エクセルで月ごとの稼働日数(営業日数)を求めるにはどうしたらいいか?エクセルには、そのものずばりの『稼働日数をカウントするnetwordays関数』が用意されています。この関数は開始日と終了日を引数(入力)とすることで、その期間の稼働日数を 【初心者向け】失敗しないパソコンの選び方-あなたの必要スペックは?おすすめパソコン5選, 【動画編集向け】失敗しないパソコンの選び方-あなたの必要スペックは?おすすめパソコン7選, 【10万以下あり】失敗しない初心者向けゲーミングPCの選び方-必要スペックは?おすすめPC5選, 【購入不要】無料でExcelを使う方法3選-ダウンロード不要アプリや公式の無料体験の登録方法も!, 【基本から解説】Excelで標準偏差を求める方法-STDEVP関数とSTDEVS関数の違いは?. COUNTIF関数に、以前、または以降の日付の範囲を指定する場合は、複数条件OR(または)になります。 F2に、「2018/2/5」以前、「2018/3/25」以降のセルがいくつあるか、カウントする式を入力しましょう。 F2 =COUNTIF(C2:C10,”<=2018/2/5″)+COUNTIF(C2:C10,”>=2018/3/25″) 「3」が返されます。 「2018/2/5」以前、「2018/3/25」以降のセルは、「3」あります。 © 2020 nakoのITノート All rights reserved. =DATEDIF(開始日,終了日,”Y”)&”年”&DATEDIF(開始日,終了日,”YM”)&”ヶ月”&DATEDIF(開始日,終了日,”MD”)&”日”. Briarpatch 過去の記録にもなく、困っています。エクセルで(a列の)日付をカウントしたいのですが、重複して困っています。「c1」に任意の日付( 月 日)を入れると、「d1」に 月 日以下の日付がカウントされるようにしたいのです。 a datedif関数を利用すれば、日付間の年数や月数、日数を求めることが可能となっております。開始日と終了日と、年数か月数かの単位を入力するだけで簡単に求められることから、人気のある関数です。ぜひ覚えましょう。 エラーが発生してしまいます。どのような不備があるのか、2点のパターンをこれから見ていきましょう。, 1点目は、C3の出発日のセルには「/」がついているのに、D3の帰国日のセルには「/」がついていません。, 当サイトでは、ここでご紹介できなかった関数の一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。. datedif関数を利用すれば、日付間の年数や月数、日数を求めることが可能となっております。開始日と終了日と、年数か月数かの単位を入力するだけで簡単に求められることから、人気のある関数です。ぜひ覚えましょう。 2020/08/27 エクセルのヘッダーとフッターを削除する方法; 2020/08/26 エクセルでToDoリストの作り方(おすすめ無料テンプレート紹介) 2020/08/21 ExcelのMID関数の使い方|任意の位置から指定された文字数を抽出; 2020/08/20 エクセルのMAX関数の使い方|最大値を求める 日付の期間を求めるには「DATEDIF 関数」を使用します。「DATEDIF 関数」は入力候補や関数の挿入には表示されないので手入力します。, セル「B2」からセル「C2」の日付までの日数を求めるには=DATEDIF(B2,C2,"D")を入力します。, セルの引き算や「DAYS 関数」でも同じ結果になります。どの方法でも1/1~1/2の日数は 1 日になります。これを 2 日にしたいときは+1します。, 1 年未満の月数を求めるには=DATEDIF(B2,C2,"YM")を入力します。年齢の何ヶ月かを求められます。, 1 年未満の日数を求めるには=DATEDIF(B2,C2,"YD")を入力します。, 1 ヶ月未満の日数を求めるには=DATEDIF(B2,C2,"MD")を入力します。年齢の何日かを求められます。, 日付に日数を足して何日になるか計算するには「DATE 関数」と「YEAR, MONTH, DAY 関数」を使用します。, セル「B2」の日付の 10 日後が何日になるか計算するには=DATE(YEAR(B2),MONTH(B2),DAY(B2)+10)を入力します。, 年月日が別々のセルに入力されているときは=DATE(B2,C2,D2+10)を入力します。, 足し算でも同じ結果を求められます。