カレーは仕上げにルーを入れて完成ですが、入れるタイミングっていつがいいとかあるんでしょうか?。 カレールーを入れるタイミングで味に違いがあるなら知っておきたいですよね。 ここでは、カレールーを入れるタイミングや後から水を入れても良いのかなどお伝えします。, まずはカレールーの入れるタイミングです。市販のカレールーの作り方を見ると、具材と水を20分ほど煮込んだあとカレールーを入れるとなっています。, 特にカレールーを入れるタイミングは難しくありません。食べる何分前に入れなければいけないなど特に決まりはありません。, 片栗粉はデンプンを粉末状にしたものだといえばイメージしやすいかと思います。水で溶かした片栗粉でとろみをつけるときを思い出してください。, 全体にちゃんと片栗粉水が行き渡らないうちに熱が加わるとだまになってしまいますよね。それと同じように、カレーもカレールーに含まれるデンプンと小麦粉が全体に行き渡らないとだまになってしまいます。, また、カレールーは固形のものが多いです。一度に全部のカレールーを水に溶かすことは難しいです。そのため一度火を止めてから溶かし、すべてのルーを溶かしてから再度加熱をするとだまになりません。, ちなみにカレールーを入れる際に火を止めるという注意事項は市販のルーに記載された作り方にも書かれています。, 意外と面倒だからと理由がわからないまま火を止めずにルーを溶かしてしまっている方は多いのではないのでしょうか。, 加熱を続けたままルーを溶かし、こまめに鍋の中身を混ぜないと焦げる原因にもなります。今度からはぜひ注意してみてくださいね。, カレーのルーを入れて煮込んでみると、とろみが強すぎたり、いかにも濃い状態になっていることもありますよね。, 最近の市販のカレールーにはふたを閉めて煮込む場合と、ふたを開けたまま煮込む場合で水の量を別々に記載してくれる会社もあります。 ぜひ確認してみてください。, しかしカレーは各家庭、作る人によって個性があるものです。カレールーのやわらかさの好みも人によって違います。それに野菜から出る水分でも完成時のやわらかさは変わってきます。, このように、記載された作り方に従って作っていても自分の好みのカレーができるとは限りません。, そのためカレールーを入れた後でも水で水分調整するのは、何の問題もありません。 ただ、ここでひとつポイントがあります。市販のルーに記載された材料以外に、隠し味というものを入れるだけでおいしくなります。, 隠し味として有名なものを挙げると、“すり下ろしりんご”、“チョコレート”、“コーヒー”、“蜂蜜”などがあります。, 今回のようにカレーに水分を増やしたい場合は、“摩り下ろしりんご”と“コーヒー”が使えます。摩り下ろしりんごは洋食屋さんで入れているお店は多いですね。 フルーティな甘みがスパイシーなカレーと合わさっておいしくなります。, 隠し味にはお肉をやわらかくするためや、コクを出すためなどさまざまな理由があります。ぜひ調べて好みのカレーを作ってみてください。. 皆さんはカレールー1箱で何人前の計算ですか?うちは夫婦2人暮らしなので、半箱で作ります。箱には1箱8皿分、半箱で4皿分ってだいたい書いてあると思うんですが、半箱で4皿もできないです3皿ぐらいかな…もっと食べたいなって思う量でです食べ過ぎですかね?… その理由は、とろみをつけるために、カレールウに一般的に配合されている でんぷんが「だま」になるのを防ぐためです。, 沸騰した状態でルウを割り入れると、温度が高いために、よく混ざらないうちにでんぷんが固まってしまうため、「だま」になってしまうのです。, A.ルウを溶けやすくし、ダマになるのを防ぐためです。 冷ましている間にも菌の増殖が進むので、できるだけ素早くカレーの温度を下げましょう。 . (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「一晩寝かせたカレーはおいしい」って言われているので、同じような方も多いですよね?, 人の体内にもいるくらいなので、普通の量なら問題ないのですが、大量に増殖すると食中毒を引き起こします。, 少し違うにおいがするカレーは、味見をしても酸っぱくなっているのがわかると思います。, 残念ながら傷んでいるようであれば、もったいないですが、処分したほうがよいでしょう。, 冷ましている間にも菌の増殖が進むので、できるだけ素早くカレーの温度を下げましょう。. 冷蔵庫に入れる前に、必ず加熱してください。 このとき、よくかき混ぜて中までしっかり火を通しましょう。 . カレーをひと晩寝かせると美味しくなると聞いたのですが、常温で放置していると変な匂いがして腐ることがありますよね。