乾燥性・研磨性に優れるラッカー系下塗り塗料 . 導管部への流れ込み性と研磨性に優れているため、表面を平滑にしやすく、上塗りをした際の仕上がりを向上させます。【用途】屋内木部に水性系ニスを塗る場合の下塗り用。 もちろん1回塗るごとにちゃんと乾燥させる必要があります。, わざわざ自分でリフィニッシュしたがる「おたく」なら、多分ラッカーでいいと思います。, ラッカースプレーは他にもたくさんありますが、どこかで「アサヒペンのラッカーは塗膜が硬くてギター向き」と書いてあったのを読んで決めました。, 以前別のギター(ジャンク)を塗り替えた時に使ったスプレーはなんだが「べとっ」とした感じで、微妙だったんですよね。, 個人的にはもう少し「黄色っぽいクリーム色」を期待していたんですが、アサヒペンの「アイボリー」は思ったより「白っぽい」色でした。, アパート暮らしだと場所には困ると思います・・・。 肉持ち感が良く透明性に優れている。 上塗り塗料との適合性が大変良いです。【使用場所】屋内用【色】乳白色【タイプ】中塗用【指触乾燥時間(分)】20(23℃)【外観】乳白色【希釈剤】NTXウレタンシンナー♯100(推奨)、NTXウレタンシンナー【硬化時間(時間)】2(23℃)【希釈率(%)】(スプレー)20〜30、(刷毛)10〜20【特性】研磨【塗り重ね可能時間(時間)】3以上【ホルムアルデヒド等級】F☆☆☆☆【標準塗布量(g/m2)】80〜100, 【特長】肉持ち感が良く研磨性に優れている。 和信ペイント NON-TXラッカーサンディングシーラー 4L ¥7,554 ¥7,554. 配合比が1:1タイプで調合しやすい。【用途】住宅室内木質部材 全般及び家具製品など。【使用方法】P液とD液及びシンナーを調合後、良く撹拌して使用して下さい。またD液(硬化剤)には1号/2号の2タイプがあり、それぞれ季節(適性温度別)により使い分けてください。【指触乾燥時間(分)】7(1号D液)、8(2号D液)/25℃・80%RH・P液:D液:シンナー=100:100:10【希釈剤】ポリウレックス エコ No.9350(9300)シンナー【塗布方法】刷毛、スプレー【混合比】(P液:D液:シンナー)100:100:0〜20【ホルムアルデヒド等級】F☆☆☆☆【可使時間(時間)】2〜3(1号D液)、3〜4(2号D液)/配合(P液:D液:シンナー=100:100:10)【標準塗布量(g/m2)】80〜100【研磨可能時間(時間)】1.5〜2(20〜30℃), 【特長】塗料中にPRTR 対象化学物質を含まない環境対応型塗料であり、乾燥性/耐溶剤性/研磨性に優れ、短時間での塗り重ねを可能にした高不揮発分型の肉持ち感に優れた2液型ポリウレタンサンデングシーラーであります。 カタログ ダウンロード. 前回は本当にロクでもないことをダラダラと書いてしまったので、こっちで挽回しましょう。いや、そんなの出来るわけないんですがね。, 木工が終了したところからですね。次は塗装工程です。前回の時点で下地処理として400番での研磨が終わったところでしたので・・・早速本着色に入りましょう。, また杢を目立たせるシースルー系(トランスペアレント系)か潰しか、潰しでもバーストにしたりキャンディにするのか、とか。, あるいは、使っている木材は?バスウッドやアルダー、メイプルのような散孔材か、アッシュやマホガニーのような環孔材か。, それらの要素を全て加味して考えなければいけないので、コレだけが正解!ってのがないんですよ。まぁそこら辺は色々調べていくうちに分かるでしょう。, とりあえず今回はメイプルトップのコリーナバック、コリーナネックにヘッドプレートはキルトメイプル(=ビッグリーフメイプルつまりソフトメイプル。ボディトップも同様), なので、塗装は当然シースルーにして、クリアはウレタンで仕上げてグロスフィニッシュにしましょう。, で、上記の工程がトップ側で、ボディバックとネックには下地処理のあと、との粉やフィラーによる導管埋めの工程が必要になります。まぁ目止め着色って手もあるけど、それはまた別の機会にでも。, とりあえず、上記の理由から、トップとバックを別々に着色します。ネックとボディバインディングも含めてしっかりマスキングして、塗り塗り。, あと、個人的に僕、赤が一番好きなのです。正確には紅色やえんじ色かな。暗めで深い赤が好きです。