※野外採取成虫から産卵した幼虫です。 COPYRIGHT (C) 2011 - 2020 Jimoty, Inc. ALL RIGHTS RESERVED. オス同士の争いを避けるために、オス1匹とメス1-2匹程度で飼います。 ... また、ブリード種(飼育種)から3世の幼虫が誕生しました。2004年秋以来、冬に100匹以上のコクワガタが幼虫で過ごしています。 ... 8月5日(26日目) 時間は0:02でした。 どうでしょうか. そして最後の「五並市民館」では、カブト虫のオスを2匹ゲットしました。 飼育ケースの中をのぞくと腹を見せたメスが2匹とオスが1匹、産卵木を急に取られて慌てふためいたコクワガタがいます。 毎回コクワガタ、オオクワガタ飼育をしていて冬眠あけのこの瞬間がとても楽しみ … 2020年8月頃野外採取したコクワクワガタが産卵したコクワクワガタの幼虫です。 コクワガタオス2匹 ... 夜間気温26℃ 湿度86度(手持ちの温湿度計) コクワガタ多数 スジクワガタ1♂ ノコギリクワガタ1♂ カブトムシ1♂ 参考 ミヤマカミキリ1♂ アカアシオオアオカミキリ多数 カナブン1 家には0:50頃に着きました。 成虫飼育は「1ケースに一匹」と紹介しましたが、なぜなのか?という疑問とどうしても1ケースで複数飼いたいという人のためレクチャーです。, クワガタはすべての種類がそうというわけではないのですが、「餌」や「雌」「居場所」をめぐって「ケンカ」をします。オスのりっぱなアゴはケンカの武器なんですね。だからせまいケースに複数存在すると、「遭遇・戦闘」となるわけです。しかもこの武器であるアゴの破壊力はすごいもので、場合によっては相手を真っ二つにすることも出来ます。, せっかく複数飼っているのに、こんな理由で数が減るなんておかしいですよね、だからあえて「1ケース一匹飼い」を薦めるんです。特に「オオクワガタ」「ヒラタクワガタ」は気の荒さ、戦闘能力の高さから一匹飼いがいいでしょう。, では「複数飼い」はまったく出来ないのかというと答えは「ノー」です。ヒントはケンカの原因が「餌」「雌」「居場所」をめぐっての「遭遇」ということです。, 要はケンカの原因を排除すればいいわけです。簡単に言うと「ケースをでかくする」「餌を複数入れる」「隠れる場所を沢山作る」などです。, 例を挙げると、コクワガタは体も小さく戦闘力もそれほどでないので、複数で飼える代表的な種です。「中ケース」の大きさなら10匹ほど飼ってもまず大丈夫でしょう。この際隠れ家として「餌皿2個」「朽木(お店で産卵木として売ってるもの)一本」を入れておけばいいでしょう。餌は5個は入れておきます。更に「体の大きさが極端に違うとケンカにならない」というのがあります。要は小さいほうがケンカになる前に逃げちゃうんです。コクワは45ミリもあるとかなりの大型ですので、45ミリを超えるものは一匹だけにして、あとは40ミリないようなものを入れておけばケンカになりにくいです。オスメスのバランスは「同数」か「メスのほうが多い」状態がいいでしょう。, ノコギリクワガタは、コクワより大きく非常にケンカっぱやいので、「中ケース」に「5匹」ほどがいいでしょう。あとはコクワと同じです。, ヒラタクワガタは複数飼いはお薦めできません。ノコギリクワガタ同様ケンカっぱやく、しかもノコギリより殺傷能力は段違いに上です。同属のメスでも真っ二つにすることで有名です。, オオクワガタは実は条件が揃えば複数飼いは問題なく出来ます。ただし条件を満たすのが大変で、しかも条件を満たすと「観察がしにくくなる」ので飼育がつまらなくなる可能性がありますから、数年飼育して「違う飼い方もしたいなぁ」となってからのほうがいいでしょう。, いかがでしたでしょうか。複数飼育のきもは「クワガタの生態を理解し、それにそった飼育方法をしてあげる」ということです。ですから、「そんなめんどくさいことしたくない」という方は「1ケース一匹飼い」をしたほうがいいでしょう。, 」をします。オスのりっぱなアゴはケンカの武器なんですね。だからせまいケースに複数存在すると、「, 」となるわけです。しかもこの武器であるアゴの破壊力はすごいもので、場合によっては相手を真っ二つにすることも出来ます。, せっかく複数飼っているのに、こんな理由で数が減るなんておかしいですよね、だからあえて「, 」というのがあります。要は小さいほうがケンカになる前に逃げちゃうんです。コクワは45ミリもあるとかなりの大型ですので、45ミリを超えるものは一匹だけにして、あとは40ミリないようなものを入れておけばケンカになりにくいです。, 。ノコギリクワガタ同様ケンカっぱやく、しかもノコギリより殺傷能力は段違いに上です。同属のメスでも真っ二つにすることで有名です。, は実は条件が揃えば複数飼いは問題なく出来ます。ただし条件を満たすのが大変で、しかも条件を満たすと「観察がしにくくなる」ので飼育がつまらなくなる可能性がありますから、数年飼育して「違う飼い方もしたいなぁ」となってからのほうがいいでしょう。, 」ということです。ですから、「そんなめんどくさいことしたくない」という方は「1ケース一匹飼い」をしたほうがいいでしょう。. 