デザートの定番「アイスクリーム」。最近は手作りにトライする方も増えてきています。そこで今回はアイスクリームメーカーのおすすめモデルをご紹介。国内外のメーカーから数多くの製品がリリースされているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。 ブルーシールのアイスは、沖縄の気候風土にあった爽やかでまろやかな味わいが特徴です。, 沖縄県産素材を使用した紅イモや塩ちんすこうなどのアイスもあります。その他に、クレープやタピオカも種類豊富に揃えてるのでいつでも違う商品をお楽しみいただけます♪, 新潟県越後湯沢のガーラ湯沢スキー場内、中央エリアの正面にある当店は、ゲレンデ全体が見渡せる特等席!!雪山にいながら、トロピカルな沖縄気分も一緒に味わえちゃいます♪たくさん滑ってお腹が減ったら、ボリューム満点のハンバーガーやホットドッグを。ちょっと疲れた時には、暖かい室内で冷たいアイスクリームやタピオカドリンク、ホットコーヒーなどをどうぞお楽しみ下さい。期間限定メニューや、特別メニューもご用意してお待ちしております。, JR中央線 高円寺駅から徒歩1分の立地に『ブルーシール高円寺店』がOPEN♪沖縄県産素材を使用した人気NO.1の塩ちんすこうを始め、ソフトクリームやお好きなアイスで作れるシェイクもお楽しみいただけます。, 山と海に囲まれた那智勝浦町。 歴史と自然に囲まれた観光地としてにぎわう「勝浦漁港にぎわい市場」内にブルーシール勝浦漁港にぎわい市場店が新たにオープンいたします♪沖縄県産素材を使用したアイスはもちろん、アイス入りのクレープもお楽しみいただけます!, ●店舗によってお取り扱いのない商品がございます。詳しくは各店舗へお問合わせください。, ●ブルーシール各店舗では、イベント等の販売状況や店舗の立地によってアイスクリームのサイズ(グラム数)と商品の販売価格が異なります。予めご了承ください。, 「*」は沖縄県内限定販売商品です。(県外は直営店、FC店舗のみお取り扱いがございます。). 830円 (税込 896円) 冷凍販売. 220円 (税込 237円) 冷凍販売 通販可. 銀座やまとアイスクリーム. 自分用、もしくはギフト用に高級アイスクリームを購入したいと考えていませんか。高級アイスクリームはおいしいうえに手軽に非日常感を味わえます。そこで今回は、おすすめの製品をランキング化して紹介します。ランキングの後にある選定ポイントも参考にしてください。 the ice cream shopフレンチバニラ. バスキン・ロビンス (Baskin-Robbins Inc.) は、アメリカの世界最大級のアイスクリーム・パーラー・チェーンのひとつ。 世界40か国に7300以上の店舗を展開している。日本ではサーティワンアイスクリームの名前で知られる。. 830円 (税込 896円) 冷凍販売. the ice cream shop ストロベリー. アイスクリームでみんな笑顔に!を合言葉に、アイスクリームのおいしさ・楽しさ・ 食べる喜びを多くの皆様に知っていただくための活動をしています。 暑い季節になると食べたくなるアイスクリームですが、アイスクリームは様々な種類のものが販売されているので、実は、年間を通して人気があります。中には冬に売り上げが伸びるアイスクリームもあります。そこで今回は「アイスクリームのおすすめ人気ランキング!【最新版2018】」と題しまして、売り上げ上位の市販の様々な人気のアイスクリームからコンビニでしか買えないアイスクリームの人気ランキングを見ていきたいと思います。, アイスクリームは暑い季節だけでなく、年間を通して様々なタイプのものが販売されています。中には寒い季節に売り上げが伸びるアイスクリームもあります。また、市販のアイスクリームは気軽に購入できる点が嬉しいです。最近では、専門店でしか味わえないような品質の高いアイスクリームが身近なスーパーやコンビニで購入できるようになりました。では、実際にどのようなアイスクリームが人気で売れているのでしょうか?, 市販のアイスクリームは、これまで専門店のアイスクリームと差別化されやすい存在でした。しかし、最近は専門店で販売されているような高級な素材を使用したものから、メーカー独自で新しく開発された斬新な味覚のものまで、様々な市販のアイスクリームが販売されています。そこで、ここでは市販のアイスクリームの人気ランキングを見ていくことにしましょう。ランキング上位のものほど売り上げが伸びている商品です。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第25位は、井村屋の「やわもちアイス」です。