"The Unsinkable Maury Yeston. ID: o9QogI/2rp, 2016/03/31(木) 07:55:41 若手歌手のクリスティーヌ・ダーエはオペラ座のガラに出演し、喝采を浴びる。クリスティーヌの幼馴染のラウル子爵は彼女の歌声を聞き、愛していた事を思い出す。 だが、この作品は当初、一足先にロンドンでアンドリュー・ロイド=ウェバー版が大ヒットしてしまったがためにスポンサーが付かなくなり、資金的な意味で製作する余裕がなくなってしまった。 劇団四季ではこちらのバージョンを演じているのだが、英語以外のアンドリュー・ロイド・ウェバー版公演は劇団四季が初演した1988年4月29日が最初である。ダブルキャストや代役もロイド・ウェバー版でよく起用される。, 1991年にはアーサー・コピット&モーリー・イェストンによる舞台版『ファントム』が初演。 ID: OCHVSG/vWm, 2015/05/14(木) 22:15:10 ID: MhiWJUkqWt, 2015/10/24(土) 16:54:02 概要. 自分が死んだらクリスティーヌにやった指輪を返してくれるよう頼むと、永久に姿を消す。ペルシャ人は事の顛末を手記に書きとめ、新聞に彼が死んだことを伝える記事を出し、事件はここに終わりを告げた。, 先にも触れたとおり、初めて小説を映画化したのは1916年。Ernst Matray監督によるサイレント・モノクロ映画であった(この作品は日本未公開作品)。, 日本では1925年にはルパート・ジュリアンによって、再び映画化された作品が最初に有名になった。原作に忠実な映画化を求めるならこの作品が一番適切だろう。このときに製作されたオペラ座のセットは世界最古の現役映画セットとして現役である。, 1929年にはセリフとBGMを加えられ、パートカラーが追加されたバージョンが公開。1943年に製作されたバージョンからは三角関係などのアレンジが施されるようになる。, 最新版は2004年に製作されたジョエル・シュマッカー監督によるアメリカ/イギリス合作映画。, 翻案映画化作品としてロックミュージカル『ファントム・オブ・パラダイス』、レスリー・チャン主演の映画『夜半歌聲/逢いたくて、逢えなくて』がある。, 1976年にはケン・ヒルが手がけた舞台が最初であった。が、しばしば過小評価され無視されている可哀相なバージョンであった。それでも後にものすごく有名になるバージョンとなるアンドルー・ロイド・ウェバー版に多大な影響を与えているバージョンである為、今でも愛されている作品だと思われる。, 時を経て1986年10月9日。アンドリュー・ロイド・ウェバーを中心に製作された「The Phantom of the Opera」がロンドンのウエストエンドにて初演。 演劇の種類(ジャンル)を「演出手法」「演目の時代」「物語の結末」などの基準を元に分類, 劇団四季『オペラ座の怪人』と宝塚歌劇団・東宝演劇部『ファントム』ミュージカル作品の違いと共通点, 劇団四季の歴史 理念・方針 名前の由来 上演作品 年間上演数 年間来場者数 専用劇場 などを紹介, 舞台初心者でもこれだけは知っておきたい、オペラ、オペレッタ、ミュージカルの違いとそれぞれの特徴, ミュージカル オペラ座の怪人には続きの物語(続編)があった。ラヴ・ネヴァー・ダイズ(多少のネタバレあり), 舞台初心者でもこれだけは知っておきたい、演出手法により異なる、演劇とミュージカルの違いを分かりやすく解説, 劇団四季ミュージカル CATS タガー連れ去り席をズバリ予想!可能性の高い席は何列目、何番の席?, 【更新】演劇集団キャラメルボックス 上演作品 所属俳優 チケット情報 解散・休止の理由・原因 再結成の可能性, 宝塚歌劇団の歴史 理念・方針 名前の由来 上演作品 年間上演数 年間来場者数 専用劇場 などを紹介, ミュージカル映画 人気・おすすめ・興行収入・来場者数ランキング(2000年以降版), ミュージカル オペラ座の怪人には続きの物語があった。