All rights reserved. ?~野村ホールディングス 酒井さんに聞いてみよう, 【終了】【オンライン公開取材】明日から始められる『3000円投資生活』~FP横山光昭さんに聞く、無理のないお金の貯め方~ #大学生の社会見学, 【終了】【オンライン公開取材】明日から始められる『3000円投資生活』~FP横山光昭さんに聞く、無理のないお金の貯め方~ #, 打ち間違い防止にセル内の値を限定! クリックだけで入力できるExcelのドロップダウンを解説, もっと手軽に起動したい! デスクトップにエクセルのショートカットアイコンを作成する方法. 「見えないデータが残ってるからか... 「詳しくはこちら、をクリックすると別の場所に移動したいんだ。」 「ハイパーリンク... 【Excel・エクセル】プルダウン(ドロップダウン)メニューを作成して、リストから選ぶ方法, 【Excel・エクセル】データは少ないのに重い、サイズが大きいときの原因と改善方法. 【Excel・エクセル】フィルターとは? 3. エクセルで1部だけフィルターがかからない。 そんな時の原因を2つ紹介します。 1、データの途中が抜けている. 「よし、データを入れたから、フィルターかけて合計出して、見やすいように色も付けなきゃ。」「テーブ ... https://sakusaku-office.com/excel/post-3021/. 「それ... 「この表のどこかに、山田さんのデータがあるはずなんだけど……」 エクセルのフィルター機能は、特定の範囲から条件に合ったセルを抽出・検索できる便利な機能です。基本的な操作方法から複数条件を選択した状態や範囲指定でのフィルタリングなどの応用テクニック、トラブルシューティングまで詳しく解説しています。 ここでの説明は省きますが、そもそもオートフィルターそのものが使用できない場合は下のような原因が考えられます。, 表の1セルをクリックしてオートフィルターを開始すると、フィルター対象となる表の範囲を上部だけと勘違いしてしまいます。, 上部だけが「東京本店」でちゃんと抽出され、下部は何も変更されていないのが分かります。, 対象の範囲全体を選択しておいたことで、エクセルが間の空白部分も含めて抽出してくれます。, このような状態でフィルターをかけると、結合した部分の最上部のデータだけしか抽出されません。, 下の画像は「東京本店」で抽出したものです。「11行目」だけ抽出され、「12行目」は無視されているのが分かります。, このような時は、セルの結合を解除して、必要なデータを埋めてからフィルターを使用しましょう。, フィルターや並べ替えが必要な表の場合は、セル結合を使用するのは避けた方が無難です。この機会に表全体の見直しをした方が良いかもしれません。, オートフィルターが正常に働かない場合の原因は、エクセルの表の自動範囲がこちらの思った範囲になっていないことが1番多いのではないでしょうか。, ここで紹介した2つが原因でない場合は、データの形式にも注意してみてください。日付に見える場所が、実は文字列として入力されていることがあるかもしれません・・・。, そもそも、最初の1文字目に空白を入れてしまっているような、データ入力ミスの可能性もありますよ。. 2、結合されているセルがある. さらに、 [Shift]+ [Ctrl]+ [↓] で空白行までを選択することができます。. エクセルの「オートフィルタ」は、ワークシートのデータリストから特定の条件を満たすデータを絞り込んで抽出し、表示する機能です。データが大きいとその中から条件に合うものを見つけるのは大変ですが、この機能を使えば簡単に抽出することができます。さらに、抽出したデータを名前や値の順に並べ替えたり、トップ10を表示させるなど便利な機能もあります。, 今回は、日常業務でエクセルをよく使う筆者が、オートフィルタの基本的操作や便利機能の活用法をご紹介します。, これであなたもオートフィルタを使いこなせるようになれるでしょう!(バージョンはOffice2010で統一), まずは、データを絞り込むための基本的な操作をお伝えします。日用品を販売するX社の例で見ていきましょう。, X社では4人の営業担当者がA~Fの6種の商品を販売しています。各担当者がどの商品をいくつ売ったなどの売上伝票を日々提出し、経理担当者がこれをもとにエクセルで売上明細表を作成しています。この明細表を例にオートフィルタを使ってみましょう。, オートフィルタはエクセルシートの1行目を見出しとみなします。この例では、「伝票番号」「日付」「担当者」「商品名」「単価」「販売数量」「当日販売額」の7項目が見出しとしてセルA1~G1に入り、その下に日付順の各販売データが並んだリストを作成したとします。