第6回 恐竜が絶滅した「瞬間」の化石が見つかった! 第5回 日本の恐竜文化が変貌した、ほぼ平成30年史; 第4回 あの「恐竜博士」の意外な経歴; 第3回 恐竜絶滅の謎を解く鍵と、その意味とは; 第2回 恐竜絶滅の原因は本当に隕石なのか 図書館のハムスター|クスッと笑える本を2分で紹介 地球に生まれた生き物は、いつか絶滅する運命。むしろ生き残ることのほうが例外だと。今泉忠明 監修、丸山貴史 著。この本に出てくる70種の絶滅理由を参考に、生きのびるコツを参考にしてもらいたいと著者は綴っています。 A new order of extinct Reptilia (Stegosauria) from the Jurassic of the Rocky Mountains. トリケラトプスに並んで人気の高い大型草食恐竜「ステゴサウルス」。彼らは背中に骨板を持ち尻尾にスパイクを生やした非常にユニークな恐竜です。 今回はステゴサウルスの生態や骨板の秘密、脳が2個あるというびっくり説の真相をご紹介しようと思います。, 合わせて読みたい関連記事 ・最新のトリケラトプス!消されそうになった大型草食恐竜の真実 ・史上最大の恐竜ティタノサウルス類!巨大過ぎる陸上生物の生態 ・プテラノドンの生態と絶滅の秘密!飛べなかったって本当なの?, ステゴサウルスは今から1億9960万年~1億4550万年前のジュラ紀の地球に生息していた大型の草食恐竜です。背中に生えた骨板が特徴的な恐竜で、日本のモンスター映画「ゴジラ」のモデルになったことでも知られています。世界的にも特に知名度が高く、草食恐竜の中ではトリケラトプスに並んで人気があります。, ステゴサウルスには「屋根のあるトカゲ」という変わった名前が付けられています。この屋根とはステゴサウルスの背中に生えた骨板を表しており、その特徴的な見かけに由来するネーミングといえます。ちなみに「ステゴ」は屋根をという意味があり、「サウルス」にはトカゲという意味があります。, ステゴサウルスはいくつか存在するステゴサウルス類の仲間の中でも最大の種に当たります。その全長は9メートルほどにもなり、骨板を合わせた高さは4メートルもありました。, 高さに関していえば現生する最大の陸上動物であるアフリカゾウの最大個体と同程度の大きさでした。ジュラ紀の地球でもステゴサウルスは相当に大きな生物で、肉食恐竜たちも簡単には手を出せなかったようです。, ステゴサウルスの体重は最大個体で3.5トンにも成長したと考えられています。これは現生するカバの最大個体と同程度になります。ステゴサウルスは巨大な体と体重を持つ重戦車のような恐竜でした。, ステゴサウルスの走る速度は時速7キロメートルほどであったといわれています。時速7キロメートルというのは人間の徒歩の倍ほどのスピードで、ちょうどゆったりと自転車をこぐくらいの速度です。このスピードでは天敵となる肉食恐竜にも簡単に追いつかれていたのではないでしょうか。, ステゴサウルスの走る速度は足跡の化石から推測されたものになりますが、これよりも早かったのではないかとする研究者も存在します。恐竜の正確な走る速さというのは一般的に予測が難しいといわれています。, ステゴサウルスの特徴は背中の骨板だけではありません。尻尾の先には1メートルにもなる鋭いスパイクが4本も生えていました。, また、喉は骨で形成された装甲板で覆われており、大型の肉食恐竜に急所である気道を攻撃されることを防ぐ役割があったと考えられています。ステゴサウルスは発見された数ある恐竜の中でも非常にユニークな姿をしているといえると思います。, ステゴサウルスの口はクチバシ状になっており、これで硬い植物も切断して食べていました。また、奥歯も生えておりこれで植物をすり潰すことにより消化を助けていました。ステゴサウルスは後肢で立ち上がることができなかったため高い位置に生えている葉を食べることができませんでした。そのため地表に生える硬い植物を食べることができるように進化していったのです。