これまで、あおり運転そのものを取り締まる規定はありませんでしたが、今年2020年6月30日より「妨害運転罪」が創設され、違反1回で免許取り消しとなるほか、最長5年の懲役刑や罰金などの厳しい罰則が科されることとなりました。, 後を絶たないあおり運転に対し、厳罰化することで抑制したい、という国の取り組みで、創設されたわけですが、そもそも、なぜこれまでは「あおり運転」は問題にならなかったのでしょうか。, あおり運転自体は、昔からありました。交通事故の原因をまとめた、警察庁の法令違反別交通事故件数の推移を見ると、「車間距離保持義務違反」は、1985年に5,867件、1990年が6,961件、1995年に6,734件、2001年に7,794件、報告されています。, 2002年は12,221件、2003年が11,740件、2004年が10,739件と、いったん増えるものの、近年は、2015年が7,571件、2016年は6,690件と、以前と同じくらいの件数で推移しています。, 「車間距離保持義務違反」という、検挙ができる交通違反だけでもこの件数ですので、その他のあおり運転行為は、昔ももっと起きていたと考えられます。, 筆者も子供の頃、怖い体験をしたことがあります。高速道路上で大型トラックに追いかけられ、進路をふさがれて、路側帯に停車させられました。大型トラックのドライバーが車を降り、自車の運転席まで詰め寄り、怒鳴り込んできましたが、当時、子供だった自分には何が起きたのか全く分からず、ただただ恐怖体験として記憶に残っています。, 親の世代に聞いても、こうしたあおり運転は昔から多くあったといいます。近年になって、あおり運転が問題視され、法整備まで進んだ背景は、よくいわれるような「ドライブレコーダーの一般化」だけが理由ではありません。, ドライブレコーダーの普及を加速させたのが、2017年6月に東名高速道路で、夫婦が死亡した事故だといわれています。昨年2019年8月に常磐自動車道で発生した殴打事件も、ドライブレコーダーの普及を、さらに加速させました。, ドライブレコーダーの映像は、警察による事故原因の究明や、過失割合の決定の証拠資料として、大変有益となるものです。証明することが難しかった、あおり運転のような危険行為を、ドライブレコーダーの普及でしっかりと証明できるようになったのですが、ここまで大きく取り上げられるようになった背景には、「SNSによる拡散」という部分が最も大きいと思います。, 現実社会だと自己表現の苦手な日本人も、SNSという、ある程度の匿名性のある状況では、「これは悪だ!」ということを、明確に訴えることができる。これらが「いいね」や「リプライ」によって拡散され、放送メディアに取り上げられることで日本中に拡散、問題視されることとなったのではないか、と考えます。, このように、放送メディアに取り上げられることで問題視され、法整備まで進んだことはいいことではありましたが、匿名性のあるSNS上での過剰な拡散は、新たな問題を生んでいるのも事実です。, 近年、運転者の急な体調不良や、自車の緊急事態の際に、オペレーターへ直通連絡ができる「SOSコール」が装備された新型車が増え始めています。このスイッチは、押すだけで外部に危険を知らせることができるため、あおり運転の際にも安全に通報でき、必要と判断された場合にはオペレーターが警察へも通報してくれます。, 「証拠を撮る」のも大事ですが、「身を守る」という意味では、ドライブレコーダーよりも、意義のある装備だといえるでしょう。, 厳罰化されたあおり運転ですが、感情を持つ人間が運転している限り、減ることはあっても、残念ながらゼロになることはありません。あおり運転をするものは、「相手が悪い」と思っている場合が多いです。そのため、ひとたびスイッチが入ってカッとなると、危険な運転に発展してしまいます。, 自分が巻き込まれないよう、そして万が一巻き込まれたとしても、冷静に対応できるよう、準備をしておくことが必要です。, 機能よりモノっぽさで勝負!? 2019/8/10 これまで、あおり運転そのものを取り締まる規定はありませんでしたが、今年2020年6月30日より「妨害運転罪」が創設され、違反1回で免許取り消しとなるほか、最長5年の懲役刑や罰金などの厳しい罰則が科されることとなりました。 