, このリスト中のセルをどれか選択し、「データ」タブの「フィルター」ボタンを押すと各見出しセルの右端にドロップダウンボタン(▼)が現れ、データリストにフィルタがかかります。, 「フィルター」ボタンの代わりにショートカットキー「Ctrl」+「Shift」+「L」でも、同じようにオートフィルタが設定できます。, 担当者のドロップダウンボタンを押して表示されるリストでは、「(すべて選択)」と担当者4人の名前に全てチェックが入っています。「(すべて選択)」のチェックをはずし、担当者の誰か1人にチェックを入れて「OK」を押します。, すると、チェックを入れた担当者の売上データだけが日付順に表示され、ドロップダウンボタンがフィルタのマークに変わり、抽出データの行番号も青色に変わります。, さらに、商品名を同様に「E」のみチェックすると、その担当者が売った「E」商品の売上データのみが表示されます。, このようにオートフィルタでは、複数の条件でデータを絞り込むことができます。日付や商品名でフィルタをかければ、その日の販売額やその商品がいくつ売れたかなどの情報が一目でわかるのでとても便利です。, オートフィルタを使いたいのに設定や解除の仕方がうまくいかない。そんなときのチェックポイントや対処法をご紹介します。, 再びデータを全部表示させたいときは各見出しセルのフィルタマークのボタンを押し、「(すべて選択)」にチェックを入れます。見出しセルにフィルタマークがなければ、その列のデータは全て表示されています。, オートフィルタ機能を完全に解除するには、「データ」タブの「フィルター」ボタンを押すとドロップダウンボタンがすべて消えます。これは、機能の起動時と同じ「Ctrl」+「Shift」+「L」のショートカットキーでも解除できます。, オートフィルタはエクセルファイルが「保護されたビュー」の場合、使うことができません。ファイルをネットワークドライブやWeb上など外部から入手すると、この状態になっていることがあります。ファイル上部に黄色で示される「編集を可能にする(E)」ボタンを押して編集可能の状態になっているか確認しましょう。, 複数のシートを選択していたり、シートが保護されている場合もオートフィルタは使えません。保護を解くには本来パスワードが必要ですが、すべてのデータを選び、別シートにコピーすればオートフィルタが使えるようになることがあります。, データリストに結合セルがあると、オートフィルタが使えないので結合を解除しましょう。結合セルが見つからない場合は、シート全体を選んでマウスを右クリック、「セルの書式設定(F)…」メニューにある「配置」タブの「セルを結合する」のチェックを外して「OK」をクリックします。, また、リストに空白セルがあるとデータの絞り込みから漏れる可能性があるので、各項目のドロップダウンボタンのリストで「(空白セル)」を表示させ、データを入力しておきましょう。, 基本的な絞り込みによるデータ抽出以外に、オートフィルタを使いこなすための応用編をご紹介します。, 抽出したデータから、さらに合計を出してみましょう。上の例で商品Aのデータを抽出して合計販売個数を計算します。販売数量データの直下の空白セルを選択し、表示された数値だけ合計する関数「=SUBTOTAL(9,セル範囲)」を入力します。最初の引数「9」は合計することを意味しています。, その下のセルに全商品の全数量を入れたい場合は、一度すべてのデータを表示させ、関数「=SUM(販売数量の全セル範囲)」を入力します。これで商品Aが全体の販売個数の何%を占めるかも計算できます。, ここまでは条件に適合するデータのみを抽出してきましたが、オートフィルタでは具体的な数値やテキストを条件にして、特定の期間や一定値以上の販売データだけを表示させることもできます。, 例えば、数値データの場合は、ドロップダウンボタンの「数値フィルター(F)」を選択すると、サブメニューで「指定の範囲内(W)…」「トップテン(T)…」「平均より上(A)」などを選ぶことができます。, 数値指定の場合は指定値を入力するダイアログボックス、「トップテン」では上から何位まで表示するかを選択するドロップダウンボックスが表示されます。, さらに、メニュー「昇順(S)」「降順(O)」で抽出データを順に並べる、あるいは「色で並べ替え(T)」や「色フィルター(I)」でフォントやセルの色別に並べ替えることもできます。, オートフィルタはエクセルシートの好きな場所で、「フィルター」ボタンを押すだけでつくることができます。