�^7�Z��fN�V9��gJ��њ 6) 白石淑江『スウェーデン保育から幼児教育へ』かもがわ出版、2009年。 7) 河本桂子『スウェーデンののびのび教育』新評論、2002年。 8) 是永かな子 「スウェーデンにおける教員養成改革」『高知大学学術研究報告人文科学編』 第55巻、2006年。 スウェーデンの生涯学習および成人教育、教育制度 に関する文献・論文を収集していった。今日までに収集した文献・論文は全て取り入れて 研究を進めていった。可能であれば、スウェーデンで書かれた文献や論文も収集ができれ ばより現在に近い取り組みを研究できると考えた。しかし、英 スウェーデン市場だけでは成り立たない業種などは、市場がグローバルになるので英語は必須。社内公用語が英語の企業も多く、英語を使う機会が多い環境です。また、そのような大人を子どもたちも当たり前のように目にしているので、英語学習も自然に進むのかもしれません。, まとめ Bolton, K. & Meierkord, C. (2013). Classrom vs. Extramural English: Teachers Dealing with Demotivation. In: Benson P., Reinders H. (eds) Beyond the Language Classroom. スウェーデンにおける語学教育ですが、英語に関しては、小学1、2年生のころから遊び歌や数字、色を覚えることなどが組み込まれています。小学4年生から本格的に英語が始まります。 Journal of Sociolinguistics, 17(1): 93-117. スウェーデンでは初等教育に当たる7歳から15歳までの9年間が義務教育。1~3年生が低学年、4~6年生が中学年、7~9年生が高学年と3部に分かれています。, 中等教育は16歳から18歳の3年間で、日本の高校に相当。高等教育への進学準備と職業教育に分かれ、初等教育の成績を基に入学が決まります。また、高等教育に当たる大学は2年から5年間で、大学はすべて国立です。, 1.2.スクーリングシステム Eberhard, D.M., Simons, G.F. & Fennig, C.D. Twenty-second edition. この文献の参照には次のURLをご利用ください : https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00033268. 6�DjK�ռ ���À�o�N&��ςu10 https://www.researchgate.net/publication/267748583_English_in_Scandinavia_Monster_or_Mate_Sweden_as_a_Case_Study. 大人向けの番組や映画はもちろん、小さな子ども向けの番組から吹き替えなしの英語字幕で放映され、本も翻訳なしで英語のまま読まれています。つまり、自然に英語に触れる環境が小さいときから整っているということです。日本では、親御さんが整えない限り、このような環境はなかなか生まれませんね。, 3.2.日常で英語を使う機会が多い ID: 33268: 本文ファイル: CaseleResBull_9_39.pdf 189 KB. Online ISSN : 2189-8103 Print ISSN : 0385-1192 ISSN-L : 0385-1192 IELTS (2018). 言語的背景 スウェーデンの人口惜成は,スウェーデン人が98%で,他lζ 北部lζ フィン人,ラップ人とい う少数民族がいる。 (2019). Sweden as a Case Study. (eds.) Copyright © World Family K.K. https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/pdf/Worldwide2017.pdf. EF EPI 2018 REGIONAL FACT SHEET: Sverige [SWEDEN]. Ethnologue: Languages of the World. Language and Linguistics Compass, 7(6): 329-338. ツイート . 「英語力が世界一のスウェーデン人 - 英語が身につく日常生活」の記事ページです。世界一の英語力を持つスウェーデン人、そこには意外な理由がありました。効果的な英語学習、バイリンガル子育て方法を国内外の研究、独自研究から明らかにしていきます。 All Rights Reserved. ことが、スウェーデンという舞台で進められた乳幼児教育の質の追求の歩みを明らかにす るうえで有効ではないかという見通しを持っている。 レッジョ・アプローチについては、和光幼稚園・和光鶴川幼稚園が掲げていた「探究的な Sundqvist P. & Olin-Scheller, C. (2013). 1.1.