写真のものは最中タイプのものですが、通常のカップタイプのものも販売されています。この「やわもちアイス」は和の素材を贅沢に使用していますが、最大の特徴はお餅が入っているところです。そして、値段は税込みで130円とコスパも抜群です。さらに、口コミでは、あのハーゲンダッツよりも美味しいといった声まである人気のアイスクリームです。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第24位は、赤城乳業の「不二家カントリーマアム大人のバニラ」です。このアイスクリームは不二家と赤城乳業のコラボ商品で、粒上になったカントリーマアム大人のバニラがアイスクリームに散りばめられています。また、アイスクリームはホワイトチョコレートでコーティングされていています。味はカントリーマアムそのものですが、クッキーとは違ったしっとりとした食感が楽しめます。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第23位は、フタバ食品の「サクレ」です。このサクレは市販のかき氷では定番の一つで、スーパーやコンビニで気軽に購入できる人気商品となっています。サクレの最大の特徴は、フタを開けるとスライスされたレモンが入っているところでしょう。爽やかなレモンの香りとシャリシャリ感がたまりません。また、このサクレをビールで割って飲むアレンジが話題となっています。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第22位は、ゴディバのカップアイス9個入りです。このアイスクリームは、9種類のゴディバのチョコレートがアイスクリームにぎっしり詰まっています。その味はゴディバそのもので、濃厚なベルギーチョコレートが好きな方にはおすすめできます。値段は高級ブランドなので高めですが、記念日やプレゼントなど特別なイベントや場面で大変喜ばれるアイスクリームだと言えます。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第21位は、ロッテの爽です。爽は、1999年に発売された四角い紙パッケージのアイスクリームです。爽の最大の特徴は、何といってもアイスクリームと微細氷が作り出す爽やかな食感と口溶けでしょう。このオリジナリティ溢れる爽の食感にはファンが多く、発売以来常に人気と売り上げをキープしている商品の一つです。また、カロリーも一般のアイスクリームより抑えられているのも嬉しいです。, 出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com, 市販のアイスクリーム人気ランキング第20位は森永製菓のザ・クレープです。ザ・クレープは2012から販売されているクレープ生地にアイスクリームを挟んだ商品です。ザ・クレープの特徴は、やわらかくモチモチとした歯ごたえのクレープ、口溶けの良いアイスクリーム、パリパリとした食感のチョコの3つの素材が絶妙のバランスで組み合わさっているところです。美味しさを追求した森永製菓の技術が活かされた商品だと言えます。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第19位は、江崎グリコのアイスの実です。アイスの実は1986年発売のロングセラー商品で、一口サイズのシャーベットとして現在も常に進化し続けています。アイスの実はこれまでに様々なパッケージを販売してきましたが、現在はレギュラー商品と期間限定商品に落ち着いています。アイスとの実は、爽やかなフルーツのフレーバーが人気で、特に女性からの支持が多い商品となっています。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第19位は、森永製菓のアイスボックスです。アイスボックスは1989年から製造・販売している氷菓で、現在販売されているフレーバーはレモンとグレープフルーツの2種類となっています。味付きの氷を製造する技術はとても高度なもので、アイスボックスが発売された当初かなり話題となりました。現在もアイスボックスは、夏の定番アイテムとなっていて幅広い世代から支持されています。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第17位は、森永製菓の板チョコアイスです。板チョコアイスは、その名の通り、板チョコの中にアイスクリームが詰まった商品で、板チョコと同じような感覚で食べることができるユニークなアイスクリームです。チョコの部分は手で触ると直ぐに溶けますが、紙ケースに入った状態でも食べることができるので、手を汚す心配はありません。甘めの味は、チョコ好きにはたまらない商品だと言えます。