, ただ・・・この赤・・・ダメですね。敢えて明るめをまず塗りましたが・・・この色じゃ全然ダメです。, で、研磨して大部分の赤を剥がしました。単純にどの程度木目に染みてくれるか見たかっただけですし。, ※あ、ちなみに黒系のステインでわざと木目を浮き上がらせる方法がありますが、今回は行いません。貼りメイプルとかならともかく、今回のガチメイプルでそういう手は使いたくなかったので、PRSの工場と同様、メインに使うカラーでのみ着色します。, 昔から思っていたことですが・・・やっぱり赤は難しいですねぇ。一歩間違うと一気に安っぽい色になってしまう気がする。, なんていうか・・・ミドルクラスのギターのカーリーメイプルなんかに塗装されている赤系の塗装が一番分かりやすいのかな。一言でいえば下品になりやすいと言いますか・・・。実は青系や緑系のシースルーのほうが簡単に綺麗に見えるんですよね。木目も映えるし、美しく「感じやすい」のかな。, やっぱり赤は難しいですねぇ・・・。という超個人的な嗜好による所感なのでお気になさらず。, で、いよいよ目当ての色を調色して、着色していったわけですが・・・どんな色になったかは・・・少々お待ちください。, ある程度埋まっていれば、あとは最悪シーラーやクリアを吹くときに重ねればいいだけなので。もったいないから、そうならないよう、この工程は手を抜かないようにしないといけません。あーめんどくさかった。, で、せっかくのコリーナ、ホワイトリンバなので、マホガニーのようにバック側を茶色系で染めるのはなんか勿体ない・・・ということで、トップ側と同じ調色で着色します。, 暗い紅をまず調色して、ウエスで着色したあと、周辺部は青系ステインを吹き付けました。, と、とにかくこれに色々気に食わないところを修正したり、色を濃くしたりしつつ・・・サンディングシーラーへ。, あ、言い忘れていましたが、今回使用した塗料は、着色がポアーステイン、シーラーとクリアが2ウレタンです。, この2ウレタン・・・2液性の高級木部用ウレタンなんですが・・・地味にそこそこのお値段がします。まぁ便利なんだけどね。, もちろんラッカーのほうが遥かに安上がりです。今回はラッカーの完全硬化に何十日も待ってられないので2ウレタンにしました。, ラッカー=高級、塗膜が薄くて音が良い、っていう与太話が今の世の中でも通じるわきゃありません。ぶっちゃけ今回吹き付けて作っている塗膜のほうが遥かに薄く仕上がっています。, 吹いた直後と、塗装面の乾燥後に換気して一休みしているところをパシャリしてみました。, 禍々しいことこの上ないけど、うん、・・・色は作り手の心のうちを映し出すんだろうさ・・・。どう頑張っても爽やかにはなれないのでしょう。, レジン用のラメなので少し粒が大きいのが難点ですが・・・色は赤と金を基調に紫もちょっと混ぜてみました。良く見ないと分からないレベルですが。, シーラーが乾く前にラメを振りかけて、そのあとに研磨しつつ重ねて、クリアで仕上げています。手順としては蒔絵なんかと同じようなもんです。あ、あっちはクリア吹かないのかな?wそのうち螺鈿とかにも挑戦してみたいですね。, 400番、600番、(800番)、1000番、2000番、(6000番)と順々に番手を上げて研磨をしました。, ポリッシャーもってるくせにバフ買うのが億劫で手作業で鏡面出しているあたり、完成がいつになることやらw, 前回は本当にロクでもないことをダラダラと書いてしまったので、こっちで挽回しましょう。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). カラーシーラーとして適している。 !電着パーツ用 ノンサンディング2液アクリルウレタンシーラー。新品電着パーツに無研磨での塗装が可能です。自動車鋼板(鉄・アルミ・防錆鋼板など)への密着性が良好です。ウェット・オン・ウェット(セッティング15分)での上塗り塗装が可能です。(シーラー乾燥・研磨不要)。主剤にホワイトとブラックの2色を設定し、ライトシェードシステムを使うことで、上塗り塗装回数の低減が可能です。【標準重ね塗り回数(回)】2〜3【危険等級】�V【危険物の類別】第四類【危険物の品名】第二石油類【適応下地】新品電着パーツ、国産車防錆鋼板、輸入車防錆鋼板、アルミ、新車焼付塗膜、ポリエステルパテ【可使時間(時間)】(10℃)3h、(20℃)2h、(30℃)1h【危険物の性状】非水溶性, 【特長】速乾性で、研磨性もよい。 