ニュースリリース セブン-イレブン・ジャパン  アプリをジャンルごとにフォルダ形式でまとめてくれるというもので、ホーム画面を一番右までスワイプすることで利用できる。, アプリ自体のメタデータを活用して、自動的にジャンルごとにアプリを振り分けてくれるので、基本的には、ユーザー側で設定しなくても使うことができる。, Appライブラリを表示している状態で上から下にスワイプをすれば、検索も可能。大量のアプリをインストールしていても、目的のアプリにすばやくアクセスできる。 東京マラソン2019のコースを3dでチェック!今回は、走ったコースを写真とともに3dで記録できるセイコーのスポーツウォッチ「ランドトレーサー」を身につけて東京マラソン2019のコースを自転車で走ってみました♪東京マラソンのコースは、3dだとどう表示される? ランドトレーサー ダウンヒラー限定モデル セイコー プロスペックス 検証環境:AMD CPU AMD「Ryzen 9 3950X」(16C/32T、最大4.7GHz) こうしたスマホ連携ガジェットの使い心地は、アプリの出来次第だ。専用アプリ「LAND TRACER」は、フィールドログ、カメラにトップ画面からワンタップでアクセスでき、お出かけに必須の地図や天気、カメラといった複数のアプリをいちいち切り替えなくても済むのはスマートだ。フィールドログは見やすく、写真がタイムラインに記録できるので、ふだんならスルーしそうな草花や案内板をじゃんじゃん撮影して、予想以上に楽しめた。登山に限らず、日頃のウォーキングや、旅行の街歩きにも使いたくなる。, 唯一残念なのは、このタイムラインのログをそのまま保存・シェアできないことだ。つまり、アプリを削除するとログが消えてしまう。撮影した写真はスマホ内に保存されているので、フィールドログの距離データをもとにブログやSNSに残しておくといいだろう。将来、HTMLなどへの書き出しやクラウド共有機能などのサービスが追加されることを期待したい。. 【プレゼント】クルマもギアもレンタルでキャンプ?!KINTOがさらにキャンペーン!, 「ブランド統一」がおしゃれキャンプの近道。ジャック・ウルフスキンでトータルキャンプコーデ, エクストリームカジュアルを体現する「ROKX」。 ROKXディレクターがその魅力を語る, 焚き火マイスターが厳選。2020年注目の焚き火台はコレ【焚き火台ソムリエ・調理編】, 年6万円で借りられる森林!キャンパー向けのレンタルサービス「forenta」とは!?, 日産キャラバンからアウトドアに特化した「BLACK GEAR(ブラックギア)」が登場。車中ライフが充実!. (AMD X570、BIOS F31e) CPUクーラー Corsair「iCUE H115i RGB PRO XT」 ツイートする!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? セイコー プロスペックス ランドトレーサー 『セイコー』は、日本が世界に誇る時計ブランドの1つです。 『プロスペックス』は、セイコーの展開する本格スポーツウオッチシリーズで、ダイビングやトレッキングなどのスポーツやアウトドアシーンに対応できるような本格機能を備えています。  「期間限定 手巻おにぎり 富山湾産ほたるいか飯」(135円)は、富山湾産ホタルイカの出汁を入れて炊いたご飯に、ホタルイカの醤油煮を具材として入れたおにぎり。「期間限定 白えび天重 富山湾産白えび使用」(500円)は素材そのままの食感と風味を生かすよう富山湾産の白えびを高温短時間で薄衣で揚げている。「富山湾産白えびのうどん」(430円)は素揚げにした富山湾産白えびが楽しめる、電子レンジで温めて食べるうどん。, 北陸3県と新潟県内のセブン‐イレブンにて11月17日から順次発売する。 発売 2017年6月9日 商品到着後レビューを書いて7年保証 SEIKO セイコー PROSPEX プロスペックス Bluetooth LAND TRACER ランドトレーサー メンズ 腕時計。セイコー プロスペックス 腕時計 SEIKO PROSPEX ランドトレーサー Bluetooth ソーラー メンズ SBEM003 国内正規品 ウォッチ バンド 誕生日 男性 ギフト プレゼント  「一応入れているアプリ」をフォルダにまとめて放り込んでいた人は、これを機にホーム画面の構成を見直し、Appライブラリに集約すると、よりすっきりとしたホーム画面が完成するはずだ。, ASRockの人気小型ベアボーン「DeskMini」シリーズ向けのオプションパーツ「M.2 WiFi 6 kit」(3960円)と「DeskMini Addressable LED」(2178円)が発売された。, 「M.2 WiFi 6 kit」は、Wi-Fi 6とBluetooth 5.0が増設できるM.2 2230接続の拡張カード。Intel Wi-Fi 6 AX200コントローラーを備え、2本のアンテナと長さ275mmのSMAケーブルが付属する。 商品番号 SBEM005(井本はじめ選手コラボカラー) SBEM001(レッド) SBEM003(ブラック)  一方Ryzen 5 5600XはTDPが格上の3600XTに対し総合でもテストグループ別のスコアーでも上回っている。Zen2→Zen3にしたことによる処理効率の上昇やレイテンシーの減少は、TDP 30Wのハンデを完全に覆している。