1 : 2020/11/16(月) 08:16:04.98 ID:qh45l/n5010年振りに見たんやが面白すぎてびっくりしたわ映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル2 : 2020/11/16(月) 08:17:22.25 ID クレヨンしんちゃんの映画は、毎年公開されていてどの作品にも高い人気が集まっています。大人も楽しめるような泣ける感動作品から家族で楽しめる笑える作品まで数多くあります。今回はそんなクレヨンしんちゃんの映画の人気おすすめランキングや選び方をご紹介します。また、2020年の最新作「ラクガキングダム」についてもご紹介します。, クレヨンしんちゃんの映画は、子供向けのもので大人が見るのもなあと感じたり、下品な印象で子供には見せたくないなと思っている方も多くいますよね。ですが、実はクレヨンしんちゃんの映画は、大人向けのものや下品さが少ないものも多いって知っていましたか?, 2000年代からは規制も厳しくなり、お尻の描写などは健在ながらもそこまで下品では無くなってきました。また、映画の場合はアニメとは異なり、シリアスで考えさせられる作風のものも多いので大人でも楽しめる最高傑作な作品も多くあります。, まあ、作中に挟まれる劇画チックな表現も大人だからこそクスッと笑えるなんて事も。今回はそんなクレヨンしんちゃんの映画を「監督」「脚本」「公開日」を合わせて紹介しています!ぜひ参考にしてみて下さい!, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61YplN9m7sL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25B6%2585%25E6%2599%2582%25E7%25A9%25BA%25EF%25BC%2581%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25A9%25E3%2581%25AE%25E8%258A%25B1%25E5%25AB%2581%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25B6%2585%25E6%2599%2582%25E7%25A9%25BA%25EF%25BC%2581%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25A9%25E3%2581%25AE%25E8%258A%25B1%25E5%25AB%2581%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6MY26?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6MY26"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25B6%2585%25E6%2599%2582%25E7%25A9%25BA%25EF%25BC%2581%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25A9%25E3%2581%25AE%25E8%258A%25B1%25E5%25AB%2581%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, この悪役と5歳のしんちゃんと未来のぼーちゃんをはじめとする闘いでは、未来の友人たちも協力していきますが、ここにしんちゃんの人間力が描かれます。エンディングテーマのあとのメッセージまで決して見逃さないでください。, [{"key":"監督","value":"しぎのあきら"},{"key":"脚本","value":"横手美智子"},{"key":"公開年月日","value":"2010年4月17日(シリーズ18作目)"}], 楽しかった。エンディングが好き!大人しんちゃんの顔は見られなくて良かった。未来は何一つ決まってないのだから、生きたいように生きればいい。生き方で顔つきも変わるから。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61yne%2BLF9ZL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25A9%25E3%2581%25A8%25E5%25AE%2587%25E5%25AE%2599%25E3%2581%25AE%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BB%25E3%2582%25B9%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25A9%25E3%2581%25A8%25E5%25AE%2587%25E5%25AE%2599%25E3%2581%25AE%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BB%25E3%2582%25B9%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6N3NA?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6N3NA"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25A9%25E3%2581%25A8%25E5%25AE%2587%25E5%25AE%2599%25E3%2581%25AE%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BB%25E3%2582%25B9%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], イケメン好きのひまわりが好き放題したり、しんのすけ、ひろし、みさえがひまわりに会おうと七転八倒するシーンは、ギャク満載で笑わせてくれますが、ふとしんのすけがひまわりと名付けたシーンが回想されたり、徐々に兄妹愛が確認されていく過程が感じられます。, [{"key":"監督","value":"増井壮一"},{"key":"脚本","value":"こぐれ京"},{"key":"公開年月日","value":"2012年4月14日(シリーズ20作目)"}], 以前にレンタルDVD で借りたので内容は知ってましたが、もう一度見たくなり購入しました。