, ステゴサウルスの尻尾に生えた4本のスパイクは、肉食恐竜から身を守るための強力な武器になりました。重量級のステゴサウルスが振り回す1メートルのスパイクは大型の肉食恐竜をも追い払うだけの力があったと考えられています。中型の肉食恐竜であれば返り討ちにあい死に至らしめることもあったかも知れません。, 実際にステゴサウルスのスパイクによって付けられたと思われる傷のある化石も見つかっているため、有効な武器であったことは間違いないようです。ステゴサウルスは草食恐竜でありながら非常に攻撃的な生物でした。, ステゴサウルスの特徴的な骨板の用途は昔から研究者の議論の的でした。骨板の中には管が張り巡らされていたことから血液が流れていたことがわかっています。そのため、これを風に当てて体温を調節する役割があったといわれています。, また、骨板は成体になっても成長を続けていたこともわかっており、異性へのアピールや威嚇行動にも使われていたのではないかと考えられています。さらには肉食恐竜から身を守る鎧にもなっていたといわれています。, ステゴサウルスは体に対してあまりに頭が小さく、脳はクルミほどしかありませんでした。そのため腰に見つかった空間に第2の脳があったのではないかと考えられた時代があったのです。しかし、その後の研究で腰の空間にあったのは脊髄をコントロールする器官だったことがわかり、小さい脳しか持たないステゴサウルスは非常に知能の低い生物だったといわれるようになったのです。, 現在では脳の大きさで知能を測ることはできないとされているためステゴサウルスが本当に知能の低い生物だったかはわかりません。しかし、ステゴサウルスがヴェロキラプトルやアロサウルスのように知能の高い生物だったと想像することは難しいと思います。, ステゴサウルスの化石は複数同時に見つかることが多いため、単独ではなく群れで行動していた可能性が高いといわれています。そうした場合、群れの仲間とコミュニケーションを取っていたということになり、過去にいわれていたほど知能の低い生物ではなかったのではないかという意見も上がるようになりました。, 現在では草食恐竜だけでなくティラノサウルスやアロサウルスなどの肉食恐竜も群れで行動していたと考えられるようになりました。恐竜たちは私たちが思うよりもずっと高度な社会を持った生物だったのです。, いかがでしたか?トリケラトプスに並ぶ人気の草食恐竜ステゴサウルスをご紹介しました。ユニークな骨板を持ち、尻尾のスパイクで肉食恐竜をなぎ倒す草食恐竜にロマンを感じずにはいられません。, GIBEON(ギベオン)は宇宙、地球、動物の不思議と謎を発信するミステリー情報メディアです。眠れない夜の暇つぶしにでもなれば幸いです。. このグループの名のもとになったステゴサウルスはもっとも有名な剣竜でもある(日本語の剣竜、中国語の劍龍はもともとステゴサウルスの訳語である)。剣竜類はジュラ紀に繁栄のピークを迎えたが、その痕跡は白亜紀前期で途絶え、中生代の終わりを待たずに絶滅したと思われる。一方、同じ しかし、私たちが生まれてからも絶滅した動物はたくさん存在するということをこれからご紹介したいと思います。, 中米ユスタリカの固有種で、名前の通り体は鮮やかなオレンジ色をしている体長5㎝ほどの小さなカエルの仲間です。, 標高1590m周辺にある常緑広葉樹からなる雲霧林に生息しており、地表棲では繁殖期にしか発見されなかったことから、地中に潜って生活していたと考えられています。, 1987年には1500匹以上の個体と繁殖が確認されていましたが、1988年から1989年の間に11匹が確認されて以降、目撃情報がありませんでした。, 元々生息域の範囲が限られており、なおかつ自然保護区に指定されていた為、環境破壊などの影響もなく、人間とは関係のない理由で絶滅したと考えられています。, 有力なのは干ばつやカエルツボカビ症の流行が重なったことにより、個体数が減少したと考えられており、1990年には正式に絶滅が発表されました。