「あーでもないこーでもない」と試行錯誤しているうちに、書き出しには「型」があることに気が付きました!, テーマの解説とは、出されたお題の「意味」や「現在の状況」などを簡単に説明することを言います。, お題:ネット上で気軽にコミュニケーションをとるのに便利なSNS。このSNSはわたし達の生活に便利にする一方、様々な社会問題のきっかけになることもある。私達はSNSをどのように利用していくべきか?あなたの考えを800字以内でまとめなさい。, SNSは世界中の人々と気軽にコミュニケーションがとれる優れたツールだ。SNSを利用した商売も行われおり、仕事でもプライベートでも欠かせない存在と言える。一方、情報リテラシーが低い一部の人間によって、SNSが社会問題のきっかけになることもある。このような状況を踏まえた上で、私達はSNSをどのように利用していくべきだろうか?(以下省略), お題を見てもらえればわかると思いますが、この小論文はSNSについて書くことを求められています。, この小論文の「次の話」がどのように展開されるかを知りたい方は、下記のページを見て確認してみてください。, 「今回の記事が参考になった方」や「ブログを一緒に継続していきたい」という方は、ぜひツイッターのフォローをお願いします!.

「しかし~」 ?|受験相談SOS vol.959. ・さらにそれを具体例によって説明し、 →賛否両論あること:賛成か反対どちらか一方しかない問題を選ぶと、当たり前すぎるor単なる暴論の小論文になってしまいます。 「なぜなら~」 「なぜ中学校まで英語に触れる機会がなかったのだろうか?」 ① 「問題提起」 ・あなたの長所について書いてください 2020/1/8
この3点に注意して「問題提起」=「だろうか」が出来れば、あとは「た・し・な・よ」にはめれば完成します!, では「小学校での英語の必修化についてあなたの考えを述べよ」を課題に、批判的な視点から実際に小論文を作ってみましょう。, 小学校における英語の必修化が迫っている。「国際化」や「グローバル化」への対応らしいが、私は行き過ぎと感じる。そもそも、日本の小学生全員に英語が必要なのだろうか(問題提起)。これから社会人となる我々世代の日常生活の中で英語能力を必要としている人は実際わずかである。たしかに(反対意見への理解)、日本の国際化は進めるべきだし、世の中のグローバル化は止められないだろう。しかし(自分の意見の提示)、小学校の6年間は、まずは基本的生活習慣の確立と身近な自然・科学への正しい理解、そして母国語能力の習得が優先されるべきである。なぜなら(理由説明)、こういった日本人としての基本的スキルが不十分な子供たちが、仮に今までよりも多少英語の知識を身に付けたとしてもそれは所詮付け焼刃であり、真の国際化やグローバル化への対応とは言えないからである。よって(結論)、小学校での英語の必修化に際しては子供たちの他教科の習熟度が低下しないよう、精神的負担にならないよう最大限の配慮が必要だと考える。(400字), いかがでしょう。この型に当てはめるなら英語の必修化を「歓迎する立場」でもスラスラ書けるのではないでしょうか。, テーマ, 例文, 小論文, 書き出し, 書き方, 構成