ひまわり星人達の歌が面白いです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61lFVyILNrL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6N8X0?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6N8X0"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2580%2580%25E6%25A0%2584%25E5%2585%2589%25E3%2581%25AE%25E3%2583%25A4%25E3%2582%25AD%25E3%2583%258B%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ひろしの女装に惚れてしまうトラックの男など、荒唐無稽なエピソードの連続でとにかく笑わせてくれます。ただ、野原一家が決してあきらめることなく、家族一丸となって日常へ戻っていく最後のシーンは、何となくほんのりとした切なさを味あわせてくれるでしょう。, [{"key":"監督","value":"水島努"},{"key":"脚本","value":"水島努 原恵一"},{"key":"公開年月日","value":"2003年4月19日(シリーズ第11作目)"}], くれしん映画で、1番だいすきな作品です♪とにかく笑いたい(o≧▽゜)o人におすすめです♪王道な作品です♪お気に入りです!感謝です♪, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61KW93AJkaL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259B%25B2%25E9%25BB%2592%25E6%2596%258E%25E3%2581%25AE%25E9%2587%258E%25E6%259C%259B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259B%25B2%25E9%25BB%2592%25E6%2596%258E%25E3%2581%25AE%25E9%2587%258E%25E6%259C%259B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6NG50?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6NG50"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E9%259B%25B2%25E9%25BB%2592%25E6%2596%258E%25E3%2581%25AE%25E9%2587%258E%25E6%259C%259B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 吹雪丸に協力するのがみさえの預金通帳と実印の入ったバッグの為であったり小技に笑いながら、吹雪丸が男として生きている苦しみ、闘わざるを得ない葛藤にジーンとしてきます。, [{"key":"監督","value":"本郷みつる"},{"key":"脚本","value":"本郷みつる・原恵一"},{"key":"公開年月日","value":"1995年4月15日(シリーズ3作目)"}], 時代物、SF、巨大ロボットとこれでもかと要素を詰め込んだ本作は、96分とは思えないほどの密度を秘めています。クレヨンしんちゃんの映画で名作と言えば、オトナ帝国や戦国大合戦がすぐに挙げられますが、自分は密かにこの作品が一番だと信じています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61QXyMkVg3L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%259A%2597%25E9%25BB%2592%25E3%2582%25BF%25E3%2583%259E%25E3%2582%25BF%25E3%2583%259E%25E5%25A4%25A7%25E8%25BF%25BD%25E8%25B7%25A1%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%259A%2597%25E9%25BB%2592%25E3%2582%25BF%25E3%2583%259E%25E3%2582%25BF%25E3%2583%259E%25E5%25A4%25A7%25E8%25BF%25BD%25E8%25B7%25A1%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6NHC2?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6NHC2"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%259A%2597%25E9%25BB%2592%25E3%2582%25BF%25E3%2583%259E%25E3%2582%25BF%25E3%2583%259E%25E5%25A4%25A7%25E8%25BF%25BD%25E8%25B7%25A1%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 妹を守るため必死に走り回る姿、お互いを思いやるやさしさに応援したくなるでしょう。ラストでひまわりを全員で守り抜くシーンに期待してください。, [{"key":"監督","value":"原恵一"},{"key":"脚本","value":"原恵一"},{"key":"公開年月日","value":"1997年4月19日(シリーズ5作目)"}], とても素晴らしい作品なんだと思います。 笑えるだけでなく泣ける所も多々ありとても映画としての完成度が高いです。