復職後、1週間くらいは何とか通勤ができていましたが、2週目の週末になると疲労感が強くなり、自室から出られない状態で過眠状態となり、月曜日に起床ができないという状態に陥り、会社を休みがちとなっていました。 やはり会社に行くのが苦痛だったようで 再発しないよう、また、復職に成功するためのノウハウが詰まっています。NHKでも取り上げられていました。 辛くて早く楽になりたくて退職しました。 とてもしんどいです。 苦しくなるんです。 普通に過ごすのが最良です。 仏教の教えの中に、「執着と欲望から離れなさい」とあります。 果てしない恐怖と将来への希望を持てない感情に戻ってしまいました。 口に出さないで、こうかもしれないな、ああかもしれないな、と心の中で思っているのはいいと思います。 参考URL:http://www.u-tsu.com/cat3/, No.6ですが、 また復職後、自分の中ではもうばりばり働けるつもりなのですが、残業を禁止され上司がたいした仕事を与えてくれません。ま...続きを読む, ご回答します。 あせってはいけません。 Copyright (C) 2020 50代サラリーマン ~中高年お悩み解決のヒント~ All Rights Reserved. これは、力が入りすぎているのではないでしょうか? もしくは これは「怠け」なのでしょうか? 仏教は、苦の原因...続きを読む, ある知り合い(男性)が今休務として仕事を休んでいます。 だからまず、「今、後悔している。また後悔している。後悔している」 その後、ベッドから起き上がれずに会社を休むなどの症状が出始め、相談の結果「1ヶ月の自宅療養」の診断書を書いてもらい、3週間前から休んでいます。 辞められて、今苦しんでいるのは、「執着」にすぎません。 月に何度も有給を使っては また休職中に、転職先を探すということも、 「ヴィパッサナー瞑想」と呼ばれています。 自分でどうしたらいいのか分かりません。 2月ごろより中途覚醒、集中力の低下、不安から来る息苦しさなどが出るようになり、4月にメンタルクリニックを受診、「うつ病、あるいはその一歩手前」と言われ、通院治療しています。 以上です。よろしくお願いします。, ご回答します。 みずから休職をしておきながら良かったのか悪かったのか自問自答を繰り返している状態です。, 3年前、主人がうつ病と診断されました。 質問者様は、今その会社を退社されている。 ただ、素人が良かれと思ってあれこれ深入りしたり、下手に強く出るのは良くないと思います。私も失敗したなと思うことがありますが、なかなか難しいんですよ。 「ダメなんだよな、と思った」と中継していって下さい。 出来ませんから。 ただ、そこにたどり着くまでに多少時間がかかるだけです。 一年近くうつ病で通院しています。3ヶ月ほど前にうつ病からうつ状態に回復してきたといわれました。ここ1、2ヶ月は自分でもやっと感じられるほど気持ちは楽になっていました。 ですので、復帰後は、会社も慎重になっているだけだと思います。 最初は、抑うつ状態、そしてうつ病、次は躁うつ病と診断書の病名は変遷していきました。 障害まで行かなくても、逃避しがち、回避しがちな性格とか。 休職期間の長さは人それぞれです。 2週間程度の超短期の休みから、数年に渡るまで、非常に様々です。 (注)一般的にサラリーマンの2週間の休みは長期ですが、うつ病治療という観点からは超短期です。 ただし、個々人の差こそあれ、やはり平均というものは存在します。 休職期間の平均値は概ね6 … 疾病利得というのもあるし・・・ 遊びまわってるのに、 最初は花粉症だから仕方ない程度にしか捉えていなかったのですが、 それには、まず、自分が今、何を考えているか?を意識化する必要が ・悪夢をときどき見る(仕事ができなくて苦しむ夢、前付き合っていた人が出る夢など)。 明けない夜はありません。, 54歳 勤め人です。 まずは、落ち着きましょう、あせってもいい方向にはいきません。 会社を休みます。 これは「怠け」なのでしょうか? 質問文を読ませていただいて、かなり追い詰められたお気持ちが伝わってきます。 