そしてここでも、コア数が格上のCore i7-10700KをRyzen 5 5600Xが安定して上回っている。, EssentialsテストグループのスコアーはRyzen 7 5800Xを頂点とし、ここからコア数が多くても少なくてもスコアーは下がる。もしRyzen 5 5600XがTDP 95Wであったなら、もう少し差が縮まったことだろう。, LibreOfficeを利用するProductivityテストグループのスコアーは、Ryzen 5000シリーズ4モデルのスコアーがほぼ頭打ち気味になってしまった。前世代と比較すると大幅に延びているが、コア数やTDPで差をつけても、LibreOfficeのパフォーマンスにはほとんど差が見られないということを示している。, 最も意外な結果を出したのはDCC(Digital Contents Creation)テストグループだった。Photo EditingとRendering and Visualizationはコア数勝負な側面があるが、今回の検証ではRyzen 9 5950XはCPUの力を出し切れないことが示されている。, 続いては3D CG作成ソフト「Blender」を利用したレンダリング時間の比較といこう。今回もBlenderをベースにしたベンチマーク専用ツール「Blender Open Data」を利用する。Blenderのバージョンは2.9.0とし、CPUのみを使ってレンダリングさせることにする。, コア数が多い(横軸左)ほど処理時間が短くなる傾向が分かるが、所々不規則な山になっている部分に注目。“victor”や“koro”のラインで顕著だが、Core i9-10900KとCore i7-10700Kの部分に目立った山ができている。  その答えはRyzenのTDC(Thermal Design Current)とEDC(Electrical Design Current)の“余裕”にある。次のグラフは、先のPPTやCPU Core Powerと同様に、アクティブコア数に対するTDCやEDCの“利用率”を示したものだ。Ryzen 9 5950XのTDCは95A、EDCは140Aとスケールが微妙に違うため、実測値ではなくパーセンテージで比較する。, これで分かる通り、TDCはアクティブコア数が増えるに従い徐々に増えていくが、TDCは8コアアクティブでほぼ目一杯まで枠を使い切る。10コアで完全に熱的な余力がなくなるが、これ以上アクティブコア数を増やすには各コアの仕事量(=クロック)を下げて余力を作るしかない。アクティブコア数が10コアより増えるとPPTが下がるのはこのためだ。CINEBENCH R20でRyzen 9 5950Xの伸びが悪いのも、こうしたTDC/EDCの制約に引っかかって強制的にクロックを下げられてしまうためだ。, つまり現在のRyzenにおいては、Ryzen 7 5800Xが最も熱的に厳しいモデルであり、むしろRyzen 9 5900Xや5950Xの方が“扱いやすい”CPUではないか、という仮説が浮かび上がる。消費電力においてもRyzen 7 5800Xが突出して高かった点も、この仮説を裏付ける。 セイコーの通ったルートを3dで記録する「ランドトレーサー」がおもしろかった 2017年09月27日 09時00分更新 文 松下典子 編集 飯島恵里子/ASCII (October 2020 Update) 検証環境:インテル CPU Intel「Core i9-10900K」(10C/20T、最大5.3GHz) SilverStone 製品情報(SilverStone) 【取材協力】 Western Digital「WDS100T2X0C」 セイコーウオッチの公式webサイト。セイコーは常に時代の一歩先を行く腕時計をつくってきました。グランドセイコー、アストロン、ルキアなどをはじめ多様なラインアップをご用意しています。  ただこのベンチで見る限りは、Ryzen 9 5950Xは突出している部分も激しく劣っている部分もない、いささか精彩に欠ける印象は否定できない(並列度特化のCPUにはありがちだ)。 ASRock 【取材協力】  そこでRyzen 9 5950Xに対して、Prime95のSmallFFTをスレッド数指定で動かした時にRyzenのクロックや内部の電力関係のパラメーターがどう変化するかを試してみた。SmallFFT実行時に「2」と指定すれば2スレッドの負荷がかかるが、今のRyzen環境の場合、2スレッドがちゃんと別個の物理コアに振り分けられる。アクティブコアの数や稼働状況で絞り出されるパワーが違うならば、これで十分観測できるというわけだ。  今回試したRyezn 5000シリーズの中では、TDPの低いRyzen 5 5600Xがゲームでの性能も良好な上に温度も低く、最も扱いやすい一方で、その1ランク上のRyzen 7 5800Xは8C16Tのダイ1基をカリカリになるまで回すため扱いが難しいCPUとなっている。むしろコア数の多いRyzen 9 5900Xの方が扱いやすくなっているのが面白いところだ。, 今回は試せる時間が短かったためRyzen 5000シリーズファーストレビューの“完全版”商法のようになってしまったのは残念だが、Ryzen 5000シリーズ全体の性能の出方がよく分かったのではないだろうか。Ryzen 9 5950Xは確かにCGレンダリングや動画エンコードでは凄い性能を発揮したが、Ryzen 9 5900Xの方が良い結果を出すこともしばしば見られた。