やはりシーラーもニスも7回目前後に差が現れるのだろうか? 水性ウレタンニス7回目. ラッカー クリヤーラッカーや速乾ニスで鏡面仕上げを目指すときの下地作りに. amazonのレビューにも「長年ギターの仕上げに使っています」とあるので、別に問題ないんじゃないでしょうか。, お疲れ様でした。たぶん超納得の仕上がりではないと思いますが、素人仕事なんてそんなものです。, 素人がラッカー塗装で「分厚く」塗るのは結構たいへんで、相当時間をかけないと意外と薄く仕上がってしまいます。, ですので、「ピカピカにしよう!」と思ってガシガシ削っていると、あっという間に木肌が出ます(特にエッジの部分)。, なにが言いたいかというと、自己流リフィニッシュにそこまで情熱をかけるつもりがないのなら、最初からある程度の妥協をするつもりで望んだほうがいいということです。, 上の工程を見てもらえばわかると思いますが、リフィニッシュはめちゃくちゃ時間がかかるし、手も疲れます。, 完璧にやろうとするとかえってイヤになってしまうし、多分狙い通りにうまくはいかないです。. 安価品。研磨性が良い。速乾性。【用途】一般木工製品の中塗り用。, 【特長】肉持ち感がよく研磨性に優れています。 ギターのリフィニッシュ(再塗装)をしてみました。 もともとブラックだったストラトをクリーム系の色にしました。 1年で見事に傷だらけです。 でも見た目は悪くないので個人的には満足しています。 リフィニッシュの手順としては以下の通りです。 高不揮発分であるため、肉持ち性が良好。 組成表 ダウンロード 木部によく浸透し、乾きが速い。【用途】家具(高級家具は除く)・建具・木工品など屋内外の未塗装の木部・木製品の下塗りに。【色】とうめい【特性】速乾【主な用途】木【希釈剤】ラッカーうすめ液(塗りにくくなった時だけ5%以内で薄めます)【使用場所】屋内外【塗り重ね可能時間(時間)】2以上(20℃)、4以上(冬期)【乾燥時間】約30分(20℃)、約1時間(冬期), 【特長】木素材と上塗りの付着力を強化。乾きが速く、スプレーなので作業が簡単です。【用途】ベニヤ板、ラワン材など吸込みが多い木部の下塗りに。 屋内建築木部(窓枠、床、階段、柱等)の中塗り。【特性】研磨【色】乳白色【タイプ】中塗用【主な用途】木床【指触乾燥時間(分)】20(23℃)【外観】乳白色【希釈剤】ウルトラックシンナー#20、#25、NTXウレタンシンナー#100【硬化時間(時間)】2(23℃)【使用場所】屋内【希釈率(%)】(スプレー)20〜30、(刷毛)10〜20【塗り重ね可能時間(時間)】3以上【ホルムアルデヒド等級】F☆☆☆☆【標準塗布量(g/m2)】80〜100【適合下塗り】2液型ウレタンシーラー, 【特長】速乾性である。 低粘度高不揮発分タイプで、肉持ち性が良好。 sds ダウンロード. 建築基準法対応製品F☆☆☆☆【用途】木工品、家具、ドア、柱などへのクリヤーラッカー塗装の下塗り中塗りに【主成分】ラッカー・合成樹脂【主な用途】木工【希釈剤】濃い時はラッカーうすめ液で5%程度希釈【標準塗り面積(2回塗り)(m2)】2.2(畳換算 約1.3枚分)【指触乾燥時間(時間)】夏期/約1、冬期/約2(研磨開始は塗装1後から), 【特長】高級ウレタン樹脂配合の最高級シーラーで耐久性・耐磨耗性が抜群で、傷つきやすい床面やテーブルの天面へのニスの下塗りに最適です。 レベリング性及び立面塗装時のタレ性に優れる。【用途】住宅室内木質部材 全般及び家具製品など。【使用方法】P液とD液及びシンナーを調合後、良く撹拌して使用して下さい。またD液(硬化剤)には1号/2号の2タイプがあり、それぞれ季節(適性温度別)により使い分けてください。【指触乾燥時間(分)】8(1号D液)、10(2号D液)/25℃・80%RH・P液:D液:シンナー=100:50:70【希釈剤】ポリウレックス エコ No.9350(9300)シンナー【塗布方法】刷毛、スプレー【混合比】(P液:D液:シンナー)100:50:50〜80【特性】研磨、乾燥性【ホルムアルデヒド等級】F☆☆☆☆【可使時間(時間)】3〜4(1号D液)、3〜4(2号D液)/配合(P液:D液:シンナー=100:50:70)【標準塗布量(g/m2)】80〜100【研磨可能時間(時間)】2〜3(20〜30℃), 【特長】2液化学反応型のオートミックスタイプのエポキシ系シーラーです。 