ちょっと変わった使い方としては、一度に複数のデータを変更するのにも使えます。上の例で担当者ごとに行の色を変えたい場合、それぞれの担当者でフィルタをかけて抽出すれば、一気に色を変更できます。これはフォントや行の高さにも応用でき、データリストから特定のセルを探して変更するよりも格段に効率が上がります。, オートフィルタは今回ご紹介した機能以外にも、応用ができる便利なツールです。ぜひ、いろいろな活用方法を試してみてください。, ベストセラー書「社内・社内プレゼンの資料作成術」の著者、前田鎌利による特別ワークショップでプレゼン術の秘訣を全公開。, ロジカルシンキングの中の因数分解(数字思考力)と8つの分析手法をEXCELワークシートを使って学習しよう!, たった3時間で、リーダーが身に着けておきたい、「対メンバー」「対チーム」へのリーダーシップの発揮の仕方をご紹介。, 仕事で使えるショートカットキー63選!パソコンの便利機能を使って作業効率化!(Windows編). [データ][並べ替えとフィルター][クリア] 旧バージョンUIのExcelでは、 [データ][フィルタ][すべて表示] ... Q エクセルVBA オートフィルタの選択を元に戻す. これできっとなんでもカウントできるようになりますよ!, エクセルには、文字列を抽出できる4つの関数があります。当記事では、その4つの関数の使い方や使い分け、さらに後ろから検索、数字のみ抽出、複数条件設定など、複雑な条件にも対応した抽出技をご紹介しています!, 当記事では、エクセルのセルやファイルを比較する方法を解説しています。関数を使わず簡単にセルの値・文字列を比較する方法、EXACT/DELTA/INQUIRE関数を使った方法、さらに、シートをまたいだ比較やファイルごと比較する方法もご紹介。(Excel 2019/2016/2013対応), 【無料】ギガファイル便の使い方-危険性はある?大容量データの送受信におすすめな理由, 【便利】Twitter検索テクニックまとめーツイートがすぐ見つかる「高度な検索」の使い方. ショートカットキーは、「Alt」→「A」→「C」キーの順に押すことで可能です。. データリストの左上のセルをアクティブにします (選択します)。. フィルターの練習ファイルダウンロード; 2. 覚えておくと、他のアプリでも役立ちますよ。. すべてのフィルターが解除されます。. Copyright © 2017-2020 Prau(プラウ)Office学習所 All Rights Reserved. データ全体を手早く選択する方法があります。. 「表内の文字位置は、9つの中から... 「下のセルに移動しようとして下矢印キーを押したら、画面が下に行くんだ。」 2.表の途中でフィルターがかからなくなる場合の対処法 ②【(すべて選択)】のチェックを外し、③【バナナ】を選択し、④【ok】ボタンを押します。 フィルターで絞り込んだ結果を確認すると、B列の「No」は連番ではなく行に紐づいている数字がそのまま表示されてしまいました。 【初心者向け】失敗しないパソコンの選び方-あなたの必要スペックは?おすすめパソコン5選, 【動画編集向け】失敗しないパソコンの選び方-あなたの必要スペックは?おすすめパソコン7選, 【10万以下あり】失敗しない初心者向けゲーミングPCの選び方-必要スペックは?おすすめPC5選, 【購入不要】無料でExcelを使う方法3選-ダウンロード不要アプリや公式の無料体験の登録方法も!, 【基本から解説】Excelで標準偏差を求める方法-STDEVP関数とSTDEVS関数の違いは?. フィルター機能は、[データ]-[フィルター]を選択することで使用できます。 フィルターがかからない原因の一つは、フィルターをかける対象としてデータが何も含まれていないセルを選択していることによります。つまり対象範囲が指定されていないことになります。 対処法として、フィルタ� 1. Copyright © 2020 もりのくまのサクサクOffice All Rights Reserved. 「表内の文字を左上から真ん中に変えたいんだ。」 Copyright(C) 先頭行のフィルターマークをクリックして、フィルターを設定; すべて選択にチェックを入れるか、データタブ→クリアでフィルターを解除 ; 目次. 3.1. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 表っていろんなデータが詰め込まれていて、一覧で見るにはいいですが、ピンポイントでほしい情報を探すとなると、見にくかったりしますよね?, そんな時に使えるのが、「フィルター」です。