きれいに取れました。ただし、薄いビニールなので消す時に力を加えたため、ヨレヨレになってしまいました。, 布ガムテープでペタペタ取ります。少し残った場合は爪でゴリゴリすると取れます。 養生テープって、貼ったあとが残らなくてきれいにはがれるから便利。だけど、養生テープも長いこと放置してるとガッチガチになって全然剥がれなくなる。それで困ったときに実際に試した方法、すっきりキレイにとれた方法をご紹介します。 シールのベタベタがきれいに取れるとほんとにスッキリしますよね!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 粘着力は温めると弱くなるので、最初にドライヤーを当てて剥がす部分を温めてから剥がしましょう。, 頑固なベタベタで一回では落とせない場合、上にラップを貼って数十分湿布しておくと馴染んで落ちやすくなります。, プラスチックや塗装品などの場合は除光液やラッカーシンナーを使うと変質する可能性があるので使用しないで下さい。, 小学生の子どもがいる中でテレワーク!?ゲームやタブレット以外に静かにしてもらう方法は?, テレワークのマナー〜上司や同僚とのビジネスチャットで注意すべきこと。ZOOM会議の正しい服装やコミュニケーションの仕方について. ですが、今回のように身近な物で剥がせることを知っていれば怖くないですよね。 ゴムや樹脂が劣化してなんか表面がベタベタ!ありません?そういうこと。カメラとかコントローラーとか身近なものでも結構あるかと。先日三脚をね、引っぱり出してきたんですよ。夜桜を撮影しに行った時に必要だと思って持って行ったんです。そしたらなんとハ 子供が小さい時には家の壁にシール、ステッカー、粘着テープ、セロテープなどをよく貼りますよね。 【ビニールテープのベタベタを取る方法】簡単! シールを剥がした後のベタベタをきれいに取る方法をご存知ですか。シール、ステッカー、粘着テープ、セロテープ等は長期間経つと剥がす時に粘着部分が残ったり、跡がベタベタ残るものです。今回は、ベタベタの取り方で身近な材料で簡単な方法をまとめました。 とある主婦 ビニールテープを剥がしたら綺麗に剥がせなかった!ベタベタして汚い! そんな経験した事ありませんか? いくらこすってもただ伸びてしまうだけで全くとれない… 今回は、そんな悩みを身近に 一度粘着した部分はかなり落ちにくいため、ドライヤーで熱を加える作業とオイルで剥がす作業を繰り返し行う必要があります。, ハンドクリームを指につけて剥がす部分をベトベト塗っていきます。 でも、数年経つと不要になるから剥がそうとして、粘着部分が残ったり、取り除いたけどベタベタだけ残ることが非常に多いです。, こんな時に便利なのが市販のシール剥がしですが、滅多に使わない物を買うのは勿体ないですよね。 (紙のガムテープは粘着力が弱いので使えません。), お酢をキッチンペーパーやティッシュに含ませて、剥がす部分ピタッと貼って数分間湿布して、ゆっくり剥がします。 マスキングテープといえば、何度も張り直し可能で貼り跡も残らないのが嬉しいところ。 しかし、商品によっては熱や経年劣化によって糊が溶けてしまい、ベタベタになっていつものように使えなくなってしまうこともあるんです。 しばらく様子を見ているとハンドクリームが馴染んできれいに取れます。, 私が試した中では、このハンドクリームが最強で、剥がした後のベタベタに一番効果がありました。, こちらは両面テープの跡です。 消しゴムで消します。 それでも取れなかった場合は、隙間に少しずつお酢を垂らして剥がす部分に染み込ませてから剥がします。 ガムテープをはがした後、接着部分がベタベタが残ってしまっていますよね。 ガムテープは時間が経過するとうまく剥がせず、ベタベタや跡が残ってしまい剥がれ残しは嫌な気分になりますよね。 できればガムテープはベタベタ跡が残らず綺麗にはがしたいもの。 はじめまして。低レベルな質問ですみません…。セロハンテープって、貼ってから1年もたてば大抵劣化してますよね。黄色くなったりはがれたり、ベタベタしたり。だから私は最近、ダイソーなどにも売ってる透明の「梱包用テープ」をセロハ いくらこすってもただ伸びてしまうだけで全くとれない…このベタベタはなんともならないのでしょうか?, 今回は、そんな悩みを身近にあるものを使って解決する「ビニールテープのベタベタを取る方法」をご紹介していきます。, そもそもビニールテープやセロハンテープが物に貼れるのはテープ側についている粘着剤のおかげです。, テープにも貼り付ける物にもそれぞれ凹凸があり、何もない状態ではお互いはくっつきません。, しかし、テープ側に粘着剤が着いていると、その凹凸の隙間を埋めてくれることでお互いがくっつきます。, せっかく貼り付けたのに剥がす時剥がしにくくなったり、ベタベタが残るのはこの為です。, このベタベタを力任せに擦ると、ただ伸びてしまうだけで、ベタベタ部分は広がる一方です。