木製素材は様々なブログで成功事例として取り上げられていたので、正直、これは成功するだろうと踏んでいたので後回しにしたんですよwうふふふ(ヤラシ!), せっかくなので、フルーカラーで転写にチャレンジ。 転写シールを使えば曲面のガラスやプラスチックはもちろん、顔や腕にボディペイントをすることもできるようですが、転写の対象物が木製素材であればコピー用紙で十分きれいに転写できるので、お試しあれ!, 高知出身のAND SPACEのオカン的存在。生来、絵を描くことが大好きで、壁に描いては親から目玉を喰らっていたほど。専門学校卒業後は印刷会社・広告代理店で10年以上デザイナーを務める。高知県美術展覧会グラフィック部門で最高権威の「特選」を受賞するなど、商業デザインとは違ったベクトルの作品づくりも活動中。紙からWebまで、クラシック・流行りのテイスト、デザインなら何でもござれで幅広く活躍中。. 自分で好きな柄をTシャツにプリントできると楽しいですよね。しかも、版を作ったら何枚も同じ柄のTシャツができるので、仲良しグループやイベントで、お揃いTシャツとして使えます。, でも、版を作るのは難しそうだし、キレイに柄を写せるか心配ですよね。そこで今回は、私が初めてシルクスクリーンでTシャツを自作してみた手順と、失敗しやすい注意点をご紹介します。, 30枚以上シルクスクリーン印刷するならtmix!版代無料で最安1枚573円から。Tシャツ・ポロシャツ・トートバッグなど、取扱商品は900品以上、30枚から注文可能!詳しくはこちらをクリック, シルクスクリーンとは、メッシュにインクが通過する部分としない部分の版を作って、Tシャツに柄を写す孔版画の1つです。昔はシルクを使っていたことからシルクスクリーンと名前がついていますが、現在はメッシュ(網目)を使った版画をシルクスクリーンと呼んでいます。, 露光で柄を写せるメッシュなので、細かいデザインのTシャツも作ることができます。しかも、1枚のスクリーンで100枚のTシャツにプリントできるんです。5枚入りの1パックがあれば500枚も作れるのですが、家で使うのにはちょっと多いですね。また、柄を写す露光時間の調節が難しいので、コツをつかむまでは失敗しやすいというデメリットもあります。, 今回は、シルクスクリーンTシャツを安く作りたかったので、自宅にあったメッシュ生地と100均アイテムを使って自作することにしました。, 枠を使うだけなので、コルクボードや刺しゅう枠でもOK。ただし、枠の内側のサイズはスケッパーより大きいものにしないと、インクをのばせません。, 100均の絵の具を使う場合は「シルクスクリーンメディウム」と混ぜて印刷用インクにする必要があります。今回は、コストと手間と仕上がりを考えて専用インク(100g 540円)を使うことにしました。, シルクプリントでインクを塗り分けるのに必要なシートです。枠よりも大きめのサイズを選びましょう、しっかり貼付けられて汚れにくいので作業しやすいです。, 今回は自宅にあったハギレを使いました。テトロンメッシュは手芸屋さんか画材屋さんで、1,000円以下で手に入ります。メシュ生地は目が細かすぎるとインクが浸透しにくいので注意しましょう。最初は60か80メッシュがおすすめです。手持ちのメッシュでする場合は、いらない布でインクが写るか試してみるといいですよ。, 100均のお菓子用か掃除用のスケッパーを使います。上の写真内にあるピンク色のゴムヘラみないなものです。, デザインナイフがあれば切りやすいです。100均の工作コーナーなどにも置いています。上の写真内にあるオレンジ色のペンシルような刃先が細く、細かい作業に向いているものです。, タッカーがあればラクですが、ホッチキスやボンドでも大丈夫です。上の写真内にある赤いホチキスです。上から押し付けて打ち付けるタイプのものです。, 印刷してから「大きすぎた!」とならないように、エクセルなどでサイズを調整後、プレビューで確認してから印刷すると失敗しません。, 枠を置いてカッティングシートのサイズと位置を確認しておきましょう。インクはカッティングシートの裏からつけるので、イラストは反転せずにこの状態でプリントできます。, 枠でカッティングシートのサイズをチェックできたら、マスキングテープで仮止めをすると、ずれにくいですよ。 Tシャツプリント専門店 ... 白トナーが搭載できるレーザープリンター ... Type-Gに最適. 