第871話では、ビッグ・マムからの挑発を受けたルフィが「一発だけ」と猿王銃を放っている。 これまでは勢いを付けるために腕を後方に伸ばすことが多かったが、ギア4では拳を腕に引っ込めて圧縮されたバネが飛び出すように撃ち出す方法(※9)を取っており、撃ち出すまでの時間が短縮されると共に溜め状態を維持しながら移動できるようになっている。 HOME; HISTORY; TECHNOLOGY; PRODUCT; DEALERS; MOVIE; FAQ; CATALOG; CONTACT; PRIVACY POLICY; 品質保証規定 ; Everyone has their reasons, DAHON for you. クラッカーとの戦闘で、逃げ回りつつの持久戦を強いられていたルフィが食欲に限界を迎えたため、一気に勝負をつけるために発動。 ドレスローザ編最終盤で初登場した主人公ルフィの強化技“ギア”シリーズの第四形態(ルフィ唯一の変身形態ともいえる)。 マリンフォード頂上戦争終結後の2年間の修行において、ルスカイナの巨獣達をねじ伏せるのに必要な"巨体"と"弾力"を手に入れるために編み出されており、新世界篇時点でおけるルフィの最強の戦闘手段ともなっている。 ルフィ自身の覇気の強さと基礎戦闘力の高さが相まって行える戦法だが、四皇のビッグ・マムやカイドウにはこれでもなお敵わなかった。 カラーリングは原作とア … 身近なもので解りやすい例を上げるなら今までのルフィが「輪ゴム」なら、ギア4は「タイヤゴム」に変わったと言う表現が近いのかもしれない。そのため、相手もギア4状態のルフィと同等以上、あるいはそれに近い程の基礎戦闘力と覇気を有していないとダメージを与えることが不可能な状況に陥る。 玉のような鈍重そうな体は相手を油断させる効果を持ち、腹部に集中した覇気の硬度はシャーロット・クラッカーの剣戟を無力化できるほどに強力。 その一撃は未来予知の領域に達する見聞色の覇気と凄まじい身体能力の持ち主であるカタクリで漸く対処が可能になる程の圧倒的な速度を誇る。そのため、通常の見聞色の覇気の使い手の場合、反応することすら困難を極め、至近距離で放たれると尚更対処不可能な状況に陥る。 腹部をえぐられて満身創痍のダメージを負った状態でも変身可能。 普段よりも巨大化し、作中では「(麦わらのルフィのことを全長8メートルと聞いていたが)せいぜい4メートルだ」と言われている描写がある。 使用し続ければギア4は限界により強制解除され、約10分間覇気が一切使用できなくなってしまう。 「お前は手も足も出せねェぞ!!」, ドレスローザ編最終盤で初登場した主人公ルフィの強化技“ギア”シリーズの第四形態(※1)。 ※6 劇場版『ONEPIECE STAMPEDE』では、「大型バレット」の一撃を受けて通常時の状態に戻されるものの、戦闘不能にはならずに済み、問題なく戦闘を継続できる程のタフさを見せた。, 2年の修行によりリスクが軽減したギア2やギア3と比べても、大きなリスクを伴う。 世界最大のスポーツフォールディングバイクブランド DAHON ダホン. ※13 ホールケーキ城は巨大な城で、倒れると都市が容易く潰れてしまう。, シャーロット・カタクリとの再戦にて初登場。 武装色で硬化した腕で防がれたものの、ビリビリと衝撃を与えた。 最初はその足すらまともにつけず跳ねる姿を見て「真面目にやれよ」と嘲笑うドフラミンゴだったが、その戦闘力はルフィ自ら「お前は手も足も出せねェぞ」と断言する程であり、その言葉通りに今まで優勢を保っていたドフラミンゴを相手に一方的な戦いを展開する。 更に単に固いわけではなく、ゴムのように相手を吸収し、飲み込んだ相手を戦車(タンク)砲で打ち出すように、凄まじい速度で弾き飛ばすことが出来る一撃必殺のカウンター型。 吹っ飛ばされたクラッカーはギア4バウンドマンによる攻撃で漸く破壊が可能な程の超硬度のビスケット兵数体と、更に遥か遠方にある建造物と山々などを次々と粉砕し、彼がホールケーキ城に激突した衝撃で、その城が地震のような揺れを起こす程(※13)。 