やはりストレスの原因は会社にあったようで 転職するにしてもあなたの現在の体調では相当体力を消耗し、貯金を切り崩して時間的制約を抱え、大きな賭になるんじゃないでしょうか。 又、その原因が仕事にあり、再発する病気なのです。 このリハビリ期間に、仕事が向いていないと強く思いがちです。 うつの回復には個人差があります。 2年の休職後、復職して一年3ヶ月が過ぎたものです。 これだけの症状がまだ有るようでしたら、復職は無理だと思いますよ。 また、「治りたい、でも怖い」と思っている人は、治りたくないんじゃないかとしか思えない行動を取ったりしますしね。反発されたり。信頼関係も必要だろうし。 ほんの少し前は 質問文を読ませていただいて、かなり追い詰められたお気持ちが伝わってきます。 30代前半、女、仕事はSEをしております。 私はあなたの2倍生きてます。大丈夫です。 1度目は昨年8月、仕事の難易度が高く、何もできない自分を責めてしまったことが なにも私は自分が経験したことと同じことをしろ、なんて気はまったくありません。 比較的休みの取りやすい仕事で(乗務員)、 身も蓋もない事を言ってすみません。 違いは、それに対する対処方法だけです。 最近、早朝覚醒やたまに吐き気がするようになり休職したことで体調が余計悪くなったのではないかと思っています。 ずるしているというより、治ってしまうのが怖いのだろうと思いますが。。。 失礼な言い方ですが、落ちるところまで落ちているようにも思われるのであったら、例えば精神科病棟にて入院治療することになっても抵抗はありませんよね。いかがですか。 再度言います。落ち着いてください...続きを読む, うつ病により6ヶ月間休職しています。調子もよくなり,1月からリハビリ出社(半日勤務,職務内容調整等)を開始しようと思っていますが,過去2回復職に失敗したこともあり,復職についてとても不安になっています。復職時のポイント,復職後の悩み,解決策等があれば教えて欲しいです。, こんばんわ。 出来ませんから。 今のお薬はパキシル20mg、不安時にリーゼ、寝る前にレンドルミンとトリプタノール25mgです。 心療内科を受診したところ2度目のうつ病、再発でした。 2月ごろより中途覚醒、集中力の低下、不安から来る息苦しさなどが出るようになり、4月にメンタルクリニックを受診、「うつ病、あるいはその一歩手前」と言われ、通院治療しています。 現在休職していて、8月に休職満了による解雇になります。(休職していた期間は通算で1年半ほどです。) 少しは楽になるはずです。 特に復職のところはよく読んでみるといいかと思います。 教えています。 寝ているときだけが何も考えずにすむので一番救われるときです。 会社側も「時間はかかってもいいから完全に治して欲しい」と要望していることですし、遠慮無く休職期間を延長して治療に専念すべきだ...続きを読む, 46才公務員の男性です。 こういうのは病気と呼ぶのは微妙です。 再休職も検討しています。 >自殺することばかりを考えていました。 >休職するんじゃなかったと後悔。 主治医の先生にもよく相談し、薬の調整もしてもらってください。 人格障害というのもあります。 >過ごしていくのではないかと将来に絶望しており、今日はずっと憂鬱で すこしでもブラス思考で考えられるように考え方を少しずつ変えてみて下さい。 ぐっすり眠るための薬は睡眠導入剤(マイナートランキライザー)に限らず抗精神病薬(メジャートランキライザー)なども含め、たくさんの種類のものがありますので、主治医と良くご相談の上処方を変えてみてはいかがですか?睡眠は休養の基本ですから、今ぐっすり眠れるだけの薬を服用すべきだと思います。 >余計悪くなったのではないかと思っています。 出世した同僚など、周りと自分を比べないこと。 そのことを最近担当医に相談してみましたが、会社に行くように言われました。 苦しくなるんです。 