最後のひまわりを全員で助ける所は迫力がありずっと心に残っています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61NQlTLk6qL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259B%25BB%25E6%2592%2583%25EF%25BC%2581%25E3%2583%2596%25E3%2582%25BF%25E3%2581%25AE%25E3%2583%2592%25E3%2583%2585%25E3%2583%25A1%25E5%25A4%25A7%25E4%25BD%259C%25E6%2588%25A6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259B%25BB%25E6%2592%2583%25EF%25BC%2581%25E3%2583%2596%25E3%2582%25BF%25E3%2581%25AE%25E3%2583%2592%25E3%2583%2585%25E3%2583%25A1%25E5%25A4%25A7%25E4%25BD%259C%25E6%2588%25A6%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6NFWY?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6NFWY"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E9%259B%25BB%25E6%2592%2583%25EF%25BC%2581%25E3%2583%2596%25E3%2582%25BF%25E3%2581%25AE%25E3%2583%2592%25E3%2583%2585%25E3%2583%25A1%25E5%25A4%25A7%25E4%25BD%259C%25E6%2588%25A6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], かすかべ防衛隊やぶりぶりざえもんなど、のちのクレヨンしんちゃんの定番となるキャラクターが登場してきます。クレヨンしんちゃんの中でも、特にアクションシーンが凝っていて迫力のある作品といえるでしょう。, 息子を助けるために手段を選ばず奔走するひろしとみさえの姿には、目頭を熱くさせられます。お色気の事情も納得させられるもので、生きる意味を考えてしまう完成された作品です。, [{"key":"監督","value":"原恵一"},{"key":"脚本","value":"原恵一"},{"key":"公開年月日","value":"1998年4月18日(シリーズ6作目)"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61Zw7MNTFsL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AC%25E3%2583%2581%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B3%25EF%25BC%2581%25E9%2580%2586%25E8%25A5%25B2%25E3%2581%25AE%25E3%2583%25AD%25E3%2583%259C%25E3%2581%25A8%25E3%2583%25BC%25E3%2581%25A1%25E3%2582%2583%25E3%2582%2593%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AC%25E3%2583%2581%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B3%25EF%25BC%2581%25E9%2580%2586%25E8%25A5%25B2%25E3%2581%25AE%25E3%2583%25AD%25E3%2583%259C%25E3%2581%25A8%25E3%2583%25BC%25E3%2581%25A1%25E3%2582%2583%25E3%2582%2593%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6NU0G?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6NU0G"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25AC%25E3%2583%2581%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B3%25EF%25BC%2581%25E9%2580%2586%25E8%25A5%25B2%25E3%2581%25AE%25E3%2583%25AD%25E3%2583%259C%25E3%2581%25A8%25E3%2583%25BC%25E3%2581%25A1%25E3%2582%2583%25E3%2582%2593%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ぎっくり腰になったひろしが、帰ってきたらロボットになっていたといういきなり波乱を予感させる展開で始まります。このロボとうちゃんは、家庭での立場が弱くなった日本の父親たちを立ち上がらせるべくできた「父ゆれ同盟」による陰謀で、ロボットになった父親たちは段々と正気を失っていきます。, 父親たちの事情などにくすりと笑いながら、ロボットで便利な父ちゃんと、ドジでも家族を心から愛する父ちゃんがリンクしてきてきます。ロボ父ちゃんの「お前の父ちゃんはつえーだろ」の言葉に「自分とは?」と考えさせられるでしょう。, [{"key":"監督","value":"高橋渉"},{"key":"脚本","value":"中島かずき"},{"key":"公開年月日","value":"2014年4月19日(シリーズ22作目)"}], 人の体でも、機械の体でもその形は仮・・・借りのものであり、本質はどこにでもあり、変わらぬことはないのでしょう。素晴らしい映画でした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61%2BQRBGxfqL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AB%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AB%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6N5N8?