マリンフォード頂上戦争終結後の2年間の修行において、ルスカイナの巨獣達をねじ伏せるのに必要な"巨体"と"弾力"を手に入れるために編み出されており、新世界篇時点でおけるルフィの最強の戦闘手段ともなっている。 地上でこそ跳ねてしまうものの、「月歩」のように空中移動は自在に使えるので戦闘に不自由はなく、ドンキホーテ・ドフラミンゴの虚をつくほどの速度を発揮することも可能。 最後は「ゴムゴムの大猿王銃(キングコングガン)」によって、衝突したドフラミンゴの決め技「神誅殺(ゴッドスレッド)」ごとドフラミンゴを粉砕した。 ただしアニメ版のカイドウ戦は時間稼ぎのためにギア4の複数の技を本気で叩き込んでいる(※7)。 その特性上、相手が直接攻撃を仕掛ける状況を作る必要がある。, クラッカー戦で使用した決め技。敵の攻撃を腹で受け止めた上で吸収して拘束し、反動で押し出して彼方へと吹き飛ばすギア4状態の「ゴムゴムの風船」の強化版。 作中ではギア2、ギア3を使用したルフィに対し優勢に立ち回っていたドンキホーテ・ドフラミンゴを圧倒する戦闘力を見せた。また、2年後のルフィではまだ歯が立たない四皇の大幹部にも、有利には立てないながらもダメージを与えることが可能になるまで戦闘力が向上する。 今回比べた自転車のメーカー・車種は、アンカーRFX8とダホンのK3。 ホイールサイズだけでなくフレーム素材(カーボン/アルミ)、ハンドル形状(ドロップ/フラット)、ギア数(20段/3段)など、各種パラメーターが大きく異なる。 ミニベロは軽いので加速や登坂に有利。その一方で走行性能や振動吸収性はロードに劣るというのが定説だ。 しかし自転車の乗り心地は重量・素材だけでなく、フレーム形状や組み立て精度などスペ… 「あいつらをねじ伏せる為にはこの"巨体"と"弾力"が必要だった…!!」 ※3 発動のモーションが分かりやすいこともあってか、カタクリは予知してギア4を発動前に止めたことがある。 伸ばして加速させた腕を、そこから更に伸ばして加速させる事が可能で、その方向も自由自在に操ることができ、腕が回り込んで背後から殴り飛ばすことも可能。 見た目は「ゴムゴムの風船」と似ているが、あちらが飛び道具を反射するのに対しこちらは直接攻撃に対する反撃技。 光彩を超えた、か。 花を飾る。口紅を変える。 ネクタイを新調する。 色は、いつもの暮らしを イキイキと輝かせてくれる。 Metro D6 日々を彩る魔法を楽しんで。 … 発動が上手くいけば、通常のルフィより巨大化と同時に、体からはギア2のような蒸気のようなものを纏う(※4)。 技(パンチ)のスピードがバウンドマン状態よりアップし、変幻自在の攻撃を得意とする形態。 ※8 79巻SBSにて判明。 修行していた2年間の内の具体的な習得時期は不明だが、回想では最初の1年半の間ルフィの修行をつけていたレイリーはこの技のことを知っていた。 そのため、攻撃一発で災害級の威力を発揮し、全力で放たれるとドンキホーテ・ドフラミンゴや四皇幹部クラスの戦闘力を有する者でもダメージは避けられず、遥か遠方へ凄まじい速度で飛ばされる。 「…おれは2年間…怪物みてェにデカイ猛獣達と戦い続けて来たんだ」 その防御力はギア4バウンドマン状態でもドンキホーテ・ドフラミンゴクラスの攻撃力では歯がたたない程の通常時のルフィより非常にタフなものに仕上がっている(※6)。 なお、ロブ・ルッチが使用する「月歩」と「剃」を融合させた「剃刀」のように、空をドンキホーテ・ドフラミンゴの見聞色でも容易には察知しきれない程の速度で移動する事が可能な模様。 モチーフは金剛力士たる仁王像(※8)。 ※1 ルフィ唯一の変身形態ともいえる。 その後、ドフラミンゴはイトイトの実の覚醒をもって応戦。一度はルフィの猛攻に耐え時間切れに追い込むも、ルフィの仲間たちによる足止めを食らっているうちに再びギア4が発動。 このような代償から、ギア2やギア3では倒せないような強敵、加えて周囲のサポートも期待できない絶体絶命の状況を打開する時に使う最後の戦闘手段として扱われている。 最後は互いの決め技の「ゴムゴムの王蛇(キング・コブラ)」と「斬・切・餅」が衝突し、両者同時に倒れる。 折りたたみ自転車のDAHON(ダホン)サイト。