一人でもプレイすることは... Nintendo Switchでスプラトゥーン2やスマブラSPなどの通信対戦をする際には、回線... インターネットを契約するときに、必ず悩むことがサービス会社選びです。 第一に確認したいポイントです。, 無線ルーターの種類によっても、その通信速度は大きく異なります。 スイッチ版はどうしても通常でもラグがあるんですが、有線接続だと安定することもあるので一度有線LANアダプタとLANケーブルでの接続を試してほしいです! 返信. どんな特徴があるサー... ドコモのスマホとセット割引がお得な高速光回線「とくとくBB x ドコモ光」について... オンラインゲームを遊ぶなら、とにかく回線速度の速い安定した光回線がおすすめで... 普段は快適に使っているインターネット回線が、急に速度が遅くなったり、通信エラ... Switchでは「スプラトゥーン2」が前作に引き続き盛り上がっていますが、その醍醐味... Switchの「スプラトゥーン2」が盛り上がっていますね。 しかし。すでに退会した公衆無線LANサービスや自宅近くにないので使っていないコンビニWi-Fi、新型に乗り換えて不要になった古いPocketWi-Fi(ポケットWi-Fi)など利用していないアクセスポイントの設定が残っていませんか? All rights reserved. 電子レンジを使った途端電波が悪くなったという経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。, 5GHzは、近年その利用が広まってきた周波数帯です。 Q:Wi-Fiのアクセスポイントを削除する方法を教えて下さいA:「Wi-Fi」から削除したいアクセスポイントを長押し→「ネットワーク設定を削除」で削除できます。 Copyright ©2018Impress Corporation. 第8回:失敗しないWi-Fiルーターの製品選び(2) iPhoneユーザーにはApple製品がオススメなの?, 第9回:失敗しないWi-Fiルーターの製品選び(3) 高性能Wi-Fiルーターの選択もアリなのか考える, 第12回:とりあえずの初期状態でWi-Fiに繋がってみよう。そのまま使い続けは厳禁, 第18回:Wi-Fiの「SSID」ネーミングの注意点、周囲に発信しているものだということを意識しよう, 第24回:新しめのiPhoneやiPad、Mac同士なら「Wi-Fiパスワード共有」が簡単, 第25回:タッチだけでWi-Fi接続させるNFCタグをAndroidスマホで作ってみた, 第27回:Wi-Fiルーター迷ったらコレを選べ! 実売価格1万円前後、2018年夏の“良コスパ”お勧め製品, 第28回:Wi-Fiルーター迷ったらコレを選べ! 実売価格7000円以下のお勧め製品, 第43回:ネット回線が繋がらない! その時の対処法(2):回線接続トラブルならサポートを. 2017/03/17 05:20, 更新日: Q:Wi-Fiのアクセスポイントを削除する方法を教えて下さいA:「Wi-Fi」から削除したいアクセスポイントを長押し→「ネットワーク設定を削除」で削除できます。 コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります, どっちか登録して繋いだのですがもう1つのネットワークを登録したいんですがどうすればいいですか?, 当サイトに掲載しているコンテンツは攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。 Wi-Fi 6対応デュアルバンドメッシュWi-Fi「Deco X60」、TP-Linkが発売, CEATEC 2020 ONLINEはオンデマンド公開中!! まだまだ続くブースレポート #7, 「住民税」の計算方法、「e-Taxで確定申告」する方法、源泉徴収票の見方など、“税金の話”まとめ, GmailやGoogle ドライブの「うまい使い方」まとめ【G Suite時短仕事術】, 前回まででWi-Fiルーターの基本的な設定ができたことになる。今回から数回で、二重ルーター状態のチェックと、解消方法について解説していこうと思う。ワリと気が付かないまま使い続けているケースも多いはずだ。, ちなみにルーターは、1つの機器に複数の利用端末を接続して、すべて均等にネット接続を利用できるようにする機能で、設定によりオン/オフできる[*1]。具体的にはIPアドレスやDNSといったネット接続に必要な情報を割り振って管理している。