, オレンジヒキガエルは全世界の絶滅両生類を探索する試みで、再発見が最も期待されている10種の1つで、科学的に需要度が高く、美しいとされています。, インドネシアのジャワ島のみ生息していた小型のトラで、オスは体長248㎝、体重は100 kgから141 kg程度でメスは体重75 kgから115 kgほどです。, 第二次世界大戦前まではインドネシアの動物園でジャワトラが飼育されていましたが、戦時中閉鎖されていた為、飼育下での寿命や妊娠期間は知られていないそうです。, 1965年頃に反政府組織が資金源とするために狩猟したことや、いくつかの事件によってジャワトラの駆除が大規模に行われた為、多くのトラが命を失いました。, その森が野生動物の保護意識が不十分だった第二次世界大戦後の時代、チークやコーヒー、ゴムのプランテーションのために細分化されたことや、ジャワトラの餌となるシカなどの動物が減少したことも個体数の減少に繋がったと考えられています。, 後の1975年、ジャワ島の人口が増加する中、主食となる米が不足し、稲作地を拡大するために次々と森林が伐採されていきました。, 1938年に島の表面積の23%を占めていた自然森林ですが、1975年にはわずか8%にまで減少し、生息域を次々と奪われていきました。, 世界には淡水域に生息するイルカが4種存在し、そのうちの1種がヨウスコウカワイルカです。, およそ2000万年前にほかのイルカ類と分化して以来、長江に生息してきた固有種で、容姿は長細いくちばしに短い背びれが特徴的です。, つがい同士の10頭ほどのグループを形成して行動しており、生息地である長江の濁った水中では資料はほとんど役に立たないため、元々視力の弱いヨウスコウカワイルカは、その代わりに高度に発達したエコーロケーション能力を兼ね備えており、それを使って餌を捕獲しています。, 1979年から1981年には400頭ほどの個体が生息していましたが、1990年代後半にはわずか13頭まで激減しました。, 主に地元の魚の乱獲によって網に絡まるなどで捕獲されてしまったのが原因ですが、他にもボートの衝突やダムの建設、中国の工業化、川沿いにある無数の化学工場の汚染なども次々と個体数が減少していった原因と言われています。, かつては宜昌から上海近くの河口まで長江の中流から下流にかけて広く生息していましたが、三峡ダムの建設によって生息環境に被害をもたらし、洞庭湖とハ陽湖の間にある中流域の長江本流のみになってしまいました。, 2002年の目撃情報が最後に、2006年個体数の維持と回復機能を失った為、機能的絶滅を宣言されました。, カリブモンクアザラシについての最古の記述は、アメリカ大陸を発見したことで有名なコロンブスによるもので、1492年の航海時にカリブ海で発見したアザラシがこのカリブモンクアザラシだったそうです。, 名前の通り、カリブ海に生息しており、フロリダやバハマなどのサンゴ礁がある温暖な海を好み、海辺で群れをなして活動していました。, 先住民は以前から食肉用に狩りをしており、陸上での動きが遅い為、とても狩猟しやすかったようです。, のちにアメリカに上陸したヨーロッパからの入植者達によって肉や皮だけではなく、脂肪から取れる脂を求めて次々と狩っていったのです。, さらに陸地開発が進み、生息地を侵食されてカリブモンクアザラシが好む環境は失われていった為、個体数はみるみる減少していき、ついには狩猟が不可能となりました。, そして1952年ジャマイカで目撃されたのが最後になり、1967年に絶滅危惧種に指定されました。, このように人間が主な原因となって絶滅させられたのはこのアザラシが初めてだそうです。, スペインアイベックスはヤギの亜種で、4つに分類され、そのうち2亜種は現在もイベリア半島で見ることが出来ます。, を用いて、2003年にクローン実験が行われ、208個の胚のうち妊娠したのはわずか7個でした。, そして誕生に至ったのはそのうちの1体で、その個体もほんの数分後に呼吸不全によって死亡しました。