http://www.pureheart-counseling.com/%E5%BF%83%E7%90%86%E7%99%BE%E7%A7%91%E4%BA%8B%E5%85%B8/%E7%96%BE%E7%97%85%E5%88%A9%E5%BE%97%EF%BC%88%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%BA%E3%81%84%E3%82%8A%E3%81%A8%E3%81%8F%EF%BC%89 今は訓練期間と思い、業務をこなす事をお勧めします。 話はもとに戻りますが、上記のような病院に受診してください。心療内科の紹介状、所見、診断書等を持参するとよいでしょう。 うつで仕事を休んでいるあなたは、そろそろ復職にむけて行動したいと考えているのではないでしょうか。うつ病からの復職を考え始めた人がすべき準備と、復職後の注意点をあわせて解説いたします。筆者自身の「うつからの復職、職場定着」までのプロセスで経験したことも書いています。 こんな状態ですが、どんな心構えでこれから過ごせばいいでしょうか? これだけの症状がまだ有るようでしたら、復職は無理だと思いますよ。 >まわりに...続きを読む, こんにちは(^^ いないと連発され、退職して、何もない今は、すごく 復職しても人間関係など改善するわけもなく、辛くて 後悔してしまっています。 違いは、それに対する対処方法だけです。 病気になる前よりも調子が良いと感じながら過ごしており、仕事も順調でした。 って変な義務感は捨てて下さい。 最初のころはうつになる度に、このままやったらどうしよう、なんとかせんな、と思って余計しんどくなってたと思います。 一年近くうつ病で通院しています。3ヶ月ほど前にうつ病からうつ状態に回復してきたといわれました。ここ1、2ヶ月は自分でもやっと感じられるほど気持ちは楽になっていました。 最後に職場復帰してから約二年が経過し今のところ、何とか仕事は勤まっています。 >最近、早朝覚醒やたまに吐き気がするようになり休職したことで体調が 主治医からは別の道を選ぶのが一番良いが、(週に3~4日くらいの労働もしくは短時間)経済的な...続きを読む, 「復職したら100%元のような仕事が出来なければいけない」 仕事も思うように進まなくなり、体調について毎日悩むようになりました。 精神的苦痛がなくなって元気だったんですが、組 モラルに反するかも知れませんが、少なくともある程度健康に戻るまで会社にしがみつくことをオススメします。 具体的には 心中察します。 体調は上向くことなく、本日上司に電話を入れ、2度目の休職が決まりました。 そしてGW(9日間の連休休暇)に入る3日前から会社に行くことができなくなり、 マイナス思考からの脱却。 瞑想の目的は「ありのままにみる」ですから、「だから、ダメなんだよな」 非常に気が引けています。 「うつ」からの社会復帰ガイド(岩波アクティブ新書)という本がお勧めです。 何でもかまいませんので、皆様からのアドバイスをお願いいたします。, こんにちは(^^ 身も蓋もない事を言ってすみません。 以前の部署に戻るのと違い、周りが休んでいたときの自分を知らないので、あれこれ言われる事もありません。 休んでいる間も時々ですが、「これはただ怠けてるんじゃないか」と うつ病が治っていない OR 再発 したようにも見えます。 手短に私自身のこと書きます。 >まわりにどんどん置いてかれそうで不安だ。 休職直前は、ほんとに苦しい思いを続けていたのですが、ウツで休職した直後に治ったと思えるほど気分が回復することってあるのでしょうか? 今の仕事についてから2回目です。 http://kokoro.squares.net/gitaiqa1.html うつ休職から復職して、まもなく1年です。 当初は6ヶ月をリハビリと割り切って、復職 しました。 1日,1週間,1ヶ月と積み重ねて、何とか 凌ぎました。 ベースとなる作戦、どのような苦しい時が あった … でも、復帰の手順はそういうものなんです。 リハビリしながら徐々に仕事に体を慣らすのです。 うつ病で休職を短期間しましたが、復職後自律神経失調症も併発してしまいました。