どの方法でも1/1の 1 日後は1/2になります。これを1/1にしたいときは-1します。, セル「B2」の日付の 1 ヶ月後が何日になるか計算するには=DATE(YEAR(B2),MONTH(B2)+1,DAY(B2))を入力します。, 3 月 31 日の 1 ヶ月後が 5 月 1 日 になっています。これは 4 月に 31 日がないので、その分繰り越されています。これを 4 月 30 日にするには「EDATE 関数」を使用します。, セル「B2」の日付の 1 年後が何日になるか計算するには=DATE(YEAR(B2)+1,MONTH(B2),DAY(B2))を入力します。, 2 月 29 日の 1 年後が 3 月 1 日 になっています。これは 2001 年に 2 月 29 日がないので、その分繰り越されています。これを 2 月 28 日にするには「EDATE 関数」を使用します。. エクセルでは、datedif(デイトディフ)関数を使って、2つの日付のシリアル値から期間を求め、その間の「年数」、「月数」や「日数」などを求めることができます。datedif関数の基本的な書式と機能について紹介します。 この関数は、例えば、長期で行われるイベントの日数や、長期滞在型の旅行の期間などを知るのに便利です。また、TODAY関数との組み合わせで誕生日やクリスマスなどのイベントまでのカウントダウンの日数を知ることもできます。, この記事では、海外旅行の出国日と帰国日の期間や、今日から東京オリンピックまでの日数を出す手順を例に、DAYS関数を使う方法をご紹介していきます。, 海外旅行の期間の内訳です。これからDAYS関数を利用して、海外の滞在日数のデータをもとめていきます。, まず、E3セルを選択します。次に数式バーに『=D』と入力すると、頭文字「D」の一覧が出てくるので、【DAYS】を選択します。, すると、帰国日から出国日を引いた「4」の日付データが現れます。そしてアクティブ状態になっているE3のセルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのまま下へ一気にドラッグします。, 期間のデータの一覧が完成しました。年度や月にまたがる日数のデータも表示されています。, 本日の日付を2017年5月20日として、東京オリンピック開会式の2020年7月24日までの日数をもとめてみます。, すると、今日(2017年5月20日)から東京オリンピックの開会式(2020年7月24日)までが1161日であると計算されました。, セル内の設定や数字に不備がある場合、値を有効な日付として表示できないことがあります。その場合、#VALUE! datedif関数は、特定の期間の年数、月数、日数を表示させる関数です。契約期間日数や自分が何日生きたのかなど、ある期間内に経過した年数・日数を調べたい場合に便利です。ここでは例として、自分が今まで生きた日数を計算してみます。 自分の誕生日から今日までの日数を調べる. 2020/08/27 エクセルのヘッダーとフッターを削除する方法; 2020/08/26 エクセルでToDoリストの作り方(おすすめ無料テンプレート紹介) 2020/08/21 ExcelのMID関数の使い方|任意の位置から指定された文字数を抽出; 2020/08/20 エクセルのMAX関数の使い方|最大値を求める copyright (c) mediagene, Inc. All Rights Reserved. エクセルでは、日数や月数、年数を計算することも可能で、例えば開始日から終了日までの計算など、営業日やシフトの計算にエクセルが利用されることも多いです。当記事では、エクセルで日数を計算する方法を解説しています。また、日数計算で起きやすいエラーについてもご紹介。 Excelは資料作成や顧客管理など主にビジネスの場面で使うことが多いですが、関数を使えばお役立ちツールとしても使えます。今後ライフハッカーでは、実用的なExcel関数をいくつか紹介していこうと思います。第1回の今回は、「DATEDIF関数」を取り上げます。, 次に、終了日のセルに本日の日付を入力します。本日の日付は「=TODAY()」と入力すればOKです(便宜上B1に入力しています)。, そして値を表示するセルに「=DATEDIF(開始日のセル,終了日のセル,"d")」と入力します。今回の場合は「=DATEDIF(A1,B1,"d")」をC1に入力します。