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6N5N8"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AB%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 野原一家とかすかべ防衛隊は、アクション仮面の最新作を記念した豪華客船ツアーに参加しています。上映会が始まった時、何故かさる軍団が現れ大人たちとアクション仮面役の俳優まで連れ去ってしまいました。アクション仮面ならどうする!, パラダイスキングとの対決では、子どもたちはアクション仮面として応援し大人たちは事情を知りながら応援する、互いの純粋さとアクション仮面の子供の夢を守るひたむきさに感動します。信じる力のパワーを感じられる作品でしょう。, [{"key":"監督","value":"原恵一"},{"key":"脚本","value":"原恵一"},{"key":"公開年月日","value":"2000年4月22日(シリーズ8作目)"}], ひまわりを抱っこしたせいで川底に頭を打ったシーンや、まさおくんが愛ちゃんのこと思って頑張るシーン。猿に働かされているシーンや、みんなでお尻で歩いて猿達をビビらせるシーン。シロをアフロにして猿達を指導するしんちゃんや、本編でパラダイスキングに投げた靴をエンドロールで猿達が発見して喜ぶシーン。見どころが沢山あります。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51vyvbYzSQL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E9%25BB%2584%25E9%2587%2591%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A4%25E5%25A4%25A7%25E4%25BD%259C%25E6%2588%25A6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E9%25BB%2584%25E9%2587%2591%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A4%25E5%25A4%25A7%25E4%25BD%259C%25E6%2588%25A6%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6NGMI?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6NGMI"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E9%25BB%2584%25E9%2587%2591%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A4%25E5%25A4%25A7%25E4%25BD%259C%25E6%2588%25A6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 突然現れたレモンという少女は、しんのすけにアクション仮面からのメッセージを持ってきます。一緒に戦おうというメッセージを喜び、レモンとともに行動するしんのすけですが実はレモンはスパイ、ある研究所から国家が欲しがる発明品を盗もうとしているのです。, レモンがしんのすけと家族に感化され、段々と子どもらしさや人間らしさに伴った行動をとり始めたとき、最期の闘いが始まります。大人のくせにおかしいことに気付かない、大人だから気づかない、愚かさというメッセージが感じられるのではないでしょうか。, [{"key":"監督","value":"増井壮一"},{"key":"脚本","value":"こぐれ京"},{"key":"公開年月日","value":"2011年4月16日(シリーズ19作目)"}], 随所に光る映画の強いメッセージ性も、視聴者へ分かりやすく伝えられていて、胸を打ちました。しんのすけがしにそうな(屁が出そうな)時のヒロシのセリフは、全親子に聞いて欲しいです。レモンちゃんのはじめての親への反抗、疑問を持たず任務を遂行するオトナヘの鋭い提言もとても良かった。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61lsAo%2BX4hL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25A9%25E3%2581%25AE%25E5%25BC%2595%25E8%25B6%258A%25E3%2581%2597%25E7%2589%25A9%25E8%25AA%259E%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25A9%25E3%2581%25AE%25E5%25BC%2595%25E8%25B6%258A%25E3%2581%2597%25E7%2589%25A9%25E8%25AA%259E%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01DYJAXNW?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01DYJAXNW"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25A9%25E3%2581%25AE%25E5%25BC%2595%25E8%25B6%258A%25E3%2581%2597%25E7%2589%25A9%25E8%25AA%259E%25EF%25BD%259E%25E3%2582%25B5%25E3%2583%259C%25E3%2583%2586%25E3%2583%25B3%25E5%25A4%25A7%25E8%25A5%25B2%25E6%2592%2583%25EF%25BD%259E%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ひろしがメキシコに生息するサボテンの蜜を集める仕事を命じられます。みさえとちょっとした口論の末、やはり家族は一緒にいた方が良いと野原家はメキシコへ移住を決めるのです。陽気なメキシコで賑やかな生活が始まるのを期待しますが、実はキラーサボテンに牛耳られている町でした。, サボテンを牛耳っているのは誰か?キラーサボテンを倒すには?