フィルター機能を使えば条件を指定して、見たいデータだけを表示できます。, 全店分の売り上げが一覧で分かりますが、例えば関東地区だけのデータが見たいときや、2014年以降に開店した店舗だけを見たいときは見にくいですよね。, まずはフィルターをかけたい表をクリックして、「データタブ」→並べ替えとフィルターのところにある「フィルター」をクリックしてください。, すると、表の各項目(一番上の行)に、下向き三角のマークが付きました。これが、フィルターの目印なんです。, フィルターを解除したい場合は、フィルターがかかった状態でもう一度フィルターのアイコンをクリックします。, セルA1にあるフィルターマークをクリックしてください。下向き三角(▼)のことですよ!, 下の方に、すべて選択、関西、関東、東北、北海道と、A列の中にある項目が並んでいます。, クリックすれば、チェックを入れたり消したりできます。すべて選択をクリックすると、すべてのチェックを入り切りできます。, 関東だけにチェックを入れたいので、一度すべて選択をクリックしてすべてのチェックを外して、そのあと関東をクリックすれば、関東だけチェックを入れられます!, フィルターを設定したら、セルについているフィルターのマークが漏斗(じょうご)のようなマークに変わりましたね。この列ではフィルターで一部隠してますよーという合図なんです!, フィルターは複数選択もできます。関東地区の店舗でかつ、2014年4月以降に開店した店舗だけを抽出したいと思います。, 開店日のフィルターマーク(▼)をクリックしてください。フィルターのメニューが表示されます。, ちなみにこのメニューの内容も、「日付フィルター」「数値フィルター」「テキストフィルター」で変わります。, ちなみに、「数値フィルター」「テキストフィルター」では、それぞれこのくらいのメニュー量です。, 話を戻して、今回は2014年4月以降に開店したデータを抽出したいので、それができそうな項目を探します。, 「何日より後を抽出したいの?」と聞かれているので、今回は「2014/4/1」と入力してみます。入力できたら、「OK」をクリックしてください。, すると無事日付にもフィルターが設定され、先ほど設定した地区のフィルターと合わせて「関東地区かつ2014年4月以降に開店した店舗」のみのデータが抽出できました!, 設定したフィルターは、個別に解除できます。A列に設定したフィルターを解除してみましょう。, 出てきたフィルターのメニューから、「すべて選択」をクリックして、「OK」をクリックしてください。, 開店日のフィルターはそのままなので、すべての地区で2014年4月以降に開店した店舗が表示されています。, フィルターを解除したい表をクリックして「データタブ」→並べ替えとフィルターのところにある「クリア(または「すべてクリア」)」をクリックします。, これで行数が多くて見にくい表でも、見たいデータをサクッと探せますね!それでは、お疲れさまでした!. エクセルで複数列にフィルタを設定しているときに 一括でフィルタを「すべて選択」にできるマクロを作りたいです。 例えばa1~f10にまでフィルタリングの範囲を設定したとします。 ただし、一部の行列(3行目とかd列とか)だけは非表示設定にします エクセルで作った表から条件を指定して絞り込むことができる「フィルター機能」 使いこなせればとても便利な機能です。 しかしいざ使おうとすると、条件の指定の仕方に迷ったり、フィルターが思うように掛からなかったりします。, ここではそんな時のためにフィルター機能の基本的な操作方法から応用テクニック、トラブルシューティングまで詳しく解説します。 これでフィルター機能をマスターできますよ!, まずはフィルター機能の基本的な操作方法について確認します。 フィルターをかけたり解除したり、ちょっと複雑な条件の指定の仕方などについてみてみましょう。, これでフィルターがかかって出身が東京の人のみ表示されました。 なお、(4)でチェックを入れる際には、一度「すべて選択」を押してチェックを全部外してからのほうが効率がよい場合があります。参考にしてください。, これでフィルターが解除されました。 ちなみにフィルターで表示を絞った状態でも同様の手順で解除することができます。, 続いて複雑な条件の指定の仕方を見てみましょう。 細かい条件指定の仕方や複数条件の指定の仕方を確認します。, まずは詳細設定の仕方からです。 ここでは氏名に「田」の付く人だけに絞りたいと思います。, これで氏名に「田」を付いている人のみ絞り込むことができました。 