2011年の新作自転車をはじめ販売店、技術情報など掲載。 putty ssh. 四肢に武装色の覇気・硬化を行い、両腕や胴体に筋肉風船を集中させ、いかつい出で立ちとなり、かつてスリラーバーク編でルフィが見せた強化形態ナイトメア・ルフィを彷彿とさせる姿となっている。 アニメでは歌舞伎の見得を切るような形となっている。 トップのギア比が4.82から4.55になりましたが、11tを使う機会が少ないのは相変わらずです。 しかし、ギアレンジ全体が詰まったおかげか、常用域の4~8速あたりがともて使いやすくなりました。これだけでも交換した甲斐があったというものです。 ※2 79巻表紙・89巻表紙, その仕組みとして、武装色の覇気を纏い硬化させた腕に空気を入れ、筋肉を増幅させる「筋肉風船」を駆使する(※3)。 筋肉風船と覇気を胴体に集中させ、容器(タンク)のような巨大な玉のような体となる。 シャーロット・クラッカーならびにシャーロット・カタクリとの戦闘では別形態を発動しており、状況や相手に応じて複数の形態変化を使い分ける。 ※7 原作で披露したギア4の技は「ゴムゴムの猿王群鴉砲(コングオルガン)」のみ。, ドンキホーテ・ドフラミンゴとの戦いで初登場。 第895話では、カタクリとの戦いの終盤、決着を付けるため“スネイクマン”が登場。 通常の見聞色の精度しかないと思われるバレットは、あまりにも凄まじい速度に中々反応しきれない故、攻撃を対処できずに受け続けるのが殆どだった。, 第784話にて、“弾む男(バウンドマン)”が初登場。 その力はカタクリで漸く対処が可能になるが、カタクリの武装防御でも、鏡世界(ミロワールド)の建物を突き破り、地面を削りながら、後方へ飛ばされる。 World No.1 Folding Bike 世界で最も愛されている折りたたみ自転車 ダホンインターナショナル公式サイト〈DAHON International〉。2020年ダホンインターナショナルモデル最新コレクションをご覧いただけ … また、武装色でゴムの伸縮を自在にコントロールできるほか、本人の基礎戦闘力の高さ・融合した大量の覇気を流し込んだ武装色・ゴムの柔らかさが相まって防御力も強化されている。 長期戦で疲労が溜まりイライラしていたクラッカーがルフィに止めを刺しにくるも、それを腹で受け止めた後大砲の如き速度で吹き飛ばし、複数のビスケット兵もろともクラッカーを撃破した。 その10分後、意識を取り戻したルフィに対しカタクリが問いかけ、その覚悟を受け取ったことでカタクリは自ら敗北を認め、倒れ伏した。, ONEPIECE ドレスローザ モンキー・D・ルフィ ギア 筋肉風船と覇気を手足に集中させており、肘と膝から先を圧縮しているのか、今までのギア4と比べると細身で髪がやや長い。 パワーとスピード共に優れ、ルフィがよく変身するギア4の基本形態。 最初は戸惑いを見せるカタクリだったがすぐに対応され、相変わらず苦しい戦いを強いられる。 ルフィにとって2年の修行を経た時点での最終手段ではあるものの、四皇はギア4バウンドマン状態でも全く足元にも及ばない程の戦闘力を有しており、ビッグ・マム戦では跳ね返されただけで、カイドウ戦では「雷鳴八卦(らいめいはっけ)」というただのフルスイング一発で、どちらも一撃でギア4バウンドマン状態が強制解除となるどころか、ルフィが戦闘不能になっている。 V.S. アニメ版の監督によれば、模様にも秘密があると尾田氏が語ったとのこと。 仁王像, 少年漫画『ONEPIECE』の主人公モンキー・D・ルフィの身体強化技の1つである。, リモートは、もはや一時的ではない。ARMSNOTE・深井涼介さんが教える「最強のおうち作業環境」づくりのコツ. また、「猿王銃(コングガン)が効かない敵がいる」という話を聞いたレイリーからはギア4は体への負担が大きすぎるため、別の方法を考えるべきだというアドバイスを受けていた。 ルフィ自身の覇気の強さと基礎戦闘力の高さが相まって行える戦法だが、四皇のビッグ・マムやカイドウにはこれでもなお敵わなかった。 ※4 ただし、蒸気のようなものは「体中にまとった覇気を再現」と『P.O.P』の公式で紹介されている。