, そこで、ここからは身近なもので簡単にビニールテープのベタベタを取る方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!, しかし消しゴムには多少なりとも研磨剤が入っていますので、傷が入りそうな物には軽くこすってみて、なんともないかを確かめてください。, 更に、紙などについたベタベタには、逆に紙に布ガムテープがくっついてしまいますのでおすすめしません。, ガラス窓などお湯につけられませんからこちらの方法はもってこいですが、1つだけ注意点があります。, ドライヤーで温めたガラスには水をかけると窓ガラスが割れてしまいますので注意しましょう。, 塗り終えた後しばらくラップで覆うのも効き目抜群。油で粘着力が弱まりあとは布やペーパーで拭き取ると嘘のように綺麗にとれます!, ハンドクリームがきれていた!という時には食用油やベビーオイル、ワセリンなども代用品として使えますので試してみて下さい。, 大概のものには使えるのですが、鉄×(錆びる可能性があります)、塗装している物×(塗装が剥げてしまうかもしれません)、木材◯。, これも台所にあるものを利用してキッチンペーパーやティッシュペーパーに酢を含ませて剥がしたいベタベタ部分に張りつけ、待つこと数分でベタベタがとても剥がせやすくなります。, それでもまだベタベタ感が残るようなら酢を直接落とし拭き取りましょう。(※これを数回繰り返すとキレイにとれます), ただ、フローリングには染みがついてしまうかもしれませんので、使わないようにしましょう。, この方法でベタベタを落とした時は台所洗剤を綺麗に拭き取りしないといけないというのも大事な事です。, 方法はベタベタにスプレーして布で擦るだけ。手を汚さず使えるのでとても便利で簡単です。, 業務用シールはがし ヘラ付き スプレー シールはがしスプレー 強力 車 ガムテープ 台風対策 強力 シール剥がし 窓 断熱シート 結露テープ ラベルはがし 天然オレンジで安心 車 粘着テープ ノリ残り除去に【3M クリーナー30】, 今は便利な物が安くで手に入りますよね。100均などにもシール剥がしが売られています。, これも効き目はありますが、かなりの量を使わないといけませんので、ちょっともったいない気がするならやはり家にあるものを使うと良いですね。, それは物によっては擦りすぎると傷がついたり割れたりしてしまう素材があるということです。, また、ベタベタを取る時に使う物によっては、これには使ってはいけないとされる素材の物もありますので必ず確認してからにしてください。, ✔ ビニールテープのベタベタがつく原因は、ビニールテープの粘着剤がお互いの粘着面の凹凸に入りこみ固まってしまうから。, ✔ ビニールテープのベタベタは以下のような身近なものでキレイに取り除くことが出来る。, ①    消しゴム ②布ガムテープ ③お湯 ④ドライヤー ⑤ハンドクリーム ⑥酢 ⑦中性洗剤 ⑧歯みがき粉 ⑨アルコールスプレー ⑩みかんの汁、皮 ⑪シール剥がし ⑫除光液, ②    ベタベタの着いているものに対して使っても大丈夫か確かめる。油、水、熱が使えるか等。. ↓ 剥がし跡の付いているものの場所や素材によって使い分けてくださいね♪, シールやテープの跡を消し去る方法として、もっともスタンダードなのは「消しゴムで消す」なのではないでしょうか。, ただし、消しゴムでこすりすぎてしまうと、その場所の材質によっては元の部分が変色したり変質してしまう恐れもありますので注意しましょう。, やってみる前にまず目立たない部分で少しこすってみるなどして、大丈夫そうかどうかチェックしてみるのがベストですよ。, プラスチックなどに貼ったまま放置してしまったマスキングテープの跡に使えるのがこちら。, テープ跡が残ってしまった箇所にジッポオイルなどをしみこませたティッシュ・タオルなどを使って拭き取ると、テープの跡も綺麗に取れてくれるそうです。, オイルを使用するため、木製や布製などの素材にこの裏技を使ってしまうと、しみこんで変色してしまい、ダメになる恐れがあります。, こするのもオイルをつけるのもNGな場所なら、ぜひ試してみたいのがこちらの「ドライヤーあたため作戦」!, 凝り固まってしまったノリの跡をドライヤーできっちりとあたためてから、ティッシュで優しくしっかりと拭き取りましょう。, もちろん、あまりあたためすぎると元々の素材によっては変色したり変形してしまう恐れがありますので、熱に弱いものにはオススメできませんのでご注意。, 劣化してしまった物は、復活させたとしてもまた跡が残るようになってしまう可能性があります。, 使いきりするつもりで、剥がす予定のないようなものなどに活用してみてはいかがでしょうか?, 何度でも貼り直しができると言われているマスキングテープですが、商品や保管状況によっては跡が残ってしまうこともあり得ます。, 今回はベトベトになったマスキングテープを再び使えるようにする秘策について解説していきます!, ベトベトになった古いマスキングテープが復活する裏技!テープ跡がキレイに取れる技も3つご紹介.