countif関数を利用して、複数範囲を指定しようとすると引数が多すぎるとエラーが出てしまいますね。そんな時に、少し工夫を加えるだけで複数の範囲を指定することが可能になります。考え方はシンプルなのでぜひ覚えましょう。 トップページ > エクセル関数 説明 > COUNTIFS関数 > エラーを除いてSUM関数で合計する方法|#VALUE!,#REF!,#N/A,#DIV/0! 薄型軽量モデル・最短翌日出荷の即納モデル多数! 【楽天市場】でのお買い物はこちら, まず、COUNTIFS関数で「以上」や「以下」などの指定をしたい時に使う比較演算子としての記号の組み合わせは、次の4種類です。, なお、条件値を計算式に入力する場合には上の表の例のように単純に「"(ダブルクォーテーション)」で括ればOKですが、条件値をセルに入力して参照する場合には、少し注意が必要になります。, 買えば買うほどT‐POINTが貯まる!使える!! 下図のようなデータがあります。A,C,E列とB,D,F列に分けて計算を行います。 ここでの課題は○は2点、△は1点と換算して合計を求めるという計算式を作成することです。 エクセルCOUNTIF関数を使って、「A2:A8」に含まれる、「りんご」と「イチゴ」の数を、それぞれカウントしてみましょう。 D2に、「りんご」をカウントする式を入力しましょう。 D2 =COUNTIF(A2:A8,”りんご”) 「3」を返します。 「りんご」のセルは、「3」あります。 E2に、「イチゴ」をカウントする式を入力しましょう。 E2 =COUNTIF(A2:A8,”イチゴ”) 「4」を返します。 「イチゴ」のセルは、「4」あります。 セル参照の式は、次のようになります。 D2 =COUNTIF(A2:A8,D1) E2 =… ソフトバンクユーザーはさらにお得! 複数列にまたがる範囲をcountif関数でカウントするには? countif関数でなぜか結果が0になってしまう原因と対処方法|半角/全角; エクセルのcountif関数で や などの記号をカウントする方法; エクセルのcountif関数で#value!エラー!?|原因と対処方法 この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。 Excelで使いまくる関数の1つにCOUNTIFがあります。 単純な使い方は、COUNTIF(範囲, 検索条件)ですが、検索条件に普通に値を入れても一致するものしか対象になりません。 一致だけじゃなくて、数式で条件指定したいときもありますよね。 countif関数は指定した範囲の中で1つの検索条件に一致するセルがいくつあるかを求める関数です。countif関数の基本的な使い方をパターンごとにご紹介していきます。他の関数との組合わせ方も説明しています。 ここでは、countifs 関数で検索条件範囲を複数列指定する方法を、範囲が連続の場合と飛び飛びの場合で分けて解説します。. 趣味はブログとMMO(ネトゲ)とサイクリングです。, エクセル/ワードの読み取り専用を設定/解除する方法3つ 読み専で開きたい、開かせたい!, 【Excel】画像や図をまとめて選択できる「オブジェクトの選択」のON/OFF切り替えショートカット, 【Windows】ツールを使わずファイルのタイムスタンプ(更新日時)を変更する方法, Webデザイン初心者がUdemyで勉強して転職したら、会社のホームページを作ることになった話, 【Anime】2020年冬おすすめアニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」. YAHOO!ショッピング, サイト上から簡単に買い物ができて、T-POINTも貯まります! MAXIFS関数を使って範囲の最大値を一つ又は複数条件で抽出する方法と代わりの方法, OFFSET関数の使い方 基準セルから指定した行数、列数移動し値を返す/範囲を合計, キーボードを打つ音がうるさい!!安価なものから高性能なものまで静音タイプのキーボード5選!!. 【DELLオンラインストア】, 次にCOUNTIFS関数で日付の範囲指定をしたい場合の、条件値を計算式の中に入力する方法とセルに入力して参照する方法に分けてみてみましょう。, 日付の期間指定をする上で、条件値を計算式の中に入力する場合には、守らなければならない2つのルールがあります。, こちらもダブルクォーテーションで括らないと「入力した数式は正しくありません」とエラーになるので注意してください。