公式の続編『ラヴ・ネヴァー・ダイズ』, 『オペラ座の怪人』『ファントム』は、原作(Le Fantôme de l’Opéra)が同じ。. その為、脚本をテレビドラマように修正してアメリカのテレビ局にてテレビドラマとして放送され、ようやく放送されたという経緯がある。宝塚歌劇団ではこちらのバージョンで公演している。, 初のテレビドラマ版は1960年、アルゼンチンで放送された『El fantasma de la ópera』と思われる。 ID: E1OcKF5BpP, 2018/01/17(水) 00:50:32 だがクリスティーヌはそこまで追いつめられた「怪人」を哀れに思い、エリックに愛を込めた口づけを返した。母にすら愛された事のないエリックは感極まって涙を流し、一同を解放。 怪人はクリスティーヌに恋心を抱いていたが、怪人の望みに反し、数日後の『ファウスト』ではカルロッタがプリマドンナに指名された。怒った怪人の手によってカルロッタは声を失い、更にはシャンデリアが客席に落下するという惨事が起きる。, 混乱の中、クリスティーヌは怪人によってオペラ座地下へと連れ去られた。そこで怪人は仮面をかぶって彼女の前に現れ、自分の名がエリックであることを明かし、共に暮らす事を希望した。 キャリエールは一人オペラ座の地下深くへと降りていく。そこには「オペラ座の怪人(ファントム)」と呼ばれる男が住んでいた。ファントムはキャリエールに、人を地下に寄こしたこと、カルロッタの歌が我慢ならないことを抗議するが、キャリエールはオペラ座の支配人を解任されたのでど ID: OCHVSG/vWm, 2017/01/10(火) 23:21:29 『オペラ座の怪人』の怪人は怒り、恐怖、終幕は切ないイメージがありますが、『ファントム』の怪人は紳士的なイメージがあり、劇中で怪人の生い立ちについても触れられているため、感情移入がしやすいかもしれません。 またシャンデリア落下等の実際に在った事件を交えながら、物語が展開されている。, 現在では小説を基にしたミュージカル、映画などが多数製作されている。 パリのオペラ座を舞台にした物語は『オペラ座の怪人』『ファントム』の2つあることをご存知でしょうか?, 2つある物語のうち『オペラ座の怪人』は劇団四季、もう一つの物語である『ファントム』は宝塚歌劇団がミュージカル上演しています。, 『オペラ座の怪人』『ファントム』は、1909年フランスの作家ガストン・ルルーにより出版された小説「Le Fantôme de l’Opéra」が原作になっています。, 英語では『The Phantom of the Opera』(ファントム・オブ・ジ・オペラ)で、劇団四季ファンの方には馴染みがあるのではないでしょうか。, 但し、知名度では圧倒的に『オペラ座の怪人』の方が有名で、東宝の舞台ではミュージカル『ファントム』のキャッチフレーズに「もうひとつのオペラ座の怪人」と付けています。これでは、あちらが本家と言ってしまっている様にも捉えられてしまいます。, 『オペラ座の怪人』と『ファントム』は原作が同じであるため、主要な登場人物と物語内での役割は似ていますが、細かな人間関係などの部分で多少の違いがあります。, また、一部の登場人物は名前が違い、一方にしか登場しない人物もいるため、完全に同じ作品というわけではありません。, ファントムの恋敵であり、クリスティーヌの相手役は、『オペラ座の怪人』では、ラウル・シャニュイ子爵、『ファントム』では、フィリップ・ド・シャンドン伯爵で、物語内での役割は似ていますが、名前が違います。, 他には、それぞれの作品にのみ登場する人物がいます。オペラ座の怪人では「マダム・リジー」、ファントムでは「ジェラルド・キャリエール」です。, マダム・リジーはオペラ座のバレエの教師で、ジェラルド・キャリエールはオペラ座の元支配人で、役としては全く違いますが、物語内での役割は二人ともオペラ座の秘密を知る影のある重要な役割です。