, この=DATEDIF(A1,B1,"d")のdの箇所(ここには単位が入ります)をyにすれば「期間内の満年数」、mにすれば「期間内の満月数」を表示させることが可能。場合によって使い分けて入力してください。また、YM、MD、YDといった単位を入力することで、下記のような結果を得ることができます。, これらの単位を使えば、たとえば自分が生まれて何年何カ月何日経過したのかを調べることもできます。, この場合、C2のセルには「=DATEDIF(A2,B2,"Y")」、D2のセルには「=DATEDIF(A2,B2,"YM")」、E2のセルには「=DATEDIF(A2,B2,"MD")」を入力しています。, 上の例では自分の生年月日から今日までの日数を調べていますが、特定の期間の日数を調べることも可能。その場合は終了日を=today()ではなく特定の日付を入力してみてください。, ※A2=2000/1/1、B2=2012/7/7、C2=DATEDIF(A2,B2,"d")と入力, 「年齢計算ニ関スル法律」によれば、年齢は誕生日の前日をもって満了するとあります。そのため、法律に沿った計算をする場合には、=today()の部分にプラス1を加えるなど、関数を修正してみてください。, ライフハッカー[日本版]の読者が、2020年10月に最も購入した書籍のトップ10をご紹介します。, お金について10代の若者が知っておくべきk都があります。会計の基礎、チップの計算方法、領収書の書き方など、お金の基本は教養として覚えておきましょう。. Copyright(C) DATEは日付、DIFFは差分という意味ですが、DATEDIFFではなくDATEDIFと記載します。, DATEDIF関数では、2つの日付(開始日と終了日)間の年数や月数、日数を求めることができます。日付の単位にはシリアル値を持っており、シリアル値の差分を計算します。, まずDATEDIF関数が使えないと思っている方へ、この関数は「関数の挿入」ボタンからは入力できない、入力のサジェストに現れない関数なのでそのように思っているかもしれませんが、直接入力をすれば利用することができます。, DATEDIF関数の書式は「=DATEDIF(開始日,終了日,単位)」のように記述します。, 2番目の引数は「終了日」です。この引数は必須です。日付の終了日を指定しましょう。日数/月数/年数の指定をすることができます。, 3番目の引数は「単位」です。この引数は必須です。以下の6つの単位で指定が可能です。, Enterで確定し、日付間の年数が出力されました。日付間が1年○日あったら、○日の部分は切り捨てられます。, DATEDIF関数の単位「"Y"」は、そのまま満年齢に利用できますので、現在の年齢の計算はとても楽です。, DATE関数やMONTH関数やYEAR関数を利用すれば、DATEDIF関数の代わりになります。, 月数と年数を無視した、開始日から終了日までの日数です。ただし、開始日の日数よりも終了日の日数が下回る場合は、不正確な結果を返します。. 日数. 年月日が別々のセルに入力されているときは =date(b2,c2,d2+10) を入力します。 エクセルでは、日数や月数、年数を計算することも可能で、例えば開始日から終了日までの計算など、営業日やシフトの計算にエクセルが利用されることも多いです。当記事では、エクセルで日数を計算する方法を解説しています。また、日数計算で起きやすいエラーについてもご紹介。 今回は、Excelで関数を使って2つの日付の期間をカウントする方法をご紹介します。, この関数を使えば、日付Aから日付Bまでの期間を、年数、月数、日数などでカウントすることができます。, 今回ご紹介するDATEDIF関数は、開始日と終了日の差分を指定した単位でカウントする関数です。, さきほどと違うのは、「終了日」に「セル番地」ではなく「TODAY関数」を使っているところです。, 上記のやり方だと「満年数」「1年未満の月数」「1ヶ月未満の日数」がそれぞれ別のセルに表示されますが、一つのセルにまとめて表示することもできます。, DATEDIF関数を使えば、誕生日から年齢を計算したり、入社日から勤続年数を計算したりできます。, Excel、Photoshop、WordPressなど、IT関連のネタを記事にしています。わかりやすくまとめることを心がけています。. All rights reserved. エクセルで勤怠や販売など日付を管理している方も多いと思います。 でも日付や日数の計算は、普通の数値と違い一筋縄ではいきません。, ここではエクセルでの日付の計算方法を解説しています。 