再休職も検討しています。このような例なよくあることでしょうか?二度目の休職ということもあり、職場の目もあるでしょうし、非常に気が引けています。ま 織が大きく給料や、待遇などよい職場であったし、2 病気になる前よりも調子が良いと感じながら過ごしており、仕事も順調でした。 早朝覚醒が始まって、欝が再発しそうです。 二度目の休職ということもあり、職場の目もあるでしょうし、 休職するんじゃなかったと後悔。 入り乱れているのだと思います。 最初は本当にお茶くみやコピーが精一杯といった状態のハズです。 障害まで行かなくても、逃避しがち、回避しがちな性格とか。 2年の休職後、復職して一年3ヶ月が過ぎたものです。 その際には、その感情がどんなに自分にとって嫌なものでも うつ病は、例えば風邪などと違い、症状が客観的に見えません。 思う事がありました。 ご参考となれば幸いです。, メンタル面の弱さは、部分的に異なっても皆持っています。 必ず良くなるといわれてますが、再発の可能性もあります。 出かける時間になると玄関まで行くのですが うつで前の仕事を辞めてから3年経ち、最近やっとアルバイト始めました。 健康になれば仕事もできますから後で改めて会社に恩返しするって手もありますよね。 「辞めたい、辛い」という心境が続いていたと思うし、 ・全体的に億劫感が強く、お風呂も入れないときもある。 ではどの様な乗り替え方があるかですが、結局日々の積み重ねなのです。 私の知り合いの会社は、うつ病復帰後、2ヶ月は、本部でお茶飲んで うつといえば、 リハビリしながら徐々に仕事に体を慣らすのです。 現在休職していて、8月に休職満了による解雇になります。(休職していた期間は通算で1年半ほどです。) 今の会社では悪くなる一方なので。。, うつ状態で1年半ほど休職していましたが、復職して現在1か月弱になります。 その間、会社から手当てみたいなのが出ているので こういうのは病気と呼ぶのは微妙です。 どうしたらまた「大丈夫」と思えるようになるのでしょうか。, うつ病が良くなってきたと思っていたのに激しい不安感が襲ってきます。 仕事上のストレスから心療内科でうつ状態、心身症と診断され2ヶ月の休職の診断書を出され、最近復職し2週間がたちました。 結構気楽にしてて遊びまわってます。 原因でうつ病、2ヶ月の休職。10月に復帰し、その後は残業制限なども付与され、 ただ、年齢的なこと(30歳になります)、今までの正社員としてのキャリアの少なさ(通算3年)、一人暮らしで生活していかなければいけないなどからの経済問題があり(親族からの金銭的援助は受けられません)、上司と面談する前までは「復職しよう」という気持ちが高まっていました。 嫌わず、査定せずに実況だけを続けて下さい。 ・全体的に億劫感が強く、お風呂も入れないときもある。 って変な義務感は捨てて下さい。 医師がOKを出したとき、復職したときにスイッチが切り替わるように健康に戻るものではないことはあなたも経験的に痛いほど解っているはずです。 思考力低下により、職場の人とのコミュニケーションもうまくいかなくなり、 又、その原因が仕事にあり、再発する病気なのです。 少し楽になったと思ったらまた悪くなって、ちょっと動けるようになったらエネルギー使い果たして…を繰り返してました。 大学卒業後、システムエンジニアとして就職しました。X年10月に本社から出向して他の会社でシステム構築作業をしていましたが、納期に間に合わせるために時間外労働が増え、睡眠時間を削って仕事をしていました。何とか12月の納期に間に合いましたが、その後、頭痛や吐き気が出現し、会社に行こうとするとめまいが出現して起き上がれない状態が続いていました。また週末になると15,6時間も寝っぱなしで食事も取らずそのまま月曜日も寝過ごしてしまい、出勤できないことが続くようになりました。そのため、上司の勧めもあり精神科を受診し、うつ病と診断され、3か月の休養加療を経て、就労可能との診断書が提出されました。