『ぷよぷよパイプ』: 次々に出現するカードをフィールドに配置していきます。 カードは横長で「ぷよ」が2匹ずつ描かれており、それぞれに隣に接続するパイプが描かれています。 今回の指導要領の中で新しく示された2本の数直線図について,啓林館で5年生の小数の指導にはじめて取り上げられた。教科書には,2数直線図の書き方まで丁寧に示されていた。教科書に示された書き方をそのまま指導しても,子どもたちにとってそのよさが伝わらないと考えた。書き方だけではなく,2数直線図のよさを感じなければ,数量の関係を整理する図として子どもたちは使わないだろうと考え,2数直線図のよさを伝える指導のあり方について実践した。 よの頃からやってても10連鎖なんてマグレでしか組めないw, 感想、意見、質問など何でもどうぞ。※書き込んだのに表示されない場合は、ページをリロードしてみてください。, コメントをするにはJavaScriptを有効にしてください。, http://www.inosendo.com/puyo/rensim/? なお、ループアンテナの場合の共振周波数は、物理的な長さで決まる周波数よりも、通常は少しだけ高周波側で発生します。例えば図4-3-19(b)の極小点は、1波長ですと750MHzに発生するはずですが、この場合は810MHzになっています。(ダイポールアンテナの場合は低周波側にずれます), 先のダイポールアンテナの場合と同様に、ループアンテナの回りの電界と磁界を計算した結果を図4-3-20に示します。ここでは図4-3-18(c)のように1辺が0.5mの正方形のループアンテナを、軸が紙面の上下方向になるように配置して(したがってループが囲む面は紙面に垂直)、計算しています。 図4-3-19(a)は、入力インピーダンスです。ダイポールアンテナの場合と同様に、放射が強くなる周波数でインピーダンスが極小になっていることがわかります。ダイポールアンテナと同じく、これらの周波数では配線上に定在波が生まれ、共振しています。, 図4-3-19(b)は1辺が100mmの場合の抵抗成分を示しています。ダイポールアンテナと同様に、インピーダンスの極大点、極小点の双方でインピーダンスと抵抗値が一致しており、アンテナは共振していることがわかります。また、極大点では放射はピークになりませんが、これもダイポールアンテナと同様に、信号源とのインピーダンス整合ができないためです。, ループアンテナのインピーダンスの極小点は、1周の長さが波長の整数倍になるときに発生します。このため、放射が強い周波数は、最初の周波数の整数倍になります。(ダイポールアンテナの場合は奇数倍でしたので、ループアンテナの方が共振周波数の間隔が狭いように見えます) 4マスに入る数量の単位がすべて同じになる文章題を,作ってみました., ウサギとカメが競走を始めました. ごく短いダイポールアンテナから放射する電波は、遠方界だけに絞ると以下の式で表すことができます。図4-3-6に示した基本放射パターンは、この式を元とした形状です。, ここで、lはアンテナの長さ(m)、Iは電流(A)、ωは角周波数(Hz)を表します。また、波長λは周波数に反比例します。この式から、比較的小さいダイポールアンテナから放射する電波は、以下の性質を持つことがわかります。, アンテナになる配線の長さを短くすると、同じ電流であっても電波の放射を小さくできることがわかります。, もうひとつの基本的なアンテナに、ループアンテナがあります。 (a)は1辺が20mmと小さい場合です。放射は比較的小さくとどまっています。 図4-3-8(c)に示した長さ1mのダイポールアンテナの周囲の電界を±5mの範囲で計算した結果を図4-3-15に示します。図で、アンテナは中央に、上下に向けて配置されており、床面からの反射は考慮していません。また、信号源の出力インピーダンスは0Ωです。色が青から赤に近づくほど、電界が強くなっています。 図4-3-8で、ピークとなった周波数とアンテナの大きさには関係があります。図4-3-10に、各周波数における波長に対して、アンテナの長さを比べた図を示します。 また、電波を放射しやすいアンテナは、電波を受信するときも効率が良いという性質があります。ここではこのような性質があることを前提に、説明をノイズの放射に絞っています。電波を受信するときのインピーダンス整合には、アンテナにつながる負荷のインピーダンスを使います。 