教育期間 スウェーデンでは初等教育に当たる7歳から15歳までの9年間が義務教育。1~3年生が低学年、4~6年生が中学年、7~9年生が高学年と3部に分かれています。 中等教育は16歳から18歳の3年間で、日本の高校に相当。高等教育への進学準備と職業教育に分かれ、初等教育の成績を基に入学が決まります。また、高等教育に当たる大学は2年から5年間で、大学はすべて国立です。 1.2.スクーリングシステム 基本的にホームスクーリングは認められておらず、学校は公立と私立に分かれています。公 … Sundqvist P. (2011). h�bbd```b``�"�@$�1�� ���| �5,�"���lk0�.�d���!do��`6�4 �-k@��y��7�H&���� 日本では来年度から小学校英語が大きく変わる。5、6年生は教科として、3、4年生は外国語活動として始まる。英語教育への関心はさらに高まりそうだ。スウェーデン人は英語が流ちょうなことで知られる。母語はスウェーデン語なので英語は外国語である。 ETS (2018b). ���&��M�]��1aVԏ5�~x�)\ ��O���~d:��^�d��u��#-��M�~(�#�5_ Q(�&j�쇒�G�]Z�O��y�N�Xv_���W�Ŗ��s���~E�ǚ�ӏH {NjΫq�uJ���њ������Y�s7?����t��� �q40��I�4. Norrby, C (2014). Test taker performance 2017. https://www.ielts.org/teaching-and-research/test-taker-performance. 世界最大級の英語教育組織「EF Education First」が実施する非英語圏での英語テストで、オランダとともに上位に君臨するスウェーデン。なぜ、それほどまでに英語力が高いのでしょうか。もちろん、スウェーデン語が英語と同じゲルマン系の言語であり、文法や語彙が共通するということもあるでしょう。しかし、英語力の高さは英語教育と環境にあるようです。そこで今回は、英語力世界トップレベルのスウェーデンの英語教育についてご紹介します!, 1.1.教育期間 英語教育開始年齢 1990年 英語教育が初等教育の3年次から必須,1年から開始することも可能になる(国際化促進の準備)。 1991年 北欧文化閣僚機構が,学校管理を国から地方自治体に移すよう勧告。 フィンランドで国家教育委員会が組織される(視学官制度などは解体される)。 Palgrave Macmillan, London. スウェーデンの英語教育. 別タイトル: The Teaching of English in Sweden. A Possible Path to Progress: Out-of-school English Language Learners in Sweden. Test and Score Data Summary for TOEFL iBT Tests: January 2017 – December 2017 Test Data. �?Ӎ� Z�� endstream endobj startxref 0 %%EOF 113 0 obj <>stream h�b```���Y� ce`a�8���χ��A��Ç������2� � Online: https://www.efjapan.co.jp/__/~/media/centralefcom/epi/downloads/full-reports/v8/ef-epi-2018-japanese.pdf. %PDF-1.7 %���� https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/pdf/lr_transition_2017.pdf. EF (2018c). ETS (2018a). [����� �eˀ�0��A%�Ґu�B��� QEt����>3ii �k&0�,����*�W0^�t��U�| �#��, ��8.�`pl��h��W�����s����j��^@�J���k����Z��|>�@� |��~ endstream endobj 60 0 obj <>>>/Metadata 40 0 R/PageLabels 53 0 R/Pages 54 0 R/Type/Catalog>> endobj 61 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]>>/Rotate 0/TrimBox[8.5039 8.50391 524.40948 737.00787]/Type/Page/u2pMat[1 0 0 -1 0 745.51178]/xb1 0/xb2 532.91339/xt1 8.5039/xt2 524.40948/yb1 0/yb2 745.51178/yt1 8.50391/yt2 737.00787>> endobj 62 0 obj <>stream https://www.ets.org/s/toefl/pdf/94227_unlweb.pdf. 