暑い夏ならまだしも、冬なら常温でも半日くらい放置しても大丈夫なのかな?と思いますが、何時間くらいなら大丈夫なのかなど、以下の項目 取り出すタイミング:カレーのローリエを取り出すタイミングは、カレールーを入れた後に弱火でさらに煮込んで完成した後 カレーは一度でたくさん作れますよね。一回では食べきれず2~3日はカレーを食べる、なんてこともあります。 冷えて固まってしまったカレーを再加熱するとき、カレーの水分が蒸発してしまっていたことはありませんか? そのまま加熱を続けると焦げる原因にもなってしまいます。 さらさらした前日のカレーとは異なり、ごてごてしてなかなか伸びてくれなかったりしますよね。, そのような状態のカレーもおいしいですが食べにくさがありますよね。そこで固まってしまったカレーを伸ばしたくても水で延ばしていいのか、それともだめなのか不安になってしまうこともあると思います。, この場合ですが、水で延ばしても大丈夫です。しかし水を入れることでコクがなくなってしまいます。さらさらになってもコクのないカレーは残念ですよね。, そんなときにおすすめなのが“牛乳”と“コンソメスープ”と“出し汁”です。 どれを使うかは食べ方で変えるといいと思いますよ!, 牛乳はコクがかなり強くなりますが、甘くなってしまいます。この甘くなる効果を利用して、子ども用のカレーも作れます。, 大人用のカレーを作った後に、子ども用に別鍋に取り分け牛乳を加え煮込むだけです。 わざわざ甘口のカレー粉を買わなくても、ある程度スパイシーさに慣れている子供なら充分だと思います。, コンソメスープは塩分が強いため、多く入れてしまった場合、塩っ辛くなってしまいますので注意してください。, 出し汁は粉末のものをお湯で溶かしてもいいですが、めんつゆをお好みで薄めて使うのもいいと思います。, 今回、カレールーの入れるタイミング、再加熱時の水分に関する注意を紹介しました。 カレーは大人から子供まで万人受けする食べ物です。 それゆえに決まった作り方や、食材はありません。, 定番の食材以外にも入れるとおいしくなる食材はたくさんあります。 ぜひ自分だけのオリジナルカレーをつくってみてください。, 一度火を止めてから溶かし、すべてのルーを溶かしてから再度加熱をするとだまになりません。, 牛乳はコクがかなり強くなりますが、甘くなってしまいます。この甘くなる効果を利用して、子ども用のカレー. できるだけ急速に冷ます. 市販のカレールーの作り方を見ると、具材と水を20分ほど煮込んだあとカレールーを入れるとなっています。 特にカレールーを入れるタイミングは難しくありません。食べる何分前に入れなければいけないなど特に決まりはありません。 沸騰したお湯の中にルウを入れると、ルウに含まれる小麦粉のデンプンの働きで、表面だけが熱によって糊状になり、「ダマ」になってしまいます。それを防ぐために火をいったん止め、煮汁をやや冷ましてからルウを入れるのです。, 小麦粉デンプンの場合、60度から糊化が始まり、80~85度で糊化しますので、80度以下まで冷ました後ルウを割り入れるといいことになります。 ただ、調理の途中、いちいち温度を測るわけにはいきませんので、火を止めてから鍋を、濡らしたフキンの上にしばらく置いておくのも一方法です。 また、ルウを割り入れたあと、フタをして5分ほど待ち、その後鍋全体をゆっくり混ぜるときれいに溶かすことができます。, ということで、『カレーのルーを入れるときに火を止める理由』を紹介させていただきました!, 【ダイソー】100円ショップで購入!『かき揚げリング』を使ってみました!【感想・レビュー】, 【米朝首脳会談】夕食会メニューの気になる料理や食材を紹介します!【梨のキムチ・干し柿とハチミツを使った飲み物など】. ちゃんと、ルーを入れる前に火を止めるのには理由があるんですよ! ということで、今回は『カレーのルーを入れるときに火を止める理由』を紹介します。 スポンサーリンク. 入れるタイミング:カレーにローリエを入れるタイミングは水から. 保存の前に火を通す. 調べてみると、大手メーカー(ハウス、グリコ、S&B)が、それぞれその件についての説明がされていたので紹介します。, A.いったん火を止めることで、お鍋の中の温度を下げ、ルウを溶けやすくするためです。 . 適量:カレー4人前に対して、ローリエの葉1枚程度. 高温で煮えている鍋にルウを加えると、ルウに含まれる小麦粉が膜を作り、溶けにくくなります。 火を止めると鍋の中の温度はすぐに90℃くらいまで下がり、ダマになる心配もなくなります。, これは、いったん火を止める(または弱火にする)のが正解です。