, 『オペラ座の怪人』と『ファントム』は原作が同じであるため、大まかなストーリーは同じですが、演出家が違うため、全場面が共通しているわけではなく、全く違う作品に感じられます。, ストーリーの共通点は、その容姿からパリ・オペラ座の地下に隠れ棲み、皆に恐れられながらも、ひそかに歌姫クリスティーヌに恋をする、彼の悲しいまでの究極の愛を描いた作品ということです。, 有名なシャンデリアが落下する場面も両作品に共通していますが、落下する場面が違います。, 怪人の性格も少し違います。『オペラ座の怪人』の怪人は怒り、恐怖、終幕は切ないイメージがありますが、『ファントム』の怪人は紳士的なイメージがあり、劇中で怪人の生い立ちについても触れられているため、感情移入がしやすいかもしれません。, 『オペラ座の怪人』と『ファントム』は作曲家が違うため、作品内で使用されている楽曲は全く違います。, 共通の音楽は一曲もありませんが、どちらも名曲ばかりで両作品が名作と呼ばれる理由の一つに音楽の素晴らしさがあります。, 全ての曲を書き出すと両方で80曲以上になってしまうため、一部の代表的な曲を書き出します。, オペラ座の怪人の音楽は、現代のモーツァルトとも称されるアンドリュー・ロイド=ウェバー作曲で、至極の名曲揃いです。, 歌い上げる俳優もファントム・クリスティーヌを演じる役者さんともなれば、超一流。突き抜けるような美しいソプラノ、会場が揺れるような重低音が楽曲を際立たせます。, ファントムの楽曲も名曲揃いですが、ミュージカルになるとやはり宝塚歌劇団は女性のため、低音部分に正直物足りなさを感じてしまいます。, ミュージカル『ファントム』を日本で初めて上演したのは宝塚歌劇団です。宝塚がファントムを上演する際は、他では聞くことができないオリジナル曲が2曲あります。, どちらの作品が良いかと聞かれると、完全に好みなの問題なので、回答は難しいですが、どちらが有名かと聞かれれば、作品、楽曲共に圧倒的に『オペラ座の怪人』です。, しかし、両作品を観ることで、いつもとは違う視点で物語を観ることができ、怪人・クリスティーヌに対し、新たな感情が生まれるかもしれません。, 両作品とも名作ですので、是非、小説やDVDではなく、劇団四季・宝塚歌劇団または東宝の劇場で観劇してください。, 悲しいまでの究極の愛を描いた作品『オペラ座の怪人』には続きの物語(続編)があることをご存知でしょうか?ミュージカル『ラヴ・ネヴァー・ダイズ』をご紹介します。. ID: uo6gCMK3gX, 2016/10/08(土) 17:20:34 フランスの作家、ガストン・ルルーが1909年に発表した小説。; 1.を原作とした演劇・映画・テレビドラマ等。; 日本では現在、三輪秀彦訳版、日影丈吉訳版、長島良三訳版、児童小説版などが出版されている。. 特にミュージカルは現在でもブロードウェイのみならず、世界各地でたびたび上演されている。日本では劇団四季や宝塚歌劇団などにより公演されている。 また映画版は1916年に最初に作られのを皮切りに、様々な「オペラ座の怪人」が製作されている。, ちなみに初めて日本に来た映画版の邦題は「オペラの怪人」で、田中早苗訳による日本語原作は「オペラ座の怪」という邦題であった。原題の「l'Opéra」が「オペラ座」とも訳すことが出来ることを知らなかったことが関係……しているのかどうかは定かではない。 ID: JvR4IPYoTd, 2016/04/15(金) 20:22:07 日本では現在、三輪秀彦訳版、日影丈吉訳版、長島良三訳版、児童小説版などが出版されている。, 原作は取材談を基盤とした擬似ノンフィクション形式で進行。正確にはある人物が記録した手記を手に入れたルルーが、手記を元に本作を執筆したという「設定」である。, 実際にルルーはオペラ座(ガルニエ宮)を概観から細部まで綿密に調べ上げ、ストーリーも「得体の知れない怪人が潜んでいるのではないか」という噂に着想して作られていった。