, 武装色の覇気とゴムの能力を融合し、通常時よりはるかに膨大な量の覇気を纏っているため、普段にはない弾力を張力を何倍もの力に引き上がる(※5)。 しかしそれでも全くダメージが入っていないらしく、むしろ平然と耐えきって渾身の反撃を叩き込むという描写に変わった。 作中の描写から見て張力に重点を置いた形態である事が伺え、ルッチの使った「生命帰還・紙絵武身」のようにパワーが下がる代わりに圧倒的スピードを得るタイプのようだ。, 収縮した両腕を「ゴムゴムのJET銃」が更に増強したような速度で撃ち出す「ゴムゴムの大蛇砲」の強化版。『伸び』の速度が増す特徴があるため、軌道を変更して再伸長することが多い。 360度あらゆる方向からの攻撃が可能な上、避けられた攻撃をいちいち引き戻さず、そのまま迂回させて別の方向から再攻撃という芸当まで実現している。また、蛇を意識しているのか、この形態では拳を握らず五指を折って攻撃を行う。 第842話では、“タンクマン”満腹バージョンが登場。 また、弾力が上昇したことにより弾む勢いを利用しての高速移動や、六式の一つ「月歩」と同様に大気を蹴って空を飛ぶことも可能になるが、反面弾力がありすぎるために地上においては常にゴインゴインと跳ね続けてしまうため、地上戦での細かい制動には難がある。 ゴムゴムの実 覇気(ONEPIECE) カラーリングは原作とアニメで違いがあり、アニメ版では赤みがかった黒色となっているが、のちに原作にも輸入されている(※2)。 ※5 つまり、莫大な量の覇気と張力により、スピードやパワーはギア2やギア3の倍以上に跳ね上がる。 いうなれば、ギア4状態の「ゴムゴムのJET銃(ジェットピストル)」「ゴムゴムのJET銃乱打(ジェットガトリング)」が、変幻自在・ありとあらゆる方向から、敵に連続で襲い掛かる。 ※9 アニメ版では引っ込める際に「ギギギ……」とバネを収縮するような音も出ている。, シャーロット・クラッカー戦にて初登場。この際は満腹バージョンで登場した。 BRILLIANCE. 手持ちのカーボンロード(700C)と折りたたみ小径車(14インチ)で峠を走って比べてみた。, ホイールサイズだけでなくフレーム素材(カーボン/アルミ)、ハンドル形状(ドロップ/フラット)、ギア数(20段/3段)など、各種パラメーターが大きく異なる。, ミニベロは軽いので加速や登坂に有利。その一方で走行性能や振動吸収性はロードに劣るというのが定説だ。, しかし自転車の乗り心地は重量・素材だけでなく、フレーム形状や組み立て精度などスペックに表れない部分も効いてくる。, ロードバイク歴8年。たまにレースにも出る、そこそこシリアスなユーザーとして、両者を乗り比べた感想をまとめてみたい。, DAHON K3はギアが3段しかないので、平地でどれだけ漕いでも自分の脚力では時速34キロくらいが限界だった。長い下りでブレーキをかけなければ、最高時速43キロまで出せた。, これが軽量カーボンロードなら、平地で時速40キロは普通に出せる。峠の下りなら最高時速70キロ近くで走ることも可能。, ペダルを回さず自重で下りるだけでも、ミニベロよりロードの方が速い。結果的にツーリングの所要時間が短くなり、より遠くまで遊びに行ける。, スピードタイプの20インチ小径車なら、K3よりスピードは出せると思う。しかし14インチではどれだけフレームを補強してギア比を高くしても、構造的な限界が出てくる。, トップスピードの爽快感を求めるなら、標準的なドロップハンドルのロードを買うほうが間違いなく正解だ。ダウンヒルが大好きなスピード狂なら、ミニベロでは物足りなく感じてしまうだろう。, 逆に下りがこわい人とか、子ども向けに自転車を選ぶなら、上限速度が低い小径車を選ぶのもありだと思う。, 計測場所は奥多摩の風張峠で、ふもとの川野駐車場から月夜見第一駐車場までの9.3km区間。上りの所要時間は以下のようになった(山のふるさと村交差点の信号停止時間を含む)。, 計測前に峠を2つ越えてきたハンデを加えても、ロードバイクの方が10%以上タイムを縮められた。, しかし上り坂でもK3はギアが足りず、ほとんど立ち漕ぎでノロノロ運転だった。