, 日付の期間指定をする上で、条件値をセルに入力して参照する場合には、守らなければならない3つのルールがあります。, 例えば「=COUNTIFS($B$3:$B$7,">2020/1/1",~)」は、「2020年1月1日を超え~」という条件です。, 正解は2つあり、「イ」の「2020年1月1日 00:00:01」と、「ウ」の「2020年1月2日 00:00:00」です。, なぜなら条件の「">2020/1/1"」は、「">2020/1/1 00:00:00"」と同じ意味だからです。, これを踏まえてみてみると、アは「">=2020/1/1"」であれば当てはまりますが、「">2020/1/1"」では当てはまりません。ウはもちろん当てはまります。そしてイは、条件よりも1秒大きいので当てはまるのです。, このように日付の条件を入れる際には、表示されていない「時刻」にも気を配るようにしましょう。, なお、COUNTIFS関数を使いこなすためのポイントを載せたその他のページへは、以下のリンクをクリックしてください。, いらなくなったパソコンに処分費を払うのはもったいない。パソコンの売り方の紹介です。, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, スキャナーとパソコンの接続設定でユーザー名やパスワードが間違っていると出た場合は?, Excelで#N/AやDIV/0、#REF!などエラーの数をまとめてカウントする方法, excelのCOUNTIF関数で別ファイル・別ブックを開かず参照でもエラーにならない方法, エクセルのCOUNTIF関数で曜日の条件指定がうまくいかずカウントできない時の対処法. 購入はこちら, ではCOUNTIFS関数で数値の範囲指定をしたい場合の、条件値を計算式の中に入力する方法とセルに入力して参照する方法に分けてみてみましょう。, 数値の範囲指定をする上で、条件値を計算式の中に入力する場合には、守らなければならない2つのルールがあります。, なお、ダブルクォーテーションで括らないと「入力した数式は正しくありません」とエラーになるので注意してください。, 数値の範囲指定をする上で、条件値をセルに入力して参照する場合には、守らなければならない3つのルールがあります。, =COUNTIFS($B$3:$B$7,">"&B2,$B$3:$B$7,"<"&B3), =COUNTIFS($B$3:$B$7,">="&B2,$B$3:$B$7,"<"&B3), =COUNTIFS($B$3:$B$7,">"&B2,$B$3:$B$7,"<="&B3), =COUNTIFS($B$3:$B$7,">="&B2,$B$3:$B$7,"<="&B3), なお、正しくダブルクォーテーションで括らないと「入力した数式は正しくありません」とエラーになるので注意してください。, 高機能PCがクーポン利用で更にお得 countifs関数で検索条件範囲を複数列、連続/飛び飛びで指定する方法; countifs関数が#value!エラーになる2つの原因と対処法; countifs関数で指定した複数条件をまたは(or条件)にするには? sum関数を使って指定範囲内の数値を合計する方法と使用上の注意点 以上や以下等範囲・期間指定を条件にする, ここではCOUNTIFS関数で、数値や日付に対して「以上」や「以下」、「超える」や「未満」などの不等号記号(比較演算子)を使った条件指定の仕方を解説します。, 始めに比較演算子の種類を一覧で紹介し、次に数値で比較演算子を使う方法を、その後日付で比較演算子を使う方法を説明します。, COUNTIFS関数で数値の範囲指定をしたい時や、期間を指定をしたい時に使えます。, 最大手総合ショッピングモール エクセルでよく使用する関数の中に「COUNT関数」があります。COUNT関数は、指定された範囲からセルの個数や引数リストに含まれる数値の個数を数えてくれる便利な関数です。, この記事では、「COUNT関数」「COUNTIF関数」「COUNTA関数」など、さまざまなCOUNT関数について基本から応用まで解説します。, エクセルでカウント関連の関数を使用する機会は多くあります。中でも、1つの条件を満たすセルの数をカウントするCOUNTIF関数と複数の条件を満たすセルをカウントするCOUNTIFS関数を使う機会が多いようです。ここでは、COUNTIFとCOUNTIFS関数の基本を解説します。, ・検索条件…ここで指定した条件に当てはまるセルの数をカウントします。文字条件の場合は大文字・小文字の区別はありません。, 【例文】COUNTIF関数を使って下の○×が入った表の中で○のセルをカウントします。