そしてフィニッシュが決まらないからからといって、フィニッシュだけを直そうと練習するのは本末転倒です。. 年会費無料の特典付きゴルフカード! Copyright© Love遊び!ペットとスポーツにライフスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. ゴルフのクラブ・テクニック・コツ・感覚・知識・イメージ・スイング法・レッスン・ニュース・人気商品・あなたに有益な情報を他よりも深く追及し、初心者~上級者までを完全フォロー。, ゴルフスイングで踏み込みを取り入れると飛距離はぐんと伸びていきます。でもそれなりに難しい部分になり、初心者にとっても難易度は高めになると思います。ですが、飛距離を伸ばすためには必要なことなのでぜひとも参考にしてチャレンジしてみてください。, そうでしょうね。ただ単に踏み込んでいても時間がかかってしまいますので、ここではちょっとしたコツや練習方法を紹介していきますね。, 左足の踏み込みは体重移動が基本になります。バックスイング時にしっかりと右側に体重をかけ、ダウンスイングと同時に左側に体重移動していきます。その際に体が左側に突っ込み過ぎないようしっかりと左足で踏み込んでいくんですね。, 踏み込みの場合にバランスが崩れるのは、極端に右から左に体重をかけているからんですね。, ゴルフスイングは体の回転で成り立っていますよね。スイングを真上から見るイメージをしてください。体重は右から左へと移動していっていますが、体の軸は回転しています。っという事は、回転しながら移動しているんですよね?, 体重移動でバランスが崩れるのはその回転が不十分って事です。体重移動を意識すると横移動でボールに勢いを付けるようなスイングになってしまい、回転スイングではなく横移動スイングになってしまうんです。, なので、体重移動を意識してもしっかりと体の回転を意識して、ヘッドを左方向へと逃してやるイメージが大切なんですね。, 踏み込むタイミングを「ここだ!」っと言えるといいんですが、番手によって若干違ってくるのが本当です。踏み込むタイミングというのは、体重が左に移動して、左足に圧がかかっている時がベストタイミングなんですね。, ですが、「体重がかかった!」っと思って踏み込んでも遅い時もあり、「ここだ!」っと思って踏み込んでしまうと踏み込み過ぎて右足に重心が寄ってしまう事があります。, これは踏み込む方向が原因になっています。トップを作って自分の左足のふとももを見てみてください。そうすると前斜め左に向いていませんか?踏み込む方向はその方向です。, そうですね。つま先で体重を支える感じになります。足の裏で一番力が入る場所がつま先なのでそこで重心をコントロールするのがいいでしょう。, 確かにつま先で踏み込むと伸び上がりが目立ちます。伸び上がりが気になる方は踏み込みのコツの時にも指摘した回転が不十分な事が多いです。ここでもしっかりと軸回転を意識することによって伸び上がりは改善されるはずですよ。, まず普通にアドレスし、トップと共に左足を右足に寄せます。そしてダウンスイングと共に左足をアドレス時の位置に戻しながらスイングします。, ここで気をつけることは左に流れすぎないように左足でしっかりと踏み込んで踏ん張ること。そうすると踏み込みの感覚がわかりやすくなります。, 最初はボールに当たらなかったり、ミスショットしますが慣れてくるとちゃんと打つことができます。. ゴルフスイングでトップやダフリそしてスライスが出てしまう原因は、体が伸びあがってしまうのが原因かもしれません。伸びあがってしまうと、体とボールの距離が遠くなってしまうので当然トップボールが出てしまうのですが、反対にダフリも出てしまいます。 ゴルフスイングでインパクトからフォロー、そしてフィニッシュを迎えますが、この時左足がめくれてしまうことが多くありませんか? 左足はめくれるのが普通と思っていましたが、ベタ足スイングが最近取りざたされていることを考えるとめくれない方が良いのではと考えられる気がします。 2. 長年、テークバック(スイング)を研究し... スペースマウンテンの怖いお札都市伝説! ゴルフスイングでトップやダフリそしてスライスが出てしまう原因は、体が伸びあがってしまうのが原因かもしれません。伸びあがってしまうと、体とボールの距離が遠くなってしまうので当然トップボールが出てしまうのですが、反対にダフリも出てしまいます。 なぜ、ゴルフスイングでは左足の壁が大事なの? 2.1. 1983年4月... 養老渓谷駅は、一年を通して温泉郷でハイキングや紅葉が楽しめる! 右足のめくれるタイミング?左足のめくれはng?知って損はない! 左足の踏み込みを知って飛距離を伸ばそう!コツと練習方法を説明! 右手で押す感覚を知る|押す為に必要な3つの事; ゴルフ|インパクトでスイングを(手で)止めるとどうなる? 2020.05.06ゴルフスイングの真実(上手くなる秘訣)プロゴルファートシ, 思い切りドライバーなどを振ると左足がずれてアドレスの位置よりも後方に動きちゃうけど、これはダメなの?, 「左足がめくれないようにスイングしましょう」という事を言われることがあるけど、どっちが正解なんだろう?, スイング中に左足がずれてアドレスの位置よりも後方へ移動してしまうという悩みを持っている方も少なくありません。, むしろ、足首の硬い人や柔軟性が低い人によって左足のめくれは自然な動きでもありますし、ずれることも自然発生する動きでもあるのです。, スイング中に左足がめくれてズレることに対して「ダメな事」と、捉えている方も多いですね。, なぜなら、左足がずれてめくれることによって、体を回転しやすくなるという人は多いからです。, これは人それぞれ体の柔軟性(足首、膝回り、股関節)によるため一概に左足のめくれる動きやズレる動きを修正しようとすると逆効果となる場合もあるからです。, 具体的には体の回転が止まりやすくなって、前傾姿勢が起きる動きが速くなりインパクト付近では伸びあがるという傾向が出る場合が多いからです。