これに対して、1/2波長を超える周波数域では、抵抗成分の割合が大きくなっています。この周波数域では、たとえわずかでも電流が流れると放射する条件になっています。図4-3-8(c)の高周波域では共振周波数以外の周波数でも、高レベルの放射が観測されているのはこのためです。, なお、図4-3-12から判るように、ダイポールアンテナは1/2波長の奇数倍で共振するだけではなく、偶数倍の周波数でも共振しています。ただし、このときはインピーダンスが極大となり電流が流れないので、放射は比較的弱くなっています。信号源のインピーダンスが大きいときは、この偶数倍の周波数の方がインピーダンス整合がとれ、放射が強くなる場合があります。, 電波が強く放射する現象をより正確に表すには、3-3-6項で説明したインピーダンス整合の概念を使います。信号源の出力インピーダンスと負荷のインピーダンスが同じ時に、インピーダンス整合し、伝わるエネルギーが最大になります。 しかし日常生活への適用となると,これで終わるわけにはいきません.「3人が1人になった以外は,いつものように水やりをすると,12時を回ってしまう」ことを認識した上で,「12時(お昼ごはんの時間)までに終わらせるには,どうすればいいか」まで考えられるようになってほしいものです.その方法として,開始時刻を早めるだとか,事情を言って協力者を見つけるというのが思いつきます. あと,長方形の面積のような,2つの数の区別が実質的になされない出題も収録されています.関心のある人は,購入して探してみてはいかがでしょうか., アレイ図と同様に,4マス関係表の「限界」を探っておきます*4.もちろん乗除算で扱えないのは除外です.割引き・割増しの問題のように,加減算を伴うものは大丈夫で,pp.84-85では,下ごしらえをしてから4マス関係表で調理し,答えを求めています. (4) アンテナの長さと波長の関係. 図4-3-11に、図4-3-8で使ったアンテナの入力インピーダンスを計算したグラフを示します。アンテナが波長に比べて短い時は入力インピーダンスが1000Ω以上あり、ほとんど電流が流れないことがわかります。また、長さが1/2波長の奇数倍になる周波数では入力インピーダンスが極小点を持ち、100Ω前後(一番低い点では約73Ω)であり、電流が流れやすくなっています。(図4-3-8では周波数が20MHzおきなので、周波数が少しずれて見えます) ひき算かな?」「かけ算かな? このときのアンテナのモデルは、シールドをグラウンド面に、出入りする配線をモノポールアンテナとしてとらえることができます。図4-3-27(a)にこのときのモデルを示します。このモデルでは、突き出た配線の長さが短いほど、ノイズの放射は小さくなります。現実の電子機器のノイズ対策でも、定性的にはこのような傾向が得られます。, このモデルでは図4-3-27(a)に示すように配線が極端に短いとき(この場合は1cm)では、電波はほとんど飛びません。ところが現実のノイズ対策では、たとえ1cmの配線でも無視できない強さでノイズが放射されることがあります。 この用語の妥当性・普及度は,CiNiiで検索して63件ヒットすること,一つ前の小学校学習指導要領解説算数編にも入っていること,算数教育ワールドでは,「かけ算の式には正しい順序がある」ことが前提になっている実例 | メタメタの日に貼られている画像にも含まれていることから,「かけ算の順序」の比ではないと理解しています., 4マス関係表を,《算数解説》の「小数の乗法の意味」「小数の除法の意味」(pp.166-167)と結びつけてみます.準備として,「[d1]」と「[d2]」はそれぞれ単位(次元,dimension)とします(実際の表記では,"[","]"はつけません).B=基準にする大きさ(base),P=割合(proportion),A=割合に当たる大きさ(amount),という3つの文字を使用します. このように、一般傾向としてはアンテナの長さが長くなるほど電波は強くなるのですが、ある程度長くなるとピークの周波数が表れ、それ以上長くしても最大強度は頭打ちとなる傾向があることがわかります。, デジタル機器のノイズ規制では、10mの距離で30~40dBµV/mが限度値となっています。図4-3-8のグラフの表示域はこれよりもはるかに強いレベルですので、1Vの信号がまともに入ると、ノイズ規制の限度値を大幅に超える電波が放射されることがわかります。, ノイズ源として、デジタル信号をつないだときはどの程度の放射になるのでしょうか。