, 復職時、産業医が面談しましたが、病初期より憂うつ感、不安感はあまり認められず、不眠より過眠状態となって意欲低下が著明で、朝に起床ができない状態で休みがちになっていたことが判明しました。面談時には、会社に行けないことに困ってはいましたが、切実感はあまり無く、本人の話では調子が悪くなると「疲労感がとれず、寝ても寝てもまだ眠れるのが不思議である」とのことでした。また、「寝ている時は両親が無理に起こしても、身体が鉛のように重く起きられず、食事や水分もとらない状態となっていた」ということでした。主治医からの情報提供によると、「非定型うつ病であり、職場復帰後2か月くらいは軽減勤務が必要」との意見でした。そのため、職場復帰後1か月間は9時から14時までの時間軽減勤務としました。, 復職後、1週間くらいは何とか通勤ができていましたが、2週目の週末になると疲労感が強くなり、自室から出られない状態で過眠状態となり、月曜日に起床ができないという状態に陥り、会社を休みがちとなっていました。復職後、1か月経っても週初めは休みがちとなり、週末は何とか会社に来れる状態でした。そのため、本人と主治医とで相談してもらい、再び3か月の休職になりました。しかし、休んでいるときは症状が安定して復職に至るのですが、復職後は1週間継続して14時まで勤務することができず、疲労感がいつまでもとれないため、14時までの勤務さえも継続が困難な状態が持続しています。, 本人の性格傾向として、対人関係に対して過敏で、密な対人関係は苦手でした。しかし今回の精神的不調を来たしたときに、それほど明確な原因が職場から見ると思い当たりませんでした。最初のエピソードの時も時間外労働も40時間から50時間であり、それほど過重な労働でもありませんでした。また、主治医からの情報提供書により、復職時の職場での配慮事項として時間軽減勤務を実施していますが、その緩和勤務も継続できない状態です。就労環境の問題の可能性も考え、本人、上司、主治医にも相談しましたが、その可能性は否定されました。職場では復職時にできる配慮は十分にしていますが、本人が復職したときに継続的に就労できるだけの疲労感の回復が得られず、なかなか職場復帰ができない状態となっています。典型的なうつ病の症状である、ゆううつ気分はあまり強くなく、また今回のうつ病の原因が明確でなかったため、職場での配慮内容の方針が立たず、最終的には本人の精神的体力、身体的体力の両方が十分に回復できていない状態と考えられました。, ポジティブ・シェアリング ~やってみよう・教えよう 疲れやストレスと前向きにつきあうコツ~. 最初は本当にお茶くみやコピーが精一杯といった状態のハズです。 そんなんでやっとここまで…という状況です。 まあなんとかなるよ、きっと、と思えていたのに。 自分は配属されてまだ三年目のためもっと仕事をしてスキルアップを図りたいのでとてもあせっています。このままではまわりにどんどんおいてかれるのではないかと。 また、復職してすぐにまた休職することで、上司や周りの人にまた迷惑をかけてしまうのもすごく辛いです。 それは、「思い・考え」であって、現実ではありません。。 うつ病は、例えば風邪などと違い、症状が客観的に見えません。 そんな自分が許せなくて自責の念に悩まされますが辛くても容認しましょう。 タグ : うつ病, ストレス, パワハラ, リハビリ, 休職, 会社生活, 健康管理, 割り切り, 復職, 積み重ね. 疾病利得というのもあるし・・・ >このままたいした仕事を与えられず、昇格もできずずっと平社員のまま 私も色々な本やサイトで、そのように段階を追って社会復帰をするのがベストだと思っています。 定時で帰れて、ノルマのない、バックオフィス的な部署に配置転換されれば、復職しやすいです。 復職後しばらくは仕事最優先だから、プライベートはないに等しいです。 特に問題はないでしょうか? 休職期間を延長する場合、来週中に診断書を提出する必要があるのですが、早く復帰せねばと焦る一方、会社からは「時間はかかってもいいから完全に治して欲しい」と言われており、今の状態で朝出社して仕事がこなせるか、非常に不安です。