「背中で語る男」アーチャーとは?戦術・固有結界・詠唱・名言などから、その正体を紐解いていく。衝撃の過去にも遡りつつ、おもしろネタである「かっこいいポーズ」や「フィィィィッシュ! FGO(フェイトグランドオーダー)のキャラ「エミヤ」のセリフ・ボイスを紹介。各状況でのボイスや追加セリフの対象、バレンタインでのフルボイス動画も掲載していますので、FGO(FateGO)攻略の参考にして下さい。

スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I. アーチャーは第5次聖杯戦争で唯一、未来から召喚された英霊。 その真名は「エミヤ」と言い、すなわち未来の世界において死すべき運命にあった百人を救うため世界と契約し、奇跡の代償として英雄化した衛宮士郎その人。 第五次聖杯戦争における「弓兵」のクラスのサーヴァント。 マスターは遠坂凛。赤い外套を纏った浅黒い肌の男性。 凛は本来、セイバーを呼び出すつもりだったが寸前でヘマをしてしまい、彼を呼び出す事となってしまった。 「アーチャー」のクラスではあるが、劇中で初めて登場した彼の武器が弓ではなく二本一対の陰陽の夫婦剣「干将・莫耶」であり剣術による白兵戦を好むなど、謎である部分がかなり多い。 彼の正体は凛ルートシナリオ「Unlimited Blade Works」にて明かされる事となる。 ★サイト掲載作品の一覧は下記より→アニメの名言インデックス→マンガの名言インデックス  →アニメを倍速で見るメリットとは?, 「開口一番それか。これはまた、とんでもないマスターに引き当てられたものだ。やれやれ。これは貧乏クジを引いたかな?」, 「想像してみろ。自身の思いを遂げられず死んでいき、死してなお人間どものいいように呼び出される者の感情を」, 「私には叶えられない願いなど無かった。私は望みを叶えて死に、英霊となった。故に叶えるべき望みは無い」, 「女の激情というのは、なかなかに御しがたい。まったく、少しばかり手荒いことになりそうだ」, 「ガキか貴様。バカでガキとは、もはや手が付けられん。せめてどちらかに決めておけ、たわけ!」, 「試すのは一撃だけと言っただろう。私の目的は、この男にあったからな。不必要な戦いは、避けるのが主義だ」, 「あの時はまだ共闘関係では無かった。よもや目にするもの全てを助けろなどというのではあるまいな」, 「無関係な人間を巻き込みたくないと言ったな。ならば認めろ。1人も殺さないなどという方法では、結局誰も救えない!」, 「戦う意義の無い衛宮士郎は、ここで死ね。自分のためではなく誰かのために戦うなど、ただの偽善だ。お前が望むものは勝利ではなく、平和だろ。そんなもの、この世のどこにもありはしないというのにな」, 「確かに、キャスターは外道だが、あれはあれで、実に魔術師らしい。魔術師なら、志より結果を取るべきだ」, 「自分の意思で戦うのなら、その罪も罰も全て自分が生み出したもの、背負うことすら理想の内だ。だがそれが借り物の意思であるのなら、お前の唱える理想は空想に落ちるだろう」, 「戦いには理由がいる。だがそれは理想であってはならない。理想のために戦うのなら、救えるのは理想だけだ。そこに、人を助ける道は無い」, 「だが、他者による救いは救いではない。そんなものは金貨と同じだよ。使えば他人の手に回ってしまう」, 「確かに、誰かを救うなどという望みは達成できるだろう。だがそこに、お前自身を救うという望みが無い」, 「だから無意味なんだ! お前の理想は! 人助けの果てには何も無い。結局、他人も自分も救えない。偽りのような人生だ」, 「凛。鮮やかな人間というものは、人より眩しいものをいう。そういった手合にはな、歯をくいしばる時など無いんだよ。そして君は、間違いなくその手合だ」, 「いや、申し訳ないが、その質問は無意味だな。忘れたのか、マスター。私の最後はとうの昔に、終わっている」, 「英雄としての名が汚れる? 笑わせないでくれよ、ランサー。汚れなど成果で洗い流せる。そんな余分なプライドはな、そこいらの犬にでも食わせてしまえ」, 「当然だよ。俺に残ったものは、馬鹿げた後悔だけだった。俺はね、セイバー。英雄になど、ならなければよかったんだ」, 「分不相応の魔術は身を滅ぼす。それともまさか本気で、自分が大成するとでも思っていたのか。愚直に努力さえしていれば、理想の姿に手が届くと」, 「間違っているか。それはこちらのセリフだ、セイバー。君こそ、いつまで間違った望みを抱いている。何も残せなかったのでは無い。