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第16位は、森永製菓のアイスモナカジャンボです。最中タイプのアイスクリームと言えばこのアイスモナカジャンボです。パッケージにパリパリッ!とありますが、確かにチョコはパリッとしています。商品自体はかなりのボリュームがあるので、シェアして食べるのにもおすすめです。また、食べ方としては、熱くなったオーブントースターで軽く最中の表面を焼くと最中がサクサクになります。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第15位は、丸永製菓のきなこもちです。このきなこもちは、京碾ききな粉を配合したチョコレートでアイスクリームをコーティングしていて、アイスクリームの中には、佐賀県産のもち米を使ったやわらかなお餅が入っています。その独特な食感が人気を呼び、現在は丸永製菓の定番商品となっています。濃い目のきな粉は深煎りした香ばしいものなので、きな粉好きにはたまらない商品と言えます。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第14位は、ロッテのスイカ&メロンバーです。スイカバーは1986年から製造・販売されているロングヒット商品ですが、このパッケージには、コアなファンが多いことでも知られているメロンバーとセットになっています。この2つのアイスバーの特徴は、細部までこだわった見た目にあります。種の部分は、スイカバーがチョコレート、メロンバーがホワイトチョコレートなっています。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第13位は、グリコのパナップです。パナップは1978年から販売されているグリコのロングセラー商品です。パナップとはパフェとカップを組み合わせた造語で、その名の通りカップにフルーツソースとアイスクリームが入った状態で販売されています。味の決め手はそのフルーツソースにあります。アイスクリームは縦に注入されたソースと絡めながら食べますが、その味はクセになる美味しさです。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第12位は、森永製菓のラムネバーです。このラムネバーは、パッケージにもプリントされていますが、アイスでコーティングされたかき氷の中に、森永製菓定番のラムネが入っています。このラムネの粒がラムネバーの味の決め手となっていて、シュワッと爽やかな酸味のアクセントが人気となっています。また、マルチパック使用はほんの少しだけ食べたい時にちょうど良いサイズです。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第11位は、クラシエの氷いちごです。かき氷バーは1983年から販売されているロングセラー商品で、イチゴのかき氷バーはクラシエの夏の定番となっています。かき氷バーの特徴は、薄いミルク味のシェルでイチゴのかき氷をコーティングしただけのシンプルなものですが、通常のかき氷よりサイズが小さいので、食べやすいメリットがあります。売り上げはマルチパックで上位クラスの商品です。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第10位は、赤城乳業のガリガリ君です。ガリガリ君は1981年から販売されている赤城乳業の主力商品で常に話題を呼ぶ商品開発が特徴です。ガリガリ君は通常商品の他にリッチシリーズという高級なイメージのものまであり、コーンポタージュ味やクレアおばさんのシチュー味などインパクトのある商品を数多く販売しています。写真のソーダ味はガリガリ君の王道で売り上げも上位の人気商品です。, 出典: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp, 市販のアイスクリーム人気ランキング第9位は、赤城乳業のブラックです。赤城乳業の主力商品と言えばガリガリ君ですが、このブラックもファンが多い商品として地味ながら人気のあるアイスバーです。一般的なチョコレートのアイスバーのイメージは、しっとりとした優しい口当たりなのですが、このブラックはシャリシャリとした食感が特徴です。そして、肝心の味はチョコレートが好きな方には外せない美味しさだと言えます。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第8位は、明治エッセルスーパーカップです。スーパーカップは、株式会社明治から販売されているラクトアイスです。写真は、スーパーカップの主力商品の超バニラ味です。