「そもそも、小学生全員に英語が必要だろうか?」 !今回は、近年の小論文トレンドである「SNS」について、「コミュニケーション」という視点から解説していきます。皆さんは、「Twitter」や「Instagram」を活用していますか?私はどちらも活用しています。現代社会は通信技術が発展し、今やどこの国でも簡単に繋がることができます。「繋がる」=「コミュニケーション」だと考えると、SNSはまさしく「n×nのコミュニケーション」なのです。「n×nのコミュニケーション」という言葉、、、聞き慣れないと思います。でも安心してください。このことについては、後程詳しく説明しますね!まずは、SNSの誕生とこれまでの過程を見ていきましょう!, 昭和から平成に変わったという実感的なものは、まさしく「SNS」の登場です。これまでは考えられなかったネット・ケータイのメディアを中心にしたITの発達。≪ネット・ケータイメディアの始まり≫〇ケータイの始まりは1992年(ポケベルの普及)〇インターネットの始まりは1995年(Windows95)これらの始まりは、昭和を生きてきた人々にとって、革命的な変化をもたらすことになります。ちなみに現代ではスマホになってしまいましたが、初期ケータイは「ポケベル」というものでした。大学受験の小論文対策として参考にしている皆さんには、知る由もないことだと思いますが。。。この「ポケベル」ですが、やはりいつの時代も担い手の中心はいるものです。その中心というのは、「女子高生」です。つまり、ケータイの始まりは「女子高生」を意識したものということが分かります。なぜ、このような内容になったのか考えてみると、コミュニケーション(つながり)を身近に欲しているという最適な条件を「女子高生」は満たしていたからです。, 「n×nのコミュニケーション」とは、不特定多数が集まるコミュニケーションのことです。TwitterやFacebook、Instagramなどはそれにあたります。かつて、SNS(Twitter・Facebook・Instagram)などが誕生する前は、「1×1のコミュニケーション」が主流でした。体面的なコミュニケーションのことを指し、手紙や電話などがこれにあたります。次に「1×nのコミュニケーション」があります。テレビやラジオ、新聞などから情報が視聴者・読者に一方的に発信されるコミュニケーションのことです。第二次世界大戦では、この「1」は非常に権威があったものとして有名です。その証拠として、国民は戦争に負けているにも関わらず、一方的な情報により、前向きに戦争と向き合っていました。この事実が既成の権威を象徴する事柄として挙がるでしょう。昭和から平成に変わり、「ネット・ケータイメディア」が普及し始めます。「n×n」というように、コミュニケーションの幅が拡大したのです。昭和のコミュニケーションにおいては(1×1のコミュニケーション・1×nのコミュニケーション)のように、、会社共同体や家族共同体が機能していました。そのため、人々は共通の価値観を前提にして意思疎通を図ることは比較的簡単なことで、共通の価値観が見失われることもありませんでした。むろん、反権威も権威や権力が確立していたから成り立っていた面がありますが。。。しかし、昭和モデルの象徴である「バブル」も崩壊し、日本経済が非常に不安定になることで、先ほどのような共同体から疎外される人々が増え、今まで共通だった価値観も見失われるようになります。疎外された人々は社会から足が浮いたようにさまよい、「孤立化」していきます。そんな時、SNSが誕生し、そのような人々のつながりを新たにしてくれました!!今までは共同体としての「つながり」が確実なものだった為、「つながり」というものを意識することも少なかったのですが、「孤立化」を目前として、人々はSNSに未知なる「つながり」を求めるようになったのです。そして、SNSにつながりを求めるようにはなりましたが、このつながりはとても不確定・不安定である為、レスがつながらなかった場合などは、不安になり、人々の承認欲求は高まるばかりです。⋆レス…反応・返事⋆承認欲求…自分が集団から価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求。日本人は元々の性質として共同体意識があります。それが現在自由の尊重により、共同体から隔離された、個人を大切にするという時代に変わりました。村社会で生きてきた日本人にとって、共同体意識を変えることはできません。したがって、どこかにつながりを求めてしまうのです。結果として、SNSを活用しつながりを認識しようとします。そのつながりは非常に不確定で不安定。こうして、人々は不安の渦の中で日々葛藤を繰り広げることになるのです。, 現代社会では、SNSによる問題が連日メディアに取り上げられています。技術の進化にはもちろんメリットもありますが、人々にもたらす重大なデメリットもあることを忘れてはいけません。かといって、「SNSを使わない」のは間違っています。我々現代を生きる人間にとって、今後大きな課題となるのは、「SNSとどう向き合っていくのか」「どう付き合っていくのか」です。時代の進化が止まらないからこそ、情報を的確に見分け、取捨選択できる人間になることが大切なのです。そうなるために必要な人間の志や技術、応用的な内容を小論文記述内容では問われてきます。今回解説したような、「コミュニケーション」からの視点など、多様な価値観で文章作成できるように、テーマ理解に努めていきましょう!!!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, どうも初めまして。宇田川春也と申します。

小論文って、書き出しが一番難しいですよね…。この記事では小論文の序章の書き方と、よく使うフレーズをご紹介していきます。これらの表現をアレンジして、じゃんじゃん使ってみてくださいね。 こんにちは! この場合に使えるのが「だろうか た・し・な・よ」です。, このテンプレートは「問題提起」→「反対意見への理解」→「自分の意見を提示」→「理由説明」→「結論」という5つのステップです。「漢字ばっかりで難しそうじゃん!」と思うなかれ、これらのステップを「だろうか た・し・な・よ」で覚えておくんです。 しかし、小論文の課題が自分にとって興味の薄いものだったり、予想していた分野とズレていたり(ヤマが外れるってやつです)しても、絶対に時間内に書き上げねばなりません。白紙で出せないのが小論文ですよね。, 小論文は、型(テンプレート)を覚えておいて、それに「当てはめる」「流し込む」のがとっても簡単で確実です。たくさんの型を覚える必要はありません。たった二つの型を覚えておきましょう。, ・自分自身について書く場合は「PREP」型 山梨県立大学では、推薦入試、一般入試とも小論文が課されます。この記事では山梨大学の小論文の、傾向と対策を分かりやすくご説明します。 筆者:元予備校講師(国語科)。独立に成功し、現在は年80回高校... 小論文対策で気になるのが、採点基準。どのような基準で点数をつけているのでしょうか? 予備校講師経験者が、大学入試(推薦)、SFC(慶応義塾大)、看護、公務員、高校入試などに分けて説明します。. 「オリンピック開催中の草の根国際交流のメニューは十分だろうか?」 ここでは「気配りができる」で『PERP』型に当てはめて400字の小論文にしてみましょう。, (まず結論を)私の長所はあえて言うなら「気配りができる」ということでしょうか。なぜなら私は中学校から大学まで運動部に所属し、大学では寮で生活していたこともあり、その間常に上下関係のある集団の中で生活していたからです。そのなかで気配りの大切さや、自分の気配りが相手に感謝される時の喜びを知ったのです。例えば大学時代に、ある親しい先輩がその友達に謝らなければならない状況になったことを知り、私はその先輩の友達もよく知っていたため「〇〇さんに謝りに行くなら〇〇というお酒を持って行ったらいいと思いますよ」とアドバイスしました。これが功を奏したらしく、先輩にとても感謝され、自分も本当に嬉しかったことを覚えています。(あらためて結論を)私は人と接する際、常に何か気配りできることがないか考えており、また自分が相手からの気配りを感じた時にはなるべくすぐに、そして直接、感謝の意を伝えるよう心がけており、そのためかとても良い人間関係に恵まれているように思います。(410字), どうですか?『PREP』型に当てはめれ、自分に関する課題なら何でも書けそうでしょう!, この型は