全てをやりきったゆえの終わりだと考えることは出来ないのか」, 「セイバー。いつかお前を解き放つ者が現れる。だが今の俺の目的は、衛宮士郎を殺すことだけだ。それを阻むのなら、この世界はお前が相手でも容赦はせん」, 「何故も何も無いだろ。そいつが俺を認められないように、俺もそいつを認められないだけだよ」, 「だが、終わることなど無かった。きりが無かった。何も、争いの無い世界なんてものを夢見ていた訳じゃない」, 「俺はせめて、自分が知りうる限りの世界では、誰にも涙して欲しくなかっただけなのにな」, 「初めから、感謝をして欲しかった訳じゃない。英雄などともてはやされる気も無かった。ただ、誰もが幸福だという結果が欲しかった。だがそれが叶えられたことは無い。生前も、死後も!」, 「ただ救いたいから救うなど、そもそも感情として間違えている。人間として故障したお前は、初めからあってはならない偽者だった。そんな者に、生きている価値は無い!」, 「誰かを助けたいという願いがキレイだったから憧れた。故に、自身からこぼれ落ちた気持ちなど無い。これを偽善と言わず、何と言う!」, 「初めから救うすべを知らず、救うものを持たず、醜悪な正義の体現者が、お前の成れの果てと知れ!」, 「その理想は破綻している。自身より他人が大切だという考え、誰もが幸福で合って欲しい願いなど、空想のおとぎ話だ」, 「正義とは、秩序を示すもの。全体の救いと個人の救いは別のものだ。その二つは、絶対に両立しない! 正しい救いを、求めれば求めるほど、お前は自己矛盾に食い尽くされる!」, →Fate(セイバー)→Fate(ギルガメッシュ)→Fate(イスカンダル)→Fate(ジャンヌ)→Fate(モードレッド)→Fate(アストルフォ)→Fate(アタランテ)→Fate/stay night [Heaven’s Feel]→Fate(間桐桜)→Fate/Grand Order –→Fate/Grand Order(マシュ)→Fate/Grand Order(アナ)→アニメの名言インデックス. エミヤはLv70から80まででHPとATKが約300しか成長しないため、Lv70でいったん育成を止めても問題ない。 ただし、強化クエストが非常に重要なサーヴァントなので、必ず最終再臨を済ま …

「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。, 『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。, 『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。, 2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。, 『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。, 『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 これは、Unlimited‐Blade‐Works(遠坂凛ルート)にてアーチャーと対峙した際にはなったセリフです。正義の味方という自身の道を貫くため、士郎は「誰かに負けるのはいい。でも自分には負けられない!」と言い、アーチャーに挑みます。 ?そんな疑問にぶち当たったアニメ・Fate/stay night(フェイト ステイナイト)。今回は、ディーン派とUFO派で意見が割れるFateの名シーンで、徹底比較していきます!, 2014年に放送されていたfate/stay night [UBW](フェイトステイナイト アンリミテッドブレイドワークス)の、迫力とエフェクトによる映像美に衝撃を受けたのでまとめてみました。見ごたえ抜群の重厚な攻撃と、TVアニメのクオリティを凌駕した圧巻の映像は必見です。, ソーシャルゲームFate/Grand Orderの個人的にオススメなサーヴァントを紹介していきたいと思います。レア度ごとに紹介していきます。レア度によって、どうしてもステータス上の性能差は出ますが、スキルや宝具を考えると、有用な低レアサーヴァントはたくさんいます。是非、参考にしてみてください。. 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。, 『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 「間違っているか。