王道の闘いはありませんが、一生懸命さが伝わります。いつの間にかメキシコのご近所さんまで仲間にするしんのすけの魅力が納得です。そして、エピローグを必ず見逃さないでいただきたい一作です。, [{"key":"監督","value":"橋本昌和"},{"key":"脚本","value":"うえのきみこ"},{"key":"公開年月日","value":"2015年4月18日(シリーズ23作目)"}], 引っ越し関連のシーンが意外にも丁重に描かれている序盤から、パニックホラーチックな中盤、そして事件の収束に向けて盛り上がる終盤と丁重かつ、面白く描かれています。押し付けがましい感動要素や、視聴者置いてけぼりな複雑な設定もなく、純粋に楽しめる作品だと思います。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61WI1WxYCAL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B06XNLCZ76?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B06XNLCZ76"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%25A6%25E3%2583%25A1%25E3%2583%259F%25E2%2580%2595%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2589%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 野原家はある日、巨大な魚に飲み込まれる夢を見ます。そして、春日部市民たちみんながその不思議な体験をしていきます。春日部市民が悪夢に苦しむようになっていたなか、サキという少女が幼稚園へやってきます。サキは何故か、頑なな態度で誰とも打ち解けようとしません。, そんなサキが来てから悪夢が始まったと、かすかべ防衛隊はサキのことを調べようとします。はじめはお気楽な夢ですが、徐々に悪夢となる場面は迫力があります。悪夢のカギを握るのはサキとその父親ですが、実は互いを思いやる気持ちがあふれているのに気付くでしょう。, [{"key":"監督","value":"高橋渉"},{"key":"脚本","value":"高橋渉・劇団ひとり"},{"key":"公開年月日","value":"2016年4月16日(シリーズ24作目)"}], しかし今回暇潰しに視聴してみたユメミーワールドは、見ていなかったことを後悔する作品でした。大人と子供の夢の大きさ、親への子供の気持ち、子供への親の気持ちがとても上手く合わさっていて、近年一のクレヨンしんちゃん作品です。これこそ日本を代表する幼稚園児!と思いました。正に、もっと評価されるべき作品ですね。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/616uC-gyv2L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2598%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2581%25AE%25E5%25A4%25A7%25E5%2586%2592%25E9%2599%25BA%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2598%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2581%25AE%25E5%25A4%25A7%25E5%2586%2592%25E9%2599%25BA%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6NAC4?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6NAC4"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0001408977.html"}], 「ヘンダ―ランド」という遊園地に、しんのすけは遠足にやってきます。そこで、とらわれの人形トッペマ・マペットを助けるのですが、この人形が謎の少女として動きだします。そして魔法のトランプを渡され、なんと地球征服計画を阻止してほしいと頼まれるのです。, ババ抜きや追いかけっこで敵と戦うシーンは、お腹を抱えて笑えます。しかし、かすかべ防衛隊などの仲間もいない中、一人で頑張るしんのすけの姿や、トッペマとの別れのシーンなどしんのすけの背中に泣かされる作品といえるでしょう。, [{"key":"監督","value":"本郷みつる"},{"key":"脚本","value":"本郷みつる・原恵一"},{"key":"公開年月日","value":"1996年4月13日(シリーズ4作目)"}], クレヨンしんちゃんの持ち味のギャグセンス 大人にしか分からないネタ シリアスな展開 感動するシーンその全てが完璧に組み合わさったまさに傑作です。本当にTVアニメ放送開始時にしんちゃんと年齢が変わらないしんちゃん世代で私は当時このヘンダーランドを見て爆笑しつつ感動しました, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61IeG7kEqXL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2580%2580%25E5%25A4%2595%25E9%2599%25BD%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%259C%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2580%2580%25E5%25A4%2595%25E9%2599%25BD%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%259C%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6ND0I?