ダイハツ ネイキッド 660 G O/H済4気筒JBターボエンジン搭載 構変付 ダイハツ ネイキッドのオーナーから集まった4736件の給油情報から、実燃費・平均燃費を算出しました。ネイキッドの燃費に関する口コミや実燃費を元に、燃費向上や車選びの参考にしてみましょう。 日産 3代目エルグランドの12のグレードを徹底比較!おすすめはオーテックグレード!! マツダ MAZDA2の14のグレードを徹底比較!おすすめのPROACTIVEグレードはこれだ!! 今から16年前ダイハツが送り出したダイハツネイキッド。ネイキッドのユニークなスタイルと、オーナーの趣向で自在にデザインできるコンセプトも斬新だったが、その斬新さから販売は低迷、約5年で姿を消した。今の時代ならどうだったのか、改めてその魅力を調べてみました。, 軽自動車の世界も以前のハイトワゴンだけではなく、遊び心のあるクルマが増えつつありますが、今から16年前にダイハツが送り出したネイキッドとはどんなクルマなのでしょうか?まずはダイハツネイキッドについてご紹介します。, 1997年(平成9年)に開催された第32回東京モーターショーに参考出品車両としてされましたが、反響が大きかったため販売を決定、1999年(平成11年)に開催された第33回東京モーターショーで市販モデルを公開した後、正式に販売を開始しました。それ以降、2004年の4月まで生産販売されたモデルです。, 当時はワゴンRなどのトールワゴンが全盛の中、独特でユニークなスタイルが印象的なモデルでした。, それでは具体的にダイハツネイキッドについて見ていきましょう!まずはその性能からです。, ユニークなスタイルのエクステリアですよね、ボンネット上のエアスケープはその性能を誇示しているようです。, 先にも述べましたが、ダイハツネイキッドのベースは当時のミラがベースとなっています。エンジンは660cc3気筒ツインカムエンジンと660cc3気筒ツインカムターボエンジンの2種類に2WDと4WD、5MTと ATを組み合わせられ、幅広い要望に答えていました。またボディも衝突安全基準が見直された新軽自動車規格にあわせて手直しはされています。, どこから見てもデザインはユニークです。スチールホイールのデザインもマッチしていますね。, また、ツインカムエンジン搭載車は低公害車優遇税制が適用され、マニュアル車全車については、低燃費車優遇税制の適用車で、いずれも自動車取得税の軽減対象となっていました。(低公害・低燃費優遇税制は同時に適用されません), インテリアにおいては、前倒しフラット助手席シートや左右独立で取り外しできる1脚約8kgの超軽量リヤシートの採用により多彩なシートアレンジが可能でした。, それでは実際にユーザーはダイハツネイキッドの性能をどのように評価しているか、見ていきましょう!, 『ノンターボなのでパワーはないですね。乗用の感覚で踏んでも進まない。ただ、一度スピードにのってしまえば超快適。ブレーキはすごくよく効きます。ハンドルはクルクル、小回りきくので嬉しいです。今までUターンは3車線ないと不安だったけど今は心配いらないし、ナビで細い道に入ってもなんとかなるコンパクトさ。』, 『車の見切りが良い。後席が簡単に脱着ができるのでバンとしての利用価値もある。ターボで車体も軽いので一般道では流れについていくどころかリードできます。』, 『ドアが90度近く開き、後部座席も簡単に外せ、四角車内なので、荷物が思った以上につめます。軽自動車かつ四角のエクステリアにより見切りがよく、狭い道もなんのその。』, やはり独特なユニークなスタイルに人が集中しているようですね。またそのスタイルの恩恵は見切りの良さなど、運転のしやすさにつながっている、という評価もありました。走行性能についてはNAエンジンは力不足だという意見が多く見受けられました。, なんといってもデザインは発売から16年経った今見てもユニークで古さを感じません。外側から脱着できるバンパー、外ヒンジの前後ドアが目を引きます。しかもただのデザインではなく、それぞれに機能性をもたせています。, 内装もセミトリムとして鉄板を露出させることで、室内でも外板色が楽しめるほか、マグネットの携帯電話ホルダーや、コインホルダーを好きな位置に取り付けられるという機能性も重視しています。, ダイハツネイキッドの後部座席は、左右独立して取りはずせるため、大きさによっては自転車も積めるくらいのスペースを確保できます。, では、ダイハツネイキッドの乗り心地とデザインの評価についてユーザーの評価を見てみましょう!, 『飽きのこないデザイン。もうじきお嫁に来て2年になるけど新しい車よりも個性的なデザインがとてもよい。かつ中期型なので、純正で角形のフォグランプがついているところも個人的には○。』, 『なんといってもあのオモチャみたいな愛嬌のある姿!軽にありがちな「ワゴン型」に甘んじることない、さりげない自己主張が無骨なのにかわいい。軽だけど、意外と広い後席。家族4人で乗っても狭さを感じない。後席が前に倒れる&取り外せるので、自転車も積もうと思えば積める。燃費良し!』, 『硬め?でしょうか?でも、ベンチシート好きなんで気に入ってます。ただ、私の運転姿勢と、座席の位置、角度が合わず腰、背中が痛くなります。』