, 基本構文:「=COUNTIFS (範囲1, 検索条件1, [範囲2, 検索条件2],…)」です。, 複数の「範囲」と「検索条件」を指定して全ての条件に適応するセルをカウントします。手順は、COUNTIF関数を参考にして、「範囲」と「検索条件」を交互に入力するまたはセルを指定します。 いずれの関数も使いこなせば便利で役立つ関数ですので、簡単な表から使ってみるとよいかもしれません。, エクセルでカウント関連の関数を使用していくと、複数の条件を指定してカウントしたい場合もあります。, OR条件を指定する場合は、COUNTIFS関数をプラスすると便利に使えます。たとえば、60歳以上と5歳以下を検索する場合は次のような関数になります。, = COUNTIFS (C2:C8,”<=5″) + COUNTIFS(C2:C8,”>=60″), 年齢はC列ですので、「範囲」はC列から指定します。「検索条件」は、5歳以下ですので「<=5」を入力します。この数式と60歳以上数式をプラスすることによって表の中から5歳以下と60歳以上の人数を計算してくれます。, この例文では、COUNTIF関数でも同じ結果になりますが、COUNTIFS関数を使うことで応用が効くようになります。, COUNTIFS関数は、複数の検索条件を組み合わせれば様々な計算に役立つ関数ですが、応用すればリストの重複数も調べることができます。, 「範囲」は名前が記載されている範囲で「検索条件」がセルで指定されていて、この場合は「大野」です。「大野」が入力されているセルを検索するので答えは1です。重複が見つかった場合は、2以上が表示されます。 ちなみに、重複数を出すのではなく、重複を削除したいなら「データ」タブの「重複の削除」が簡単です。, このようにカウント関連の関数を上手に活用すれば能率よく作業できることがたくさんありますので、チャレンジする価値があるのではないでしょうか。, エクセルのカウント関連の関数には、いくつかの種類と特徴があります。空白セル、または空白セル以外をカウントする関数や文字列をカウントする関数などもあります。便利に使いこなすためにも、まずは、どのような関数なのか概略を知っておくと自分の目的にあった関数を選ぶことができます。, カウント関連の関数の中でベースになるのがCOUNT関数です。この関数は、数値が入力されているセルの個数をカウントする関数です。, 使い方は、とても簡単です。上の画像の表で延べ参加人数を求める場合は、ダイアログボックスの「値」の欄に表の範囲を指定するだけで、数値が入ったセルの個数がカウントされます。 ただし、数値以外の文字列が入ったセルは数えられません。, 数値以外の文字列の入った参加者をカウントする場合は、「COUNTA関数」を使います。COUNTA関数は空白以外のセルの個数をカウントしてくれます。上の画像の表で関数を出すと「=COUNTA(A3:A8)」です。上の表では見て数えれば6人と簡単にわかりますが、人数が多い場合にはとても重宝する関数です。, COUNTBLANK関数は、空白セルの個数をカウントする関数です。関数のダイアログボックスの範囲にセルを指定するだけで求めることができます。, DCOUNT関数は、表やデータの中で複数の条件に適合するセルの個数をカウントする関数です。ただし、カウントできるのは数値のみですので、指定する項目には数値が入力されている必要があります。, DCOUNT関数では、数値のみのカウントでしたが、DCOUNTA関数なら文字列や数式と数値が入ったセルの個数をカウントできます。複数条件に適合するセルの個数を数えることはDCOUNT関数と同じです。 COUNTIFS関数とDCOUNTA関数の機能はほぼ一緒です。違うのはDCOUNTA関数の場合、検索条件を別表に作成する必要があるものの、ORやANDの組み合わせが簡単になるのがDCOUNTA関数です。, SUMPRODUCT関数はSUM系の関数で、要素間の積を計算してから合計してくれる関数です。少し難しい関数ですが、ANDなどを利用すれば複数の条件でカウントしてくれる関数です。, いかがでしたでしょうか?COUNT関数は、COUNTIF関数をはじめとしてさまざまな関数があります。もちろん一度にすべて覚えるのは大変かと思います。ひとつずつ、必要なものから習得し、エクセルの作業効率化を目指していきましょうね。, パソコン教室を運営する傍ら、初心者への直接の指導経験を元に執筆活動を行う。2008年「これからはじめるパソコン超入門の本」で著書デビュー。