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6ND0I"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2580%2580%25E5%25A4%2595%25E9%2599%25BD%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%259C%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 鬼ごっこをしていたかすかべ防衛隊は、走り回っているうちに古びた映画館「カスカベ座」を見つけます。荒野がひたすら音も無く流れています。何となく、それをみつづけてしまう5人ですがしんのすけがトイレに行っている間に、いなくなってしまいました。5人はいつの間にかその荒野に立っていました。, そこですっかり変わった風間君、ねねちゃんとまさお君がいて驚きます。しかし、もっと驚くことはこの世界にいると徐々に現実を忘れて戻れなくなってしまうということでした。全体にシリアスで大人向けのシーンも多いですが、その切なさをしっとり味わうエンディングが秀逸です。, [{"key":"監督","value":"水島努"},{"key":"脚本","value":"水島努"},{"key":"公開年月日","value":"2004年4月17日(シリーズ12作目)"}], 子供の頃、まさにカスカベ座のような映画館で観ました。僕は男というのもあって当時もそうでしたが今でもこの映画を観終わると、なんとも言えない切ない気持ちでいっぱいになります。20代の男なら分かってくれるかと。もうたまらなく胸が締め付けられます。エンディング曲も最高です。初めて観たあの頃に戻ってみたいなぁ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61s4dveBqaL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdvdgangan%2F26629-016%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdvdgangan%2F26629-016%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6NMYU?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6NMYU"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2580%2580%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2584%2521%2B%25E3%2582%25AA%25E3%2583%2588%25E3%2583%258A%25E5%25B8%259D%25E5%259B%25BD%25E3%2581%25AE%25E9%2580%2586%25E8%25A5%25B2%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 万博を訪れていた野原家は、万博のイベントとしてひろしはスーパーヒーローに、みさえは魔法少女に扮していました。次第に、街中でも万博で見た昔の電化製品などがあふれていきます。そして、ひろしは働かず、みさえは家事をせずボーっとして子どものようになり、ひまわりの世話をする羽目になるしんのすけ。, しんのすけのとぼけた行動で右往左往させられながらも、ケンちゃん・チャコちゃんの野望と闘い必死に頑張る子どもたちが大人の勝手を暴いていきます。そして、最後は必死に階段を駆け上がりぼろぼろになるしんのすけ、何故頑張るかの意味に生きる意義を感じるのです。, [{"key":"監督","value":"原恵一"},{"key":"脚本","value":"原恵一"},{"key":"公開年月日","value":"2001年4月21日(シリーズ9作目)"}], ちょっと何かにつかれている人、未来が見えない人、先のことが不安な人。そういう人にはぜひ見て欲しい。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61OB6hhBKkL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2580%2580%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2591%25E3%2583%25AC%25EF%25BC%2581%25E6%2588%25A6%25E5%259B%25BD%25E5%25A4%25A7%25E5%2590%2588%25E6%2588%25A6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2580%2580%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2591%25E3%2583%25AC%25EF%25BC%2581%25E6%2588%25A6%25E5%259B%25BD%25E5%25A4%25A7%25E5%2590%2588%25E6%2588%25A6%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B019A6NLU0?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-others-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B019A6NLU0"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B5%2590%25E3%2582%2592%25E5%2591%25BC%25E3%2581%25B6%25E3%2580%2580%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2591%25E3%2583%25AC%25EF%25BC%2581%25E6%2588%25A6%25E5%259B%25BD%25E5%25A4%25A7%25E5%2590%2588%25E6%2588%25A6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ある晩、野原一家は揃って同じ時代劇のような夢を見ます。その日、シロが庭を掘り返しているとぶりぶりざえもんの絵と汚い字の手紙が出てきます。そして目を開けた瞬間に、戦国時代にタイムスリップしてしまいました。