後を絶たないあ… あおり運転, 突然警察から電話がかかってきたり走行中にいきなりパトカーに止められたりする場合もあります。, この記事では身に覚えのない煽り運転で言いがかりを付けられた時や警察に通報された時の対処法について解説しています。, 運転していて明らかに幅寄せした、パッシングをしまくった、執拗にクラクションを鳴らしたなどの行為は煽り運転だと認定されても仕方がありません。, 例えば車間距離ですが自分の感覚では普通でも相手からしたら「距離を詰めすぎだ、何煽ってんだよ」となるかもしれません。, また普通に車線変更しても相手からしたら「急に割り込んできやがってっ」となる場合もあります。, また自分では煽っていないと思っていても、それは煽り運転と取られても仕方がないよという行為もいくつかあります。, まずはこの記事のような誤解を生み、煽り運転と取られても仕方がないような運転をしないというのがトラブルに巻き込まれない対策になります。, 本気で生命の危険を感じるほどの煽り運転をしたなら分かりますが、微妙なラインの運転でも嫌がらせ感覚で通報される場合もあります。, その場合は相手も本気であなたをどうする気もなく腹いせの通報ですのでさほど気にしなくてもいいです。, 証拠があれば検分されて煽り運転が認定されれば危険性帯有者となり1発免停の処分をくらいます。, 微妙な判定の煽り運転で電話だけの通報の場合、わざわざ警察まで証拠を見せに行くケースは稀です。, この場合でも身に覚えがなければ毅然とした態度ではっきりと覚えがないと言いましょう。, 車を強制的に止められる、又は信号待ちなどで止まっている時に車から降りてきて直接文句を言われるパターンもあります。, 信号が青に変わっても発信しない車に一回クラクションを鳴らしただけで煽られたとブチ切れるドライバーもいますから。, 気を悪くされてごめんな、で済めばいいですが相手が警察まで呼んで訴えるとなれば話は別です。, 警察官もあなたがなんの落ち度もなければわざわざ相手も警察まで呼ばないだろうと思うからです。, しかしながらこのような場合でもやってないと主張すれば気分は悪いでしょうが注意で済みます。, 実際に個々の感覚による言いがかりに関しては証拠や証明のしようがありませんし、ジャッジも大変難しいものになります。, これだれ煽り運転や車のトラブルが社会問題になっている中、ドラレコを設置していない車は無防備すぎると言えるでしょう。. HELPNETから警察に繋いでもらい、警察と待ち合わせることで難を逃れました。, このような緊急時に使える機能やサービスがある車の機能は、万が一あおり運転にあったときにも役立つ機能です。, ただし、あおり運転の場合、サービスはあくまでも警察と直接会話ができるよう迅速な対応であって、ドライバーに対してアドバイスをするものではありませんので注意してください。, 道路交通法第26条により「車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない」と、定められています。, たとえば高速道路などで後方のトラックが車間距離を詰めてきたようなとき、前方のドライバーがあおられていると感じてしまえば「あおり運転」となり、通報されてしまうこともありえます。, そして、無用なトラブルを避け、身を守るためにはドライブレコーダーを設置するということも有効です。, ドライブレコーダーは事故時だけでなく、自分の運転時の走行を録画してくれるので運転状況を確認することができます。, 思いがけない事故、自分が安全運転をしていることを示すことにもドライブレコーダーは役立ちます。, 2020年1月現在、あおり運転自体を罰する規定の存在はなく、道路交通法の車間距離保持義務違反や刑法の暴行罪などを適用している状況です。, しかし、あおり運転厳罰化を求める声も大きくなっていることをうけ、警察庁は「あおり運転」の実態に即した、効果的な取締りのためにも新たな違反類型の創設、厳罰化に向けた道路交通法改正の検討を進めています。, 本記事を参考に、あらためてご自身の身を守る方法を考えるきっかけにしてください。