基本的にホームスクーリングは認められておらず、学校は公立と私立に分かれています。公立学校は地方自治体により管理され、英語教育や音楽、ダンスなどの地域による特徴が選択の目安。また、私立学校の多くは、モンテッソーリ教育などのオルタナティブ教育、宗教教育、スポーツ教育など、目的別に学校が運営されています。, スウェーデンでは誰でも営利目的の学校を運営できるため、私立学校の中には私人あるいは法人が開校する「フリースクール」と呼ばれる学校があります。日本で「フリースクール」と聞くと、不登校の生徒を対象にした学校というイメージが強いかもしれませんが、スウェーデンのフリースクールはアメリカの「チャーター・スクール」に類似。親や先生の集まり、あるいは地域社会などが希望の学校を設立できますが、ニーズのない学校は閉校になるというデメリットもあります。, 英語能力が高いスウェーデンでは、どのような英語教育が行われているのでしょうか。日本の英語教育と比較しながら紹介していきます。, 2.1. English in Scandinavia: Monster or Mate? ��]/��0�w�2�G. 国際ビジネスコミュニケーション協会(2018).「TOEIC Listening& Reading Test受験者数の推移」. Dallas, Texas: SIL International. Ethnologue: Languages of Sweden: Twenty-second edition data. 国際ビジネスコミュニケーション協会. 著者: 竹中 龍範 NDC: 英語 掲載誌名: 中国地区英語教育学会研究紀要 号: 9号. 2017 Report on Test Takers Worldwide: TOEIC Listening & Reading Test. 非英語圏でトップクラスの英語力を誇るスウェーデン。その高い英語力の秘密は、低学年からの英語教育と言えるでしょう。また、詰め込み式の教育ではなく、自主性を育む教育方針も要因の1つかもしれません。もちろん、言語的に似ているということもありますが、小さなときから自然に英語を耳にする環境は、我々日本人とは大きく異なる点なのではないでしょうか。これからの日本を背負っていく子どもたちには、スウェーデンの子どもたちのように、苦手意識を持つことなく自然に英語を学んで欲しいものです。, 初等から高等教育(小学校から大学)まで、入学金・授業料が無料。初等から中等教育までは給食費も無料!, 高卒での大学進学率が低い。中等教育後に働いたり海外を旅行したりしたあと、大学へ進学するケースが多い。, 学校庁が目標の設定や必須科目の学習時間等の基本的な決まりを定め、詳細なカリキュラムは地方自治体と学校が決める。, ゆっくりとした学習テンポ。詰め込み教育ではなく、学ぶプロセスを大切にする。講義式ではなく、ペアやグループでの学習。, スウェーデンではオーラルコミュニケーションを目的とした英語教育。一方、日本はこれまで「読み・書き」重視の試験対応型の英語教育でした。2020年からは小学3・4年生の外国語活動で「聞く・話す」を導入したあと、5・6年生で「読み・書き」に進むことになるので、これまでより英語に馴染みやすくなるでしょう。, スウェーデンでは学年が上がると英語で英語を学ぶため、4技能をバランスよく学びます。一方、日本では英語教員が英語を話せないというケースがあり、ALT(アシスタント・ランゲージ・ティーチャー)と呼ばれる外国人教員がアシストしています。英語教員の育成は、日本の英語教育の課題と言えるかもしれません。, スウェーデンではペアやグループでの話し合いが多く、生徒同士がともに学び合います。英語を人前で話すことが恥ずかしくなくなるように、他人の間違い探しをして発言を茶化すようなことはしません。日本人は英語を話すことに慣れていないため、今後、このような学習が取り入れられることを期待したいですね。. 59 0 obj <> endobj 88 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[]/Index[59 55]/Info 58 0 R/Length 129/Prev 466465/Root 60 0 R/Size 114/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream English in contemporary Sweden: Perceptions, policies, and narrated practices. H�T��n�0��`cb�Q�,f�j:���"M 9d��﹤��������)��?�˼��%�����%e���A8ϋ��Js��g��M����~��r\�U CQ��x��]=�U�� ���[���Û�m����]UjU��(������*F����Ҭ֏�k���#d��A >���