, しんのすけを案じ必死に探すひろしとみさえもタイムスリップし、戦に巻き込まれます。最後のしんのすけの又兵衛との友情を守った男気ある一言と、刀を空に掲げる姿は、ぐさりと胸に刺さるでしょう。, [{"key":"監督","value":"原恵一"},{"key":"脚本","value":"原恵一"},{"key":"公開年月日","value":"2002年4月20日(シリーズ10作目)"}], この作品のテーマの一つは、「葛藤」である。しかし、しんちゃんが使う判断基準は明快で暖かみを感じる。, クレヨンしんちゃんの映画は、20年の歴史をほこりその間に数々の物語が紡がれてきました。どの映画も、笑わせた後に家族愛や友情などを感じさせるシーンがあり、見た時の自分の感情で泣いてしまったりすることもあるでしょう。クレヨンしんちゃんの映画の選び方を興行収入、監督やそのテーマ別にご紹介します。, しんちゃんの映画で興行収入で選ぶと1位「アクション仮面とハイグレ魔王」、2位「ブリブリ王国の秘宝」、3位「雲国斉の野望」と出ています。やはり、時代とともに映画館に足を運ぶ比率などと比例してしまいますが、興行収入が高いものはおもしろいという傾向もあるでしょう。, 泣ける映画は2000年代からの作品が多く必然的に興行収入も下がってしまいますが。興行収入の多い作品は笑えてスッキリする映画が多いのが特徴です!, とにかく笑いたいという方は、本郷みつるや水島努の作品がおすすめです。また、感動を味わいたい方は原恵一監督の作品が、泣けるシーンが多いでしょう。ちょっと、一風変わったクレヨンしんちゃんを見てみたいという方は、高橋渉監督の作品という見方もあります。, 監督ごとに選ぶ事で面白さや作品への入り込みも変わってくるのでぜひチェックしておいて下さい!, クレヨンしんちゃんを選ぶ時に重要なのはテーマです。クレヨンしんちゃんの映画には面白いものと感動ものがあります。勿論どの映画も両方兼ね備えていますが観た後の気持ちがどちらに傾くかが変わってきます。, またクレヨンしんちゃんの映画にはホラーな展開やシリアスな展開も多いのでそう言った少し大人向けのものが見たい方にもおすすめできる作品は多数あります。テーマを決めてみることによりより深くクレヨンしんちゃんの映画を楽しむことができますよ!, クレヨンしんちゃんの映画と言うと子供が観るイメージが強いと思いますが、大人も楽しめる作品が多いのが特徴です。感動して泣ける作品がたくさんあり、子供と一緒に楽しむこともできます。ぜひ大人の皆さんも楽しんでみてください。, クレヨンしんちゃんの映画はアクションシーンが満載なのも魅力の一つです。アクションシーンと言っても、しんちゃんをはじめとしたキャラクターたちのアクションなのでとてもかわいらしく、癒されながら観ることができます。, クレヨンしんちゃんの映画と言うと、やはり笑えるシーンが多いのがやはり一番の特徴でしょう。どの作品でも笑って楽しむことができますが、一番笑えると評価が高いのがランキングでもご紹介している「嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」です。ぜひご覧になってみてください。, 年代毎によりクレヨンしんちゃんの面白さは変わってきます。どちらも甲乙つけがたく面白いのでぜひ両方見てみて下さい!, 1990年代のクレヨンしんちゃんはまだ時代的にも規制が緩く、(子供らしい)下品な表現などが多々あり、比較的ストーリーも緩く、おばかギャグなどが多いのが特徴です。1993年から1997年が初期の作品として「アクション仮面とハイグレ魔王」から始まっています。, ですが1998年の「ブタノヒヅメ大作戦」から、徐々にアクションシーンが充実し、人間ドラマ的な要素も増えてきました。, 2000年代に入ると徐々に子供向けの日常アニメとは少し趣を変えた映画ならではのストーリー構成のものが多くなってきます。2001年の「大人帝国の逆襲」からは本格的に泣ける、感動して考えさせられる作品が増えていきます。, またホラーな展開やシリアスな展開も増えてくるので子どもだけでなく大人も楽しめるようになっています。普段はあまりスポットに当たらないひろしやみさえのしんのすけへの愛などが如実に現れています。, それぞれお好みがあると思われますが、その変遷を楽しんでみるのも一興かもしれません。, くれよんしんちゃん映画の醍醐味と言えばゲストですよね。主要キャラクターにゲスト声優がくることはあまりないので声優さん以外の棒読み演技が...。と思ってしまう方でも安心して見る事ができます!, 1人だけじゃやんく複数登場する場合もありますし、本人役で登場したり声だけ登場したりと様々、え!あの人出てたの!なんて事も起こるのがクレヨンしんちゃんの面白さです!, 公開予定が発表されるたびに注目が集まるほど子供から大人までに人気のクレヨンしんちゃん映画は、主題歌にも毎年豪華なアーティストが起用されます。毎年映画に合った曲が使われ、より一層ストーリーを盛り上げてくれます。好きなアーティスト主題歌を歌っている映画を選んでみても良いですね。, 2020年最新クレヨンしんちゃん映画は『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』です!, しんちゃんの手にする魔法のクレヨンで世界を救うのがテーマになっていて、きゃりーぱみゅぱみゅなどがゲスト出演しています。2020年4月24日公開予定ではありましたが新型コロナウイルスの感染拡大などから公開延期が決定しました。, 今回はクレヨンしんちゃんの映画のおすすめをご紹介しましたが、この他にもアニメの映画作品のおすすめをご紹介している記事が多数ございます。ドラえもんやポケモンなどシリーズごとの記事もございますので、是非合わせてご覧ください。, ポケモン映画のおすすめ人気ランキング15選【家族で一緒に見れる】|セレクト - gooランキング, ドラえもん映画の人気おすすめランキング30選【2020年最新版】|セレクト - gooランキング, ジブリの人気おすすめランキング20選【2020年最新版・年代順、興行収入も】|セレクト - gooランキング, クレヨンしんちゃんの映画は、当初ギャグとコメディ満載で子どものものでした。しかし、実は愛情深いしんちゃんが見え隠れするようになり、大人もその物語に感動するようになっていきます。結果、大人もつい泣いてしまうような作品が数多くみられるようになりました。何が良いかは好みもありますが、ぜひ参考にしてみてください。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年07月11日)やレビューをもとに作成しております。.