図4-3-8(b)の20cmのアンテナに、2-4節で説明した高調波をつないだときの放射強度を計算した結果を図4-3-9に示します。 ノイズ対策ではノイズの放射が少なくなるように、アンテナになるような配線の長さを波長に比べて短く抑えることが重要です。図4-3-9では目安として波長の1/20になる範囲を示しています。配線やケーブルの長さがこの範囲に収まるように設計すると、ノイズの問題が少なくなります。, 以下の4-3-4項~4-3-15項では、アンテナがノイズを電波に変換するときの、効率の良し悪しを決める要素について説明します。少し専門的になりますので、興味の無い方は4-3-16項にお進みください。, ダイポールアンテナが、1/2波長になる周波数で電波が強くなるのはどうしてでしょうか。その理由の一つは入力インピーダンスです。 ©sega 『ぷよぷよ!!』公式サイトは、株式会社セガが運営しております。 [プレイ動画についての規約][本製品に関するお問い合わせはこちら] "ニンテンドーds"は任天堂の登録商標です。 図4-3-15(a)は周波数が30MHzの場合です。このように比較的低周波ではアンテナの周囲に電界が集中し、上下方向に広がっているように見えます。図4-3-6に示した基本パターンと形状が違うのは、後に述べる近傍界が主に観測されているためです。 ある日,カナコひとりで,庭の水やりをすることになりました. (c)は一辺が0.5mの場合です。放射のピークは170MHzを最初に、そのほぼ整数倍の周波数で観測できます。また、放射の強さは170MHz以上ではだいたい一定になります。 以上のように、ループアンテナでもダイポールアンテナと類似の周波数特性が表れます。ただし、放射のピークが1周の長さ(1辺の4倍)が波長の整数倍になる周波数付近で発生する点が違います。, 図4-3-18で計算した条件で、入力インピーダンスを計算した結果を図4-3-19に示します。 なお、この極小点は、長さが1/2波長になる周波数よりもほんの少し低周波側にあります(アンテナの太さにより変わります)。このときインピーダンスはリアクタンスの無い純抵抗になり、アンテナは共振しているといいます。他の周波数ではリアクタンスを持ちますので、リアクタンスの極性により、誘導性(インダクタのようにリアクタンスがプラスの状態)、容量性(コンデンサのようにリアクタンスがマイナスの状態)と呼ばれます。, アンテナの入力インピーダンスの抵抗成分には放射抵抗が表れています。この放射抵抗は、電流を電波に変換するアンテナの働きを表す量で、放射抵抗が大きいほど、同じ電流が流れたときに強い電波が放射します。入力インピーダンスの抵抗成分=放射抵抗では必ずしもないのですが、この抵抗成分は放射抵抗の目安になります。 カメがスタート地点から0.2kmのところに着くと,ウサギは0.6km先にいます. ブログを報告する, 授業で「演算決定」と言え,という主張ではありません.授業や対話では,「〜算の意味」のほうが自然でしょうし,より平たく言うなら「たし算かな? 反比例になるのは,冒頭の問題です.水やりをする面積が一定のとき,(手分けして)水やりをする人数と,水やりに要する時間には,反比例の関係があるというのを前提としています. なお、ここでいう効率の良いアンテナは、アンテナ理論でいう利得(ゲイン)の大きなアンテナとは異なります。また、アンテナ自体にはロスがないことを前提に説明しています。, 電波が空中を伝わるときの電界や磁界の方向を偏波といいます。アンテナはこの偏波に対して感度の高い方向があります。基本アンテナの方向を図4-3-5に示します。 『ぷよぷよパイプ』: 次々に出現するカードをフィールドに配置していきます。 カードは横長で「ぷよ」が2匹ずつ描かれており、それぞれに隣に接続するパイプが描かれています。 共役整合とは、図4-3-13のようにインピーダンスの実数部(抵抗分)を合わせたうえで、虚数部(リアクタンス分)を相殺させる状態をいいます。このようにすることで、アンテナのようにリアクタンスを持つ回路に対して最大のエネルギーを伝えることができます。共役整合はリアクタンスが相殺されますので、一種の共振状態といえます。 ©sega 『ぷよぷよ!!』公式サイトは、株式会社セガが運営しております。 [プレイ動画についての規約][本製品に関するお問い合わせはこちら] "ニンテンドーds"は任天堂の登録商標です。