, マダガスカル中北部のアラウチャ湖周辺に生息していた固有種で、湖の水深は浅く、湖岸や水生植物が繁茂しており、魚類を獲って食べていました。, 全長約25㎝と羽が小さかった為、長距離飛行能力が低く、生息域が制限されていたと推測されています。, 生息地の減少や、狩猟、そしてカイツブリとの交雑や人為的に移入されたプラーチョンによる影響で絶滅したと考えられており、1990年には生息数は20ペア未満と推定されていました。, また、2004年以降にワキアカカイツブリが最後に目撃された場所から50mほどのところで、新種の肉食哺乳類ダレルズ・ボンツィラが発見されたことがあります。, アフリカに生息する2種類のサイ、クロサイとシロサイの亜種で西クロサイは主に西アフリカに生息しています。, 絶滅の発端となったのが、主にサイの角を狙った密猟によって数が減少したことだと考えられています。, 角は漢方薬として珍重され、非常に高値で取引される為に多くの密猟者に狙われる対象とされてしまったのです。, 国際自然保護連合によると西クロサイは推進されている保護策が取られていれば絶滅という状況を間逃れたのではないかと考えられています。, 現在絶滅危惧種のレッドリストで絶滅寸前の絶滅危惧IA類に指定されているクロサイの亜種が最後に目撃されたのは2006年だそうで、クロサイ以外のサイも絶滅の恐れがあると警告されています。, その為、国際自然連合は保護策を強化しなくてはならないとしており、19世紀末に100頭に満たないほどしかいなかった南シロサイが保護努力により、現在はおよそ2万頭にまで増加したという例もあるので可能性はあるとしています。, ガラパゴス諸島のピンタ島に生息しており、主に標高の高い乾燥した草原や低木地帯で生活していました。, 大きさは最大98mにもなり、特徴的な鞍型の背甲は、高い位置にある植物を食べるのに適しており、特にサボテンの果実を好んで食べていました。, しかし、1972年におよそ60歳と推定されるロンサムジョージ(孤独なジョージ)がガラパゴス諸島のピンタ島で発見されたのです。, なぜ個体数が減ってしまったのかというと、島に訪れた人間が食用として乱獲し、さらにヤギやブタなどを持ち込んだことによって生息環境に影響を与え、植生パターンを破壊してしまったからなのです。, 最近になって、アメリカにあるイェール大学の研究チームがエクアドル領ガラパゴス諸島の各地でゾウガメの研究を実施したところ、ピンタゾウガメのDNAを受け継いでいる個体見つけたという報告があり、もしかするとどこかでひっそりと暮らしている可能性が出てきました。, 日本の固有種でオキナワコキクガシラコウモリの亜種とされており、宮古島や伊良部島に生息し、宮古方言では「カートゥイ」とも呼ばれていたそうです。, 前腕長が38㎜から39㎜、頭胴長が36㎜から37㎜と国内のコキクガシラコウモリ類の中では小型な種類です。特徴は耳と尾が他の種類と比べると少し短く、体毛がやや淡い色をしています。, 絶滅の原因は、土地改良や観光目的で巣となる洞窟が破壊されていき、餌の住みかとなる広葉樹が次々と伐採されたことにより餌が不十分になった為で、約10年間という短期間で急激に個体数が減少していったと考えられています。, 最後に目撃されたのは1971年で、その後の調査などでは確認されず、2012年公式に絶滅したと判断されました。, ニホンカワウソの上質な毛皮は保温力がとても優れており、それを目的に昭和初期から私たち人間による乱獲が行われるようになりました。, そこでこの乱獲を止めようと1928年にニホンカワウソの捕獲禁止令が発令されました。, 高度経済成長期で周辺地域の開発や河川の工事により生息域が減少したことによって、生態系に大きな影響を及ぼし、四国の愛媛や香川の沿岸部、高知県南西部の沿岸部にわずかな生息数を残すのみとなりました。, また、農薬や排水による水質悪化により、ニホンカワウソが住みやすい環境が次々と奪われたことによる環境の変化によって個体数が減少したことが原因だと考えられています。