K3の初期状態では平均勾配7%程度の峠でも、サドルに腰かけたまま上るのは難しい。, もしK3を適切なギア比に替えて効率よくペダルを踏めば、タイム差を縮められそうな予感がした。車体重量はミニベロの方が軽いはずなので、パーツのカスタム次第で登坂性能はもっと上げられると思う。, 体感的に同じくらいの運動負荷でペダルを回しても、ロードなら時速30キロで巡航できるところ、小径車では時速25キロくらいまでスピードが落ちてしまう。, 前面投影面積や空気抵抗はそれほど差がないように見える。しかしミニベロはハブやスプロケットが高速回転するせいか、機材内部の摩擦が大きいように感じる。, RFX8に履かせているNovatecのJetFlyホイールは定価7万でそこそこ高性能。これに対してK3のダホン純正ホイールは同じアルミ製だが、そこまで良いものでもなさそう。足回りのスペック差が効いているようにも思う。, そもそもK3はフレーム形状が特殊なので、金属部分が無駄に変形して力を取りこぼしている気配がある。, Deltecワイヤーのおかげで一応ダイヤモンド型を実現しているが、正三角形に近いロードのフレームに比べると剛性は劣るだろう。, ロードの方は時速20キロくらいの中間速度域なら、適当にペダルを踏んでも不思議と前に進む。, 少しくらいの上り坂なら、傾斜を意識しないでそのまま上れてしまう。K3に比べればギア比がクロスレシオなので、こまめに変速してケイデンスも一定に保てる。, 平地といっても多少の起伏はあるので、ギア数の多いロードの方が路面状況に対応しやすく、巡航時のストレスが少ない。, わずか3速のK3では、足の回し方で微妙な緩急に追従するしかなく、長く走ると疲労が溜まってしまう。, ダホンのK3では、とてもでないが怖くて手放し運転できない。地面に段差がなくても、勝手にハンドルを取られて倒れてしまいそうな恐怖感を覚える。, 一方でロードバイクなら短時間、両手を離して運転することができる。フレームからボトルを取ったり背中から補給食を取り出したり、片手でハンドルを握る際も安心感が大きい。, K3は極小サイズながらホイールベースが83cmと長めに確保されている。それでも1mを超えるロードには及ばず、この差が直進安定性に影響しているのかもしれない。, 久々にK3からロードに乗り換えると、ハンドルポジションが異常に遠くにあるように感じる。, K3のフラットバーよりドロップハンドルの幅が狭いので、意図したように前輪が回らず、ヘッドパーツが固着しているような錯覚を覚える。, K3はハンドルの幅が広すぎるので、手元の操作に対して前輪が敏感に反応しすぎるきらいがある。不安定に感じてしまう要因は、このハンドル形状にもあると思う。, 一般的に「小径車は加速に有利」といわれるが、実際にはそこまでのメリットを感じなかった。, 信号待ちからのゼロ発進では、加速に適したギア比を選べているかどうかが重要だ。その意味において3速しかないK3は、スタート時のロスが大きいように思う。, ロードなら体重を乗せてダンシングで加速すれば、ゼロ発進でもすばやくスピードを回復できる。しかしミニベロの立ち漕ぎは危険なので、ひたすら速くペダルを回すしかない。, K3は車体と人体を含めた重心が高くなるせいか、急坂でローギア発進しようとすると前輪が浮くことがある。ロードバイクなら勾配20%を超えるような激坂でもなければ、不意に前輪がウィリーすることはない。, 坂道ではうっかり急加速して転ばないように神経を使う。この点は登坂における小径車のデメリットといえる。, 比較対象のRFX8は、アンカーの中でもレース向けというよりロングライド志向と位置付けられていた。今ではRL8やRL9という後継機が出ているが、8年乗り続けても特に不満が出ないくらい完成度が高い。, 振動吸収にすぐれたカーボン製で、さらに走行中の疲れにくさを重視して設計されている。そのためアルミフレームの小径車とは大きく差が出てくるはずだ。, 路面の細かい凹凸については、確かにカーボンロードの方がマイルドに感じられる。かつて低圧のチューブレスタイヤを履かせていたときは、もっとスムーズな乗り心地だった。