スーパーカップは200mlという大きなサイズですが、他社の150mlサイズのアイスクリームと値段が変わらないため人気商品となりました。また、スーパーカップはミニサイズのマルチパックも人気商品となっています。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第7位は、江崎グリコのパピコです。パピコは、食べやすいように設計されたチューブ型の容器にアイスクリームが入っていて、通常のパッケージは2本1組で販売されています。パピコは直接アイスクリームの冷たさが手に伝わることもあって、夏場に売り上げが伸びる商品です。また、パピコはその場で半分ずつできるので、シェアできるアイスクリームとしても人気があります。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第6位は、ロッテの雪見だいふくです。雪見だい福は、1981年にロッテから発売された氷菓で、現在はロッテアイスから販売されています。雪見だいふくは、アイスクリームをお餅で包んだもので、今となっては当たり前のようにいただいていますが、発売当時はかなり斬新な商品でした。また、雪見だいふくは寒い冬場に売り上げが伸びる商品としても有名で、冬の風物詩的な存在でもあります。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第5位は、森永乳業のピノです。ピノは森永乳業が1976年から販売しているアイスクリームで、レギュラーパッケージはチョコレートでコーティングされた一口サイズのアイスクリームが6つ入っています。また、ピノは少しだけアイスクリームが食べたいといった方や仲間たちと気軽にシェアしたいといった方にも支持されているアイスクリームで、年中を通して売り上げの良い人気商品です。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第4位は、ロッテアイスのレディボーデンです。レディボーデンは、アメリカのボーデン社によるアイスクリームのブランドで、日本ではロッテアイスが販売しています。レディボーデンは、1970年代から一般家庭で広く支持されてきた高級アイスクリームの定番で、ちょっと贅沢したい時、誕生日、パーティなどで大活躍するアイテムとして人気があります。高級アイスと言えばレディボーデンです。, 市販のアイスクリーム人気ランキング第3位は、江崎グリコのジャイアントコーンです。ジャイアントコーンは1966年から販売されている江崎グリコの看板商品で、子供から大人まで幅広い層に大人気のアイスクリームです。おそらく、ジャイアントコーンという名前を知らない方は居ないのではないでしょうか?アイス、チョコ、トッピングのナッツなどバリバリ食べられる食感はこのタイプのアイスクリームの定番だと言えます。, 出典: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com, 市販のアイスクリーム人気ランキング第2位は、森永乳業のパルムです。パルムはアイスバーで最も人気のある商品の一つだと言えます。実際に売り上げも常に上位の商品で、たびたび経済関係の記事にも登場します。パルムの食感は通常のアイスバーとは違い、全体的に優しい口当たりです。その感触は高級感があり、味も濃厚ではありますがしつこくありません。パルムは価格以上の風味と食感が人気の秘密なのかもしれませんね。, 市販のアイスクリーム人気ランキング堂々の第1位は、ハーゲンダッツです。ハーゲンダッツのアイスクリームは、身近な高級アイスクリームの代名詞的存在となっています。また、ハーゲンダッツの商品はどれも単価が高いにも関わらず、売り上げは常にトップクラスです。なぜそんなに人気があるのでしょうか?その人気の秘密は、やはり味にあります。一度食べたら再度食べたくなる味。これがハーゲンダッツの魅力です。, これまで市販のアイスクリーム人気ランキングをお伝えしてきましたが、ここからはコンビニでしか買えないアイスクリームの人気ランキングをお伝えしていきます。コンビニでは様々なメーカーとのコラボ企画商品の販売をしていますが、アイスクリームも同じようにコラボ企画やコンビニ独自の企画があります。このランキングで紹介するアイスクリームを見て、まだ食べたことがない商品があれば、是非試してみてください。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第15位は、ローソン限定のチェリオ大人の濃厚モンブランです。レギュラー商品のチェリオはラクトアイス規格ですが、この大人の濃厚モンブランはアイスクリーム規格となっています。