2011, Harvey, W. J “Theme and Texture in The Great Gatsby”. になった。本稿で取り上げる『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby)は1925年4月に出版 されているが、作者F. G$.�ve��&���A�[. アメリカ出身で失われた世代「Lost Generation」を代表する作家の一人。, フィッツジェラルドの代表作『グレート・ギャツビー』は、20世紀アメリカ文学の最高傑作のひとつに数えられ、世界近代文学の古典としても評価され小説だけでなく戯曲も数多く手がけたようです。, 主な作品は『ラスト・タイクーン』『夜はやさし』『崩壊』『フラッパーと哲学者』など。, 近年では大ヒットドラマ「ホワイトカラー」でブレイクしたマットボマー主演Amazonプライムで製作された遺作「ラストタイクーン」。, 大恐慌時代にドイツナチス政権の影響力が強い時代に天才映画プロデューサー モンロー・スターと父親的パートナーで映画スタジオオーナーのパット・ブレディとの確執やアカデミー賞映画製作、恋愛模様や裏切りと野心を艶やかに描いた1930年代のハリウッドシーンでのドラマは記憶に新しい所です。, 一回の敗北を最終的な敗北と混同しないように。 」)(翻訳に当たっては野崎孝訳『グレート・ギャツビー』を参考にしている。 1章における、デイジーに対するニックが抱く第一印象は、実のところ7章以降で明らかになるデイジーの本性を、言い当てていたということが分かる。 重厚感がありクラッシックな雰囲気のインテリアは現実を忘れさせてくれる程華やか。, 又ジェイが愛用するクラッシックカーはオシャレでカッコ良く男性には堪らないかもしれません。, とにかく衣装からインテリアまで豪華絢爛で夢の様な世界が味わえますので、ストーリーと共に豪華な世界観をお楽しみ頂きたいと思います。, レオナルド・ディカプリオの永遠に忘れられない名演「タイタニック」の実話スト-リー等の詳細はこちらの記事もご覧ください↓. そんな由緒ある数々の豪華な衣装が登場。, ジェイは様々なシーンでクラッシックな素材をベースに高級感漂う衣装を身にまとっています。, 特にジェイがパーティーシーンで身につけていた黒のタイは結んだ時に白い縁取りが見えとってもオシャレ。, デイジーと再会を果たした際に着ていた白のスーツは高級感がありつつ爽やかさやデイジーに対する一途な愛情を表しているかの様。, 男性女性共に豪華な衣装が目まぐるしく登場しますのでぜひ衣装に注目してご覧ください。, ジェイの豪邸にあるインテリアや食器はティファニーのもの。 千代田:『グレート・ギャツビー』における水平方向と垂直方向の〈混乱〉 121 読み方が、この小説を語る一つの説明となろう。 2. スコット・フィッツジェラルド(F. ニックの事なかれ主義は彼の女性関係にも表れている。言い換えれば彼は女性と深い関 係になったり,女性関係で面倒になることを避けるのである。先ず彼はトムとデイジーに 婚約したというのは本当なのか聞かれた時 生殖とグロテスク 六章の最後、ギャツビーとデイジーの初めてのキスが描かれる印象的な場面をみてみたい。 スポンサードリンク ピクターエンターテイメント, 2013年 最終更新日時: 2017年1月25日, フィッツジェラルド, フランシス、スコット著『グレート・ギャッツビー』小川高義訳、光文社文庫、2009年, フィッツジェラルド, フランシス、スコット著『グレート・ギャツビー』 野崎孝訳、新潮社、1974年, ヘミングウェイ,アーネスト著『われらの時代に・男だけの世界』 高見浩訳、新潮社、1995年, 宮脇俊文『『グレート・ギャツビー』の世界――ダークブルーの夢』 青土社、2013年, リーハン, リチャード著『『偉大なギャツビー』を読む――夢の限界』 伊豆大和訳、旺史社、1995年, 初めまして。愛媛大学法文学部でアメリカ文学を専攻し2017年度に卒業した者です。 世界中を飛び回るシステムエンジニアが飛行... 心に残る恋愛物語「ティファニーで朝食を」のあらすじや原作の詳細、ユニヨシのキャラクターや時代背景等、そしておし... 原作を忠実に再現され小説ファンから高い評価を得ている「アウトランダー」 アメリカ文学だけでなく、人文学一般について書き込みしていきます。. 見ているだけでうっとりしてしまう様な衣装やセットは男女問わず楽しめるはず。, 特に衣装は大人気ブランド“プラダ”や“ティファニー”が協力しているので本当に華やかで豪華。, 小説グレートギャツビーのストーリーラインは、事実を元にして執筆されていると云われています。, 作者のフィッツジェラルドとその妻ゼルダの物語をベースに、ゼルダの夫のトムはゴルフの球聖ボビー・ジョーンズがモデルとされています。, ボビー・ジョーンズといえば、アメリカゴルフ界の創始者のように尊敬されている存在で、アマチュアでありながらグランドスラム(メジャー大会制覇)を成し遂げ、マスターズのファウンダーとしても有名ですが、その後すぐに引退して本業の弁護士業に戻った伝説の人物として有名です。, 但しノンフィクションノベルではなく、小説としては実話をベースにして創作を加え、ストーリーラインを面白く以下のようにアレンジしているといったところのようです。