, なので、体の回転を止めるような悪影響となるのであれば、左足のめくれやズレに対して敏感になる必要はないと思います。, むしろ、思い切って左足のずれる動きやめくれる動きを取り入れてみるという逆の発想でスイングしてみると体を回転しやすくなったりもするものです。, パトリックリード選手やバッバワトソン選手などは、顕著に左足がずれる動きが入っていますね。(バッバの場合は左打ちなので右足), フィニッシュでは左足のつま先が目標方向へ向いて左足の位置がずれて移動している事が分かると思います。, これはジャンプアップという動きが入っているわけですが、ドライバーなど長いクラブになると飛ばし屋の多くが体の回転速度を強くして振りぬくため、結果クラブの遠心力が強く働く事となります。, なので、人によっては左足をこのように後ろへ蹴るように使う動きが自然発生するようになります。, 左足裏はめくれて左足の位置はずれてフィニッシュではつま先が目標を向くようになります。, なので、左足がずれるという動きは、むしろ体の回転を止めずに一気にフィニッシュまで振りぬくためにクラブヘッドの遠心力に耐える求心力を生み出すための動きであるため、飛ばしに必要となる動き&方向性を安定させるための動きであるということが言えると思います。, また、左足のずれる動きやめくれる動きによって、左サイドがクリアになり手元の通り道を確保するという利点もあるのです。, アマチュアゴルファーで柔軟性の低い人は、左足のずれやめくれを気にする必要はないと思います。, なぜなら、そこを気にすると「体の回転が止まりやすくなる、左に振りぬく手元の通り道が作れなくなる」という場合がよくあるからです。, 左に振ることができなくなると、結果的にインパクトで詰まって前傾が起きやすくなり、また頭の位置が上に上がり伸びあがるという傾向が出てきます。, ただでさえ、伸びあがること(アーリーエクステンション)に慣れているアマチュアゴルファーが左足のずれやめくれを気にして、「左足がずれないように、めくれないようにフィニッシュまで行く」などを意識するようになると、それこそ左サイドが詰まるということになりかねません。, 結果的に、左サイドが詰まると、いわゆるチキンウィング(左ひじが引けるフォロー)になったりして、インパクトでは強くボールを圧縮する事ができずに、すくい打つ動き(フリップ)が入りやすくなるのです。, また、左足のずれる動きやめくれる動きを悪だと思って気にすると、切り返しから腰が回転ではなくスライドしやすくなる場合もあります。, 本来切り返しから左膝は外旋しながら目標を向く動きが入るのですが、左足がずれる動きや、左足裏がめくれる動きを矯正しようと意識することによって、左膝が外旋しなくなり正面を向いたまま切り返すことになると、腰が回転ではなくスライドしてしまいやすくなります。, その結果、腰の回転が止まってしまい、アーリーエクステンション(前傾姿勢の起き上がり)を誘発してしまう事になりやすいのです。, アーリーエクステンションを止める具体的な内容はゴルフ中級者が変えるべきスイングの問題点はアーリーエクステンションを参考にしてください。, どうしても左足がずれる動きや、左足裏がめくれる動きが気になって矯正したいという場合は、必ずスイングチェックを行ってください。, 後方から見てフォローでは左肩の下からクラブヘッドが出てきているのか?(左へ振れているかの確認), そうしないことには、左足のずれる動きや足裏がめくれる動きを気にしても意味がないですし、体が止まって伸びあがるという逆効果になりやすいからです。, 左足がずれることに対して、怖がらずに逆にあえてずらしてみるという事をやってみると違いを体感しやすくなります。, 左足を後方へ蹴るようにして左のお尻が後方へ突き出るような感覚のイメージで左足をずらしながらスイングしてみると思いのほか左サイドがクリアになって手元が通るスペース作りが上手くできやすいという場合も多々あります。, また、このように左足をあえてずらす動きを入れることによって、以前よりも回転力が増して左に振れているという感覚になったり、肩の回転量が増してフィニッシュでは胸の面が目標の左を向くようになり、結果的に飛距離アップしたなど、スイングに良いエキスとなる場合も多いのです。, また、左足をずらしながら左に振るスペース(手元の通り道)をたくさん確保することができると体の回転が止まらなくなりますので、フェードボールが打ちやすくなるというケースが多いです。, アイアンなどグリーンに止めることができやすい球筋はドローボールよりもフェードボールなので、個人的にはフェードでグリーンを狙っていく方が好きです。, もちろんこれは個人の自由ですが、狭いグリーンであったり、速いグリーンの場合は、ドローボールよりもフェードボールの方がピンに絡むショットになりやすいです。, 「ドライバーはドローボールで飛距離を出していきたい、アイアンはフェードでグリーンに止めたい」というのが、多くのゴルファーがひとまず目標とする部分だと思います。, 左サイドをクリアにできる、左足の蹴り方や動きを覚えることができると、左足がずれる事や足裏がめくれることに対して「問題はそこじゃない」と思えるようになったりするものです。, 左に振るというスイングには左足の動きは大きく関係してきますので、以下も参考にされてみてください。, さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。, 只今、公式LINEで僕がゴルフを始めてシングルになれたスイングの秘訣に関する有料動画を無料で配信中です。, LINEのお友達追加をしていただけますと、この動画を無料で手に入れることができます。, さらにゴルフ初心者でも、【スコアを今すぐ8つ縮める秘訣】を公開しているレポートも無料でプレゼントしていますので ぜひこの機会に手に入れておいてください。. 1.4 左足をずらして左に振るスペースを作るとフェードが打てやすくなる 【めくれる事は自然発生する動きの1つである】 スイング中に左足がめくれてズレることに対して「 ダメな事 」と、捉えている方も …