白トナー活用術. ・アポイント無しでの御来社はご遠慮下さいませ。 白トナーは転写紙だけでなく普通の印刷にも使えます。通常のプリンターは白インクがないので『白色』は紙の色で表現するので、色紙や透明なフィルムに白い色は印刷できませんが白トナー … お気軽にお問い合わせください。092-591-5877受付時間 9:00-17:00 ウエアプリント たくさんのオリジナルTシャツ店で利用されているプリント手法~トナー転写の基礎と知っておきたいプリント手順 2016年6月20日 ウエアプリント オリジナルTシャツ店の定番プリント手法「トナー転写」の性能を左右するのは何? 2016年5月31日 ・作業中は電話に出ることが出来ませんのでメールにてお願い致します。 昇華インク・昇華用転写紙・昇華プリンタセット. 事務所 福岡市南区警弥郷1丁目10-10 Copyright © 刺繍・昇華転写の桃太郎屋日記&看板制作徒然日記NEW!福岡本店 All Rights Reserved. 染料が溶けて大変なことになっていますが、やっと、やっとトナー転写が成功しました!, どうです、とっても味があるでしょう。 自分でデザインしたロゴなどをt-シャツに転写したのですが洗濯するとはげてしまったり角の方からはがれてしまいます 作業工程は順序よくやってるつもりなのですがこれが自作t-シャツの限界なのでしょうか?どなかた洗濯しても色はげやは 白印刷の為のカラー制御ソフト. 排出口が2つ選べます。横の排出口を選べば、紙がロールせずに、まっすぐ印刷できます。, 次にVINCI専用ノリ付けシートを取り出します。C941dnで転写品質を確認済みの用紙です。綿用とナイロンポリエステル用があります。ナイロンポリエステル用は、5度ぐらいの温度が低い状態で接着する仕様になっています。これにより、ナイロンポリエステル素材でもしっかり定着します。, これを張り合わせます。カラーの印刷がある部分だけに、白い糊が定着します。熱でカラーの印刷面に反応して、糊&白が定着する仕組みです。カッティング不要な画期的なシートです。, このVINCI専用ノリ付けシートがあれば、Tシャツへの高品質な転写が可能です。印刷物にホワイトの下引きができます。通常の4色のプリンターでは、ホワイト自体が印刷されないため、Tシャツへのホワイトの下引きは不可能です。, VINCI C941dnなら、特色ホワイトが印刷できるので、Tシャツにホワイトの印刷を実現できています。伝わりづらい特徴ですが、すごい機能なのです。ホワイトにホワイトでちょっと解り難いですよね。, ここがポイント! 1.トナープリンター CLAPcubeとは? 2.フルカラープリント&カッティングで作るトナープリントTシャツ (1)トナープリンター用アイロン転写紙に印刷をする (2)印刷した用紙をカットする (3)Tシャツに圧着する 3.カス取り不要のカットレスプリントTシャツ 発色が良くフルカラーでプリントできるのが特徴のデジタル転写プリント。tシャツはもちろん、ポリエステルやナイロン生地にも印刷することができます。専用シートに糊を印刷してから転写するため、デザインの周りに枠ができます。 素材が平坦で、なおかつ広い範囲に転写をするのでヘラも併用してみます。, MDFボードを乾かしている間に、桐箱も転写スタート! 090-8830-9969 今村 出来上がったtシャツを販売する事を目的としてプリントをしたい場合は レーザープリンター用の転写紙をおすすめします。 また、圧着の際には プレス機 のご使用をおすすめします。 インクの色をつけたい黒い部分をカッターやデザインナイフで切り抜きます。机を切らないように新聞紙やダンボールを置いた上で作業しましょう!, ここでミスをしてしまいました!(><) 顔の部分は全部切り抜いてから、また上にのせなければいけないのに、いらないと思って捨ててしまったのです(泣)。, 以前、カラーボックスに貼ったカッティングシートの残りものでリベンジです。幅が狭いですが…。再度、顔の部分を切り抜きました。, 片方をタッカーで止めたら、もう片方を引っ張り気味にピンと張ってタッカーで止めましょう。, イラストが切り抜けたら、枠にメッシュ生地を貼ります。生地がピンとなるように、枠の後ろにタッカーかホッチキスで留めましょう! tシャツプリントの種類を知ることで、より楽しくオリジナルのプリントtシャツを作成できるようになります。