, 物語の語り手は、フィッツジェラルド本人ではなく第三者のキャラウェイが行っていたり、重要なキャラクターの一人は球聖ボビー・ジョーンズではなく、女子プロゴルファーのジョーダンベイカーに変えて物語性を高めているようです。, そして物語の核心を織りなすゼルダは2つの州の美人コンテンストでグランプリに輝き、女性のリーダー的な役割の女性。, その当時のアメリカの世相を反映した女性の社会進出や権利の主張等、新しい機会をもたらすべく注目されているアイコンとしてご覧ください。. していたか不明であるが、その夜遅くギャツビーがニックに対してデイジーが運転していたと 語ることで犯人がわかる。この事故に関するギャツビーの説明によると、デイジーが飛び出し た女性がだれかわかって、故意に殺した疑いが生じる。対向車の方にハンドルを適切に切って いたら、避 この光こそ、ギャツビーが最後まで信じようとしていたものだった。デイジーの心が離れてしまったあとにも必死にとらえようとしたものだったのだ。 夜の闇に包まれたようなギャツビーの正体は、ニックの周囲の人々により明らかにされてくる。 [7]Fitzgerald 149より、デイジーの運転する車は、四〇マイル(64km/h)以上スピードを出していたと記述がある。クイーンズ・ボロ橋は1,135.2m(1.1352km)とされている。ずっと時速64㎞で通過すれば、約64秒(63.855s)で橋を渡り切ることになる。ニックが通った約一分間の間に、彼の心は揺れた。クイーンズ・ボロ橋は重層構造になっており、橋に入ると自然と暗がりになる。, [11]この指摘は、氏の著書の訳本である、『『偉大なギャツビー』を読む――夢の限界』の全一四章の内の第二章に当たる、「作品の重要性」という章内で述べられている。訳者によれば、この著書の目的は、私が取り扱う作品を、一九二〇年代の作品として、また優れた小説作品として読み解く、コンテクストを提供することが目的である。また訳者によれば、リーハン氏にとってのこの小説の主題とは、「貧乏な若者ギャツビーは金持ちの娘デイズィとは結婚できない」ことであると書いている。そうした物語を、歴史的・文化的コンテクストに位置づけ、主要登場人物のそれぞれに焦点を当てて、表面上極めてシンプルなプロット・ラインの下に、幾重にも重なる複雑な意味の連鎖を発見している、と訳者は評価している。また、その例としてヘンリー・アダムズの『自叙伝』、フレデリック・ジャスティン・ターナーの「フロンティア学説」、ロマン派の詩人キーツ、オズワルド・スペングラーの『西洋の没落』、T・S・エリオットの『荒地』を引用しつつ議論を繰り広げていると述べている。, [15]しかしながらそれでも、何故デイジーに惹かれたかを述べなければ、ギャツビーの人間的な魅力は、出てこないだろう。宮脇氏の主張を参考にしたい。, [19]W・J・ハ―ヴェイ氏が著した”Theme and Texture in The Great Gatsby”(「『偉大なるギャツビー』における主題と肌理」)は、この作品における、クラシックな評論である。. 334 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<83968739B890104A9CFE43FE140BF26D><520EDF357D3B82468D14BBD6BC13E5C8>]/Index[291 100]/Info 290 0 R/Length 172/Prev 407618/Root 292 0 R/Size 391/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream インターナショナル・プロモーション, 1942年, 『華麗なるギャツビー』 脚本:バズ・ラーマン 脚本:バズ・ラーマン, クレイグ・ピアース, 出演:レオナルド・ディカプリオ, トビー・マグワイア, キャリー・マリガン,ジョエル・エドガートン, 音楽:クレイグ・アームストロング, DVD. it was an extraordinary gift for hope, a romantic readiness such as I have never found in any other person and which it is not likely I shall ever find again. ‚łɏI‚í‚Á‚Ä‚¢‚½‚±‚Æ‚É‹C‚©‚È‚©‚Á‚½ƒAƒƒŠƒJl‚̔ߊ쌀‚ªAƒMƒƒƒcƒr[‚É‘ÌŒ»‚³‚ꂽ•¨Œê‚Æ‚¢‚¦‚é‚Ì‚Å‚ ‚éB@. ‚»‚µ‚Ĕނª‚Í‚¶‚߂ăfƒCƒW[‚ð‰Æ‚ɏµ‚¢‚½‚Æ‚«A”ނ͍¡‚Ü‚ÅŽ©•ª‚Ì’z‚«ã‚°‚½•x‚ðŒ©‚¹‚邪AQŽº‚ŃVƒƒƒc‚ðŒ©‚¹‚½‚Æ‚«ƒfƒCƒW[‚́gThey are such beautiful shirtsh(p98)‚Æ‚¢‚Á‚Ä‹ƒ‚«Žn‚ß‚éB‚±‚ê‚̓fƒCƒW[‚ª•¨Ž¿“I‚È‚à‚Ì‚É‚µ‚©Š´“®‚Å‚«‚È‚¢‚Æ‚¢‚¤‚±‚Ƃ𕨌ê‚Á‚Ä‚¢‚éB‚»‚µ‚ăMƒƒƒcƒr[‚àˆ¤î‚Å‚Í‚È‚­•¨Ž¿“I‚È‚à‚Ì‚Å‚µ‚©ƒfƒCƒW[‚ð‚Ђ«‚‚¯‚ç‚ê‚È‚¢‚Æ‚¢‚¤”ß‚µ‚¢Œ»ŽÀ‚Å‚à‚ ‚é‚Ì‚¾B Scott Fitzgerald)(1896-1940)は、 妻ゼルダ(Zelda)ともども運転した。