ルーターから見て外側のネットと、内側の自宅Wi-Fiをスムーズに変換する橋渡し役だと想像してもらえるといい。, 二重ルーターの状態とは、回線接続用の端末と、あとから接続したWi-Fiルーターで両方のルーター機能が動作している状態のことだ。この状態でも、Wi-FiルーターのWi-Fiに接続して、特に問題なくネットの閲覧はできる。そのため、これまでは「特に気にする必要は無い」としてきたのだ。, [*1]……間違えてルーター機能をすべてオフにしてしまうと、インターネットが閲覧できなくなるので注意。LAN内のIPアドレスの割り振りも行われない状態になるため、設定画面も表示できなくなる。この事態に陥ったら、Wi-Fiルーターを初期化するしかない。, 1)ルーターを2つ通過するので、その分、無駄に速度が遅くなる  これは当然。経路の変換を1つ余分に使っているので当然その分遅くなる。とはいえ、極端に低下するワケでもないので、スマホ利用なら気にするほどではない。, 2)Wi-Fiルーターに接続した端末で回線接続用端末の設定ができない  通常Wi-Fiルーターに接続していると思われるが、その状態で前段となる回線接続用端末は別のLANとなってしまうため、接続はできない。設定時は有線LANで回線接続用端末のLANポートに直接接続するしかない。回線トラブル時に少しあわてるかもしれない。また、回線接続用端末にPCやプリンターを有線LAN接続にて使うケースでは、Wi-Fiルーターに接続している端末との通信や共有ができない。, 3)インターネット側から自宅内へのアクセスが難しい  インターネット側から見ると回線接続用端末のルーターがあるので、通常、Wi-Fiルーターへはアクセスできない。ルーターが均等に割り振っているので、決め打ちする設定をしないとならないからだ。ゲームやウェブカメラ、NASサーバー運用、ビデオデッキ録画のネット試聴など、外出してインターネット側からアクセスするサービスが利用できなくなる。これは逆に考えると、インターネット側からの不正アクセスはほぼ心配なくなるといメリットにもなる。, そもそもネット側からのアクセスは、それなりの設定をしない限りできないのだが、二重ルーターでやろうとすると、さらに複雑化する。この外出時の自宅LANにアクセスするという利用法を考えているなら、二重ルーターは解消するか、外部から接続する機器を1段目の回線接続用端末のルーターに接続するようにする。, 上記が気にならないなら、一応状況のチェックだけしておいて、二重ルーターのまま使い続けるというのも間違いではない。特にスマホのWi-Fi接続のみの運用なら、速度低下もあまり気にならないだろう。LAN内でファイル共有をしないのであれば、ほとんどトラブルも出ない。2)で解説しているような回線トラブル時に設定画面が出せないので、ちょっと困ったことになる程度だ。, とはいっても、本来の速度でネットを楽しむためにも、なるべく二重ルーターは解消してしまったほうが良いだろう。トラブル解決やLANの拡張もシンプルなのでやりやすい。, よくありがちなのは、将来、Wi-Fiルーターを複数台設置するなどLANを拡張しようとした際に、回線接続用端末ルーターにWi-Fiルーターを追加して、既存のWi-Fiルーターに接続している機器と通信できないとあわててしまうことだ。この場合、別のLANになるので、例えばChromecastを異なるWi-Fiルーターに接続した状態だと、キャストしようとしてもできなくてあわてることになってしまう。Wi-Fiルーターを追加するとしても、同一LAN内でアクセスポイントとして追加していけば、大きな1つのLANとして管理することができる。, 将来の拡張時のためやトラブル対策を簡単にするためにも、二重ルーター状態は解消しておくことをお勧めしたい。次回以降、解消の具体的な方法を実践していこう。, 自宅のWi-Fiルーターが二重ルーターになっていると後々の活用で不便になる スマホでのWi-Fi接続だけなら、二重ルーター状態は気にしなくてOK。, 1965年生まれ。明治大学文学部卒。カメラマン、アメリカ放浪生活、コンピューター雑誌編集者を経て、1995年からIT系フリーライターとして活動。写真編集、音楽制作、DTP、インターネット&ネットワーク活用、無線LAN、スマホ、デジタルガジェット系など、デジタル関連の書籍や雑誌、ウェブ媒体などに多数執筆。楽曲制作、旅行、建築鑑賞、無線、バイク、オープンカー好き。.