相手に失礼のないよう、ノックの仕方にも気を配るようにしたいですね。. 実際、ノックの回数が面接の点数にどれだけ影響するかは不透明ですが、面接の最初に「やってしまった!」と焦ってしまわないように気を付けましょう。, 国際標準マナーで、「初めて訪れる場所や目上の人を相手にする場合はノックの回数は4回」とされているにも関わらず、日本において日本人相手に行う面接シーンでは、4回のノックは推奨されません。4回のノックは少し多いと感じられてしまうのです。 面接やビジネスシーンにおいて、ドアをノックする機会は多いものです。その時に堂々と振る舞い、相手にも失礼のないように、正しいドアノックの回数を知っておきましょう。日本におけるノックの回数、国際的なシーンにおけるノックの回数のマナーを解説します。, 就職活動中の面接や、いざ就職してからも役員室やお客さまが待たれている応接室に入室したり、いくつになってもビジネスシーンでは「ノックをする」という場面は多いものです。 Copyright © 2020 株式会社アクティブアンドカンパニー. また、「どうぞ」「はい」といったような返事があってからドアを開けるようにするのがマナーです。返事がない場合は、数秒間待ってから、もう一度ノックしてみましょう。 4回のノックに慣れている日本人は多くありません。4回ノックする際は、「コンコン、コンコン」と2回に分けて、ゆっくりと落ち着いてノックしましょう。, 会社の役員室でも、日本の場合は「3回」が適当です。会社員として長く勤めていても、役員室への入室は緊張するものです。 ただし、お客さまが外資系企業の方であったり、海外の方であるなど、国際的なシーンでは「4回」としても良いでしょう。場合によって使い分けられるようになると、一目置かれるかもしれません。 よって、日本で日本人相手に面接を行う場合は、ノックの回数は「3回」が妥当であると言えます。, ここまで、主に日本の面接時のノックの回数は「3回」が妥当である、ということについてみてきました。ここからは、ビジネスシーンやその他の状況における適当なノックの回数を考えていきます。, プロトコールマナーでは、親しい友人や知人を訪ねる際は「3回」、目上の人を訪ねる場合は「4回」が適当です。 3回:日本でビジネスシーンに用いられる回数(世界基準では親しい間柄でのノック) 4回:国際標準マナーによる、ビジネスシーンでドアをノックする回数 . 病院や美容サロン、ホテルなどでも、個室に入る際には、ノックをしてから入室するのが一般的です。 もちろんこの場合も、役員の文化的背景に配慮して「3回」、「4回」を使い分けられるようにしましょう。, 病院の診察室に入室する場合でも、上記と同様に考え、ノックは3回が適当です。病院の先生も、目上の方と考えることができるからです。 就職活動時に覚えたはずのマナーがあいまいな記憶になってしまっても、「ノックはゆっくりはっきり3回」とだけ覚えていれば、目上の方相手でも落ち着いて堂々と話を始めることができます。 ■ノックの仕方 外資系企業の面接では4回ノック するのがベストです。 外資系の場合は国際基準で判断する企業が多いので、プロトコールマナーに従いましょう。 SNSに不用意な投稿をしないこと. これは、多くの日本人は、入室するときのノックの回数は3回、という共通認識を持っているからです。, 4回のノックが多すぎるということは、ほとんどの日本人が感じることです。面接のシーンにおいてもビジネスシーンにおいても、4回のノックは「くどい」、「かしこまりすぎ」と感じられてしまいます。 緊張した面接時に一番やってしまいがちなミスが、「ドアを2回ノックしてしまった」というものです。, ビジネスシーンに進出するまでは、ドアをノックする機会はトイレ以外にほとんどないという方も多いのではないでしょうか。ですので、「ノックは2回」が癖づいてしまっているのです。 そもそも、ドアノックの回数にはどのような意味があるのでしょうか。ここからは、世界標準のマナーにおける、「2回」、「3回」、「4回」のドアノックの回数の意味を、それぞれ見ていきます。 しかし、「正しいドアノック」のマナーは意外と覚えていない…という方も意外と多いかもしれません。ここでは正しいドアノックのマナーを紹介します。 また、自分に手の甲が見えるような手の向きにして、指の第一関節でノックするという方法もあります。海外では多く見られますね。, ノックをする機会は多いですが、ノックの仕方だけでなく、ノックする回数についても、相手との間柄や場所によって、マナーがあります。 プロトコールマナーでは、上述の通り「初めて訪れる場所や目上の人を相手にする場合はノックの回数は4回」ということなので、プロトコールマナーに則って考えると、面接のシーンではノックの回数は4回が適当だといえます。 どのような場合でも、マナーの定義は「礼儀作法。社会生活上で気持ち良く生活するための知恵、気遣い。」であることを念頭に置いておくべきです。相手の方に気持ちよく過ごしていただきながら、こちらも自信を持って堂々とふるまい、信頼を得ることが大切です。, ドアノックの回数は?ノックのビジネスマナーを解説!のページです。KIRARI[キラリ]は女性がキラキラ輝くために役立つ情報をお届けするメディアです。. ビジネスシーンでは、会議室や応接室のドアが開いている場合でも、ノックをしてから入室するのがマナーとされています。2回のノックが空室を確認する意味で、3回のノックが入室を知らせるサインとなります。