〇塗装準備が楽です. 塗装面が平滑になり光沢感が増します。, T-09 メタリックマスター ads.yahoo.comからget-user-id.jsを開くかまたは保存しますか?このメッセージの意味が分かりません。 塗料を薄く均一に塗装することが可能で、グラデーション塗装なども容易に行うことが可能です。, エアブラシのシステムについてですが、写真の向かって右側にあるのが圧縮空気を生成するコンプレッサー、左側は専用のスタンドとトレイ、下の方にあるメーターは圧力を調整するレギュレーター、左上にあるのが塗料を吹き付けるハンドピースになります。 御覧頂いたとおりで塗料には一長一短があり、目的によって塗料を選んで頂く事で失敗を回避して頂くことが出来ますので、参考にして頂ければ幸いです。, 正直、自分もはじめて塗装するときに何を買えばいいのかわからずに、店頭にあったタミヤのポリカーボネートスプレーを買ってしまって泣きそうになったのをこの記事を書きながら思い出しました・・・ (あの時、店のおばちゃんが止めたのを聞いておけばよかったと大後悔) 乾燥を遅らせることで筆ムラが出にくくなり、ゆっくり乾燥することで表面がなめらかになり 今までに筆塗りや缶スプレーを塗装をやったことがある方でも、エアブラシでの塗装についてはやったことの無い人も多いのではないでしょうか。そこで今回は実際にエアブラシを活用しているスタッフがエアブラシ塗装の方法について徹底解説していきます。 〇作業場所が机の上ですむ . ザラつきや白化を抑えてくれます。, タミヤ ペイントリターダー (ラッカー塗料用) 1.1 ガンダムマーカー; 2 ガンダムマーカー スミ入れ用. ガンプラ 道具. 最初に道具を揃える費用も安価で抑えることが出来るため、はじめて塗装をやってみたいと思う方にはおすすめです。, 筆塗りの場合には塗料を均一に塗っていく技術が必要になってきます。何度やっても筆の塗りムラができてしまうのであれば、塗料の中に乾燥を遅らせる「リターダー」と呼ばれる溶剤を混ぜて、わざと乾燥を遅らせてみることをおすすめします。 ガンダムマーカーエアブラシ で塗装したいのですが乾燥時間はどのくらいですか? また、この時の塗装面の墨入れはエナメル塗料がいいのでしょうか? 模型、プラモデル、ラジコン. 大量に使われる方にはおすすめです。, タミヤ エナメル溶剤特大 吹付け時にコツが必要ですが、メタリック系の塗料を塗る際にはおすすめです。, GSIクレオス 水性ホビーカラーうすめ液  ガンダムマーカーエアブラシシステムは、ガンダムマーカーを差し込むだけで簡単にエアブラシ塗装ができる便利アイテムです。発売元はGSIクレオス。価格は税込み3,672円です。発表時から結構話題でしたし、自分もどのくらいの塗装ができるのか気になったので購入してみました。 発色や塗膜の強さなど、ラッカーよりも劣る部分はありますが、乾燥前であれば使用した筆や道具を水で洗うことが可能な点や、なによりも溶剤が少ないので臭いが抑えられ、体に害のある成分も少ないので、家族やお子様、同居人への影響を考えられる方におすすめします。, 発色ではラッカーに劣る部分がありますが、光沢感の無いつや消しカラーに関してはアクリルのほうがしっかりと艶が抑えられてキレイな仕上がりになります。, 艶ありや艶なしの判別は塗料瓶に書かれているカラー名やラベルの表記で判断が可能です。購入の際にはラベルの表記を注視してみて下さい。, 「Mr.COLOR」と「ガイアカラー」はラベル部分に光沢や半光沢の表記が入っています。, タミヤの製品には光沢などの表記はありませんが、カラー番号の表記でFがついている物はフラット(つや消し)になります。, プラモデル全般に使用できます。 タミヤカラーのアクリル塗料用のうすめ液です。 ガンダム. 乾燥時間が早いため、表面は滑らかにはなりませんが、プラスチックに浸透する前に
塗装済みの塗料を落とすことが出来る溶剤です。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の自粛でプラモデルを久しぶりに作ってみたくなって、ガンプラを買ってみた!なんて人も多いのだろうし、同時に最近のキットの出来の良さに驚いた人も多いのではないかと思います。新しいキットでは、ほとんど塗装しなくても色分けされてるし、なんだか素組みしただけで満足してしまいますよね。, そんな完成度の高い最近のガンプラですが、一方で一部分だけ色分けされていなかったり、何となくイメージの違う色だったりすることも有るのではないかと思います。塗料を買ってきて筆で簡単に塗っておくのも手なのですが、ガンプラはむら無く塗りたい!なんて要望も多いハズ。特にメタリックカラーやゴールドなんかは、筆塗りで綺麗に塗るのは難しいですよね。, さらに、手軽に塗っておく方法としてはガンダムマーカーなんて方法も有りますが、やはり均一に塗るのは難しく満足感としてはいま一歩な気がします。そこで、エアブラシと行きたいところですが、初心者にはハードルが高く中々踏み切れない人も多いのではないかと思います。, 今回はガンダムマーカーを差すだけで簡易エアブラシとして塗装出来る「GSIクレオス ガンダムマーカー エアブラシ システム」を使ってみる事にしました。