, 1980年代から急激に目撃情報が少なくなり、1975年の愛媛県宇和島市九島で保護されたのが最後で、その後2012年に絶滅が公式に発表されました。, 2017年に長崎の対馬でニホンカワウソが撮影されたというニュースがありますが、その映像からは本当にニホンカワウソであるかどうかは断定できないそうです。, しかし残念ながら、地球環境の変化やそして私たち人間によってこれからも絶滅動物は増え続けてしまいます。, 小さな事でもいいので、私たちに出来ることは何か考えながら毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか?. 理由はまだはっきりとわかっていないものの、多くの動物の骨に年輪が刻まれ、それゆえに化石になった恐竜でも年齢が分かるというのである。 そして、その知見ゆえに、ステゴサウルスの板は、体が大きくなってくると、ある時、急に巨大化する、ということまで分かる。板の巨大化は、放� 恐竜が生息していたのは2億3000万年前-6600万年前まで-中生代と呼ばれる地質時代です。低酸素状態だった約2億3000万年前に、初めての恐竜が姿を現します。エオラプトルやエオドロマエウスというような、全長1mの小型2足歩行恐竜です。初めての恐竜が出現したころ、彼らは小さな存在でした。 読んでみて面白かったのが、絶滅した生き物の語り口調で絶滅した理由が描かれているところです。 それぞれが違った性格で書かれていて、飽きずに読み進めることができました。 堅苦しさがないので、子どもも楽しく読めると思いますよ。 ①基本データ、②解説、③生息年代 . ステゴサウルスの生態や骨板の秘密、脳が2個あるというびっくり説の真相をご紹介しようと思います。トリケラトプスに並んで人気の高い大型草食恐竜「ステゴサウルス」。彼らは背中に骨板を持ち尻尾にスパイクを生やした非常にユニークな恐竜です。 剣竜はジュラ紀から初期白亜紀の草食恐竜のグループであり、主に現在北アメリカ、中国に当たる北半球で発見される。最初期の剣竜は中国で発見されているものの、断片的にはイングランド南部でも見つかり、地理的な起源は明らかではない。このグループの名のもとになったステゴサウルスはもっとも有名な剣竜でもある(日本語の剣竜、中国語の劍龍はもともとステゴサウルスの訳語である)。剣竜類はジュラ紀に繁栄のピークを迎えたが、その痕跡は白亜紀前期で途絶え、中生代の終わりを待たずに絶滅したと思われる。一方、同じ装盾亜目であり、姉妹グループに当たる曲竜類は白亜紀後期に繁栄し、中生代の終りまで生存していた。彼等の命運を分けた要因については、未だに解明されていない。, すべての剣竜は剣板(あるいは骨板)と呼ばれる特別な骨の列を持っており、これらが背部から尾部にかけてのプレートとスパイクへと発達している。多くの場合は中間的な形態でスプレイト (Splate) と呼ばれる。, 特徴的な長く、狭い頭と角質に覆われた嘴をもち、嘴は上顎前方(前上顎骨)、下顎の前方(前歯骨)である。同様の構造がカメ目と鳥類でみられる。ファヤンゴサウルスを除き剣竜は前上顎骨の歯を失っている。, すべての剣竜が四足歩行性で、四肢には蹄に似たつま先を持つ。ファヤンゴサウルスより後のすべての剣竜は前肢が後肢より短くなっている。短い肢が速度に制限を加え、またその体のサイズが二足歩行を妨げた、そのため速く走れなかったことを示す。, 剣竜はもともとO・C・マーシュにより1887年爬虫類の一つの目として命名された、今日では一般的には装甲を持つ恐竜である装盾類に含まれる下目(あるいは単にクレード)として扱われる。剣竜にはファヤンゴサウルス科 (Huayangosauridae) とステゴサウルス科 (Stegosauridae) が含まれる。, ファヤンゴサウルス科は初期の剣竜の科であり、初期から中期のジュラ紀に生息していた。