値段も少々高めですが、味は格別です。チョコレートに使用されているマロンはイタリア産のもので、アイスクリームそのものがまさに高級モンブランといった仕上がりとなっています。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第14位は、ファミリーマート限定のティーフラッペバーです。このティーフラッペバーは、ファミマ名物のティーフラッペをアイスバーにしたものです。ティーフラッペバーはロイヤルミルクティーの高級感がそのままアイスバーに仕上がったコクのある味を楽しむことができます。アクセントのブラックタピオカもティーフラッペそのものです。後味もサッパリしています。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第13位は、セブンイレブン限定のほうじ茶ラテもなかです。セブンイレブン限定のアイスクリームは口コミなどでも常に話題となる商品ですが、このほうじ茶ラテもその一つです。焙煎方法の異なる2種類の茶葉をブレンドしたほうじ茶ラテは、クセになるくらい上品な風味が特徴です。また、最中の内側にホワイトチョコレートが挟まれていて、パリッとした食感も同時に楽しめます。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第12位は、ローソン限定の贅沢チョコレートバー京都抹茶です。京都抹茶と書いて「みやこまっちゃ」と読みます。とても濃い色をしていますが、着色料は一切使われていません。この深みのある緑は、京都府産の抹茶の色です。また、ホワイトチョコレートはフランス産のものが使用されていて、味は緑茶の苦味が程よく、それでいて、濃厚なブロンドチョコレートの風味が楽しめます。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第11位は、ローソン限定のアイスバーチョコミントです。このチョコミントはローソンの売り上げでも上位にあるウチカフェシリーズの商品です。チョコミントに使用されているのはアメリカ産の初摘みペパーミントとフランス産のクーベルチュールチョコレート。肝心の味は、全てのチョコミントファンにおすすめできる甘さ控えめのサッパリした味わい。チョコのパリパリ感もたまりません。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第10位は、セブンイレブン限定のアイスの実大人のマスカットです。アイスの実大人のマスカットの特徴は、何といっても果汁が80%使用されているところでしょう。砂糖や甘味料といった人工的な甘さではなく、果汁による爽やかな甘さが魅力的です。また、果汁はマスカットアレキサンドリアが使用されています。口の中でサッと溶ける食感はこのアイスの実だけでしか味わえません。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第9位は、ファミリーマート限定のたべる牧場ミルクです。このたべる牧場ミルクは、そのあまりにも可愛いパッケージのため売り切れている店舗があるほどです。もちろん、ファミリーマートでの売り上げ上位の商品です。気になる味の方ですが、昔懐かしいアイスクリームといった優しい味わいです。そのまま食べても良いですが、フルーツやビスケットをトッピングしても美味しいです。, 出典: https://sociorocketnews.files.wordpress.com, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第8位はファミリーマート限定のココライチです。ココライチは台北市とファミリーマートがコラボしたアイスバーで、監修と公認は台北市となっています。ココライチで最も多く使われている原料はもちろんライチで、全体の13%もの量です。そして、気になる味ですが、まさにライチそのものといった感じで、この味を知らないともったいないというくらい美味しいです。おすすめします。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第7位は、ローソン限定のロッテ「濃厚クリームチーズアイス」です。このアイスクリームはローソンで発売された際、2週間で50万個も出荷された人気商品です。その人気の秘密は、やはり味です。まるでクリームチーズを食べているかのような濃厚な味わいは、アイスクリームとしてだけでなく、フルーツをトッピングしたりパンやクラッカーに塗って食べても美味しいです。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第6位は、ローソン限定の宇治抹茶ワッフルコーンです。