, 『日本の車(特に軽)のシート表皮に欠けるパリッとしっかりした表皮が採用されておりすわり心地もよい。13年たった今でもあまり劣化を感じないが、足回りが柔らかくロールが激しい。遮音が悪いためうるさい。車内でラジオ聞きづらい。』, グレードは標準グレードとターボの2グレードで、それぞれにFFか4WDの駆動方式が設定され、トランスミッションも5MTと4ATが選択できました。, NAエンジン搭載車の5MT(2WD) 919(千円)からターボエンジン搭載車の4AT(4WD) 1199(千円)という設定でした。, またGパッケージというパッケージオプションが選択でき、その内容は、スモークドガラス(リヤドア/バックドアウインドゥ)、助手席SRSエアバッグ、キーレスエントリー(電波式/アンサーバック機能付)、リヤシートヘッドレスト、助手席&後席シートバックボード、助手席シートアンダートレイ、ラゲージルームランプ、リヤワイパー(2WD車のみ。4WD車は標準装備)で55(千円)という価格でした。, 最終型から13年経過してもユニークなダイハツネイキッド。今の時代にも新鮮に映りますよね。, さていかがでしたか?ダイハツネイキッドがどんなクルマなのかお分りいただけたでしょうか?, ダイハツネイキッドは、ダイハツが「自由自在にクリエイティブ・カー」をコンセプトに日常用途での実用性をベースにした、乗る人が主体になれるクルマであり、いままでのクルマとは発想の違う新ジャンルのスモールカーを目指して、販売されましたが、なかなか思い通りの販売とはいかず、モデルチェンジをすることなくこの1代限りで生産を終了しました。今の時代、スズキハスラーなどの大ヒットを見ると、かなりの大ヒットになったのではないかと想像されるので、非常に惜しい1台です。, これからご購入をお考えの皆様は中古でのご購入となるわけですが、その際にこの記事を参考にしていただけたら幸いです。. 中古車市場で見かけにくい車両物件です。, また、掲載車両は販売店様が仕上げた安心度の 映画ではトランスポーターが日本で公開されました。, 今回の中古車はカーセンサーにて発見した。 トヨタ アルファードハイブリッドの9つのグレードを徹底比較!おすすめの4WDグレードはこれだ!! 上記動画が放映された11年前の2003年の そう。かつての愛車ネイキッドは、引き取ってくれた友人の元で、今もまだ現役で走っている。 失った物の思い出に浸るタイプではないが、全てが凄すぎて、決して忘れる事のできない一台。先の友人に手渡してから4 … 個性的なネイキッドを探しの方には出物中古車に 高いカスタム車両です。 感じます。, 気になった方は下記のURLを参照下さい。 次にブレーキ回りもオーバーホール済みとなります。 ホンダ 5代目ステップワゴンの4つのグレードを徹底比較!車中泊におすすめグレードはこれだ!! 本来搭載される3気筒モデルEF-VE型エンジンの撤去を行い、 4気筒JB-DETのターボエンジン移植した さらに足回りにはRSR製ローダウンキットを採用。 中古車です。, 換装されたJB-DETエンジンはオーバーホールを行い 4気筒jb-detのターボエンジン移植した ダイハツネイキッドを紹介です。 本来搭載される3気筒モデルef-ve型エンジンの撤去を行い、 4気筒ターボモデルjb-det型エンジンをスワップした。 2003年式l750s型ダイハツ・ネイキッドgのエンジンスワップ 中古車です。 2003年式L750S型ダイハツ・ネイキッドGのエンジンスワップ 「今、走行どのくらい?」「26万9千キロかな」「譲ってから10万キロ! 凄いね」「実は明日、次乗るクルマの引き渡しなんだ。ネイキッドは…ちょうど車検切れるしね」「えっ!(と電話口で絶句の私)」。text:三好礼子 [aheadアーカイブス vol.121 2012年12月号], ▶︎1999年11月にダイハツから発売された軽自動車。その名の通り、剥き出しの素材感が特徴のユニークなクルマで、注目を集めた。「礼子さんらしいねと、誰もが納得してくれたクルマです。最近、また巷で頻繁に見かけるけれど、どうしてこんなにステキなクルマが再び生産されないのか、 摩訶不思議なニッポン...」 そう。かつての愛車ネイキッドは、引き取ってくれた友人の元で、今もまだ現役で走っている。 失った物の思い出に浸るタイプではないが、全てが凄すぎて、決して忘れる事のできない一台。先の友人に手渡してから4年。坂道は苦しそうで、いつ命果ててもおかしくない状況なのに、今でも長距離をこなすという。「エンジン載せ替えたらまだイケルよ」と友人。どのクルマにも魂の強さがあると思うが、このネイキッドは最上級。「きっと廃棄処分から逃れて、再び誰かの元で動き始めるのでは?」と密かに思う(願う)私だ。 そもそもは、'99年11月の発売に伴い、浅井慎平氏、テリー伊藤氏、そして私の3人が2年に渡って試乗し、意見をレポートするという広報企画でのご縁だった。打ちっ放しの凸凹鉄板、スクエアな車体、広い車内、泥遊び可能な内装などはまさに私向きで、試乗会で一目惚れ。この後、甘いイメージの軽自動車には興味がなかった私のカーライフは、激変したのだった。 リクエストした四駆のマニュアルターボは、女豹のように朝霧の高低差千mを一気に駆け上がり、雪の吹き溜まりを物ともせず、大量の荷物を積んだ私を日本中、軽快に移動させてくれた。