一般的に後のステゴサウルス科より体が小さく、短く高さのある頭骨を持っていた。通例、中国産の模式属ファヤンゴサウルスのみが含まれる。しかしながら、イングランドより非常に断片的にのみ知られるレグノサウルス (Regunosaurus) は下顎が非常に似ており、この科に含まれる可能性がある。, 大多数の剣竜類恐竜はステゴサウルス科に属し、後期ジュラ紀から前期白亜紀に生息していた。最もよく知られた剣竜ステゴサウルスを含んでいる。この科は広範に生息し北半球からアフリカに亘って生息していた。かつて、剣竜に属するとされたドラヴィドサウルス (Dravidosaurus) はインドの後期白亜紀の地層から発見され、最後の剣竜ともみなされたが、現在では剣竜ではなく長頚類であるとされている。, デンバー自然科学博物館のケネス・カーペンター) により、2001年ヘスペロサウルスの記載論文において先行的な剣竜の系統樹が発表されている。基盤的な剣竜であるファヤンゴサウルスをアウトグループとして使用している。ステゴサウルス科はすべてのファヤンゴサウルスよりステゴサウルスに近縁な剣竜と定義されている。チュンキンゴサウルスの位置についてはデータ不足により不確定である。, 現在、中国で発見されたいくつかの種については公式には記載されていない:カンドサウルス(英語版)およびインシャノサウルス。公式な記載論文が発表されるまで、これらの属は裸名として扱われる。, https://web.archive.org/web/20070715202755/http://www.palaeos.com/Vertebrates/Units/320Ornithischia/320.200.html, http://www.kheper.net/evolution/dinosauria/Stegosauria.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=剣竜類&oldid=78789033. 昔は愚鈍とされていた恐竜。だが今は、鳥や哺乳類のような温血動物で、羽毛が生えていたものもいたことがわかっている。そこで、日本を含めた恐竜研究の変遷や、最新のトピックスを教わりに、日本の恐竜研究のパイオニアで国立科学博物館の特別展「恐竜博2019」の監修を務める真鍋真さんの博物館に行ってみた!(文=川端裕人、写真=内海裕之), 6600万年前の白亜紀の終わりに、直径10キロ級の巨大隕石がメキシコのユカタン半島に落ちた。, その衝突で放出されたエネルギーは、TNT火薬10兆トン分だとよく表現されている。いわゆる核兵器、原子爆弾はTNT火薬数万トン、水素爆弾でも100万トンのオーダーで、文字通り桁が違う。兵器と比較してもあまりよくわからないというならば、火力発電所用の重油1兆トンを一気に燃やしたのと同じくらいとも言えるようだけど、イメージがしにくいのには変わりない。いずれにしても、ものすごいエネルギーだということには変わりない。, 隕石が地表に衝突した直後の影響として大きいのは、まず、熱だ。落下を目撃できる範囲内の可燃物は、熱放射で自然発火し焼き尽くされたとされる。, その外側でも、時速1000キロを超える超音速の熱風が吹き抜け、衝突によって溶融して巻き上げられた岩屑が赤熱したまま降り注ぎ、マグニチュード10相当の巨大地震が大地を揺るがし、300メートルを超えるような巨大な津波が押し寄せ、その後も酸性雨が降り注ぐ……この世の終わりを告げる超弩級の激甚災害が幾重にも重なって地表を蹂躙した。, これだけでも多くの生き物を死滅させたことは間違いないが、さらに長期的な影響が追い打ちをかける。大気中に撒き散らされた塵が太陽光線を遮り、いわゆる「核の冬」の状態になる。その後、塵が地上に降り積もって日照が回復した後、今度は大量に放出された温室効果ガスの影響で、猛烈な温暖化に見舞われる。長きにわたって続く極端な環境変化で、生き物たちは追い詰められていく……。