レベリング・消泡性が良好で塗装作業がし易い。 耐溶剤性に優れている。【用途】座卓、テーブル用中塗りサンディング側面・木口・脚等の立面塗装。, 【特長】PRTR法の対象となるトルエン、キシレンを含んでいない。 ※研磨性、肉持ちに優れている。【用途】一般木工家具、室内用木工製品の中塗り。 水性. またこのシーラーは沈下抵抗があり、盛り付けた状態を保ちます。 プライマーサフェーサーなので上塗りが可能、しかもサンディング不要。 また、スプレー塗装や刷毛塗り等にも適応出来、平面及び立面の塗装作業性にも優れ立面塗装時のダレ防止にも適応するように設計がされております。【用途】家具 および 住宅室内木質材。【使用方法】P液とD液及びシンナーを調合後、良く撹拌して使用して下さい。またD液(硬化剤)には1号/2号の2タイプがあり、それぞれ季節(適性温度別)により使い分けてください。【指触乾燥時間(分)】8(1号D液)、12(2号D液)/25℃・80%RH・P液:D液:シンナー=100:100:100【希釈剤】ポリウレックス エコ No.9350(9300)シンナー【塗布方法】刷毛、スプレー【混合比】(P液:D液:シンナー)100:50:50〜100【ホルムアルデヒド等級】F☆☆☆☆【可使時間(時間)】2〜3(1号D液)、2〜3(2号D液)/配合(P液:D液:シンナー=100:100:100)【標準塗布量(g/m2)】80〜100【研磨可能時間(時間)】2(20〜30℃), 【特長】塗料中にトルエン・キシレンを含まない環境対応型塗料であり、乾燥性及び研磨性能に特徴を持ったトータルバランスに優れた2液型ポリウレタン塗料です。木部住宅部材単材及び突き板合板への塗装適正があり、現場施工から工場塗装など幅広いニーズに対応できる下・中塗り塗料です。 セーフティーワルツ ラッカーサンディング ... 水性 vaton fx サンディングシーラー. 水性なので安全性が高く、いやな臭いも少なく、ハケやローラーで簡単に塗れます。【用途】屋内外の木部の下塗りに。【主な用途】屋内外木部【使用場所】屋内外兼用【仕様】うすめずに塗ってください【色】透明【乾燥時間(時間)】約1(夏30℃)、約2(冬10℃), 【特長】主剤と硬化剤を混ぜて使用する、2液混合型のニスです。 鏡面仕上げなど、ワンランク上の仕上がりを目指すときに。【使用場所】屋内用【仕様】うすめ液/水(原液のままでも使用できます)【主な用途】屋内木部、鏡【乾燥時間(時間)】約2(20℃)【特性】研磨【ホルムアルデヒド等級】F☆☆☆☆, 【特長】乾燥が速く、研磨性に優れていますので、サンディングが楽にできます。 2.ステイン着色. 水性. 近所の公園とか道路でやりますか?, 「ムラが・・・」とか「液垂れが・・・」とかは、そこまで気にしなくてもなんとかなります。, 最終的にある程度ツヤを出そうとするのなら、一定以上の塗膜の厚さが無いと、磨いている最中にあっという間に木肌が出てしまいます。, 光沢感を出して「それっぽく」するためには、1.耐水ペーパー 2.コンパウンドの順で地道に磨き上げる必要があります。, 耐水ペーパーの1000-2000番くらいを少しずつ細かくしながら、ひたすら磨きました。 今回からは艶ありの透明クリアを「いかに上手に塗るか」というところにこだわっていきたい。, 前者は粗目でガッツリ削ればある程度フラットになるのだが、後者はどのようなタイミングでそうなるのかイマイチわかっていない。, 研磨が終わりステイン>サンディングシーラー>ニスの作業中のどこかで筋が浮いてくる。, 前回はこの節が後から盛り上がってきていたのでここのニスが剥がれてしまうという状況があった。, どこかのBLOGで何度やっても無限に出てくるのである程度のところで止めると書いてあった気がする。, 写真ではまったくわからないが、やはり180番ぐらいから木材の表面の美しさを感じる。, つまりここ以降はシーラーやニスで分厚く層を作り何度もサンディングで均一にすることにより凸凹を埋めていかなければならないと考える。, 通常はやらない作業だがここで#240にて削ることで「どこが盛り上がっているか」がわかるはずだ。