指定日に足し算や引き算をして日付を出す方法や土日を除いた稼働日のみの日数を計算する方法など、知っていれば必ず役立つ計算をまとめました!, 覚えてしまえば絶対に使える知識です。 この記事を読んで、ぜひエクセルでの日付の計算を習得してください!, 納期であったり、勤怠管理であったり、様々な仕事で日付や日数の管理は必須ですよね。 エクセルではそんな日付に関する計算も効率よくできるよう様々な関数が用意されています。, 2パターンとは、2つの日付を使用する「開始日と終了日の間の日数を求める方法」と、ある時点から任意の数値を加減する「指定日に日数を足し算・引き算して日付を求める方法」です。, 前者では2つの日付の間の期間の日数を求め、後者では計算した日付を求めます。 仕事をしていると、どちらのパターンも必要になることがあるでしょう。, まずは2つの日付の間の日数を求める計算をしましょう。 2つの日付には必ず古い日付と新しい日付があります。ここでは古い日付を「開始日」、新しい日付を「終了日」としています。, たくさんの関数が出てきますが、使い方はそれほど変わりません。 便利な関数ばかりですので、ぜひ覚えて使ってくださいね。, 1月1日から1月7日までの日数は開始日を含むなら6日、含まないなら7日ですね。 これくらいなら見て分かりますが、日付の間隔がもっと離れたときはすぐには分かりません。, 1月1日から1月7日までの日数を求めたいときの計算方法は3パターンあります。 特徴を掴んで使いやすい方法を使用してください。, 「開始日」と「終了日」には日付が入ります。 セル番号やTODAY関数などで日付を指定するか、べた書きの場合は「”2019/1/1”」のようにダブルクオーテーションで日付を挟んでください。, 最後の「”D”」は年月日の「日」のことで、ここには年月日いずれかのパラメータを指定します。 年の場合は「”Y”」、月の場合は「”M”」を指定すると、開始日から終了日までの年数や月数が返ります。, 以下の表に例をまとめましたのでご覧ください。指定するパラメータにより結果が異なることが分かります。, DATEDIF関数と同様「開始日」と「終了日」には日付が入ります。 セル番号やTODAY関数などで日付を指定するか、べた書きの場合は「”2019/1/1”」のようにダブルクオーテーションで日付を挟んでください。, DATEDIF関数よりも簡単なため覚えやすいですが、こちらは年月の計算はできません。, DATEDIF関数とDAYS関数はどちらも便利ですが、関数にこだわらない場合はもっと簡単に式を作れます。, ただの引き算のため一番簡単ですよね。 DAYS関数と同じく年月の計算はできませんが、ただ日数だけならばこれでもよいでしょう。, 勤怠管理など出勤しない曜日は計算に含みたくないときがありますよね。 そんなときのためにエクセルでは、NETWORKDAYS関数が用意されています。, 稼働日のみ、営業日のみなど様々な応用ができるため、この関数も知っているとすごく便利ですよ。, NETWORKDAYS関数は2つの日付の間の稼働日(土日、祭日以外)の日数を返します。 以下のように書きます。, 開始日、終了日および祭日はすべて日付です。 この関数はもともと土日を除く計算を行います。さらに最後の祭日にいれた日付も除いて計算します。, たとえば1月1日から1月7日に土日は必ず含まれますね? すると結果は「5」となります。, 元旦の1月1日を祭日にいれる場合、「=NETWORKDAYS(“2019/1/1”, “2019/1/7”, “2019/1/1”)」のように書きます。 すると結果は1月1日を土日に加えて除き、「4」を返します。, 土日が休みでない仕事の場合、NETWORKDAYS関数は使えません。 その場合は、NETWORKDAYS.INTL関数を使用すれば問題は解決します。, この関数は休みの曜日を指定することができます。 たとえば水曜日休み、木金休みなど土日以外の曜日を休みとして計算することができます。 以下のように書きます。, 開始日、終了日は日付で、休日はNETWORKDAYS関数の祭日と同じく祝日などイレギュラーな休みを指定します。, この関数のポイントは「週末」です。 週末には1~17のパラメータを指定し、このパラメータによって休みの曜日を変更することができます。 パラメータとそのパラメータによって日数計算から覗かれる曜日は以下の表をご覧ください。, 残念なこと隔週や離れた曜日を設定することができません。 