ここでは、プリントtシャツ作りで差をつけるための方法として知っているようで知らない「tシャツプリントの印刷方法」を6つまとめて紹介します。 ※ゆるんでいるとインクがうまくつきません。, カッティングシートの剥離(はくり)紙をはずして、メッシュ生地に貼ります。今回は失敗してカッティングシートの幅が狭いですが、枠まで貼れる大きさにすると液が塗りやすいです。(端が汚れるのを気にしなくていい), インクが背中までつかないように、Tシャツの間にダンボールなどを挟みましょう。今回はウッドフレーム背面にあったダンボールを使いました。, Tシャツの上に版をのせたら、インクを上の方に置きます。私は、使い捨てのプラスチックスプーンでインクをすくって、のせました。, スケッパーで上に置いたインクを上から下にのばします。イラスト部分全体にインクがつくようにしましょう。, インクを塗っている途中で、失敗に気づいて慌てて版をはずしたのですが、パンダの右下のインクが垂れてしまいました(泣)。お尻のあたりも汚れがついたりインクが多めについていたり…。メッシュの張りが弱かったのと、カッティングシートがしっかり貼れていなかったのが原因です。, この後、自然乾燥させてから2分ほどアイロンをかけて完成です!インクがついた版やスケッパーはすぐに水洗いすると汚れがとれます。, 1回洗濯して乾かしたTシャツを、ぎゅーっと引っ張ってインクの部分がどうなるかチェックしてみました。, 洗濯して引っ張ってもひび割れもせず、しっかりと生地にインクがついていました。専用のインクを使ったのがよかったみたいです!, シルクスクリーンTシャツを自作して大変だったのは、カッティングシートのカーブや細かい部分の切り抜きです。メッシュ生地とカッティングシートの貼付けも難しく、インクが垂れたりかすれたりしてしまいました。 All Rights Reserved. -最後に- コンビニに設置されているのもレーザープリンターなので問題ないのですが、文字や図版は左右反転でプリントすることをお忘れなく!転写なので、逆になっちゃいます。, 除光液のあの「ツン」とした独特のニオイが苦手って方も多いのではないでしょうか。しかしそのニオイこそ「アセトン」のニオイなんです。 工 場 福岡市南区警弥郷2丁目-11-2 ここにうまく図版が載るとかっちょいいんだけどな〜, と、先程までと同じ手順で除光液を垂らしてみると、革を染めていた染料が溶け出し、あれよあれよという間にコピー用紙に移ってきたのです。, じゃん!!! ・お急ぎの場合は携帯電話へおかけ下さい。 作業中は固定電話に出られませんので、お急ぎの場合は携帯へ 油分があると定着しにくいと思ったので、私は除光液を染み込ませたペーパータオルを使用しました。, このトナー転写が成功したらテンションがあがるや〜ん!ということで、第一弾は「陶器」でトナー転写の実験スタート!, 出力した紙をカットして、トナーのついた面を下にして転写したい位置にマスキングテープでしっかり固定します。, その上から除光液を垂らして紙と陶器を密着させて先の丸い木製品等(ボールペンの蓋などでもOK)で絵柄を擦っていきましょう。, 除光液は、液体自体が蒸発しやすい性質なので、もし途中で乾いた場合は追い除光液をかけて再度ゴシゴシ擦ります。, 第一弾だもの。 ウエアプリントには様々な製法が存在します。生地の素材によってはプリントできるもの、できないものがあるので、1つの製法だけでなく、複数のプリントシステムを所有しているショップがほとんどです。現在のウエアプリント業界で一般的に利用されている製法は次の7つです。1、シルクスクリーン印刷2、熱圧着3、トナー転写4、インクジェット転写5、昇華転写6、ダイレクトインクジェットプリント7、刺繍それでは、各製法の特徴を紹介していきましょう。, 1、シルクスクリーン印刷昔ながらのウエアプリント方法ですが、最も汎用性があり、多くのショップや工場で採用されている手法でもあります。最大の特徴は、インクと版を変えることで様々なボディ(プリントされる前のTシャツ)に対応できること。綿、ポリエステル、ナイロンなど、ウエアプリントの代表的な素材は全てシルクスクリーン印刷で対応できます。また、特色インクを使うことでベタ表現などがキレイに出せます。他にもラメ、箔、蓄光、熱で膨らむ発泡インクなど様々な表現が可能。一刷り分のインク代は高く見積もって20〜30円。刷り工程も1分とかからりません。