本日の結果 カブト虫オス8匹、メス6匹  ノコギリクワガタオス3匹  コクワガタメス1匹でした。. コクワガタは日本全国ほとんどの地域に分布している普通のクワガタです。家の近くの森でも採集ができ夜間には自宅にも飛んできます。そんなコクワガタの生態と飼育に関する情報を飼育経験にもとづき成虫の飼育、産卵セット、幼虫の飼育方法についてご紹介してます。 本日の結果 カブト虫 オス2匹 メス2匹 ノコギリクワガタ オス1匹 コクワガタ オス1匹 メス1匹 でした。 来週には10匹は拾える様にはなると思います。 平成30年 7月18日 今晩も一人で田原方面に行って来まし … とりあえず、1時間半ほどで カブトムシのオス2匹にメス4匹、 コクワガタ3匹に、何かのクワガタのメスが2匹獲れました。(注1) 肝心のノコギリ・ヒラタの♂は ダメでしたが、 安全な メジャースポットにしては、十分に楽しめました。 そして下がノコギリクワガタ。これも野生のものを知人が採集したものです。 この2種は我が家周辺でも探すと残っています。, 下の写真はオオクワガタ。ただし私が採ったものではなく、知人のお兄さんが繁殖させたものです。ただしこのオオクワガタは知人のところへ来て数日で死んでしまい、もったいないのでオオクワガタのTシャツにしました。オオクワガタは野性のものの採取が困難なので、販売されているオオクワガタを手に入れて飼育・繁殖させることが一般的になってきているようです。, 用意するもの: >飼育ケース、昆虫マット、昆虫ゼリー、朽木(産卵木)、朽木マット(幼虫用), クワガタの成虫の飼育方法です。クワガタは水槽か飼育ケースで飼います。30センチくらいの容器なら2、3匹は飼えますが、オスはけんかをするので1匹だけにしましょう。また間違ってもカブトムシと一緒に入れたりしないように。昆虫バトルはさせない方がよいです。, 容器の底に敷くのはカブトムシと違い、朽木が良いですが、そんなものは簡単には手に入りませんから、市販の昆虫マットを使いましょう。少し湿り気味にしておくほうが良いようです。, さらに朽木を数本濡らして入れておきます。クワガタは朽木に卵を産むからです。朽木なんて身の回りになければ、これも「産卵木」という名称で市販されています。お金はかかるけど、楽な時代になりました。, 朽木や昆虫マットは乾いてきたら、霧吹きで少し湿らせてやります。朽木や昆虫マットにカビが生えたり、コバエやダニが湧いたりしたら、新しいものに取り替えます。, クワガタは種類によっては数年生きるそうです。ノコギリクワガタの寿命は1年ですが、コクワガタやミヤマクワガタは数年だとか。冬越しさせるためには容器に厚くおがくずや昆虫マット、砕いた朽木を敷きつめてやります。そして温度があまり変わらない暗いところにおいておきます。, クワガタの餌はカブトムシと同じで昆虫ゼリーでOKです。その他はメロン、りんご、バナナなど。スイカのように水気が多い果物は避けましょう。, クワガタの特にオスは、あごが邪魔になって容器に入ったゼリーを上手に食べられないことがあるそうです。容器から出して皿に載せるとか、一工夫する方がよいかも。, 生き物の飼育サイトでは、自分の経験や調べたことに基づき、カブトムシやクワガタムシなどの昆虫、メダカやドジョウ・サワガニ・オタマジャクシなど水辺の生き物をはじめとする、小動物の飼い方を紹介しています。生き物の飼育サイトへのリンクはご自由にどうぞ。. 本日の結果 カブト虫 オス2匹 メス2匹 ノコギリクワガタ オス1匹 コクワガタ オス1匹 メス1匹 でした。 来週には10匹は拾える様にはなると思います。 平成30年 7月18日 今晩も一人で田原方面に行って来まし … ‘地公園」でカブト虫のオスを1匹拾いました。 1匹なら、150円で、ペアなら、250円で、 クワガタ国産山口県で採取しましたコクワガタのオスの30mm以下フリー2匹セットになります。。コクワガタ オス 30mm以下フリー 2匹セット 生体 成虫 ※10月31日現在=20匹程まで対応できます※ ※11月14日⇒5ペア程います コクワガタ オス 30mm以下フリー 2匹セット 生体 成虫激安釣具を検索します。ダイワ、シマノの激安釣り具販売情報を中心に激安竿(ロッド)、格安電動リール、沖釣り用品、アユ用品など、お買い得釣具を徹底サーチします 確か、ミヤマクワガタ2匹とノコギリクワガタ2匹ほど、コクワガタ2匹ほどだったかと思います。 時々けんかをしている姿は見られましたが、まさかあんなことになるとは思っていませんでした。 ある日、ノコギリクワガタが1匹死んでいました。 3匹¥200にて! ※オス、メスの区別はわかりかねますのでご了承ください※ 大きさは20ミリ~40ミリ弱の可愛いらしいクワガタです。 飼育ケースの中をのぞくと腹を見せたメスが2匹とオスが1匹、産卵木を急に取られて慌てふためいたコクワガタがいます。 毎回コクワガタ、オオクワガタ飼育をしていて冬眠あけのこの瞬間がとても楽しみ … オスメスのバランス は「 同数 」か「 メスのほうが多い 」状態がいいでしょう。 ノコギリクワガタ は、コクワより大きく非常にケンカっぱやいので、「 中ケース 」に「 5匹 」ほどがいいでしょう。あとはコクワと同じです。