, あまりに様々なサイトに記述があるものだから、ここではナショジオサイト内のニュースを中心に、適宜、ディテールを補うかたちでまとめてみた。おそろしい宇宙規模の災害が白亜紀末の地球を見舞い、当時の生物にとってはまことに厳しい環境が訪れたことは間違いなさそうだ。, 最新の研究で明らかになったすごい生態を、超高精細な4KCG(コンピューターグラフィック)を基にした豊富なビジュアルで完全再現します。, Q:おたふく風邪のワクチン認可は史上最速といわれていますが、その期間は次のうちどれでしょう。, 書籍「スーパービジュアル再現 羽毛恐竜と巨大昆虫 7つの謎で解き明かす太古の世界」. リーズで活躍した"ガチャピン"の祖先は 「何で年輪ができるかっていうのは、諸説ありますが、実のところよくは分かっていません。でも、いろんな動物でできるんですね。現生の動物で研究が進んでいますが、哺乳類でもできるし、爬虫類でもできるし、両生類でもできる。結構面白いのは、赤道地域とか1年じゅう温暖であるところに住んでいる動物でもできることです。いわゆる恒温動物でも骨に年輪ができると分かってきたのは最近のことです。でも、とにかくそれが、1年ごとに対応している。その成果を、僕たちは恐竜研究にも使っているわけです」, 熱帯の哺乳類などでも年輪が観察されるというのは、ぼくは知らなかったので驚いた。理由はまだはっきりとわかっていないものの、多くの動物の骨に年輪が刻まれ、それゆえに化石になった恐竜でも年齢が分かるというのである。, そして、その知見ゆえに、ステゴサウルスの板は、体が大きくなってくると、ある時、急に巨大化する、ということまで分かる。板の巨大化は、放熱の効率を上げると同時に、性的な成熟も意味して、異性を惹きつける作用があったのではないか、というのが林さんの考えなのだった。, 1981年、大阪府生まれ。大阪市立自然史博物館 地史研究室 学芸員。博士(理学)。2009年、北海道大学大学院理学院自然史科学専攻 博士課程修了。北海道大学の専門研究員ならびに札幌医科大学の非常勤職員を経て、2010年6月、博士研究員(ドイツ学術交流会(DAAD)および日本学術振興会の海外特別研究員)としてドイツ・ボン大学古生物学部に所属。2013年4月より現職。骨化石の内部組織から恐竜類を中心とした大型絶滅動物の生態・生理の進化を研究している。, 1964年、兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。文筆家。小説作品に、少年たちの川をめぐる物語『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)、感染症制圧の10日間を描いた小説『エピデミック』(角川文庫)、数学史上最大の難問に挑む少年少女を描いたファンタジー『算数宇宙の冒険・アリスメトリック!』(実業之日本社文庫)など。ノンフィクションに、自身の体験を元にした『PTA再活用論 ──悩ましき現実を超えて』(中公新書クラレ)、アメリカの動物園をめぐる『動物園にできること』(文春文庫)などがある。サッカー小説『銀河のワールドカップ』『風のダンデライオン 銀河のワールドカップ ガールズ』(ともに集英社文庫)はNHKでアニメ化され、「銀河へキックオフ」として放送された。近著は、天気を「よむ」不思議な能力をもつ一族をめぐる、壮大な“気象科学エンタメ”小説『雲の王』(集英社)(『雲の王』特設サイトはこちら)、中学生になったリョウが世界を飛び回りつつ成長する姿を描いた切なくもきらめく青春物語『リョウ&ナオ』(光村図書出版)、本連載の「睡眠学」の回に書き下ろしと修正を加えてまとめたノンフィクション『8時間睡眠のウソ。 ――日本人の眠り、8つの新常識』(日経BP)など。 鳥盤目・装盾類 (装盾亜目・剣竜下目). 「動物が絶滅する」ということに私たちはあまり馴染がないと思います。 なぜなら「絶滅」と聞くと不思議と昔の出来事のように聞こえるからです。 しかし、私たちが生まれてからも絶滅した動物はたくさ …