, こちらのサイトではシーラーを3回「以上」が鏡面仕上げとされている。5回ぐらい塗って見ようかな。. 水性 vaton fx トップクリヤー 艶有り. 木の工作品、木製家具、屋内木部などのラッカー塗装の下塗り用. これでギターの塗装をガリガリ削っていくんですが、そのままではポリ塗装の頑丈さには太刀打ちできません。, 古いからなのわかりませんが、塗料(下地じゃなくて色)が木地に染み込んでしまっているところもあり、無理に剥がすと木の肌ごとエグれてしまいます。, 前の行程がスムーズに行った人は問題ないかもしれませんが、剥がす過程でついた傷なんかもあると思います。, 塗料が木に吸い込まれるのを防ぐために、最初の下地としてウッドシーラー(プライマー)を吹きます。, どれくらい吹けばいいのかよくわかりませんが、僕はとりあえず1本まるまる使いました。, そして1日乾燥させます。 研磨作業性に優れる。【用途】住宅室内木質部材 全般及び家具製品など。【使用方法】P液とD液及びシンナーを調合後、良く撹拌して使用して下さい。またD液(硬化剤)には1号/2号の2タイプがあり、それぞれ季節(適性温度別)により使い分けてください。【指触乾燥時間(分)】8(1号D液)、10(2号D液)/25℃・80%RH・P液:D液:シンナー=100:100:30【希釈剤】ポリウレックス エコ No.9350(9300)シンナー【塗布方法】刷毛、スプレー【混合比】(P液:D液:シンナー)100:100:0〜50【特性】研磨、乾燥性【ホルムアルデヒド等級】F☆☆☆☆【可使時間(時間)】2〜3(1号D液)、3〜4(2号D液)/配合(P液:D液:シンナー=100:100:30)【標準塗布量(g/m2)】80〜100【研磨可能時間(時間)】2〜3(20〜30℃), 【特長】吸込みやすい木部に下塗りしておけば、吸い込み防止や、しみ防止効果があるので上塗りが平滑に美しく仕上がります。 上塗り塗料の吸い込みを防ぎ、ムラなく均一で美しい仕上がりが得られます。 水性 vaton fx トップクリヤー 全艶消し. P液/D液配合比が1:1で使いやすい。 セーフティーワルツ ラッカーサンディング金剛. 側面、木口、脚等の立面塗装用中塗り。, 【特長】※PRTR法の対象となるトルエン、キシレンを含んでいない。 【特長】乾燥が速く、透明で研磨性に優れています。【用途】木の工作品、木製家具、屋内木部などのラッカー塗装の下塗り用。【使用場所】屋内用【特性】速乾【仕様】うすめ液/ラッカーうすめ液、または難燃性ラッカーうすめ液【主な用途】屋内木部【乾燥時間(時間)】約1(20℃)【ホルムアルデヒド等級】F☆☆☆☆, 【特長】肉厚感を自由に出せます。研ぎ易いです。【用途】木工塗装の高級仕上げ中塗り用【タイプ】サンディングシーラー【塗り面積(m2)】約0.6〜1.2(1回塗り)【主な用途】木工【指触乾燥時間(分)】約15(20℃)、約30(冬期)【危険等級】�U【危険物の類別】第四類【危険物の品名】第一石油類【半硬化乾燥時間(分)】約30(20℃)、約60(冬期)【危険物の性状】非水溶性【塗料タイプ】硝化綿ラッカー, 【特長】肉持ち感 (塗膜の厚み感) がつきにくい水性系ニスで仕上げる際に、下塗りとして使用することで肉持ち感と平滑性をよくします。 水性サンディングシーラー. 3.サンディングシーラー塗布→研磨400番. ... 油性系ニス、ラッカー系ニス、水溶性ニス ... 製品ラベル. 速乾性である。研磨作業性に優れます。【色】乳白色〜淡黄白色【粘度】1分30秒±15秒(25℃)【外観】乳白色〜淡黄白色液体【塗布方法】刷毛、スプレー【混合比】100:60〜100【ホルムアルデヒド等級】F☆☆☆☆【標準塗布量(g/m2)】80〜100【研磨可能時間(時間)】2〜3(20〜50℃), 【特長】新車のメラミン焼付塗膜(大型トラックキャビンなど)の上にウレタン系塗料を塗装する際に、ノンサンディングで強力な密着性を有するように開発した、新しいタイプの二液性強力密着剤です。【仕様】2液性強力密着剤【使用方法】主剤10:硬化剤1【タイプ】主剤【危険等級】�U【有機溶剤中毒予防規則】第二種有機溶剤【危険物の類別】第四類【危険物の品名】第一石油類【危険物の性状】非水溶性【塗料タイプ】塩素化ポリプロピレン樹脂系塗料, 【特長】素地によく浸透し密着性をい高めます。