, アルミのK3で地面からゴツゴツ突き上げてくる様子は、まるで薄手のバーテープに巻き替えたような感触だ。路面状態をダイレクトに感じ取れるという意味では、メリットと捉えられないこともない。, 14インチの小径車では、路面のちょっとした段差でも車体が跳ねまくると予想していた。しかしK3の固さは体感的にそこまで不快でもない。, 体に伝わる振動というのは、フレームよりタイヤとチューブが影響するのだろう。K3で段差を超える際の瞬間的な衝撃は、高圧で空気を入れたロードバイクとそう変わらない。, ミニベロは路面の微細な凹凸に弱いが、大きな段差を乗り越える際のショックはロードと大差ないように思う。, 100km超のロングライドやヒルクライムなど、同じ条件でツーリング後の疲労感を比べてみた。, アルミの小径車は微妙な振動が伝わって体が疲れそうだが、案外カーボンロードと変わらないのが不思議だ。, ロードに比べて手の平やヒジが痛くなるが、これはハンドル形状の違いによるものだろう。フラットバーよりドロップハンドルの方が、明らかにエルゴノミックで握りやすい。, ミニベロの大きな問題点は、路面のくぼみにタイヤが挟まりやすい点だ。大きな穴は注意すれば避けられるが、見えにくい段差に突っ込んで何度かハンドルを取られそうになった。, 特にスピードの出る下り坂では、ロードなら難なくこなせる凹凸でも小径車は命取りになりかねない。その意味でも、ミニベロの下りは慎重に速度を抑えてしまう。, スピードや巡航性能についてはロードが上で、加速性もたいして変わらない。乗り心地はカーボンバイクの方がよさそうだが、全体的に考えるとそれほど違いはない。, 性能面でK3が勝るところはひとつもなく、よくてせいぜい引き分けという感じ。K3を唯一評価できるポイントがあるとすれば、それはコストパフォーマンスだ。, 今回使ったロードバイクはコンポーネントが105で、諸々の改造を含めるとトータル40万は投資している。RFX8はフルカーボンの入門用とはいえ、フレームセットだけで定価17万する代物だ。, 一方のダホンK3は完成車に2千円のバーエンドバーを付けただけ。投資額はまだ8万程度だ。, 機材にかけているお金が5倍も違うのに、体感的な性能差はロードより2~3割劣る程度でないかと思う。ヒルクライムのタイムが金額どおり5倍も変わるなんてことはない。, ホビーライダーとしては、105コンポやノバテックの中堅ホイールでさえオーバースペックなのかもしれない。高い機材は使う人を選ぶ。, 重量・体積あたりの走行性能という面から考えると、DAHON K3は驚くほどよくできた自転車だと思う。軽量アルミホイールを買い増すくらいの金額で、街乗りと輪行に適した万能マシンを手に入れることができる。, 14インチ小径車でもロードバイク並みに、100キロ超のロングライドや峠の登坂をこなすことは可能。, たしかにスピードは劣るが、その分、景色を眺めたり観光スポットに寄り道したりと、自転車の新しい楽しみ方を開拓できる。, そしてミニベロには「折りたたみできて持ち運びも軽い」という独自のメリットがある。これは数値に換算できない構造上の大きな違いだ。, 一般人がロードの次に買う2台目としては、TTバイクやMTBではなく小径車を買った方が、幸せを実感できるように思う。, ダホン(DAHON) 2020年モデル K3 3段変速 折りたたみ自転車 20K3LMGR00 ライムグリーン/ブラック. 筋肉風船による巨大化と同時に通常時より身体に覇気を纏う面積が拡大する以上、流し込む覇気量も多く、常に膨大な量の覇気を使い続けなければならない状態であるため、肉体への負担は大きく、形態を保てる時間は短い。 武装色の覇気を纏う範囲はバウンドマンやタンクマンと違い腕(肩に届かない程度)と足だけに留めている。また、胴体を膨らませているわけではないので弾力で跳ねる様子はない。 「鳥カゴ」の収縮によってドレスローザの崩壊が始まり、戦いが長引けば終わりという状況の中でドフラミンゴとの決着をつけるべく発動した。 しかし筋肉風船は小さめのため、防御力やパワー・空中の移動速度はバウンドマン状態より劣る。 Metro D6.