都会でも田舎でもオンでもオフでもピタッと私の心と動きに反応してくれるストレスフリーカーであり、遊び心あるコンセプトは、40代の私の生き方そのものだった。, 実は、クルマが来た半年後、私は人生の相棒と別れて一人暮らし(まさにネイキッド)に突入。農業も始めたので軽トラが追加され、ダブルKで大地を奔走することとなる。同時に肉体で競うアドベンチャーレースも始めたので、シーカヤック&MTB用のルーフキャリアを設置。カヤックの前後に赤い布をヒラヒラさせながら、幾度伊豆の海へ通ったことだろう。車内での仮眠も驚くほど快適で、農機具からフリーマーケットグッズからアクティビティーグッズをガンガン載せられて、燃費もよし。これ以上の相棒はなく、不満もまったくなかった。〝不可能の文字〟など微塵もなかった逞しきネイキッド。ターボも修理し、痛んだ塗装をマジョーラに塗り替え、命果てるまでおつきあいと思っていたけれど、さすがに走行17万5千キロで「お疲れさま、かな」。そして、引き取ってくれた友人がお金を掛けて修理したお陰で再び蘇り現在に至るのだから、あっぱれである。今でも私は、好奇心と軽いフットワークと愛嬌で人生を送りたいと思っているが、それはライダーの魂とも近い。シンプルだけれど、強くてアタタカイ。ネイキッドよ、アナタに教えてもらったことは忘れない。, ----------------------------------------text:三好礼子/Reiko Miyoshi アウトドア派エッセイスト&元国際ラリースト。18歳で日本一周バイクツーリング(風まみれ)、29歳よりパリ・ダカなどに多数出場(砂まみれ)。1995年に富士山麓に移住し、畑に勤しみ動物たちに囲まれて暮らす(土まみれ)自称「自然回帰型生活びと」。趣味はトレイルランニングとゴミ拾い。暮らしぶりはHP(http://www.fairytale.jp)で。, ポルシェに認められたネクセンタイヤ…オールシーズンタイヤ”エヌブルー4シーズン”を飯田裕子氏が徹底解説, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】, 忘れられないこの1台 vol.46 Triumph Bonneville T140V, 埋もれちゃいけない名車たち vol.40 911を前に敗れた主力モデルという夢「ポルシェ 928」, 埋もれちゃいけない名車たち vol.53 航空機軍需から庶民の足へ「BMW・イセッタ」, 埋もれちゃいけない名車たち vol.41 ツーリングカーレースの定番「日産 サニー・クーペ1200GX」, 自動車のプロやカー用品店店員がおすすめする洗車グッズ・道具・用品30選!これでもう迷うことなし!, 自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?, 自動車保険の運転者を本人・家族限定すると保険料は安くなる?「運転者範囲」と決め方を紹介!, 【2020年版】お金がなくても乗りやすい国産スポーツカーおすすめ10選!平均中古価格も掲載!, 119.9万円から...大人気SUVのトヨタランドクルーザープラドの中古購入をおすすめする理由と評価, 「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?, 【2020年版】プロもおすすめ!ドライブレコーダー 最強おすすめ29選!楽天・アマゾンランキングもご紹介, 【プロが徹底解説】トヨタ 新型ハリアー(4代目)の内装・外装、荷室、装備、オプション、欠点を試乗レビュー. ダイハツネイキッドを紹介です。 4気筒ターボモデルJB-DET型エンジンをスワップした。 ホイールも社外モデルに履き替え済みです。, 尚、シフトは5速マニュアル仕様でコペン用 換装されております。 クラッチが組み込みされております。 その道のプロたちが”おすすめ”!これを買っておけば間違いなし!車の便利グッズや用品をご紹介. 当時2003年ダイハツ・ミラアヴィのCM動画 http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2942537343/index.html?TRCD=200002, 4気筒JB-DETターボエンジン移植!L750S型ダイハツ・ネイキッド&当時2003年ダイハツ・ミラアヴィのCM動画, http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2942537343/index.html?TRCD=200002, JB-DET改DX30タービン!F-CON・iS制御!9点式ロールケージ!5MT!L880Kコペン・アクティブトップの国内中古車を掲載, JB-DET改HKS製DX30KAIタービン&金PRO!フロントWilwoodブレーキ!快速AT!L880K型コペンの国内中古車を掲載, JPSカラー!も。ファク製オーバーフェンダー!ビッグタービン&金PRO!L880Kダイハツ・コペンの国内中古車を掲載, 改造費300万円以上!浜崎あゆみ様仕様!L150S型ダイハツ・MOVEカスタム&龍虎の拳2のCM動画.