条件式は成り立たない A1セルに入力されている値が、 【エクセル初心者】表の縦・横の項目を指定して値を検索する(INDEX、MATCH). エクセルの計算式で表現すると、 条件式で 「XX超、XX未満」   ↓ 常に「0」が表示されてしまうのでした。, 結論としては、 「3つの数字(セル)の比較は止めましょう」 やや難しいのに加え、応用できる話でもありませんので、 (【-1<=A1】の計算結果)は、 「-1<=A1」 かつ 「A1<=2」 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【購入特典付】Microsoft Office 365 Solo (1年版)|オンラインコード版|Win/Mac対応, もとの値の桁数がそろっているならRIGHT関数、LEFT関数、MID関数でも決まった位置にハイフンを入れることはできる(でも面倒くさい), TEXT関数なら元の値を自由に書式設定して出力してくれる(123456→012-3456). エクセルではシートに入力済みのデータを別シートに自動で反映させたい場合がよくあります。今回は、セルのデータを別シートに自動で反映させる方法を4つ紹介したいと思います。よく使うドロップダウンリストの反映方法もあわせて紹介。 というような条件を書きたいときにどうすればいいでしょうか?, 例えば、 「最初の2つの数字」を持ってきて、 「3つの数字を比較する」書き方はできません。, これを、 という扱いを受けるようです。, ということで、 「and(-1<=A1,A1<=2)」 「-1<=A1<=2」というような ということになります。, 「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!, このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。, ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!, ※ご登録頂いたメールアドレスに、エクセルを使いこなすための情報を配信するメールセミナー「エクセル倍速講座」も合わせて配信させていただきます。. 感覚としては1000円単位のカンマを打つようなものです。桁が多かろうが少なかろうが、区切り文字の位置は変わりません。, 書式の部分がイマイチよくわからないという方は、試しにハイフンの位置を動かしてみてください。どういう仕組みなのかすぐにわかるはずです。, いかがでしたか? エクセルでデータを扱っていると、郵便番号や整理番号のように、本当は「012-3456」のようにハイフンで区切られていてほしい文字列がありますよね。, ところが、データを作った人やシステムのクセによってはハイフン無しの「0123456」や、更にエクセルに数値とみなされて「123456」のように頭のゼロが飛ばされてしまうケース(北海道の郵便番号はゼロから始まるものがありますからね)もあります。, という方のために、関数たったひとつで数字の中へハイフンを挿入する方法をご紹介します。超簡単です。, 文字列を分割して取り出したいときによく使われるのがRIGHT関数、LEFT関数、MID関数ですが、郵便番号、口座番号、会員番号、整理番号といったものは往々にして足りない桁の分、頭にゼロがつくものです。, ですから、上記のような文字数を数える関数では桁が合わない分、結果がズレてしまいます。 エクセルの仕様で、 TRUE、FALSEは、全ての数字よりも大きい 例えば、「=1+2+4」という計算式を入れたら、 A1≧-1であれば条件が成り立っているので「TRUE」 頭ゼロ付きの文字列だろうがゼロなしの数値だろうが、一旦、値として受け取った上で改めて書式を設定して吐き出してくれます。発想の転換ですね。, 先ほどの例では書式として”000-0000″と指定しています。 「-1<=A1<=2」 そして、データ管理上の都合、この7桁の数字を123-4567と間にハイフンを入れ、管理する必要があるとします。 この1234567という数字を123-4567と3桁目と4桁目の間にハイフンをExcelで一括して入れる方法を下に紹介します。 2つの数字の比較の「組み合わせ」に分解することができます。, この分解後の条件を、 と判断されてしまい、 通常は、「最初の2つの数字」を持ってきて計算(解釈)を行います。 という値(論理値といいます)が返されます。, 今回の条件式では、 エクセルの条件式は「2つの数字の比較」で表す. 条件が成り立てば「TRUE」、成り立たなければ「FALSE」 エクセルでは、 「-1<=a1<=2」というような 「3つの数字を比較する」書き方はできません。 必ず、 2つの数字を比較する形にしないといけません。 例えば、 「-1<=a1<=2」の場合は、 そこで、TEXT関数の登場です。, TEXT関数はもとになる数字を自由に書式設定できる関数です。 難しい、、と感じたら、読み飛ばしてください。, 計算式が出てきた場合、 経理・会計業務を行っている方向けに、エクセルでの作業を劇的に速く、効率化する方法をお伝えします。, エクセルのif関数を使って、 エクセルでデータを扱っていると、郵便番号や整理番号のように、本当は「012-3456」のようにハイフンで区切られていてほしい文字列があります。例えば北海道の郵便番号のようにゼロから始まるものでも簡単に正しい位置へハイフンを自動で入れる方法をご紹介します。 「-1以上、2以下」というような条件を指定したい場合、, エクセルでは、 A1セルにどんな値が入っていたとしても、 「XX以上、XX以下」 というように、 TRUEやFALSEを、数字と比較しようとすると、 A1セルに入っている値に応じて変化しますが、, どうやら、 Copyright © 2020 経理・会計事務所向けエクセルスピードアップ講座 All Rights Reserved. 最初に「1+2」の部分を計算するわけです(計算結果は3)。, 「-1<=A1<=2」という条件式を入れた場合、 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". A1<-1であれば条件が成り立っていないので「FALSE」が返されることになります。, 先ほど見たように、 「-1<=A1」を計算(解釈)します。, 条件式の場合、計算結果は 今回はテキスト関数を使って、郵便番号のような数字の中にハイフンを自動で挿入する方法をご紹介しました。, 便利な使い方を知っている、ただそれだけで仕事が劇的に速くなってしまう、それがエクセルという世界一有名で身近なオフィスソフトです。, この記事がお役に立てそうなら、ぜひ他の困っている方のために紹介してさしあげてください。よろしくお願いします。, Pingback: エクセルで数字の頭に0(ゼロ)をつける簡単な方法4つ | エクセリューション, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. という形になるのです。, ※ここからは、