それはこちらのセリフだ、セイバー。君こそ、いつまで間違った望みを抱いている。何も残せなかったのでは無い。全てをやりきったゆえの終わりだと考えることは出来ないのか」 「セイバー。いつかお前を解き放つ者が現れる。 !」にも焦点を当ててみる。, 「アーチャー」とは、Fate(フェイト)シリーズの登場人物。第5次聖杯戦争において、遠坂凛(とおさかりん)が召喚した英霊(サーヴァント)である。白髪と浅黒い肌に、常時纏っている赤い外套が特徴的な男。時に残酷なまでの現実主義者。キザで皮肉屋だが、根はかなりのお人好し。簡単に言えば、厳ついナリをしているくせにツンデレなのである。ガラクタいじりと家事全般が得意で、彼の淹れる紅茶の味はとりわけ評判が良い。マスターの遠坂凛曰く「他人に対しては器用だが自分の事になると途端、不器用になる人間」との事。苦手なものは「正義の味方」。故に、それを信条としている衛宮士郎(えみやしろう)とは度々衝突しているが、たまに的確なアドバイスを与えることもある。, 聖杯戦争において弓兵クラスで召喚されているアーチャー。しかし彼は弓兵戦術よりも双剣「干将・莫耶(かんしょうばくや)」での白兵戦を好み、アーチャーなんだかアーチャーじゃないんだか、よく分からない戦いっぷりを披露している。その剣捌きが見事なものであるには違いないが、何の予備知識もなく戦闘シーンを見たら、彼が弓兵だなんて想像もつかないだろう。ステータスに余裕があれば、セイバークラスで召喚されてもおかしくなかったという話もあるくらいだ。, もちろん弓を使うこともあり、剣を弓の形に変形させて放つ「偽・螺旋剣(カラドボルグII)」などがそれに当たる。「偽」となっている通り、訳あって彼の使用しているカラドボルグは偽物であるが、放てば矢が(剣だけど)空を裂き、標的に当たれば辺り一帯が吹っ飛び、その余波を受けただけで吐血するほどの威力を持つ。そして弓術を披露したら最後、「アーチャーがアーチャーしてる」「アーチャーが弓使うとかww」と視聴者に指摘されるのがお決まりとなっている。, 攻戦に偏っているかに見えるアーチャーだが、実は防御装置も使用する事が可能である。その1つが、トロイア戦争にてアイアスが使用した盾を投影した「熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)」という物。まるでエヴァンゲリオンのATフィールドを彷彿とさせる様相だが、全7層の防御壁で出来ており、その1枚1枚が古城の擁壁に匹敵する防御力を誇る。層毎に魔力を注ぎ込んで防御力を強化することも出来るようで、ランサーとの戦いにおいて、アーチャーが雄叫びをあげていた理由がソレである。まぁ結局は、ランサーが放った「突き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク)」に撃破されてしまったのだが…。, アーチャーは第5次聖杯戦争で唯一、未来から召喚された英霊。その真名は「エミヤ」と言い、すなわち未来の世界において死すべき運命にあった百人を救うため世界と契約し、奇跡の代償として英雄化した衛宮士郎その人。優れた才能を持たない彼が、それでも自分の理想を貫き通し、厳しい修練と戦いをただひたすら耐え抜いて正義の味方に成ろうとした、そのなれの果て。皮膚や髪の色が作中時点の士郎と異なるのは、固有結界の魔術による反動である。本来ならサーヴァントの過去を見られるのは、契約によって魔力のラインが繋がったマスターだけだが、士郎は元が同一人物のため、彼の過去を幾度か見ている。彼がどのような聖杯戦争を歩んだかは本編では明確にされていないが、発言を総合すると"Fate"ルートに近いと推察できる。なお、シナリオ原作者の奈須きのこによれば「士郎は(作中の)どのルートでもエミヤにはならないが、可能性はある」とのこと。また、テレビアニメ第2作の放映後には、原作者である奈須きのこが、より明確に歩みを語っており、「『聖杯戦争開始時の条件がほぼ同じではあるものの、何かが欠けていた世界』において、セイバーの心を救えないまでもセイバーのことを理解し、共に聖杯を破壊して別れたといったもの」、即ち作画担当の武内崇曰く"Fate"ルートのグッドエンドみたいなものと述べている, 衛宮切嗣に助けられ、死した彼の代わりに「全てを救う」という理想を追い求め続けて限界にぶつかった彼は「英霊になれば、きっと全てを救えるはず」と、死後に「守護者」となる契約を世界と交わしその百人を救った。