このアイスクリームは2016年に販売され、2018年にリニューアルされたものです。味の方は、甘すぎず苦すぎない絶妙なバランスのアイスクリームが、ワッフルコーンにギッシリ詰まっています。また、クリームには抹茶ソースがアクセントとして巻かれていますが、このソースが良い役割を果たしています。これはおすすめです。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第5位はmローソン限定のICE MONSTERマンゴーバーです。このマンゴーバーは世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台北のICE MONSTERとローソンのコラボ商品です。特徴は、何といっても果汁&果肉が65%もアイスバーに使用されているところです。マンゴーの美味しさを知り尽くしたICE MONSTERの味をローソンで気軽に手に入るなんて贅沢の極みです。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第4位は、セブンイレブン限定のハーゲンダッツジャポネくるみ黒蜜こしあんです。このアイスクリームは、定番のバニラアイスがベースとなっていて、くるみと黒蜜、こしあんを組み合わせた濃厚で深みのあるやわらかな食感が楽しめます。和テイストのアイスクリームが好きな方は、セブンイレブンだけでしか手に入れることができないので、もし店頭で見かけたら迷わず購入しましょう。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第3位は、セブンイレブン限定のキャラメルナッツケーキサンドです。このアイスクリームの特徴は、冷凍なのにふわふわが損なわれていないスポンジケーキに、ほろ苦く深みのある濃厚なキャラメルアイスクリームが挟まれているところです。時折、ナッツのカリッとした食感が楽しめ、ナッツの香ばしさが口に広がる贅沢な仕上がりとなっています。ちょっとしたご褒美にいかがでしょうか?, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第2位は、セブンイレブン限定のグリコの牧場しぼりスペシャル蔵王高原特選ミルクです。このアイスクリームは2018年6月に発売された新商品で、特徴としては、しぼって3日以内の新鮮なミルクを使用しているところです。どこまでも白い濃厚なクリームは、まるで牧場で売られているアイスクリームのような味がします。それでいて200円でお釣りが出る驚きのコストパフォーマンスです。, コンビニ限定の人気アイスクリームランキング第1位は、ファミリーマート限定のコメダ珈琲監修ブレンドコーヒー味です。このアイスクリームはコメダ珈琲の定番ブレンドコーヒーをアイスクリームで再現したもので、すっきりとした後味はコメダ珈琲のブレンドコーヒーそのものです。写真のように白く渦巻いているものは、フレッシュ風のミルクを再現したものです。このクオリティで220円はお買い得としか言えません。, 「アイスクリームのおすすめ人気ランキング!【最新版2018】」と題しましてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?人気のある商品は売り上げが良いだけでなく人を魅了する理由があります。それは幸せな気分になれることでしょう。今回ランキングで紹介したアイスクリームで、もし気になるものがあれば是非試してみてください。皆さんの参考になれば嬉しいです。, アイスクリームのおすすめ人気ランキング25選【コンビニ・スーパー】のページです。グルメノートはグルメ・カフェ・レストラン・食事をはじめ、レシピ・食材・キッチンインテリア・100均一・健康などの情報をお届けするメディアです。今の食生活をより良くするための情報を無料で購読いただけます。, アイスの違いは、カップやスティックといった形態だけではありません。アイスそのものに含まれている成分によって、「ラクトアイス」「アイスクリーム」など、様々な種類に分かれています。そして、主に親しまれているのは「ラクトアイス」呼ばれる種類のアイスです。, お呼ばれした時、どんな手土産を持っていくか悩みますよね?他の人と被らず一目置かれる高級スイーツなら、お取り寄せがおすすめ!中々買いに行けない高級スイーツをギフトとして持っていけば、きっと喜んでくれるはず。入手困難な人気お取り寄せスイーツも含めて紹介します!, コンビニに行くと目に留まるのがコンビニスイーツ。コンビニスイーツがどんどん進化して新作が販売されているのをご存知ですか?そんなたくさんあるコンビニスイーツの中から15種類をご紹介します。