インクコストが安くて印刷工程がスピーディーなので、大量生産に最も適している製法と言えるでしょう。, シルクスクリーン印刷には1色ごとに版が必要になります。この版を作るには大がかりな設備が必要なので、小規模ショップでは版を外注し、印刷工程を自店でおこなうというパターンが多いようです。版の外注価格は1版につき約6000~8000円が相場。これが印刷価格に転嫁されるため、小ロット注文になるほど価格が高くなります。ある程度納期もかかるので、急ぎ注文には対応しづらいのが難点です。ハイレベルなシルクスクリーン印刷業者は写真分解製版や多色刷りも難なくこなしてくれるが、素人には難しい作業だろう。製版、印刷共に技術が要求される手法です。最近では手軽に製版できるデジタルスクリーン製版機が各社から登場。パソコンからオンデマンドで版を出力でき、水洗いなどの必要もないので、小型ショップでも扱うことができるようになりました。, 2、熱圧着最も低投資で導入できる製法と言えるでしょう。背番号やマークなど、スポーツウエアで多用されている。シート転写、ラバー圧着と呼ばれることもあります。, 熱圧着の最大の武器は、小ロット多品種の注文に即時対応できること。シルク印刷と違って版が必要ないため、連番の背番号でも簡単に対応できます。, 熱圧着で使用するのは「ラバーシート」と「カッティングクロス」の2種類。ラバーシートは色が付いた薄いシートで、赤、黒などの単色がほとんど。熱プレスすると糊が溶け、ボディに貼りつきます。多色注文がくると色数分のシートが必要になります。カッティングクロスはフロッキーやサテン、ニットなどの生地で、背番号やスポーツマークなどに多用されているシートです。刺繍と組み合わせて使うこともあります。切り口のほつれを防ぐため、ヒートカッターやレーザー加工機で切る場合が多いようです。ラバーシート、カッティングクロス共に昇華転写やインクジェットプリントしてからボディに熱圧着するタイプもあり、その場合はフルカラー表現が可能になります。撥水用、濃色ポリエステル用の再昇華防止など、それぞれの生地に対応したシートが用意されています。, 製法上、必ず「カス取り」が必要で、デザインが複雑になるほど「カス取り」に時間がかかるのが難点。小ロット単色の文字デザインのみの注文は熱圧着で、フルカラー注文はトナー、インクジェット転写やガーメントプリンターで、大量注文はシルク印刷で、と他の製法と併用するショップが多いようです。, 3、トナー転写こちらも低投資ではじめられる製法。ウエアプリントのエントリーとして導入するショップが多いようです。カラープリンターやパソコンの普及で急速に進化した製法で、今後も様々な商品の登場が期待できます。, 特徴はフルカラー表現が1枚から簡単にできること。転写紙にレーザー(トナー)プリンターで出力してカス取り、熱プレスするだけなので、枚数に関係なく、どんなデザインでも対応できます。, トナー転写の性能は転写紙の質に左右されると言ってもいいでしょう。洗濯堅牢度や耐擦過性など、転写紙の種類やメーカーによって大きな違いがあるので、導入前にはしっかりとしたリサーチが必要です。メーカーによってはカス取り工程が不要で絵柄だけを転写できる特殊な転写紙が用意されています。ラバーシートと同様に、撥水生地用、濃色ポリエステル用の再昇華防止など、生地に対応した転写紙があります。, ウエアプリントできるサイズがプリンターの出力サイズに限られるため、大きくてもA3ノビ程度まで。また、大きな面積に転写する場合、転写紙の性能によってボディの通気性が悪くなることもあります。, 単色注文の場合、トナー転写ではコスト的に無駄が多いので、熱圧着と併用するのがセオリーです。すでにレーザープリンターを持っていても、トナー転写用に流用できない場合が多いため、ほとんどのメーカーはトナー転写専用のプリンターの導入を勧めています。, トナー転写の様子。プリント後、カッティングプロッターで絵柄の周りをカットしている。, OGBSマガジンVol.17「クラT攻略法」OGBSマガジンVol.19「シルク印刷VS熱圧着」OGBSマガジンVol25「ボディ徹底解剖」OGBSマガジンVol.29「ウエアプリントの新常識」OGBSマガジンVol.34「ウエアプリント33の最先端を大公開」OGBSマガジンVol.36「おさえておきたいウエアプリント」をご覧ください。, オリジナルTシャツを産み出すウエアプリントの7つの製法とは1~シルクスクリーン印刷、熱圧着、トナー転写.