この他にも同じような手順で「指定の値の等しくない」、「指定の値を含まない」などの条件を設定することができます。 試して見てください。, 「氏名と出身」のような別の列での複数条件の指定は、それぞれ▼タブからチェックを入れてあげればできるので、ここでは先ほどの「含む」条件での指定の延長で、氏名に「小田」と「神田」が付く人のみを絞り込んでみます。, (3)「抽出条件の指定」の1行目に「小田」、2行目に「神田」と入力し、「OR」を選択して、2行目の条件を「を含む」にしてからOKボタンを押す, 次にフィルター機能の応用テクニックを紹介します。 表示されたものだけの合計を求める、表示されたものに条件を追加する、表示されたものだけを他のセルに貼り付けする方法を確認してみましょう。, 一般的に使われる合計の関数「SUM」だと、フィルターをかけた時に表示されたものだけを合計してくれません。, (1)合計を表示させたいセルを選択し、数式バーに「SUBTOTAL(」と入力して「fx」ボタンを押す, SUBTOTAL関数は集計方法を指定することでAVERAGE関数やCOUNT関数、SUM関数などと同じ動きをしますが、ただ一つ違うのは「表示されているもののみを対象とする」点です。, 次にフィルターで表示されたものに条件を追加する方法についてです。 条件を絞ろうとしている列にたくさんのデータが入っていた時、一つ一つ見つけてチェックを入れていてはとても時間が掛かってしまいます。, そこで利用したいのが「検索機能」ですが、これを利用した場合で複数の項目にチェックを付けたい時にはちょっとした工夫が必要になります。, ここでは「小田 勝」さんと「佐藤 幸三」さんを検索機能から見つけてチェックを付けてみます。, (1)条件を指定したい列(ここでは氏名)の▼ボタンを押し、検索バーに「小田 勝」と入力してOKボタンを押す, (2)再度▼ボタンを押し、検索バーに「佐藤 幸三」と入力し、「現在の選択範囲をフィルターに追加する」にチェックを入れてからOKボタンを押す, 最後にフィルターが掛からない原因と対処法についてです。 原因として考えられるのは「表に空白行がある」ことです。, このような時には表の全てを範囲指定してからフィルターをかけましょう。 そうすれば間に空白行があってもフィルターをかけることができます。, どちらかの方法を使えばしっかりと下までフィルターがかけられるようになりますので、試してみてください。, 以上エクセルのフィルターについて、基本的な操作の仕方と応用テクニック、そしてトラブル対応術について解説しました。, フィルター機能はエクセルに慣れてくるとよく使うものになっています。 操作方法を覚えていれば、エクセルをさらに便利に使えるので、ぜひこの機会に覚えてくださいね!, エクセルは、ちょっとした工夫で簡単に見やすくなります。初心者でも簡単、難しい上級知識は不要!このページでは、デキる人がやっている『エクセルが劇的に見やすくなる10のテクニック』を解説しています。さらに時短に役立つ関数や機能もご紹介しているので、仕事効率化にも役立ちますよ!, 「平均」よりも正確に評価をするために使われる「標準偏差」について詳しく解説しています。「そもそも標準偏差って何?」という疑問から、実際にエクセルの関数を利用して計算する方法まで紹介しているのでぜひ参考にしてください!, 文字列を含むセルの数を数える「COUNTIF関数」は、様々な場面で使われるので覚えておいて損はありません!当記事では、COUNTIFの基本から、あいまい検索のワイルドカードや空白以外を検索できる正規表現、条件付き書式、複数条件のCOUNTIFS関数まで、画像付きでわかりやすくご紹介!, ここではエクセルで使われるカウント関数の基本と、知っておくととても役立つ応用テクニックについて紹介します。 エクセルのオートフィルタの使い方について、画像と共にエクセル初心者向けに解説しています。本記事では、エクセルのオートフィルタについて、知っておくと便利な知識もいくつか紹介している充実の内容です。これであなたもオートフィルタをマスターできます! ?~野村ホールディングス 酒井さんに聞いてみよう, 【終了】【オンライン公開取材】明日から始められる『3000円投資生活』~FP横山光昭さんに聞く、無理のないお金の貯め方~ #大学生の社会見学, 【終了】【オンライン公開取材】明日から始められる『3000円投資生活』~FP横山光昭さんに聞く、無理のないお金の貯め方~ #, 仕事で役立つ! 使えると便利なWord、パワポ、Excel以外のソフト・サービス8選, ダンジョンの謎解きやギミックが面白いゲーム10選「ワイルドアームズ」「ゼルダシリーズ」.