あなたの好きなコンビニスイーツの新作は入っているでしょうか?, https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp, https://sociorocketnews.files.wordpress.com. バスキン・ロビンス (Baskin-Robbins Inc.) は、アメリカの世界最大級のアイスクリーム・パーラー・チェーンのひとつ。世界40か国に7300以上の店舗を展開している。日本ではサーティワンアイスクリームの名前で知られる。, サーティワンとは英語の「31」で、「31種類のアイスクリームがあるため、1か月毎日違うアイスが楽しめます」という意味が込められているが実際には32種類もしくは28種類のアイスクリームが置かれている店舗が多く、これは冷蔵庫が四角いので偶数(ケース1区画が4つ入りのため、4×8)の方が経済的であるという理由である[1]。実際には1200種類のアイスクリームが作られているが、世界のどのバスキン・ロビンスの店でも大抵は32種類から選べる。, 創業者はバート・バスキン(英語版)とアーヴィン・ロビンス(英語版)の2人。バスキンはロビンスの姉の夫だった。2人ともアイスクリームが好きで、店を持つことを夢見ていた。ロビンスの父はワシントン州タコマでアイスクリームショップを経営しており、ロビンスは店を手伝うのが好きだった。第二次世界大戦中、ロビンスは1942年から1945年にかけて陸軍に入隊、バスキンは海軍に志願しそこでアイスクリームを作っては同僚に配った。戦後2人はロビンスの父親の薦めで別々に店を開くことにした。まず1945年に、ロビンスがカリフォルニア州グレンデールに「Snowbird(スノウバード)」を開業した。そして翌年には、退役したバスキンが同州パサデナに「Burton's(バートンズ)」を開業した。, その後、バスキンとロビンスの両者はカリフォルニア南部で勢力を伸ばし1953年に合体して「Baskin-Robbins(バスキン・ロビンス)」となった。1960年代中盤には全米400店舗を達成、1967年にバスキンとロビンスはバスキン・ロビンスをユナイテッド・フルーツに推定1200万ドルで売却し、1970年代からは順次海外出店が始まった。現在はすべての店舗がフランチャイズである。, 創業者(バスキンは1967年、ロビンスは2008年に死去)の手を離れ、様々な親会社の下を転々としたが1973年にイギリスの食品会社J.ライオンズ(合併を繰り返してのちアライド・ドメック)が買収した。2005年に、アライド・ドメックをフランスの酒業メーカーペルノ・リカールが買収した際、バスキン・ロビンスとダンキンドーナツを傘下に持つ持株会社「ダンキン・ブランズ・グループ」の売却が発表された。ダンキン・ブランズ・グループは、2006年から投資ファンドのベインキャピタル、カーライル・グループおよびトーマス・H・リー・パートナーズによる共同所有となっている。, 日本では、バスキン・ロビンスと不二家の合弁会社のB-R サーティワン アイスクリーム株式会社(英: B-R 31 ICE CREAM CO.,LTD.)がチェーン店を展開している。高速道路のサービスエリアにあるような小規模な店舗では31種類以下の品揃えであることもある。また、一部の店舗ではクレープを取り扱っている。, 当初は登記上の商号にアルファベットを使用できなかったため、商号の「B-R」の部分は「ビー・アール」 であったが、2007年に表記を現在のものに改めた。, 不二家と消費者のイメージ的につながっていないため、不二家の期限切れ原材料使用問題による影響は比較的小さかった。, 店舗などの看板では、旧来は「31 Baskin-Robbins サーティワン アイスクリーム」というものだったが、最近では「baskin BR robbins サーティワン アイスクリーム」というものが増えてきている。このロゴの英字部分は青だが、「BR」のBの縦棒以外の部分とRの縦棒の部分は赤くなっており、その部分で「31」と読ませるようになっている(バスキン・ロビンスのロゴも参照)。, 日本では「サーティワン」との呼称がほぼ一般的であるが、本国のアメリカでは「バスキン・ロビンス」と呼ばれているため、アメリカ人に「サーティワン」といってもほとんど通じず、逆に日本では「バスキン・ロビンス」は通じにくい[2]。, en:Freddy's Frozen Custard & Steakburgers, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=バスキン・ロビンス&oldid=79443440.