代表作に「これからはじめるエクセル超入門の本」の他、「たくさがわ先生が教える」シリーズ(技術評論社)、「大きな字だからスグ分かる」シリーズ(マイナビ)がある。指導経験と自筆の漫画を活かした執筆が得意で、「たくさがわ先生が教えるパソコン超入門の本 Windows10 & Excel & Word対応版」など、初心者向け入門書やビジネス向け文庫本、計20冊を刊行。内容はiPad、Excel、ショートカット、困ったを解決、デジカメ、安全対策など多岐にわたる。いずれもメディアで紹介され、好調に売上を伸ばしている。寄稿に、「孫育てのツボ – デジタル機器を使う」(毎日新聞)、「どうしてる?パスワード&暗証番号」(女性セブン)などもある。, 【Excelで作業改善】うまく印刷できない!エクセルで範囲を設定して印刷するには?, 【Excel(エクセル)で作業改善】四捨五入(切り上げ・切り捨て)で数値管理しよう, 【Excel(エクセル)で作業改善】文字数カウントの方法(LEN関数・LENB関数など), 【Excel(エクセル)初心者向け】掛け算ってどうやるの?計算がスピードアップする方法を徹底解説, ビジネスパーソンのための、キャリアとビジネスのニュース・コラムサイト。 キャリア構築やスキルアップに役立つコンテンツを配信しています。, リクナビNEXT、及びリクナビNEXTジャーナルの公式サイトを装ったサイトがある、との情報が寄せられています。個人情報の流失や詐欺被害に繋がる恐れもあるため、不審なサイトには十分にご注意いただきますよう、お願い申し上げます。, 株式会社リクルートキャリアが運営する社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録しておくと、あなたに興味を持った求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウトサービスもあります。, 【精神科医に聞く】あなたにピッタリなストレス解消法はどれ?上手なストレスとの付き合い方は?, 【幸せホルモン】ストレスを消し多幸感を与えてくれる“オキシトシン”を出す方法【神秘の力】, 自分の「強み」、正しく認識していますか? よくある勘違いケースと自己分析のポイントとは, 【Excel(エクセル)初心者向け】COUNT/COUNTIF関数を分かりやすく解説, 「関数の引数」ダイアログボックスが表示されますので、「範囲」を指定します。セル範囲をドラッグで指定できます。直接入力することもできます。, 「検索条件」に○を入力します。入力する場合は、二重引用符の”で囲うのを忘れないようにしましょう。○が入力されているセルをクリックすることもできます。, 「検索条件範囲1」を指定します。今回は「居住区」から中央を検索しますので、D列の2~8を選択します。, 「検索条件範囲2」を指定します。60歳以上を検索しますので「年齢」C列の2~8を選択します。, カウントされたセル数が「2」と出ていますので、関数にエラーはありません。「OK」をクリックします。. 単純な使い方は、COUNTIF(範囲, 検索条件)ですが、検索条件に普通に値を入れても一致するものしか対象になりません。, COUNTIF()の検索条件に数式を使うなら、ダブルクォーテーションで囲んで指定します。, 例えば、1から21まで並んでいる数字から、10以上とか18以下のセルをカウントしてみます。, こんな風にダブルクォーテーションで囲んで、5より大きいなら「>5」とか20以下なら「<=20」とか指定します。, 10以上18以下だったら、18以下のものから「10以上」以外のものを除外すればいいわけです。, 「10以上18以下だったら、18以下のものから「10以上」以外のものを除外」って何???と思う方もいらっしゃるかもしれません。, 料理で言えば魚の三枚おろし。なんと、捨てるはずの骨の部分が残ってしまうではありませんか・・・。, 「40歳以上の未婚の男性」は何人とか、「先月の売り上げ300万円以上の関東の店舗」は何件かとか、条件を2つ以上指定できる関数です。, 「【Excel】Countif関数で含む/含まない、前方一致/後方一致検索する方法」, アラサーの独身で、都内でシステムエンジニアをしつつサイトを運営しています。 エクセルでカウント関連の関数を使用する機会は多くあります。中でも、1つの条件を満たすセルの数をカウントするCOUNTIF関数と複数の条件を満たすセルをカウントするCOUNTIFS関数を使う機会が多いようです。ここでは、COUNTIFとCOUNTIFS関数の基本を解説します。