その後世界の危機をも救い遂には英雄とすら呼ばれた。しかし自分の行為に対して何の見返りも求めない彼の姿勢は人々の恐怖を買い、裏切られ続ける日々の中で最後にはある争いを引き起こした張本人と全責任を押し付けられ、自分が助けたはずの人物に罪を被せられた後、処刑された。理想を追い続けたその生涯は最後まで報われることなく多くのものに裏切られてきたが、それでもなお誰一人恨むことはなかった。しかし、その後に待ち受けていたのは「霊長の守護者」という残酷な現実であった。死後は英霊の力で更に多くの人を救うことを望んだが、守護者は彼の願った「人を救う」などという役割ではなく、人類の滅亡を回避する為にその原因となった加害者と被害者の全てを皆殺しにして起きた事をなかった事にする「掃除屋」に過ぎなかった。信じ続けた唯一の理想にすら裏切られ、拒絶する事も許されず、数え切れないほど殺戮を続けた末に彼の信念も遂に磨耗し、かつての理想に絶望してしまう。この過程で彼は、「過去の英霊になる以前の自分を自らの手で殺す」ことでタイムパラドックスを引き起こせば自分は消滅できるのではないかという考えに至り、その希望だけを胸に抱いたまま、守護者の役割に徹してきた。, アーチャーは他のサーヴァント違い、個人を象徴するような宝具を持っていない。しかし強いて挙げるのならば、彼に唯一許された大魔術であり、固有結界「無限の剣製(アンリミテッドブレードワークス)」がそれに当たる。固有結界はアーチャーの心象風景そのものであり、どこまでも広がる暗雲(厚い雲に覆われた夕焼けのようにも見える)と荒野に突き刺さる無数の剣が印象深い空間。その中でも一際空に映える巨大な歯車は、彼が守護者として世界を回す機械の一部に組み込まれている事を表す(歯車は奴隷の意味でも用いられる)。能力は、目にした剣の「複製」と「貯蔵」で、その数実に千を超えるという。また、複製した剣のランクはオリジナルより1つ劣るが、工夫次第では強化したり変形させて使用することが可能である。, I am the bone of my sword.( ―――――― 体は剣で出来ている。)Steel is my body, and fire is my blood.(血潮は鉄で 心は硝子。)I have created over a thousand blades.(幾たびの戦場を越えて不敗。)Unknown to Death.(ただの一度も敗走はなく、)Nor known to Life.(ただの一度も理解されない。)Have withstood pain to create many weapons.(彼の者は常に独り 剣の丘で勝利に酔う。)Yet, those hands will never hold anything.(故に、生涯に意味はなく。)So as I pray, unlimited blade works.(その体は、きっと剣で出来ていた。), 「了解した。地獄に落ちろ、マスター」召喚されて初の命令に。従順と悪態との並列。まぁ、貴重な令呪で無茶な命令を聞くハメになってしまったんだから、仕方なくもあるか。, 餌付け可能!腹ぺこ王の異名を持つ「セイバー」とは?キャラ情報・宝具・過去から第4次聖杯戦争中の姿にも迫りつつ、その正体を紐解いていく。可愛さ爆発のセイバー画像まとめも!, 『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。, 『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。, 「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。, またの名を「世界最古の厨二病」。黄金に光り輝く「ギルガメッシュ」とは?キャラ情報・宝具・名言・愉悦などから、その正体を紐解いていく。, Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。, PCゲームから始まった大人気コンテンツ『Fate』の人気を支える登場人物たち。主人公の衛宮士郎を筆頭に、第5次聖杯戦争に参加したマスターとサーヴァントをご紹介。彼らに生命を吹き込むキャスト陣の情報にも迫る。, Fateシリーズに対する視聴者の反応や、意見をまとめたおもしろスレまとめ。いじられまくる特定キャラが哀れになります。, 異なる2つの会社が同じストーリーでアニメを制作するとどうなるのか!