パラメータ以外の組み合わせを休みにしたい場合は、日付のリストを作成して休日に指定することで実現できます。, 週末を省略し休日を設定する場合は、最後の行のように週末のパラメータは空白で指定します。, 次に指定日に任意の数値を足し算または引き算した日付を求めましょう。 指定日から何日後や何か月後など未来に日付、何日前や何か月前など過去の日付を知ることが目的です。, 関数を使わずに計算する方法と関数を使った計算方法があります。 計算したい単位・数値によりどちらを使用するかを判断しましょう。, たとえばA1に日付を入力しているなら、「=A1+3」でA1の日付の3日後になります。 引き算の場合も同じで、「=A1-3」でA1の日付の3日前になります。, でもこの計算では日数しか足し算・引き算できなくて、3か月後など計算しづらいですよね。 90日と3か月では日数が違ってくるため、3か月後の日付が欲しい場合、元の日付の月に3を足したいと思うはずです。, では次に、日だけでなく、年や月の計算をしましょう。 この式を覚えておくと、年月日どの単位も扱えます。 式は以下のように書きます。, 年に足し算したい場合は「YEAR(元の日付)+n」、月の場合は「MONTH(元の日付)+n」、日の場合は「DAY(元の日付)+n」とすれば、計算したい単位だけ足し算や引き算をします。, 以下の表をご覧ください。 元の日付に数値を足し算・引き算して日付を表示しています。, 日の場合は単純に元の日付に数値を計算している式と、関数を使用して計算している式を載せています。, たとえば元の日付に「1年4か月20日」足したい場合は関数を使った方がよいでしょうし、元の日付に「505日」足したい場合は関数を使わずに計算する方がよいでしょう。, このように計算したい単位によって、関数を使った方がよいか、使わない方がよいか使い分けることが大切です。, 場合によっては、日数計算は厄介で難しいかもしれません。 日数計算でつまずかないためには、複雑な式にしないことです。, 大きな計算も小さく区切って計算するようにすれば、ミスも少なく、また次に見る人も分かりやすいでしょう。 その点も含めて、正しい計算式を作成し、求めたい日数や日付を出してくださいね。, =DATE(YEAR(元の日付), MONTH(元の日付), DAY(元の日付)), エクセルで文字列を検索できるFIND関数の使い方を解説しています。複数条件の指定やSEARCH関数との違いもご紹介しているので、様々なパターンで利用できるようになります。そして、エラーの対処法も解説しているので、使い方にお困りの方は参考にしてください。, エクセルでは、ただEnterを押すだけではセル内の改行ができません。当記事では、通常の改行方法と関数(CHAR関数)を使った改行方法を解説します。また、行間調整による表示の変え方や一括置換による改行の削除など、役に立つ改行テクニックもご紹介!うまくできないとお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。, エクセルには、自動認識して変換する便利な機能があり、西暦や和暦など様々な表示形式に対応しています。そんなエクセルの日付変換機能にお悩みの方必見!当記事を読めば、エクセルの日付変換を自由に設定できるようになります。もちろん、文字列やシリアル値への変換や自動変換をしないようにオフにすることも可能!, エクセルでフリガナを振る方法を解説しています。初期設定はカタカナですが、ひらがなに替えることも可能です。その方法や関数を使って一括でフリガナを別のセルに抽出する方法も。エクセルでのフリガナ表示にお困りの方や表示されないとお悩みの方は、是非参考にしてみてください。, エクセルで別々のセルに入力された文字列を結合する方法を解説しています。関数を使わない「&」を使う方法とCONCATENATE関数を使って範囲指定する方法、さらに、セルや改行を入れたり日付がうまく結合できない時の対処法などもご紹介しています。, 当記事では、エクセルのセルやファイルを比較する方法を解説しています。関数を使わず簡単にセルの値・文字列を比較する方法、EXACT/DELTA/INQUIRE関数を使った方法、さらに、シートをまたいだ比較やファイルごと比較する方法もご紹介。(Excel 2019/2016/2013対応), 【画像あり】パワーポイント「アニメーション」の設定方法-使い方は?オプション設定も解説, 初心者でも簡単!Wordの縦書きする3つの方法-英数字(アルファベット)を縦表示するには?.