, さて、届いたガンダムマーカーエアブラシは簡単な透明の箱に入ったパッケージで届きました。3000円前後という値段なのでこんな感じではないかと思います。, 今回買ったセットは、エア缶がセットで入っていて、あとはガンダムマーカーさえ買ってくれば、開封してそのまま使えるセットになっています。, 買ったのが初春の室温が低い時期だったのも有ってか、ガス圧が低くどうも上手く塗料を噴射してくれませんでした。という訳で、早々とエア缶での塗装は諦めて、家に有った古いコンプレッサーを使うことに。, もう少し気温が高かったり、初めからペンの装着位置の調整が上手く行ってれば缶でも行けたのかもしれませんが、ほかのレビューを見る限りも似たようなことを書いているようなので付属のエア缶ではこれくらいが限界だったのかもしれません。, という訳で、ガンダムマーカーエアブラシのホースは細いタイプなので、標準経のエアブラシ用ホースに繋ぐために、クレオス ホース用Mr.ジョイント(3点セット)を買い足す事になりました。, 他にも、マーカーに塗料を充填させる時などに塗料皿が有ると便利だったり、塗装時にクリップ、クリップを立てるベースなど細々としたものが必要となるでしょう。, 手軽なハズじゃなかったの…的な躓きは有りましたが、気を取り直して塗装に挑戦してみようと思います。, さて、ガンダムマーカーエアブラシのように何かのペンに空気を吹き付けてエアブラシ的な効果を得ようとする製品は過去にも有ったので、実はそんなに目新しい商品では無いのですが、私がこの手の製品を使うのは初めてです。, エアを出す噴射ボタンも1段階しかないしエア圧を調整するネジなども無いので、調整としてはペンの位置と塗料をどのぐらいペンに充填するかで決まります。, この調整が意外と難しくて、最初はこれ本当にちゃんと使えるの?って首を傾げたくなります。, 試行錯誤している内に気づいたのですが、ノズルを正面からみて穴がどの程度見えるかで調整すると上手く噴射出来るようになりました。環境によって、位置の調整には差がでるかもしれませんが、私の場合は穴がほとんど見えない程度が適正位置のようです。, ペン先とノズルとの位置調整と塗料の充填量が調整の総てなので、何度も繰り返して習得していただきたい…, 調整中に塗料が噴射すると大変なので、絶対ボタンには触れないように注意が必要ですが、上手く行かない場合は十分注意した上で試してみて下さい。, このペン位置の調整は塗料が涸れてくるたびに、ペンを外して塗料を充填して調整を繰り返す事になるので、嫌でも練習することになります。, 調整が終わったら、いよいよ塗装に入ります。吹き始めはボタッと荒い粒が飛ぶ事が多いので、ガンダムマーカーエアブラシを吹く前には必ず軽くテスト吹きをします。テスト吹きをすると塗料が噴射されているのが見えると思います。, 塗料が飛んでないようなら、再度ペンの位置を調整します。ノズルとペン先が遠いと飛ばない場合が多いですが、充填量が少なすぎる場合も有ります。, ちなみに、なぜジムかと言うと、まず値段が安く700円前後で手に入って、部品点数が少ないので塗装のテストに使うには丁度よいからです。, また、よく知られてるネタですが、HGジムは基本色が薄いエメラルドグリーンになってます。このジムの基本色に関しては賛否両論あるようで、白だと強そうすぎるとの意見もあるようですが、個人的には白いジムを見てみたかったので塗ることにしました。, という訳で白く塗装したジム(左)と基本色のジム(右)ですが、やはりジムは白なのでは?と思います。塗装の序盤はペンの位置調整に苦戦したのも有って、全体を塗装するのは意外と時間がかかりましたが、ペンの位置調整が上手く出来るようになってからはペースも上がり1/144サイズなら全体塗装も可能だなと思います。, もっと大きなサイズになると面積も広くなるので、本格的なエアブラシが必要かもしれませんね。, そんなに複雑な塗り分けのないジムですが、バックパックの一部や足首など塗り分け指定のある部分も有ります。また、顔のセンサー部は頭部を組み立てて、ラインを消してから塗装する必要があるので、マスキング必須と思います。, マスキングなんて失敗したらどうしよう…と不安に思いますが、ジムの塗り分けはそんなに複雑なマスキングではないので練習と思って試してみて下さい。頭部のセンサーはマスキングテープを貼ってから、アートナイフで余分な部分を切り抜いて塗装しました。, マスキングとは違う話ですが、ガンダムマーカーのグレーはムラになりやすく塗装が難しい色だと思っていました。ところがガンダムマーカーエアブラシで塗ると手塗りとは見違えるような仕上がり。値段も安いので試してみて良かったです。, ジムの薄いエメラルドグリーンと共にもう一つ塗ってみたいなと思っていたのがユニコーンに登場した敵役ガンダムのバンシィのツノと襟です。基本色ではゴールドが混ざったような飴色みたいな感じで、実はこれはこれで悪くないのですが、サイコフレーム部分との塗り分けをしたくなって、ゴールド塗装に挑戦。, こちらは、慣れてきたのと、白よりもムラが出にくく思ったよりも簡単に塗装出来てしまいました。手塗りだとムラになりやすいのでメタリック色の塗装ではガンダムマーカーエアブラシが威力を発揮しそうです。, という訳で、いきなりコンプレッサー使うの反則だろ!とか色々ありそうですが…